江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

故郷 - Mamamoo 歌詞和訳

Mamamoo(마마무)《♀》
11 /27 2016
コヒャンイ
고향이 - 마마무(Mamamoo)
故郷
作詞:김도훈(RBW), 솔라(마마무), 문별(Moon Byul), 휘인, 화사(Wha Sa) 作曲:김도훈(RBW)
リクエスト頂いた曲です♪
コヒャンイ
고향이 - 마마무(Mamamoo)
故郷

カックム コニル トン
가끔 거닐 던
時々散策した

ク コリガ センガン ナ
그 거리가 생각 나
あの街を思い出す

ネ ナルム ウィアヌン
내 나름 위안은
僕なりの慰めは

コヒャン チング
고향 친구 Facetime
故郷の友人

(I miss my hometown)

チギョプキマン ヘットン
지겹기만 했던
うんざりするばかりだった

ハッキョ ヨプ ハノクマウル
학교 옆 한옥마을
学校の隣の韓屋村

センイルマン トェミョン モイドン
생일만 되면 모이던
誕生日になれば集まった

コサドン ケクサ アプ
고사동 객사 앞
古沙洞の 客舎の前

モヨラ ティンドンテン チングドゥラ
모여라 딩동댕 친구들아
集まれ ピンポーン 友よ

ハドン ゲ オックジェヤ
하던 게 엊그제야
してたのは数日前だよ

ヤ フィイナ ムォヘ
“ 야 휘인아 뭐해? ”
”ねぇ フィイン 何してるの?”

ナ クニャン イッチ ウェ
“ 나 그냥 있지 왜? “
”私は何もしてないよ どうして?”

ア チョンチュ カゴ シプタ
“ 아 전주 가고 싶다 “
”あ 全州に行きたい”

クニャン カルッカ
“ 그냥 갈까? “
”行こうか?”

チンッチャ
“ 진짜? “
”本当?”

ットナヨ トゥリソ チョンチュロ
떠나요 둘이서 전주로
出かけよう 二人で全州へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ スンテ ククパム モグロ
떠나요 순대 국밥 먹으러
出かけよう スンデクッパを食べに

(My favorite My My My
favorite thing)

1992ニョン チュウン キョウルナル
1992년 추운 겨울날
1992年寒い冬の日

(コヒャン コヒャン)
(고향 고향)
(故郷 故郷)

ムッシ セッチェ アドゥル
문씨 셋째 아들
ムンさん三番目の息子

ク チプ チョッチェ ッタル
그 집 첫째 딸
その家の最初の娘

As time goes by Moon Star

ポルッソ ネ ナイ スムルネッ
벌써 내 나이 스물넷
すでに私の年齢24

ハルモニ ソン チャプコ トンネル
할머니 손 잡고 동넬
おばあさんと手を繋いで町内を

コロットン ゲ オックジェ
걸었던 게 엊그제
歩いたのは数日前

チョウム チャチョンゴル
처음 자전걸
初めて自転車を

アッパッケ ペウン ナル
아빠께 배운 날
パパに習った日

ノモジョ ウルドン
넘어져 울던
転んで泣いた

ウリ チプ アプマダン オムマラン
우리 집 앞마당 엄마랑
我が家の前庭 ママと

シジャンポギ テイトゥ
시장보기 데이트
市場を見にデート

ハンサン クジャリ
항상 그자리
いつもその場所に

ネガ オディエ インドゥン
내가 어디에 있든
私がどこにいようと

ナル チキョジュヌン ウォンミトン
날 지켜주는 원미동
私を守ってくれる遠美洞

トゥロ プヮッスル コル
들어 봤을 걸
聞いてみれば良かったのに

ネガ パロ ウォンミトン サラムドゥル
내가 바로 원미동 사람들
私がまさに遠美洞の人たち

ットナヨ トゥリソ ウォンミトンウロ
떠나요 둘이서 원미동으로
出かけよう 二人で遠美洞へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ プチョンヨゲソ
떠나요 부천역에서
出かけよう 富川駅から

3ボン ポスルル タゴ
3번 버스를 타고
3番のバスに乗って

(My favorite My My My favorite thing)

イボン ヨグン ウチャンサン
이번 역은 우장산
次の駅は雨装山

ウチャンサン ヨギムニダ
우장산 역입니다
雨装山駅です

チョドゥンタッキョ イルハクニョン
초등학교 1학년
小学校1年生

トッキバン 5ボン (5ボン 5ボン)
토끼반 5번 (5번 5번)
うさぎ班5番 (5番 5番)

モムマラン ナラン
엄마랑 나랑
ママと私と

ソンチャプコ コットン トゥンキョ キル
손잡고 걷던 등교 길
手を繋いで歩いてた通学路

ナッカリミ シマン タンパルモリエ
낯가림이 심한 단발머리에
人見知りが激しい短い髪に

ポリ トントンハン
볼이 통통한
頬がふっくらした

ソンパダク マナン パルロ
손바닥 만한 발로
手の平ほどの足で

オディル パップゲ カナヨ
어딜 바쁘게 가나요
どこへ忙しく行くの?

(ヨンチャ ヨンチャ)
(영차 영차)
(よいしょ よいしょ)

モムポダ クン ッパルガン カバン メゴ
몸보다 큰 빨간 가방 메고
体より大きな真っ赤な鞄を背負って

ヒムドゥルジヌン アナヨ (フュ)
힘들지는 않나요 (휴)
辛くないの?

ウリ トンネ ウジャンサン
우리 동네 우장산
私たちの町内の雨装山

ユイラン ノリト ウジャンサヌロ
유일한 놀이터 우장산으로
唯一の遊び場 雨装山へ

ットナヨ トゥリソ ウジャンサヌロ
떠나요 둘이서 우장산으로
出かけよう 二人で雨装山へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ 5ホソン チナ
떠나요 5호선 지나
出かけよう 5号線を過ぎて

ピヘンギ タロ
비행기 타러
飛行機に乗って

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ ネシソ ネ コヒャンウロ
떠나요 넷이서 내 고향으로
出かけよう 4人で私の故郷へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ ソウル チョンチュ ウォンミトンウロ
떠나요 서울 전주 원미동으로
出かけよう ソウル 全州 遠美洞へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ ットナヨ
떠나요 떠나요
出かけよう 出かけよう

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
コヒャンイ
고향이 - 마마무(Mamamoo)
故郷

カックム コニル トン
가끔 거닐 던
時々散策した

ク コリガ センガン ナ
그 거리가 생각 나
あの街を思い出す

ネ ナルム ウィアヌン
내 나름 위안은
僕なりの慰めは

コヒャン チング
고향 친구 Facetime
故郷の友人

(I miss my hometown)

チギョプキマン ヘットン
지겹기만 했던
うんざりするばかりだった

ハッキョ ヨプ ハノクマウル
학교 옆 한옥마을
学校の隣の韓屋村

センイルマン トェミョン モイドン
생일만 되면 모이던
誕生日になれば集まった

コサドン ケクサ アプ
고사동 객사 앞
古沙洞の 客舎の前

モヨラ ティンドンテン チングドゥラ
모여라 딩동댕 친구들아
集まれ ピンポーン 友よ

ハドン ゲ オックジェヤ
하던 게 엊그제야
してたのは数日前だよ

ヤ フィイナ ムォヘ
“ 야 휘인아 뭐해? ”
”ねぇ フィイン 何してるの?”

ナ クニャン イッチ ウェ
“ 나 그냥 있지 왜? “
”私は何もしてないよ どうして?”

ア チョンチュ カゴ シプタ
“ 아 전주 가고 싶다 “
”あ 全州に行きたい”

クニャン カルッカ
“ 그냥 갈까? “
”行こうか?”

チンッチャ
“ 진짜? “
”本当?”

ットナヨ トゥリソ チョンチュロ
떠나요 둘이서 전주로
出かけよう 二人で全州へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ スンテ ククパム モグロ
떠나요 순대 국밥 먹으러
出かけよう スンデクッパを食べに

(My favorite My My My
favorite thing)

1992ニョン チュウン キョウルナル
1992년 추운 겨울날
1992年寒い冬の日

(コヒャン コヒャン)
(고향 고향)
(故郷 故郷)

ムッシ セッチェ アドゥル
문씨 셋째 아들
ムンさん三番目の息子

ク チプ チョッチェ ッタル
그 집 첫째 딸
その家の最初の娘

As time goes by Moon Star

ポルッソ ネ ナイ スムルネッ
벌써 내 나이 스물넷
すでに私の年齢24

ハルモニ ソン チャプコ トンネル
할머니 손 잡고 동넬
おばあさんと手を繋いで町内を

コロットン ゲ オックジェ
걸었던 게 엊그제
歩いたのは数日前

チョウム チャチョンゴル
처음 자전걸
初めて自転車を

アッパッケ ペウン ナル
아빠께 배운 날
パパに習った日

ノモジョ ウルドン
넘어져 울던
転んで泣いた

ウリ チプ アプマダン オムマラン
우리 집 앞마당 엄마랑
我が家の前庭 ママと

シジャンポギ テイトゥ
시장보기 데이트
市場を見にデート

ハンサン クジャリ
항상 그자리
いつもその場所に

ネガ オディエ インドゥン
내가 어디에 있든
私がどこにいようと

ナル チキョジュヌン ウォンミトン
날 지켜주는 원미동
私を守ってくれる遠美洞

トゥロ プヮッスル コル
들어 봤을 걸
聞いてみれば良かったのに

ネガ パロ ウォンミトン サラムドゥル
내가 바로 원미동 사람들
私がまさに遠美洞の人たち

ットナヨ トゥリソ ウォンミトンウロ
떠나요 둘이서 원미동으로
出かけよう 二人で遠美洞へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ プチョンヨゲソ
떠나요 부천역에서
出かけよう 富川駅から

3ボン ポスルル タゴ
3번 버스를 타고
3番のバスに乗って

(My favorite My My My favorite thing)

イボン ヨグン ウチャンサン
이번 역은 우장산
次の駅は雨装山

ウチャンサン ヨギムニダ
우장산 역입니다
雨装山駅です

チョドゥンタッキョ イルハクニョン
초등학교 1학년
小学校1年生

トッキバン 5ボン (5ボン 5ボン)
토끼반 5번 (5번 5번)
うさぎ班5番 (5番 5番)

モムマラン ナラン
엄마랑 나랑
ママと私と

ソンチャプコ コットン トゥンキョ キル
손잡고 걷던 등교 길
手を繋いで歩いてた通学路

ナッカリミ シマン タンパルモリエ
낯가림이 심한 단발머리에
人見知りが激しい短い髪に

ポリ トントンハン
볼이 통통한
頬がふっくらした

ソンパダク マナン パルロ
손바닥 만한 발로
手の平ほどの足で

オディル パップゲ カナヨ
어딜 바쁘게 가나요
どこへ忙しく行くの?

(ヨンチャ ヨンチャ)
(영차 영차)
(よいしょ よいしょ)

モムポダ クン ッパルガン カバン メゴ
몸보다 큰 빨간 가방 메고
体より大きな真っ赤な鞄を背負って

ヒムドゥルジヌン アナヨ (フュ)
힘들지는 않나요 (휴)
辛くないの?

ウリ トンネ ウジャンサン
우리 동네 우장산
私たちの町内の雨装山

ユイラン ノリト ウジャンサヌロ
유일한 놀이터 우장산으로
唯一の遊び場 雨装山へ

ットナヨ トゥリソ ウジャンサヌロ
떠나요 둘이서 우장산으로
出かけよう 二人で雨装山へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ 5ホソン チナ
떠나요 5호선 지나
出かけよう 5号線を過ぎて

ピヘンギ タロ
비행기 타러
飛行機に乗って

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ ネシソ ネ コヒャンウロ
떠나요 넷이서 내 고향으로
出かけよう 4人で私の故郷へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ ソウル チョンチュ ウォンミトンウロ
떠나요 서울 전주 원미동으로
出かけよう ソウル 全州 遠美洞へ

(My favorite My My My
favorite thing)

ットナヨ ットナヨ
떠나요 떠나요
出かけよう 出かけよう


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます