★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
捜査官 偶然発見 僕を溶かして 幽霊 花道 愛は VIP 補佐官2 二度 チョコレート 瑕疵ある 99億

季節の変わり目 (Mid-season) - Super Junior 歌詞和訳

Super Junior(슈퍼주니어)《♂》
09 /06 2014
ファンチョルギ
환절기 (Mid-season) - Super Junior
季節の変わり目
作詞作曲:황현
韓国のトップアイドルグループSuper Junior(スーパージュニア)が2年ぶりに放つ7枚目のフルアルバム!
7集 - Mamacita(韓国盤) 7集 - Mamacita(韓国盤)
Super Junior
2014.9.11
ファンチョルギ
환절기 (Mid-season) - Super Junior
季節の変わり目


クィッカルル スチン パラメ
귓가를 스친 바람의
耳元をかすめた風の

オントガ ピョネッソ
온도가 변했어
温度が変わった

イロケ ナヌン オヌセ
이렇게 나는 어느새
こうして僕はいつの間にか

ケジョレ キョンケエ ソッコ
계절의 경계에 섰고 Oh
季節の境界に立ち

ネディンヌン コルム ネ パレ
내딛는 걸음 내 발에
踏み出す足 僕の足に

パルビヌン トシエ コリエン
밟히는 도시의 거리엔
踏まれる都市の街には

ウリエ チュオギ マチ
우리의 추억이 마치
僕たちの想い出がまるで

ファソクチョロム クドジョ
화석처럼 굳어져
化石のように固まって

ナルル チャック クェロピョ オヌルド
나를 자꾸 괴롭혀 오늘도
僕を何度も苦しめる今日も

ナ サシル ノエ パレムチョロム
나 사실 너의 바램처럼
僕はホントは君の願いのように

チネジ モテ
지내지 못해
過ごしてない

ヒョンチェ ネ センファレ
현재 내 생활에
現在の僕の生活に

アムゴット マンジョカル ス オプソ
아무것도 만족할 수 없어
何も満足できない

ス ベク ポン ット ス マン ボン
수 백 번 또 수 만 번
数百回また数万回

ノル ミウォハリョゴ ノリョクド ヘッソ
널 미워하려고 노력도 했어 Oh
君を憎もうと努力した

スュィルセ オプシ パップン
쉴새 없이 바쁜
休む間もなく忙しい

ハル ク トゥム ソゲソ
하루 그 틈 속에서
一日その隙間の中で

チャンサンイ トェオ プロオヌン
잔상이 되어 불어오는
残像が残って吹いてくる

ニ ヒャンギルル マチュル ッテミョン
네 향기를 맡을 때면
君の香りを感じたら

ノル サランヘ ノル サランヘ
널 사랑해 널 사랑해
君を愛してる 君を愛してる

ノル アンコ マルハゴ シポ
널 안고 말하고 싶어
君を抱きしめて言いたいよ

タン ハルラ ヘド
단 하루라 해도
たった一日でも

カムキエ コルリン ゴッ カトゥン
감기에 걸린 것 같은
風邪をひいたような

ファンジョルキラ
환절기라
季節の変わり目

オッチョル ス オムナ ブヮ
어쩔 수 없나 봐
どうしようもないみたい

チョムジョム ヨリ ナ
점점 열이 나
次第に熱が出る

ミョッ ポニナ ヤグル モゴド
몇 번이나 약을 먹어도
何度も薬を飲んでも

モムサリ ナ マンガジョ ボリン ナ
몸살이 나 망가져 버린 나
寒気がしてダウンしてしまった僕

キョウ チャミ トゥロ
겨우 잠이 들어
やっと眠りについて

メイル ガトゥン ックムル ックォ
매일 같은 꿈을 꿔
毎日同じ夢を見て

カウィ ノルリン ドゥシ
가위 눌린 듯이
うなされたように

イネ シグン ッタム フルリョ
이내 식은 땀 흘려
冷や汗を流して

ソヌル ッポドブヮド
손을 뻗어봐도
手を伸ばしてみても

チャブル スガ オムヌン ノ
잡을 수가 없는 너
つかめない君

ッケゴ シプチ アナ
깨고 싶지 않아
目覚めたくない

ノワ ヤクモン ソゲソ
너와 악몽 속에서
君と悪夢の中から

ットルリン ネ ソニ ノエゲ
떨린 내 손이 너에게
震える僕の手が君に

チョウム タアットン ク オフ
처음 닿았던 그 오후
初めて触れたその午後

ヘッサルサレ スモ ウットン
햇살아래 숨어 웃던
日差しの下で隠れて笑った

ノエ オルグリ チャック ットオルラ
너의 얼굴이 자꾸 떠올라
君の顔を何度も思い出す

ナン クェロウォ オヌルド
난 괴로워 오늘도
僕は辛い 今日も

ナ サシル ノエ パレムチョロム
나 사실 너의 바램처럼
僕はホントは君の願いのように

チネジ モテ
지내지 못해
過ごしてない

ヒョンチェ ネ センファレ
현재 내 생활에
現在の僕の生活に

アムゴット マンジョカル ス オプソ
아무것도 만족할 수 없어
何も満足できない

ス ベク ポン ット ス マン ボン
수 백 번 또 수 만 번
数百回また数万回

ノル ミウォハリョゴ ノリョクド ヘッソ
널 미워하려고 노력도 했어 Oh
君を憎もうと努力した

スュィルセ オプシ パップン
쉴새 없이 바쁜
休む間もなく忙しい

ハル ク トゥム ソゲソ
하루 그 틈 속에서
一日その隙間の中で

チャンサンイ トェオ プロオヌン
잔상이 되어 불어오는
残像が残って吹いてくる

ニ ヒャンギルル マチュル ッテミョン
네 향기를 맡을 때면
君の香りを感じたら

ノル サランヘ ノル サランヘ
널 사랑해 널 사랑해
君を愛してる 君を愛してる

ノル アンコ マルハゴ シポ
널 안고 말하고 싶어
君を抱きしめて言いたいよ

タン ハルラ ヘド
단 하루라 해도
たった一日でも

シガヌン プンミョンヒ
시간은 분명히
時間は確かに

チョジュルル プムコ チャニナゲ
저주를 품고 잔인하게
呪いを抱いて残酷に

ケソク ナル ヘメゲ ヘ
계속 날 헤매게 해
ひたすら僕を彷徨わせる

ネガ ミレラ ミドワットン ゴットゥル
내가 미래라 믿어왔던 것들
僕が未来だと信じて来たものは

モドゥン ゲ クァゴ ソゲ インヌンゴリョ
모든 게 과거 속에 있는걸요
すべてが過去の中にあるんだ

ポクチャゲ トヘネットン
벅차게 토해냈던
打ち明けた

ナエ コベクド スムマキゲ
나의 고백도 숨막히게
僕の告白も息が詰まるほど

ノル ッキョアナットン
널 껴안았던
君を抱きしめた

チナン スマヌン パムドゥルド
지난 수많은 밤들도
数えきれない夜も

ノル サランヘ ノル サランヘ
널 사랑해 널 사랑해
君を愛してる 君を愛してる

ウェチミョン タシ トラオルッカ
외치면 다시 돌아올까
叫んだらまた戻ってくるだろうか

ネガ サランヘットン ノラン シンキル
내가 사랑했던 너란 신기루
僕が会いした君という蜃気楼

ノワ ヘオジン トィロ
너와 헤어진 뒤로
君と別れてから

アナ ヒミ オプソ
앓아 힘이 없어
病んで力がない

ヌウォボリン イユ
누워버린 이유
倒れてしまった理由

ッタットゥテットン マウミ
따뜻했던 마음이,
暖かかった心が

カプチャギ チャガプケ シゴボリョ カスミ
갑자기 차갑게 식어버려 가슴이
突然冷たく冷えてしまった胸が

コルロクコリジャナ
콜록거리잖아
ごほんごほんと咳き込むじゃない

アプミ ナルグン
아픔이 낡은
痛みが古い

モンジチョロム ッサヨイッソ
먼지처럼 쌓여있어
ほこりのように積もっている

チョンソハリョ トィチョギョド
청소하려 뒤척여도
掃除しようとあちこちかき回しても

チョンリ アンドェ ナン ト ミチョ
정리 안돼 난 더 미쳐
整理出来ない 僕はもっと狂う

イルニョン ネネ カムギ コルリン キョウル
일년 내내 감기 걸린 겨울,
一年中風邪ひいた冬

ポミ ワヤ ックンネ
봄이 와야 끝내
春が来ればついに

イジュル コニ ノル
잊을 거니 널
忘れられるのかな君を

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ファンチョルギ
환절기 (Mid-season) - Super Junior
季節の変わり目


クィッカルル スチン パラメ
귓가를 스친 바람의
耳元をかすめた風の

オントガ ピョネッソ
온도가 변했어
温度が変わった

イロケ ナヌン オヌセ
이렇게 나는 어느새
こうして僕はいつの間にか

ケジョレ キョンケエ ソッコ
계절의 경계에 섰고 Oh
季節の境界に立ち

ネディンヌン コルム ネ パレ
내딛는 걸음 내 발에
踏み出す足 僕の足に

パルビヌン トシエ コリエン
밟히는 도시의 거리엔
踏まれる都市の街には

ウリエ チュオギ マチ
우리의 추억이 마치
僕たちの想い出がまるで

ファソクチョロム クドジョ
화석처럼 굳어져
化石のように固まって

ナルル チャック クェロピョ オヌルド
나를 자꾸 괴롭혀 오늘도
僕を何度も苦しめる今日も

ナ サシル ノエ パレムチョロム
나 사실 너의 바램처럼
僕はホントは君の願いのように

チネジ モテ
지내지 못해
過ごしてない

ヒョンチェ ネ センファレ
현재 내 생활에
現在の僕の生活に

アムゴット マンジョカル ス オプソ
아무것도 만족할 수 없어
何も満足できない

ス ベク ポン ット ス マン ボン
수 백 번 또 수 만 번
数百回また数万回

ノル ミウォハリョゴ ノリョクド ヘッソ
널 미워하려고 노력도 했어 Oh
君を憎もうと努力した

スュィルセ オプシ パップン
쉴새 없이 바쁜
休む間もなく忙しい

ハル ク トゥム ソゲソ
하루 그 틈 속에서
一日その隙間の中で

チャンサンイ トェオ プロオヌン
잔상이 되어 불어오는
残像が残って吹いてくる

ニ ヒャンギルル マチュル ッテミョン
네 향기를 맡을 때면
君の香りを感じたら

ノル サランヘ ノル サランヘ
널 사랑해 널 사랑해
君を愛してる 君を愛してる

ノル アンコ マルハゴ シポ
널 안고 말하고 싶어
君を抱きしめて言いたいよ

タン ハルラ ヘド
단 하루라 해도
たった一日でも

カムキエ コルリン ゴッ カトゥン
감기에 걸린 것 같은
風邪をひいたような

ファンジョルキラ
환절기라
季節の変わり目

オッチョル ス オムナ ブヮ
어쩔 수 없나 봐
どうしようもないみたい

チョムジョム ヨリ ナ
점점 열이 나
次第に熱が出る

ミョッ ポニナ ヤグル モゴド
몇 번이나 약을 먹어도
何度も薬を飲んでも

モムサリ ナ マンガジョ ボリン ナ
몸살이 나 망가져 버린 나
寒気がしてダウンしてしまった僕

キョウ チャミ トゥロ
겨우 잠이 들어
やっと眠りについて

メイル ガトゥン ックムル ックォ
매일 같은 꿈을 꿔
毎日同じ夢を見て

カウィ ノルリン ドゥシ
가위 눌린 듯이
うなされたように

イネ シグン ッタム フルリョ
이내 식은 땀 흘려
冷や汗を流して

ソヌル ッポドブヮド
손을 뻗어봐도
手を伸ばしてみても

チャブル スガ オムヌン ノ
잡을 수가 없는 너
つかめない君

ッケゴ シプチ アナ
깨고 싶지 않아
目覚めたくない

ノワ ヤクモン ソゲソ
너와 악몽 속에서
君と悪夢の中から

ットルリン ネ ソニ ノエゲ
떨린 내 손이 너에게
震える僕の手が君に

チョウム タアットン ク オフ
처음 닿았던 그 오후
初めて触れたその午後

ヘッサルサレ スモ ウットン
햇살아래 숨어 웃던
日差しの下で隠れて笑った

ノエ オルグリ チャック ットオルラ
너의 얼굴이 자꾸 떠올라
君の顔を何度も思い出す

ナン クェロウォ オヌルド
난 괴로워 오늘도
僕は辛い 今日も

ナ サシル ノエ パレムチョロム
나 사실 너의 바램처럼
僕はホントは君の願いのように

チネジ モテ
지내지 못해
過ごしてない

ヒョンチェ ネ センファレ
현재 내 생활에
現在の僕の生活に

アムゴット マンジョカル ス オプソ
아무것도 만족할 수 없어
何も満足できない

ス ベク ポン ット ス マン ボン
수 백 번 또 수 만 번
数百回また数万回

ノル ミウォハリョゴ ノリョクド ヘッソ
널 미워하려고 노력도 했어 Oh
君を憎もうと努力した

スュィルセ オプシ パップン
쉴새 없이 바쁜
休む間もなく忙しい

ハル ク トゥム ソゲソ
하루 그 틈 속에서
一日その隙間の中で

チャンサンイ トェオ プロオヌン
잔상이 되어 불어오는
残像が残って吹いてくる

ニ ヒャンギルル マチュル ッテミョン
네 향기를 맡을 때면
君の香りを感じたら

ノル サランヘ ノル サランヘ
널 사랑해 널 사랑해
君を愛してる 君を愛してる

ノル アンコ マルハゴ シポ
널 안고 말하고 싶어
君を抱きしめて言いたいよ

タン ハルラ ヘド
단 하루라 해도
たった一日でも

シガヌン プンミョンヒ
시간은 분명히
時間は確かに

チョジュルル プムコ チャニナゲ
저주를 품고 잔인하게
呪いを抱いて残酷に

ケソク ナル ヘメゲ ヘ
계속 날 헤매게 해
ひたすら僕を彷徨わせる

ネガ ミレラ ミドワットン ゴットゥル
내가 미래라 믿어왔던 것들
僕が未来だと信じて来たものは

モドゥン ゲ クァゴ ソゲ インヌンゴリョ
모든 게 과거 속에 있는걸요
すべてが過去の中にあるんだ

ポクチャゲ トヘネットン
벅차게 토해냈던
打ち明けた

ナエ コベクド スムマキゲ
나의 고백도 숨막히게
僕の告白も息が詰まるほど

ノル ッキョアナットン
널 껴안았던
君を抱きしめた

チナン スマヌン パムドゥルド
지난 수많은 밤들도
数えきれない夜も

ノル サランヘ ノル サランヘ
널 사랑해 널 사랑해
君を愛してる 君を愛してる

ウェチミョン タシ トラオルッカ
외치면 다시 돌아올까
叫んだらまた戻ってくるだろうか

ネガ サランヘットン ノラン シンキル
내가 사랑했던 너란 신기루
僕が会いした君という蜃気楼

ノワ ヘオジン トィロ
너와 헤어진 뒤로
君と別れてから

アナ ヒミ オプソ
앓아 힘이 없어
病んで力がない

ヌウォボリン イユ
누워버린 이유
倒れてしまった理由

ッタットゥテットン マウミ
따뜻했던 마음이,
暖かかった心が

カプチャギ チャガプケ シゴボリョ カスミ
갑자기 차갑게 식어버려 가슴이
突然冷たく冷えてしまった胸が

コルロクコリジャナ
콜록거리잖아
ごほんごほんと咳き込むじゃない

アプミ ナルグン
아픔이 낡은
痛みが古い

モンジチョロム ッサヨイッソ
먼지처럼 쌓여있어
ほこりのように積もっている

チョンソハリョ トィチョギョド
청소하려 뒤척여도
掃除しようとあちこちかき回しても

チョンリ アンドェ ナン ト ミチョ
정리 안돼 난 더 미쳐
整理出来ない 僕はもっと狂う

イルニョン ネネ カムギ コルリン キョウル
일년 내내 감기 걸린 겨울,
一年中風邪ひいた冬

ポミ ワヤ ックンネ
봄이 와야 끝내
春が来ればついに

イジュル コニ ノル
잊을 거니 널
忘れられるのかな君を



B00N0PUV06 7集 - Mamacita(韓国盤)
Super Junior
SM Entertainment 2014

by G-Tools
関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

NO TITLE

こんにちは、お久しぶりです。
ママシータ全訳ありがとうございました(*^_^*)
アルバムずいぶん待ってました~

今は入隊中のイェソンが声だけ参加しているのがこの曲だそうです。
入隊前に録音したそうで。

だからでしょうか、とても惹かれる歌です。
イェソン君たぶん、1回目の「数百回~」のパートだと思うのですが、もし永原さまがこれを御覧になっていたら、うかがってみたいです(^O^)

SJもみんなおとなになって、歌もおとなのテイストだと思います。

それでは、ますますのご活躍を!

Re: NO TITLE

お久しぶりです~!!!
この曲はイェソンくんが参加してるんですね!
さすが、お詳しいですね^^

ほんと新人くんもたくさん出て、
すっかりベテランの域ですね。

コメントありがとうございました!
またいつでも見に来てくださいね~♪
↑クリックすると一覧が表示されます