★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
三兄妹 恋は盲目 台風 魔女 禁婚令 車輪 愛と 赤い風船 ユ・セプン 代理店 イルタ 私たち、他人

Graduation - NCT DREAM 歌詞和訳

NCT DREAM(엔시티 드림)《♂》
12 /31 2022
Graduation - NCT DREAM
作詞:KENZIE 作曲:KENZIE,Benjamin 55,JUNNY (주니),Zayson
NCT DREAM新アルバム「CANDY」より♪
Graduation - NCT DREAM

オンジェブト イルッカ
언제부터 일까 
いつからだろうか

ネ チャグン センガクドゥル
내 작은 생각들
僕の小さな考え

ヨンウォニ ニ ギョテ
영원히 네 곁에 
永遠に君の傍に

モムル ス イッスルッカ
머물 수 있을까
いられるだろうか

ヘオジミラン
헤어짐이란
別れとは

サンサン モタン ナメ イェギルドゥル
상상 못한 남의 얘기들
想像もつかない人の話

オットン スンガン
어떤 순간 
ある瞬間

ナル オロブッケ ヘ
날 얼어붙게 해
僕を凍り付かせる

シガニ カヌン ゲ
시간이 가는 게
時間が経つのが

シルル マンクム ッタスヘットン
싫을 만큼 따스했던
嫌なほど暖かかった

パンチャギン ウスム クリゴ ヌンムル
반짝인 웃음 그리고 눈물
きらめく笑みそして涙

ヌグンガルル ミッキ ヒムドゥル ッテ
누군가를 믿기 힘들 때
誰かを信じがたい時

ハンサン カトゥン チャリエソ
항상 같은 자리에서
いつも同じ場所で

ナル ウィヘ ソ イッソ ジュン ノ
날 위해 서 있어 준 너
自分のために立ってくれた君

イジェ ナン クマン
이제 난 그만 
もう僕はもう

チョロプハリョゴ ヘ
졸업하려고 해
卒業しようと思う

プランヘハドン 
불안해하던 
不安に思っていた

ク マヌン ナルル
그 많은 날을
あのたくさんの日々を

キオケ イ ポクチャン カムジョン
기억해 이 벅찬 감정
覚えてる この複雑な感情

ソン フンドゥロ アンニョン
손 흔들어 안녕
手を振ってバイバイ

マジマク インサハゴ
마지막 인사하고
最後の挨拶をして

トラソミョン
돌아서면
背を向けると

ナル キダリン セサンウロ カ
날 기다린 세상으로 가
僕を待っていた世界へ行く

ミジエ ピョル
미지의 별
未知の星

トンキョンヘットン ヨヘンウル
동경했던 여행을 
憧れた旅を

シジャカル ッテ
시작할 때
始める時

My Graduation 

ク チョッコルム
그 첫걸음
その第一歩

マニ ヘンボカゲ トェル コヤ
많이 행복하게 될 거야
すごく幸せになるんだ

チグム イ キブヌル ネゲ
지금 이 기분을 네게
今この気持ちを君に

チョネヤ ハル テンデ
전해야 할 텐데
伝えなきゃいけないのに

マウミ チョグペ
마음이 조급해 yeah
気が焦る

マチ ヌンポラ ソク
마치 눈보라 속 
まるで吹雪の中の

キルル パルキヌン プル
길을 밝히는 불
道を照らす火

クレ ノマヌル ポゴ
그래 너만을 보고
そう 君だけを見て
 
コロオン ゴヤ
걸어온 거야
歩いてきたんだよ

モドゥ ピョネド
모두 변해도
すべて変わっても

ナエ セサン ックテ ナムン ノ
나의 세상 끝에 남은 너
自分の世界の果てに残った君

オロブトド
얼어붙어도
凍り付いても

チョ ウンハス ノギル コヤ
저 은하수 녹일 거야
あの天の川を溶かすよ

ウリン ハヤン ウェゲイン トゥルロブヮ
우린 하얀 외계인 둘러봐
僕たちは白い宇宙人を見渡してみて

チグム ウリ トゥル ップニャ
지금 우리 둘 뿐야
今僕たち二人だけだよ

ウェ オンジェナ
왜 언제나 
なぜかいつも

プジョカン ゴンマン カットン
부족한 것만 같던
足りないようなきがしてた 

オッチョル チュル モルドン
어쩔 줄 모르던
途方に暮れていた

オレジョン ネ アネ 
오래전 내 안의 
ずっと前の僕の中の

ク チャグン オルン
그 작은 어른
あの小さな大人

ナッソンコルム クリゴ ト モルリ
낯선 걸음 그리고 더 멀리
見知らぬ歩みそしてもっと遠くへ

マギョンヘッソットン チルムンドゥル
막연했었던 질문들
漠然とした質問

タブル チョチャガ
답을 쫓아가
答えを追いかけて

ウェロイ トルドン
외로이 돌던 Planet
寂しく回っていた

キル イルン パメ コンギ
길 잃은 밤의 공기
道に迷った夜の空気

チャブン スンガン フトジドン
잡은 순간 흩어지던
つかんだ瞬間散らばった

チャンペカン プルンピッ
창백한 푸른빛
青白い青色

ナ コンヌン キル ホルロ
나 걷는 길 홀로
僕が歩く道一人

ウェロプチ アンタゴ
외롭지 않다고
寂しくはないと

ク ックテン ニガ ソ イッソ
그 끝엔 네가 서 있어
その果てにが君が立っている

キロットン パムル
길었던 밤을 
長かった夜から

ットナボネリョ ヘ
떠나보내려 해
離れようとする

ノエ サランウル
너의 사랑을 
君の愛を

ノム チャル アニッカ
너무 잘 아니까
とてもよく知ったから

トヌン トゥリョプチガ アナ
더는 두렵지가 않아
もう怖くない

ソン フンドゥロ アンニョン
손 흔들어 안녕
手を振ってバイバイ

マジマク インサハゴ
마지막 인사하고
最後の挨拶をして

トラソミョン
돌아서면
背を向けると

ナル キダリン セサンウロ カ
날 기다린 세상으로 가
僕を待っていた世界へ行く

ミジエ ピョル
미지의 별
未知の星

トンキョンヘットン ヨヘンウル
동경했던 여행을 
憧れた旅を

シジャカル ッテ
시작할 때
始める時

My Graduation 

ク チョッコルム
그 첫걸음
その第一歩

マニ ヘンボカゲ トェル コヤ
많이 행복하게 될 거야
すごく幸せになるんだ

イジェ ナヌン タンタンヒ ソ
이제 나는 단단히 서
もう僕はしっかり立って

ノルル カムッサ アナ ジュル コヤ
너를 감싸 안아 줄 거야
君を抱きしめてあげるよ

チョンチョニ ト コジョガ
천천히 더 커져가
ゆっくりもっと大きくなっていって

タムル コットゥル カドゥカン セサン
담을 것들 가득한 세상
盛りだくさんの世界

ヨンウォニラン ゴル ックムックジヌン アナ
영원이란 걸 꿈꾸지는 않아
永遠だということを夢はみない

チグムル ピンナゲ ハミョン トェ
지금을 빛나게 하면 돼
今を輝かせればいい

マジマク ハンボン アナジュン トィエ
마지막 한번 안아준 뒤에
最後の一度抱きしめた後に

フォルフォル ポネジュリョ ヘ
훨훨 보내주려 해
ずっと送ってあげようと思う

カムカムハン パムドゥル
캄캄한 밤들
真っ暗な夜たち

キオケ
기억해
覚えてる

It’s only us ah yeah

ソン フンドゥロ アンニョン
손 흔들어 안녕
手を振ってバイバイ

マジマク インサハゴ
마지막 인사하고
最後の挨拶をして

トラソミョン
돌아서면
背を向けると

ナル キダリン セサンウロ カ
날 기다린 세상으로 가
僕を待っていた世界へ行く

ミジエ ピョル
미지의 별
未知の星

トンキョンヘットン ヨヘンウル
동경했던 여행을 
憧れた旅を

シジャカル ッテ
시작할 때
始める時

My Graduation 

ク チョッコルム
그 첫걸음
その第一歩

マニ ヘンボカゲ トェル
많이 행복하게 될
たくさん幸せになる

モドゥ ットナボネン 
모두 떠나보낸 
すべて送った

クタウム ナムン ゴン
그다음 남은 건
その次に残ったのは

ッタスハン ソネ オンギ
따스한 손의 온기 
暖かい手の温もり

クリゴ ウリ
그리고 우리
そして僕たち




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
Graduation - NCT DREAM

オンジェブト イルッカ
언제부터 일까 
いつからだろうか

ネ チャグン センガクドゥル
내 작은 생각들
僕の小さな考え

ヨンウォニ ニ ギョテ
영원히 네 곁에 
永遠に君の傍に

モムル ス イッスルッカ
머물 수 있을까
いられるだろうか

ヘオジミラン
헤어짐이란
別れとは

サンサン モタン ナメ イェギルドゥル
상상 못한 남의 얘기들
想像もつかない人の話

オットン スンガン
어떤 순간 
ある瞬間

ナル オロブッケ ヘ
날 얼어붙게 해
僕を凍り付かせる

シガニ カヌン ゲ
시간이 가는 게
時間が経つのが

シルル マンクム ッタスヘットン
싫을 만큼 따스했던
嫌なほど暖かかった

パンチャギン ウスム クリゴ ヌンムル
반짝인 웃음 그리고 눈물
きらめく笑みそして涙

ヌグンガルル ミッキ ヒムドゥル ッテ
누군가를 믿기 힘들 때
誰かを信じがたい時

ハンサン カトゥン チャリエソ
항상 같은 자리에서
いつも同じ場所で

ナル ウィヘ ソ イッソ ジュン ノ
날 위해 서 있어 준 너
自分のために立ってくれた君

イジェ ナン クマン
이제 난 그만 
もう僕はもう

チョロプハリョゴ ヘ
졸업하려고 해
卒業しようと思う

プランヘハドン 
불안해하던 
不安に思っていた

ク マヌン ナルル
그 많은 날을
あのたくさんの日々を

キオケ イ ポクチャン カムジョン
기억해 이 벅찬 감정
覚えてる この複雑な感情

ソン フンドゥロ アンニョン
손 흔들어 안녕
手を振ってバイバイ

マジマク インサハゴ
마지막 인사하고
最後の挨拶をして

トラソミョン
돌아서면
背を向けると

ナル キダリン セサンウロ カ
날 기다린 세상으로 가
僕を待っていた世界へ行く

ミジエ ピョル
미지의 별
未知の星

トンキョンヘットン ヨヘンウル
동경했던 여행을 
憧れた旅を

シジャカル ッテ
시작할 때
始める時

My Graduation 

ク チョッコルム
그 첫걸음
その第一歩

マニ ヘンボカゲ トェル コヤ
많이 행복하게 될 거야
すごく幸せになるんだ

チグム イ キブヌル ネゲ
지금 이 기분을 네게
今この気持ちを君に

チョネヤ ハル テンデ
전해야 할 텐데
伝えなきゃいけないのに

マウミ チョグペ
마음이 조급해 yeah
気が焦る

マチ ヌンポラ ソク
마치 눈보라 속 
まるで吹雪の中の

キルル パルキヌン プル
길을 밝히는 불
道を照らす火

クレ ノマヌル ポゴ
그래 너만을 보고
そう 君だけを見て
 
コロオン ゴヤ
걸어온 거야
歩いてきたんだよ

モドゥ ピョネド
모두 변해도
すべて変わっても

ナエ セサン ックテ ナムン ノ
나의 세상 끝에 남은 너
自分の世界の果てに残った君

オロブトド
얼어붙어도
凍り付いても

チョ ウンハス ノギル コヤ
저 은하수 녹일 거야
あの天の川を溶かすよ

ウリン ハヤン ウェゲイン トゥルロブヮ
우린 하얀 외계인 둘러봐
僕たちは白い宇宙人を見渡してみて

チグム ウリ トゥル ップニャ
지금 우리 둘 뿐야
今僕たち二人だけだよ

ウェ オンジェナ
왜 언제나 
なぜかいつも

プジョカン ゴンマン カットン
부족한 것만 같던
足りないようなきがしてた 

オッチョル チュル モルドン
어쩔 줄 모르던
途方に暮れていた

オレジョン ネ アネ 
오래전 내 안의 
ずっと前の僕の中の

ク チャグン オルン
그 작은 어른
あの小さな大人

ナッソンコルム クリゴ ト モルリ
낯선 걸음 그리고 더 멀리
見知らぬ歩みそしてもっと遠くへ

マギョンヘッソットン チルムンドゥル
막연했었던 질문들
漠然とした質問

タブル チョチャガ
답을 쫓아가
答えを追いかけて

ウェロイ トルドン
외로이 돌던 Planet
寂しく回っていた

キル イルン パメ コンギ
길 잃은 밤의 공기
道に迷った夜の空気

チャブン スンガン フトジドン
잡은 순간 흩어지던
つかんだ瞬間散らばった

チャンペカン プルンピッ
창백한 푸른빛
青白い青色

ナ コンヌン キル ホルロ
나 걷는 길 홀로
僕が歩く道一人

ウェロプチ アンタゴ
외롭지 않다고
寂しくはないと

ク ックテン ニガ ソ イッソ
그 끝엔 네가 서 있어
その果てにが君が立っている

キロットン パムル
길었던 밤을 
長かった夜から

ットナボネリョ ヘ
떠나보내려 해
離れようとする

ノエ サランウル
너의 사랑을 
君の愛を

ノム チャル アニッカ
너무 잘 아니까
とてもよく知ったから

トヌン トゥリョプチガ アナ
더는 두렵지가 않아
もう怖くない

ソン フンドゥロ アンニョン
손 흔들어 안녕
手を振ってバイバイ

マジマク インサハゴ
마지막 인사하고
最後の挨拶をして

トラソミョン
돌아서면
背を向けると

ナル キダリン セサンウロ カ
날 기다린 세상으로 가
僕を待っていた世界へ行く

ミジエ ピョル
미지의 별
未知の星

トンキョンヘットン ヨヘンウル
동경했던 여행을 
憧れた旅を

シジャカル ッテ
시작할 때
始める時

My Graduation 

ク チョッコルム
그 첫걸음
その第一歩

マニ ヘンボカゲ トェル コヤ
많이 행복하게 될 거야
すごく幸せになるんだ

イジェ ナヌン タンタンヒ ソ
이제 나는 단단히 서
もう僕はしっかり立って

ノルル カムッサ アナ ジュル コヤ
너를 감싸 안아 줄 거야
君を抱きしめてあげるよ

チョンチョニ ト コジョガ
천천히 더 커져가
ゆっくりもっと大きくなっていって

タムル コットゥル カドゥカン セサン
담을 것들 가득한 세상
盛りだくさんの世界

ヨンウォニラン ゴル ックムックジヌン アナ
영원이란 걸 꿈꾸지는 않아
永遠だということを夢はみない

チグムル ピンナゲ ハミョン トェ
지금을 빛나게 하면 돼
今を輝かせればいい

マジマク ハンボン アナジュン トィエ
마지막 한번 안아준 뒤에
最後の一度抱きしめた後に

フォルフォル ポネジュリョ ヘ
훨훨 보내주려 해
ずっと送ってあげようと思う

カムカムハン パムドゥル
캄캄한 밤들
真っ暗な夜たち

キオケ
기억해
覚えてる

It’s only us ah yeah

ソン フンドゥロ アンニョン
손 흔들어 안녕
手を振ってバイバイ

マジマク インサハゴ
마지막 인사하고
最後の挨拶をして

トラソミョン
돌아서면
背を向けると

ナル キダリン セサンウロ カ
날 기다린 세상으로 가
僕を待っていた世界へ行く

ミジエ ピョル
미지의 별
未知の星

トンキョンヘットン ヨヘンウル
동경했던 여행을 
憧れた旅を

シジャカル ッテ
시작할 때
始める時

My Graduation 

ク チョッコルム
그 첫걸음
その第一歩

マニ ヘンボカゲ トェル
많이 행복하게 될
たくさん幸せになる

モドゥ ットナボネン 
모두 떠나보낸 
すべて送った

クタウム ナムン ゴン
그다음 남은 건
その次に残ったのは

ッタスハン ソネ オンギ
따스한 손의 온기 
暖かい手の温もり

クリゴ ウリ
그리고 우리
そして僕たち



関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント