★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
捜査官 偶然発見 僕を溶かして 幽霊 花道 愛は VIP 補佐官2 二度 チョコレート 瑕疵ある 99億

晩秋 - ユン・ジョンシン(늦가을(Feat. 규현 of Super Junior) - 윤종신) 歌詞和訳

Super Junior(슈퍼주니어)《♂》
08 /21 2013
ヌッカウル ユン・ジョンシン
늦가을(Feat. 규현 of Super Junior) - 윤종신
晩秋
リクエスト頂いた曲です♪
ヌッカウル ユン・ジョンシン
늦가을(Feat. 규현 of Super Junior) - 윤종신
晩秋

オッチャンウル ヨロ ポアッソ
옷장을 열어 보았어
クローゼットを開けてみた

ミョッ ポリ ヌネ ットゥィオッソ
몇 벌이 눈에 띄었어
何着か目についた

チョグム イルン ゴッ カッチマン イボッソ
조금 이른 것 같지만 입었어 
少し早いようだけど着た

コウル アプ ネ モスブン
거울 앞 내 모습은
鏡の前 自分の姿は

クッテ ク モスプ
그때 그 모습
あの時あの姿

ッサヌレソ ト チョアッソ
싸늘해서 더 좋았어
冷たくてもっと良かった

コルモグン ヘガ チリョヘ
골목은 해가 지려해
路地は太陽が入って

コピヒャンイ ク ッテロ
커피향이 그 때로
コーヒーの香りがあの頃へ

ナル テリョガ ショウィンドウ
날 데려가 쇼윈도우
僕を連れて行く ショーウィンドウ

キョウルオスル パラポドン クッテロ
겨울옷을 바라보던 그 때로
冬の服を見つめたあの頃へ

クレ ノヨッソ
그래 너였어
そう 君だった

ナル テリゴ ナオン ゴン
날 데리고 나온 건
僕を連れだしたのは

ネ チュモニ ソク
내 주머니 속
僕の財布の中

ネ ソヌル ッコク チャプトン
내 손을 꼭 잡던 
僕の手をぎゅっと握った

ク ヘ ヌッカウレ
그 해 늦가을의 
その年の晩秋の

ノ イジェン オディルル コンニ
너 이젠 어디를 걷니
君 今はどこを歩くの?

ノエ パルソリガ クリウォ
너의 발소리가 그리워
君の足音が恋しい

パラムル マショポアッソ
바람을 마셔보았어
願いを飲んでみた

カスムド ポゴパヘソ
가슴도 보고파해서
胸も会いたがって

ハンギョル ナアジン カスムン チェチョケ
한결 나아진 가슴은 재촉해 
一層向かう胸は催促する

ヒムドゥン パミ オギ ジョネ
힘든 밤이 오기 전에
辛い夜が来る前に

トラ カジャゴ
돌아 가자고
帰ろうと

クレ ノヨッソ
그래 너였어 
そう 君だった

ナル テリゴ ナオン ゴン
날 데리고 나온 건
僕を連れだしたのは

ネ チュモニ ソク
내 주머니 속
僕の財布の中

ネ ソヌル ッコク チャプトン
내 손을 꼭 잡던 
僕の手をぎゅっと握った

ク ヘ ヌッカウレ
그 해 늦가을의 
その年の晩秋の

ノ イジェン オディルル コンニ
너 이젠 어디를 걷니
君 今はどこを歩くの?

ノエ パルソリガ クリウォ
너의 발소리가 그리워
君の足音が恋しい

クレ ノヨッソ
그래 너였어 
そう 君だった

カウルル カルチョジュン カルセク
가을을 가르쳐준 갈색
秋を教えてくれた茶色

クリウミ ックチ オムヌン パム
그리움이 끝이 없는 밤
恋しさが終わりがない夜

タガオル ネ キョウルル
다가올 내 겨울을
近づく僕の冬を

イジェ チュンビヘヤ ヘ
이제 준비해야 해
もう準備しなくちゃ

パミ キルゴ キン ネ キョウルル
밤이 길고 긴 내 겨울을
夜が長くて長い僕の冬を

ニガ ノム マヌン ネ キョウルル
니가 너무 많은 내 겨울을
君があまりにも多い僕の冬を

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください

ヌッカウル ユン・ジョンシン
늦가을(Feat. 규현 of Super Junior) - 윤종신
晩秋

オッチャンウル ヨロ ポアッソ
옷장을 열어 보았어
クローゼットを開けてみた

ミョッ ポリ ヌネ ットゥィオッソ
몇 벌이 눈에 띄었어
何着か目についた

チョグム イルン ゴッ カッチマン イボッソ
조금 이른 것 같지만 입었어 
少し早いようだけど着た

コウル アプ ネ モスブン
거울 앞 내 모습은
鏡の前 自分の姿は

クッテ ク モスプ
그때 그 모습
あの時あの姿

ッサヌレソ ト チョアッソ
싸늘해서 더 좋았어
冷たくてもっと良かった

コルモグン ヘガ チリョヘ
골목은 해가 지려해
路地は太陽が入って

コピヒャンイ ク ッテロ
커피향이 그 때로
コーヒーの香りがあの頃へ

ナル テリョガ ショウィンドウ
날 데려가 쇼윈도우
僕を連れて行く ショーウィンドウ

キョウルオスル パラポドン クッテロ
겨울옷을 바라보던 그 때로
冬の服を見つめたあの頃へ

クレ ノヨッソ
그래 너였어
そう 君だった

ナル テリゴ ナオン ゴン
날 데리고 나온 건
僕を連れだしたのは

ネ チュモニ ソク
내 주머니 속
僕の財布の中

ネ ソヌル ッコク チャプトン
내 손을 꼭 잡던 
僕の手をぎゅっと握った

ク ヘ ヌッカウレ
그 해 늦가을의 
その年の晩秋の

ノ イジェン オディルル コンニ
너 이젠 어디를 걷니
君 今はどこを歩くの?

ノエ パルソリガ クリウォ
너의 발소리가 그리워
君の足音が恋しい

パラムル マショポアッソ
바람을 마셔보았어
願いを飲んでみた

カスムド ポゴパヘソ
가슴도 보고파해서
胸も会いたがって

ハンギョル ナアジン カスムン チェチョケ
한결 나아진 가슴은 재촉해 
一層向かう胸は催促する

ヒムドゥン パミ オギ ジョネ
힘든 밤이 오기 전에
辛い夜が来る前に

トラ カジャゴ
돌아 가자고
帰ろうと

クレ ノヨッソ
그래 너였어 
そう 君だった

ナル テリゴ ナオン ゴン
날 데리고 나온 건
僕を連れだしたのは

ネ チュモニ ソク
내 주머니 속
僕の財布の中

ネ ソヌル ッコク チャプトン
내 손을 꼭 잡던 
僕の手をぎゅっと握った

ク ヘ ヌッカウレ
그 해 늦가을의 
その年の晩秋の

ノ イジェン オディルル コンニ
너 이젠 어디를 걷니
君 今はどこを歩くの?

ノエ パルソリガ クリウォ
너의 발소리가 그리워
君の足音が恋しい

クレ ノヨッソ
그래 너였어 
そう 君だった

カウルル カルチョジュン カルセク
가을을 가르쳐준 갈색
秋を教えてくれた茶色

クリウミ ックチ オムヌン パム
그리움이 끝이 없는 밤
恋しさが終わりがない夜

タガオル ネ キョウルル
다가올 내 겨울을
近づく僕の冬を

イジェ チュンビヘヤ ヘ
이제 준비해야 해
もう準備しなくちゃ

パミ キルゴ キン ネ キョウルル
밤이 길고 긴 내 겨울을
夜が長くて長い僕の冬を

ニガ ノム マヌン ネ キョウルル
니가 너무 많은 내 겨울을
君があまりにも多い僕の冬を



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます