★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
どたばた ヒョシム家 京城クリーチャー 私のハッピー マイ・デーモン 私の夫 夜に咲く 幻影恋歌 魅惑の人 血も涙も ドクタースランプ  ラブ  聖水洞 全ドラマ

言えなかった話 - コ·ヨンベ(ソラン) 韓ドラ:砂の上にも花は咲く 歌詞和訳

12 /26 2023
モッタハンイヤギ
못다 한 이야기 - 고영배 (소란)
言えなかった話
作詞:박대정 作曲:박대정,김희규,전진환
韓国ドラマ:砂の上にも花は咲く
出演:チャン・ドンユン、イ・ジュミョン、ユン・ジョンソク、キム・ボラなど
「恋するアプリ Love Alarm」シーズン2の監督が手掛ける話題の新作でNetflixでも同時配信♪
モッタハンイヤギ
못다 한 이야기 - 고영배 (소란)
言えなかった話

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

オリョムプシ キオンナヌン
어렴풋이 기억나는 
ぼんやり思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ
다시 떠올라 꽃을 피우네
また浮かんで花を咲かせるね

ナ アジクト クッテルル キオケ
나 아직도 그때를 기억해
僕はまだあの時を覚えてる

クリゴ イ ノレン 
그리고 이 노랜 
そしてこの歌は

ノワ ナエ イヤギヤ
너와 나의 이야기야
君と僕の話だよ

パダッカ クンチョ ペッコドン ソリワ
바닷가 근처 뱃고동 소리와
海辺の近くの船の汽笛の音と

ノワ ネガ ットドゥルドン
너와 내가 떠들던 
君と僕が浮かべた

チャグン モクソリガ
작은 목소리가
小さな声が

トゥルリョオミョン オヌセンガ
들려오면 어느샌가 
聞こえてきたらいつのまにか

ナン クゴセ カイッソ
난 그곳에 가있어
僕はそこに行っている

キオンナ
기억나? 
覚えてる?

ウリ トゥルマン アヌン 
우리 둘만 아는 
僕足り二人だけが知ってる

トゥクピョラン イェギ
특별한 얘기
特別な話

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

ハナトゥルッシク キオンナヌン
하나둘씩 기억나는 
一つ二つ思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ イロケ
다시 떠올라 꽃을 피우네 이렇게
また浮かんで花を咲かせるね こうして

ナ チグムド クナルル センガケ
나 지금도 그날을 생각해
僕は今もあの日を思い出す

イボネン チョルテ
이번엔 절대 
今度は絶対

フフェハル イルン マンドゥルジ アナ
후회할 일은 만들지 않아
後悔することは作らない

キオク ソク チョ ピョン
기억 속 저 편 
記憶の向こう

ノル パラポドン ナ
널 바라보던 나
君を見つめていた僕

クリゴ イジェヌン ノエゲ
그리고 이제는 너에게
そしてこれからは君に 

ネ マム コベカルケ
내 맘 고백할게
僕の気持ちを告白するよ

ノエゲ ナン ヘチュゴ シプトン マリ
너에게 난 해주고 싶던 말이 
君に僕は言いたかったことが

ハナ イッソ
하나 있어
一つある

キオケ
기억해? 
覚えてる?

ウリ トゥルマン アヌン トゥクピョラン イェギ
우리 둘만 아는 특별한 얘기
僕たち二人だけが知ってる特別な話

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

ハナトゥルッシク キオンナヌン
하나둘씩 기억나는 
一つ二つ思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ イロケ
다시 떠올라 꽃을 피우네 이렇게
また浮かんで花を咲かせるね こうして

クッテヌン ノエゲ チョナジ モタン マル
그때는 너에게 전하지 못 한 말
その時は君に伝えられなかった言葉

ト クゲ ウェチルケ
더 크게 외칠게
もっと大きく叫ぶよ

ノル ヒャンハン ネ マムル
널 향한 내 맘을
君への僕の気持ちを

タシヌン イロケ
다시는 이렇게
二度とこうして

トゥ ボン タシ フフェハジ アンケ
두 번 다시 후회하지 않게
二度と後悔しないように

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

ハナトゥルッシク キオンナヌン
하나둘씩 기억나는 
一つ二つ思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ イロケ
다시 떠올라 꽃을 피우네 이렇게
また浮かんで花を咲かせるね こうして




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
モッタハンイヤギ
못다 한 이야기 - 고영배 (소란)
言えなかった話

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

オリョムプシ キオンナヌン
어렴풋이 기억나는 
ぼんやり思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ
다시 떠올라 꽃을 피우네
また浮かんで花を咲かせるね

ナ アジクト クッテルル キオケ
나 아직도 그때를 기억해
僕はまだあの時を覚えてる

クリゴ イ ノレン 
그리고 이 노랜 
そしてこの歌は

ノワ ナエ イヤギヤ
너와 나의 이야기야
君と僕の話だよ

パダッカ クンチョ ペッコドン ソリワ
바닷가 근처 뱃고동 소리와
海辺の近くの船の汽笛の音と

ノワ ネガ ットドゥルドン
너와 내가 떠들던 
君と僕が浮かべた

チャグン モクソリガ
작은 목소리가
小さな声が

トゥルリョオミョン オヌセンガ
들려오면 어느샌가 
聞こえてきたらいつのまにか

ナン クゴセ カイッソ
난 그곳에 가있어
僕はそこに行っている

キオンナ
기억나? 
覚えてる?

ウリ トゥルマン アヌン 
우리 둘만 아는 
僕足り二人だけが知ってる

トゥクピョラン イェギ
특별한 얘기
特別な話

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

ハナトゥルッシク キオンナヌン
하나둘씩 기억나는 
一つ二つ思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ イロケ
다시 떠올라 꽃을 피우네 이렇게
また浮かんで花を咲かせるね こうして

ナ チグムド クナルル センガケ
나 지금도 그날을 생각해
僕は今もあの日を思い出す

イボネン チョルテ
이번엔 절대 
今度は絶対

フフェハル イルン マンドゥルジ アナ
후회할 일은 만들지 않아
後悔することは作らない

キオク ソク チョ ピョン
기억 속 저 편 
記憶の向こう

ノル パラポドン ナ
널 바라보던 나
君を見つめていた僕

クリゴ イジェヌン ノエゲ
그리고 이제는 너에게
そしてこれからは君に 

ネ マム コベカルケ
내 맘 고백할게
僕の気持ちを告白するよ

ノエゲ ナン ヘチュゴ シプトン マリ
너에게 난 해주고 싶던 말이 
君に僕は言いたかったことが

ハナ イッソ
하나 있어
一つある

キオケ
기억해? 
覚えてる?

ウリ トゥルマン アヌン トゥクピョラン イェギ
우리 둘만 아는 특별한 얘기
僕たち二人だけが知ってる特別な話

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

ハナトゥルッシク キオンナヌン
하나둘씩 기억나는 
一つ二つ思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ イロケ
다시 떠올라 꽃을 피우네 이렇게
また浮かんで花を咲かせるね こうして

クッテヌン ノエゲ チョナジ モタン マル
그때는 너에게 전하지 못 한 말
その時は君に伝えられなかった言葉

ト クゲ ウェチルケ
더 크게 외칠게
もっと大きく叫ぶよ

ノル ヒャンハン ネ マムル
널 향한 내 맘을
君への僕の気持ちを

タシヌン イロケ
다시는 이렇게
二度とこうして

トゥ ボン タシ フフェハジ アンケ
두 번 다시 후회하지 않게
二度と後悔しないように

ソン ネミルミョン
손 내밀면 
手を伸ばせば

タウル コッ カトゥン コリ
닿을 것 같은 거리
届きそうな距離

ウリドゥルアン アヌン チョオク イヤギ
우리들만 아는 추억 이야기
僕たちだけが知ってる想い出話

ハナトゥルッシク キオンナヌン
하나둘씩 기억나는 
一つ二つ思い出す

クッテエ カムジョンイ
그때의 감정이
あの時の感情が

タシ ットオルラ コチュル ピウネ イロケ
다시 떠올라 꽃을 피우네 이렇게
また浮かんで花を咲かせるね こうして



関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント