★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
三兄妹 恋は盲目 台風 魔女 禁婚令 車輪 愛と 赤い風船 ユ・セプン 代理店 イルタ 私たち、他人

ガラスの城 - MINSEO 韓ドラ:The Empire:法の帝国 歌詞和訳

11 /01 2022
ユリソン
유리성 - 민서 (MINSEO)
ガラスの城
作詞:서동성 作曲:박성일
韓国ドラマ:The Empire:法の帝国
出演:キム・ソナ、アン・ジェウク、イ・ミスク、イ・ムンシク、キム・ウォンヘなど
法で築いた鉄壁の中で守られていた欲望と偽善の人生、彼らの秘密の暴露であり有力者の墜落スキャンダル♪
ユリソン
유리성 - 민서 (MINSEO)
ガラスの城

チャグン ソヌル ッタラ
작은 선을 따라 
小さな線に沿って

チョシム ット チョシム コッコ イッソ
조심 또 조심 걷고 있어
気をつけて気を付けて歩いている 

マチ ッケジル トゥタン
마치 깨질 듯한 
まるで割れそうな

ユリウィル コンヌン ネガ ポヨ
유리윌 걷는 내가 보여 
ガラスの上を歩く自分が見える

ハンパルル オルムキョ
한발을 옮겨 
片足を運んで

トゥィッコルムチミョン
뒷걸음치면 
後ずさりしたら

クムバン ムノジル ドゥッ
금방 무너질 듯
今にも崩れそう 

カルラジン ックミ ナルル カドォ
갈라진 꿈이 나를 가둬 
忘れた夢が私を閉じ込める

チョムジョム ト タガオヌン チョ
점점 더 다가오는 저 
だんだん近づいてくるあの

スルプン イェガム
슬픈 예감 
悲しい予感

オディソ
어디서
どこで

シジャクトェン ゴルッカ
시작된 걸까 
始まったのだろう

スオプシ パンッチャクコリヌン
수없이 반짝거리는
数えきれないほどきらめく 

チナオン サルメ チョガクドゥル
지나온 삶의 조각들 
過ぎし人生のカケラ

クッテヌン ピンナ ポヨッゲッチ
그때는 빛나 보였겠지 
あの時は輝いて見えたでしょう

チドカン サルミラン ムゲ
지독한 삶이란 무게 
ひどい人生という重さ

ッサイゴ ッサヨ オンジェンガン
쌓이고 쌓여 언젠간 
積もり積もっていつかは

ヒムオプシ ムノジョ
힘없이 무너져 
力なく崩れる

ネリル コル モルラッケッチ
내릴 걸 몰랐겠지 
降りることを知らなかった

マチ サジンチョロム
마치 사진처럼 
まるで写真のように

チナン ゴン モドゥ パレジョカ
지난 건 모두 바래져가 
過ぎたものはすべて色褪せていく

オレ カッコ イットン
오래 갖고 있던 
長く持って行った

キオクド モドゥ フリョジョカ
기억도 모두 흐려져가 
記憶もすべてぼやけていく

アニ ソンミョンハン
아니 선명한 
いや 鮮明な

キオク ハナ ソヌル ペイン ドゥシ
기억 하나 손을 베인 듯이 
記憶一つ手を切ったように

アプミ キプケ パゴドゥロ
아픔이 깊게 파고들어 
痛みが深く入り込んで

チョムジョム ト ッパルラジヌン ネ
점점 더 빨라지는 내 
だんだん速くなる私

シムジャンソリ イデロ
심장소리 이대로 
心臓の音がこのまま

トジル コンマン カタ
터질 것만 같아 
爆発しそう

セサンウン ウェ ウェミョンハルッカ
세상은 왜 외면할까 
世界はどうして無視するのか

トェドルリョ ジョヤ ハヌンデ
되돌려 줘야 하는데 
返さないといけないのに

マジマク ハン パルマン ト カミョン
마지막 한 발만 더 가면 
最後の一歩だけ行けば

ヌグンガン チュリョマン ヘッコ
누군간 주려만 했고
誰かはあげようとしただけで

ヌグンガン パッコ マラッチ
누군간 받고 말았지
誰かはもらってしまった

アムド ウォナジ アナットン
아무도 원하지 않았던 
誰も望んでいなかった

ク アプムル
그 아픔을 
その痛みを

モムチュル スド オプソ
멈출 수도 없어 
止まることもできない

ハン パル ト カミョン
한 발 더 가면 
もう一歩行ったら

ックンナル テニッカ
끝날 테니까 
終わるから

スオプシ パンッチャクコリヌン
수없이 반짝거리는
数えきれないほどきらめく 

チナオン サルメ チョガクドゥル
지나온 삶의 조각들 
過ぎし人生のカケラ

クッテヌン ピンナ ポヨッゲッチ
그때는 빛나 보였겠지 
あの時は輝いて見えたでしょう

チドカン サルミラン ムゲ
지독한 삶이란 무게 
ひどい人生という重さ

ッサイゴ ッサヨ オンジェンガン
쌓이고 쌓여 언젠간 
積もり積もっていつかは

ヒムオプシ ムノジョ
힘없이 무너져
力なく崩れる

ネリル コル モルラッケッチ
내릴 걸 몰랐겠지
降りることを知らなかった




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ユリソン
유리성 - 민서 (MINSEO)
ガラスの城

チャグン ソヌル ッタラ
작은 선을 따라 
小さな線に沿って

チョシム ット チョシム コッコ イッソ
조심 또 조심 걷고 있어
気をつけて気を付けて歩いている 

マチ ッケジル トゥタン
마치 깨질 듯한 
まるで割れそうな

ユリウィル コンヌン ネガ ポヨ
유리윌 걷는 내가 보여 
ガラスの上を歩く自分が見える

ハンパルル オルムキョ
한발을 옮겨 
片足を運んで

トゥィッコルムチミョン
뒷걸음치면 
後ずさりしたら

クムバン ムノジル ドゥッ
금방 무너질 듯
今にも崩れそう 

カルラジン ックミ ナルル カドォ
갈라진 꿈이 나를 가둬 
忘れた夢が私を閉じ込める

チョムジョム ト タガオヌン チョ
점점 더 다가오는 저 
だんだん近づいてくるあの

スルプン イェガム
슬픈 예감 
悲しい予感

オディソ
어디서
どこで

シジャクトェン ゴルッカ
시작된 걸까 
始まったのだろう

スオプシ パンッチャクコリヌン
수없이 반짝거리는
数えきれないほどきらめく 

チナオン サルメ チョガクドゥル
지나온 삶의 조각들 
過ぎし人生のカケラ

クッテヌン ピンナ ポヨッゲッチ
그때는 빛나 보였겠지 
あの時は輝いて見えたでしょう

チドカン サルミラン ムゲ
지독한 삶이란 무게 
ひどい人生という重さ

ッサイゴ ッサヨ オンジェンガン
쌓이고 쌓여 언젠간 
積もり積もっていつかは

ヒムオプシ ムノジョ
힘없이 무너져 
力なく崩れる

ネリル コル モルラッケッチ
내릴 걸 몰랐겠지 
降りることを知らなかった

マチ サジンチョロム
마치 사진처럼 
まるで写真のように

チナン ゴン モドゥ パレジョカ
지난 건 모두 바래져가 
過ぎたものはすべて色褪せていく

オレ カッコ イットン
오래 갖고 있던 
長く持って行った

キオクド モドゥ フリョジョカ
기억도 모두 흐려져가 
記憶もすべてぼやけていく

アニ ソンミョンハン
아니 선명한 
いや 鮮明な

キオク ハナ ソヌル ペイン ドゥシ
기억 하나 손을 베인 듯이 
記憶一つ手を切ったように

アプミ キプケ パゴドゥロ
아픔이 깊게 파고들어 
痛みが深く入り込んで

チョムジョム ト ッパルラジヌン ネ
점점 더 빨라지는 내 
だんだん速くなる私

シムジャンソリ イデロ
심장소리 이대로 
心臓の音がこのまま

トジル コンマン カタ
터질 것만 같아 
爆発しそう

セサンウン ウェ ウェミョンハルッカ
세상은 왜 외면할까 
世界はどうして無視するのか

トェドルリョ ジョヤ ハヌンデ
되돌려 줘야 하는데 
返さないといけないのに

マジマク ハン パルマン ト カミョン
마지막 한 발만 더 가면 
最後の一歩だけ行けば

ヌグンガン チュリョマン ヘッコ
누군간 주려만 했고
誰かはあげようとしただけで

ヌグンガン パッコ マラッチ
누군간 받고 말았지
誰かはもらってしまった

アムド ウォナジ アナットン
아무도 원하지 않았던 
誰も望んでいなかった

ク アプムル
그 아픔을 
その痛みを

モムチュル スド オプソ
멈출 수도 없어 
止まることもできない

ハン パル ト カミョン
한 발 더 가면 
もう一歩行ったら

ックンナル テニッカ
끝날 테니까 
終わるから

スオプシ パンッチャクコリヌン
수없이 반짝거리는
数えきれないほどきらめく 

チナオン サルメ チョガクドゥル
지나온 삶의 조각들 
過ぎし人生のカケラ

クッテヌン ピンナ ポヨッゲッチ
그때는 빛나 보였겠지 
あの時は輝いて見えたでしょう

チドカン サルミラン ムゲ
지독한 삶이란 무게 
ひどい人生という重さ

ッサイゴ ッサヨ オンジェンガン
쌓이고 쌓여 언젠간 
積もり積もっていつかは

ヒムオプシ ムノジョ
힘없이 무너져
力なく崩れる

ネリル コル モルラッケッチ
내릴 걸 몰랐겠지
降りることを知らなかった



関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント