★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
夏よ ただ 風が吹く パフューム 補佐官 義理の母 朝鮮生存記 アスダル 検法男女2 60日 太陽 ホテル 新米 WATCHER

Campfire - Red Velvet 歌詞和訳

Red Velvet(레드벨벳)《♀》
10 /14 2015
Campfire - Red Velvet
作詞:조윤경 作曲:Ldn Noise, Taylor Parks, Denzil `DR` Remedios, Ryan S.Jhun
リクエスト頂いた曲です♪
1集 - The Red (韓国盤) 1集 - The Red (韓国盤)
Red Velvet
2015-09-11
Campfire - Red Velvet

アスュィウム カドゥカン イロン マミンデ
아쉬움 가득한 이런 맘인데
心残りいっぱいのこんな気持ちなのに

チヌン Sunlight オットケ
지는 Sunlight 어떡해
暮れる Sunlight どうしよう

チョム ト キプコ
좀 더 깊고
もう少し深く

ソルジカン ナルル マレ
솔직한 나를 말해
正直な私を言って

ノエゲ タガガゴ シプンデ
너에게 다가가고 싶은데
あなたに近づきたいのに

ノルル アルギ ジョネ
너를 알기 전에
あなたを知る前の

ナヌン オットン エヨンヌンジ
나는 어떤 애였는지
私はどんな子だったのか

カムミョン キプケ
감명 깊게
感銘深く

イルグン チェグン ムォヨンヌンジ
읽은 책은 뭐였는지
読んだ本は何だったのか

ハンドンアン ッチャリタン カスム
한동안 짜릿한 가슴
しばらくぴりっとした胸

ットゥィゲ ハン スンガンドゥル タ
뛰게 한 순간들도 다
ときめいた瞬間もすべて

パンドラエ サンジャイルチ モルゲッチ
판도라의 상자일지 모르겠지
パンドラの箱なのか分からないよね

ウェンマネソン トゥッキ ヒムドゥン
웬만해선 듣기 힘든 Talking
なかなか聞くのが難しい

アルドゥッ マルドゥッ
알듯 말듯
分かりそうで分からなそうな

ミソ トィエ カムチュオジン
미소 뒤에 감추어진
笑みの後ろに隠された

マメ ソリル パムセドロク
맘의 소릴 밤새도록 Talking
心の声を一晩中

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

クデ オッケエ キデ ナン
그대 어깨에 기대 난
あなたの肩に頼った私は

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

プルコッ ソゲ タムン
불꽃 속에 담은 Night
花火の中に込めた

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ネ ヌネ ピチン
내 눈에 비친 Campfire
私の目に映った

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

Oh ト ムォガ ピリョヘ
Oh 더 뭐가 필요해
Oh さらに何が必要なの

イゴン トゥルマネ チンシルゲイム
이건 둘만의 진실게임
これは二人だけの真実のゲーム

コジンマルン
거짓말은 No oh oh
嘘は

チョルテ
절대 No oh
絶対

ッスルテオプシ カムチョ ウェ
쓸데없이 감춰 왜
いたずらに隠してなぜ

クデガ チェイル チョアハヌン
그대가 제일 좋아하는
あなたが一番好きな

ケジョルン ット ムォンジ
계절은 또 뭔지
季節は何なのか

ニ パン アネ ポムル
네 방 안의 보물
あなたの部屋の宝物

イルホ オットン ゴンジ
1호 어떤 건지
一号はどんなものなのか

ハン ボンッチュム サンサンハン
한 번쯤 상상한
一度くらい想像した

テリッソゲ ナン オッテンヌンジ タ
머릿속의 난 어땠는지 다
頭の中の私はどうだったのか全部

タルコマン ニ モクソリエ ノガドゥヌン
달콤한 네 목소리에 녹아드는
甘いあなたの声に溶けてしまう

ネ マウムン ココア ソク マシメルロ
내 마음은 코코아 속 마시멜로
私の心はココアの中 マシュマロ

プドゥロウン チュムル チュヌン
부드러운 춤을 추는
柔らかなダンスを踊る

ットゥゴウン チョ モダクプレ
뜨거운 저 모닥불에
熱いあの焚火に

チョネボヌン マウムン
전해보는 마음은
伝えてみる心は

For you

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

クデ オッケエ キデ ナン
그대 어깨에 기대 난
あなたの肩に頼った私は

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

プルコッ ソゲ タムン
불꽃 속에 담은 Night
花火の中に込めた

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ネ ヌネ ピチン
내 눈에 비친 Campfire
私の目に映った

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

ユヘンハヌン ヨンファポダ
유행하는 영화보다
流行ってる映画より

モシッタヌン チャンソポダ
멋있다는 장소보다
素敵だっていう場所より

ニ イェギルル トゥッコ シポ
네 얘기를 듣고 싶어
あなたの話しを聞きたい

チョ ハヌレ ピョルピッチョロム
저 하늘의 별빛처럼
あの空の星明かりのように

ト モルゴナ センガクポダ カッカプゴナ
더 멀거나 생각보다 가깝거나
もっと遠かったり思ったより近かったり

ネ ヌネヌン ットクカチ
내 눈에는 똑같이
私の目には同じように

タ パンッチャクコリル ップニン ゴル
다 반짝거릴 뿐인 걸
すべて輝いているだけなの

Yeah let me hear it one time

アムド トゥッチ モタン
아무도 듣지 못한
誰も聞いていない

クエ ソク マム
그의 속 맘
彼の中の気持ち

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

クデ オッケエ キデ ナン
그대 어깨에 기대 난
あなたの肩に頼った私は

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

プルコッ ソゲ タムン
불꽃 속에 담은 Night
花火の中に込めた

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ネ ヌネ ピチン
내 눈에 비친 Campfire
私の目に映った

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ノム トゥクピョラン
너무 특별한 Campfire
とても特別な

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
Campfire - Red Velvet

アスュィウム カドゥカン イロン マミンデ
아쉬움 가득한 이런 맘인데
心残りいっぱいのこんな気持ちなのに

チヌン Sunlight オットケ
지는 Sunlight 어떡해
暮れる Sunlight どうしよう

チョム ト キプコ
좀 더 깊고
もう少し深く

ソルジカン ナルル マレ
솔직한 나를 말해
正直な私を言って

ノエゲ タガガゴ シプンデ
너에게 다가가고 싶은데
あなたに近づきたいのに

ノルル アルギ ジョネ
너를 알기 전에
あなたを知る前の

ナヌン オットン エヨンヌンジ
나는 어떤 애였는지
私はどんな子だったのか

カムミョン キプケ
감명 깊게
感銘深く

イルグン チェグン ムォヨンヌンジ
읽은 책은 뭐였는지
読んだ本は何だったのか

ハンドンアン ッチャリタン カスム
한동안 짜릿한 가슴
しばらくぴりっとした胸

ットゥィゲ ハン スンガンドゥル タ
뛰게 한 순간들도 다
ときめいた瞬間もすべて

パンドラエ サンジャイルチ モルゲッチ
판도라의 상자일지 모르겠지
パンドラの箱なのか分からないよね

ウェンマネソン トゥッキ ヒムドゥン
웬만해선 듣기 힘든 Talking
なかなか聞くのが難しい

アルドゥッ マルドゥッ
알듯 말듯
分かりそうで分からなそうな

ミソ トィエ カムチュオジン
미소 뒤에 감추어진
笑みの後ろに隠された

マメ ソリル パムセドロク
맘의 소릴 밤새도록 Talking
心の声を一晩中

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

クデ オッケエ キデ ナン
그대 어깨에 기대 난
あなたの肩に頼った私は

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

プルコッ ソゲ タムン
불꽃 속에 담은 Night
花火の中に込めた

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ネ ヌネ ピチン
내 눈에 비친 Campfire
私の目に映った

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

Oh ト ムォガ ピリョヘ
Oh 더 뭐가 필요해
Oh さらに何が必要なの

イゴン トゥルマネ チンシルゲイム
이건 둘만의 진실게임
これは二人だけの真実のゲーム

コジンマルン
거짓말은 No oh oh
嘘は

チョルテ
절대 No oh
絶対

ッスルテオプシ カムチョ ウェ
쓸데없이 감춰 왜
いたずらに隠してなぜ

クデガ チェイル チョアハヌン
그대가 제일 좋아하는
あなたが一番好きな

ケジョルン ット ムォンジ
계절은 또 뭔지
季節は何なのか

ニ パン アネ ポムル
네 방 안의 보물
あなたの部屋の宝物

イルホ オットン ゴンジ
1호 어떤 건지
一号はどんなものなのか

ハン ボンッチュム サンサンハン
한 번쯤 상상한
一度くらい想像した

テリッソゲ ナン オッテンヌンジ タ
머릿속의 난 어땠는지 다
頭の中の私はどうだったのか全部

タルコマン ニ モクソリエ ノガドゥヌン
달콤한 네 목소리에 녹아드는
甘いあなたの声に溶けてしまう

ネ マウムン ココア ソク マシメルロ
내 마음은 코코아 속 마시멜로
私の心はココアの中 マシュマロ

プドゥロウン チュムル チュヌン
부드러운 춤을 추는
柔らかなダンスを踊る

ットゥゴウン チョ モダクプレ
뜨거운 저 모닥불에
熱いあの焚火に

チョネボヌン マウムン
전해보는 마음은
伝えてみる心は

For you

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

クデ オッケエ キデ ナン
그대 어깨에 기대 난
あなたの肩に頼った私は

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

プルコッ ソゲ タムン
불꽃 속에 담은 Night
花火の中に込めた

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ネ ヌネ ピチン
내 눈에 비친 Campfire
私の目に映った

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

ユヘンハヌン ヨンファポダ
유행하는 영화보다
流行ってる映画より

モシッタヌン チャンソポダ
멋있다는 장소보다
素敵だっていう場所より

ニ イェギルル トゥッコ シポ
네 얘기를 듣고 싶어
あなたの話しを聞きたい

チョ ハヌレ ピョルピッチョロム
저 하늘의 별빛처럼
あの空の星明かりのように

ト モルゴナ センガクポダ カッカプゴナ
더 멀거나 생각보다 가깝거나
もっと遠かったり思ったより近かったり

ネ ヌネヌン ットクカチ
내 눈에는 똑같이
私の目には同じように

タ パンッチャクコリル ップニン ゴル
다 반짝거릴 뿐인 걸
すべて輝いているだけなの

Yeah let me hear it one time

アムド トゥッチ モタン
아무도 듣지 못한
誰も聞いていない

クエ ソク マム
그의 속 맘
彼の中の気持ち

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

クデ オッケエ キデ ナン
그대 어깨에 기대 난
あなたの肩に頼った私は

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

プルコッ ソゲ タムン
불꽃 속에 담은 Night
花火の中に込めた

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ネ ヌネ ピチン
내 눈에 비친 Campfire
私の目に映った

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下

トゥル マヌル ウィハン
둘 만을 위한 Campfire
二人だけのための

チョグム ッパルケジン
조금 빨개진
少し赤くなった

ネ ポルル カムッサン クデ ソニ
내 볼을 감싼 그대 손이
私の頬を包んだあなたの手が

タタクタタク ナム ヒャンギ タヌン ソリ
타닥타닥 나무 향기 타는 소리
ばたばたと木が香る乗る音

ノム トゥクピョラン
너무 특별한 Campfire
とても特別な

キオケ ジョ オヌル パム
기억해 줘 오늘 밤
憶えていてよ 今夜

パム ハヌル アレ
밤 하늘 아래 Campfire
夜空の下


B014VTMB521集 - The Red (韓国盤)
Red Velvet
SM Entertainment 2015-09-11

by G-Tools
関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます