★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
三兄妹 恋は盲目 台風 魔女 禁婚令 車輪 愛と 赤い風船 ユ・セプン 代理店 イルタ 私たち、他人

Like Breeze - THE SOLUTIONS 韓ドラ:恋愛なんていらない(凍え死ぬ恋愛なんか) 歌詞和訳

10 /11 2022
연애바람 (Like Breeze) - 솔루션스 (THE SOLUTIONS)
作詞:김호경 作曲:1601
韓国ドラマ:恋愛なんていらない(凍え死ぬ恋愛なんか)
出演:イ・ダヒ、チェ・シウォン(SUPER JUNIOR)、チョ・スヒャン、イ・デフィ(AB6IX)など
上下の階に住む男女が恋愛リアリティー番組のPDと出演者として出会い、そこで繰り広げられる現実サバイバルロマンス♪
연애바람 (Like Breeze) - 솔루션스 (THE SOLUTIONS)

イ チョンド パラメ ムォ
이 정도 바람에 뭐
この程度の風が何だ

ソルレイル リガ
설레일 리가
ときめくはずがない

トゥル サイ トゥム
둘 사이 틈
二人の間の隙間

ピンクピッ サンサンウル シッコ タニヌン
핑크빛 상상을 싣고 다니는
ピンク色の想像を積む

ックムッチョクド アンチ
꿈쩍도 않지
びくともしないよ

ミッチ アナ イ キブン
믿지 않아 이 기분
信じない この気持ち

サクマカン
삭막한
索漠たる

ナエ イルサンエ
나의 일상에
僕の日常に

サルランイミョ ット プロワ
살랑이며 또 불어와
そよそよと吹いてくる

ムォンガ ット
뭔가 또
何かまた

パックォン フルメ
바뀐 흐름에
変わった流れに

Oh モムチョ ジョ
oh 멈춰 줘 no
Oh 止まってよ

ノラヌン パラミ プロ
너라는 바람이 불어
君という風が吹いてくる

マムッコッ フンドゥルリョ タシ
맘껏 흔들려 다시
思う存分揺れてもう一度

コク パンッチュム サラジョットン
꼭 반쯤 사라졌던 
ちょうど半分消えた

カムカグル ッケウォ
감각을 깨워
感覚を起こす

ムォンガ キデハミョ パップゲ パヌン
뭔가 기대하며 바쁘게 반응
何か期待しながら忙しく反応

クムセ クチンテド
금세 그친대도
たちまち止むとしても

パロ マジュ ソソ ノルル ヌッキョ
바로 마주 서서 너를 느껴
すぐに向かい合って君を感じる

Like breeze oh

ケジョルル コスルロ フ
계절을 거슬러 후
季節をさかのぼって

フルムル マンドゥロ ノ
흐름을 만들어 너
流れを作る君

ミョッ ポンッチェ パボガ
몇 번째 바보가
何度目のバカに 

ット トェヌンジ ナン モルラド
또 되는지 난 몰라도
なるのか僕は分からないけど

ヒャンギルル シッコソ フ
향기를 싣고서 후
香りを乗せてから

オンモムル カムッサワ ノ
온몸을 감싸와 너
全身を包むこんでくる君

ミミョハン イプキメド
미묘한 입김에도 
微妙な息にも

フィチョンヨ ナン オジロウォ
휘청여 난 어지러워
ふらついて僕はめまいがする

ノクロウォジョ
너그러워져
君はそうなるよ

トゥトルテドン
투덜대던
ぶつぶつ言っていた

タ シグン コピワ
다 식은 커피와
冷めたコーヒーと

ッサイン イレド
쌓인 일에도
たまった仕事にも

ット クロルドゥタン マルル トンジョ
또 그럴듯한 말을 던져
またもっともらしい言葉を投げて

キダリョ
기다려
待って

ミッミッハン ナエ シガヌル
밋밋한 나의 시간을
のっぺりした僕の時間を

チョンシンオプシ ヘジボ ヌヮ
정신없이 헤집어 놔
慌ただしくかきわけておけ

アチム パムナッ トィオンキン ナ
아침 밤낮 뒤엉킨 나
朝晩入り込んだ僕

oh モムチョジョ ノ
oh 멈춰줘 너
Oh 止めてよ 君

ノラヌン パラミ プロ
너라는 바람이 불어
君という風が吹いてくる

マムッコッ フンドゥルリョ タシ
맘껏 흔들려 다시
思う存分揺れてもう一度

コク パンッチュム サラジョットン
꼭 반쯤 사라졌던 
ちょうど半分消えた

カムカグル ッケウォ
감각을 깨워
感覚を起こす

ムォンガ キデハミョ パップゲ パヌン
뭔가 기대하며 바쁘게 반응
何か期待しながら忙しく反応

クムセ クチンテド
금세 그친대도
たちまち止むとしても

パロ マジュ ソソ ノルル ヌッキョ
바로 마주 서서 너를 느껴
すぐに向かい合って君を感じる

Like breeze oh

ケジョルル コスルロ フ
계절을 거슬러 후
季節をさかのぼって

フルムル マンドゥロ ノ
흐름을 만들어 너
流れを作る君

ミョッ ポンッチェ パボガ
몇 번째 바보가
何度目のバカに 

ット トェヌンジ ナン モルラド
또 되는지 난 몰라도
なるのか僕は分からないけど

ヒャンギルル シッコソ フ
향기를 싣고서 후
香りを乗せてから

オンモムル カムッサワ ノ
온몸을 감싸와 너
全身を包むこんでくる君

ミミョハン イプキメド
미묘한 입김에도 
微妙な息にも

フィチョンヨ ナン オジロウォ
휘청여 난 어지러워
ふらついて僕はめまいがする

モッ チャジャドゥル コル アルジマン
곧 잦아들 걸 알지만
もうすぐ収まることは分かっているけど

チンシム オリン スンガネ
진심 어린 순간에 
心のこもった瞬間に

ナルル トンジョ ノルル ヒャンヘ カ
나를 던져 너를 향해 가
僕を投げて君に向かっていく

ノラヌン パラミ プロ
너라는 바람이 불어
君という風が吹いてくる

マムッコッ フンドゥルリョ タシ
맘껏 흔들려 다시
思う存分揺れてもう一度

コク パンッチュム サラジョットン
꼭 반쯤 사라졌던 
ちょうど半分消えた

カムカグル ッケウォ
감각을 깨워
感覚を起こす

ムォンガ キデハミョ パップゲ パヌン
뭔가 기대하며 바쁘게 반응
何か期待しながら忙しく反応

クムセ クチンテド
금세 그친대도
たちまち止むとしても

パロ マジュ ソソ ノルル ヌッキョ
바로 마주 서서 너를 느껴
すぐに向かい合って君を感じる

Like breeze oh

トゥ パルル ポルリン チェロ
두 팔을 벌린 채로
両腕を広げたまま

トゥ ヌヌル カムゲ ヘ ノ
두 눈을 감게 해 너
両目を閉じさせて、君

チョヨンヒ カムチョドォットン
조용히 감춰뒀던 
静かに隠しておいた

ヌンムルド タ ナルリョジョ
눈물도 다 날려줘
全部飛ばしてよ

モリルル ッスロ ノムキョ
머리를 쓸어 넘겨
頭を掃き飛ばす

オッケルル カムッサ アナ
어깨를 감싸 안아
肩を包み込んで

パラムル タゴ ソン ナ
바람을 타고 선 나
風に乗って立った僕

オッチョンジ ト タンタンヘジョ
어쩐지 더 당당해져
どうりでさらに堂々となる




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
연애바람 (Like Breeze) - 솔루션스 (THE SOLUTIONS)

イ チョンド パラメ ムォ
이 정도 바람에 뭐
この程度の風が何だ

ソルレイル リガ
설레일 리가
ときめくはずがない

トゥル サイ トゥム
둘 사이 틈
二人の間の隙間

ピンクピッ サンサンウル シッコ タニヌン
핑크빛 상상을 싣고 다니는
ピンク色の想像を積む

ックムッチョクド アンチ
꿈쩍도 않지
びくともしないよ

ミッチ アナ イ キブン
믿지 않아 이 기분
信じない この気持ち

サクマカン
삭막한
索漠たる

ナエ イルサンエ
나의 일상에
僕の日常に

サルランイミョ ット プロワ
살랑이며 또 불어와
そよそよと吹いてくる

ムォンガ ット
뭔가 또
何かまた

パックォン フルメ
바뀐 흐름에
変わった流れに

Oh モムチョ ジョ
oh 멈춰 줘 no
Oh 止まってよ

ノラヌン パラミ プロ
너라는 바람이 불어
君という風が吹いてくる

マムッコッ フンドゥルリョ タシ
맘껏 흔들려 다시
思う存分揺れてもう一度

コク パンッチュム サラジョットン
꼭 반쯤 사라졌던 
ちょうど半分消えた

カムカグル ッケウォ
감각을 깨워
感覚を起こす

ムォンガ キデハミョ パップゲ パヌン
뭔가 기대하며 바쁘게 반응
何か期待しながら忙しく反応

クムセ クチンテド
금세 그친대도
たちまち止むとしても

パロ マジュ ソソ ノルル ヌッキョ
바로 마주 서서 너를 느껴
すぐに向かい合って君を感じる

Like breeze oh

ケジョルル コスルロ フ
계절을 거슬러 후
季節をさかのぼって

フルムル マンドゥロ ノ
흐름을 만들어 너
流れを作る君

ミョッ ポンッチェ パボガ
몇 번째 바보가
何度目のバカに 

ット トェヌンジ ナン モルラド
또 되는지 난 몰라도
なるのか僕は分からないけど

ヒャンギルル シッコソ フ
향기를 싣고서 후
香りを乗せてから

オンモムル カムッサワ ノ
온몸을 감싸와 너
全身を包むこんでくる君

ミミョハン イプキメド
미묘한 입김에도 
微妙な息にも

フィチョンヨ ナン オジロウォ
휘청여 난 어지러워
ふらついて僕はめまいがする

ノクロウォジョ
너그러워져
君はそうなるよ

トゥトルテドン
투덜대던
ぶつぶつ言っていた

タ シグン コピワ
다 식은 커피와
冷めたコーヒーと

ッサイン イレド
쌓인 일에도
たまった仕事にも

ット クロルドゥタン マルル トンジョ
또 그럴듯한 말을 던져
またもっともらしい言葉を投げて

キダリョ
기다려
待って

ミッミッハン ナエ シガヌル
밋밋한 나의 시간을
のっぺりした僕の時間を

チョンシンオプシ ヘジボ ヌヮ
정신없이 헤집어 놔
慌ただしくかきわけておけ

アチム パムナッ トィオンキン ナ
아침 밤낮 뒤엉킨 나
朝晩入り込んだ僕

oh モムチョジョ ノ
oh 멈춰줘 너
Oh 止めてよ 君

ノラヌン パラミ プロ
너라는 바람이 불어
君という風が吹いてくる

マムッコッ フンドゥルリョ タシ
맘껏 흔들려 다시
思う存分揺れてもう一度

コク パンッチュム サラジョットン
꼭 반쯤 사라졌던 
ちょうど半分消えた

カムカグル ッケウォ
감각을 깨워
感覚を起こす

ムォンガ キデハミョ パップゲ パヌン
뭔가 기대하며 바쁘게 반응
何か期待しながら忙しく反応

クムセ クチンテド
금세 그친대도
たちまち止むとしても

パロ マジュ ソソ ノルル ヌッキョ
바로 마주 서서 너를 느껴
すぐに向かい合って君を感じる

Like breeze oh

ケジョルル コスルロ フ
계절을 거슬러 후
季節をさかのぼって

フルムル マンドゥロ ノ
흐름을 만들어 너
流れを作る君

ミョッ ポンッチェ パボガ
몇 번째 바보가
何度目のバカに 

ット トェヌンジ ナン モルラド
또 되는지 난 몰라도
なるのか僕は分からないけど

ヒャンギルル シッコソ フ
향기를 싣고서 후
香りを乗せてから

オンモムル カムッサワ ノ
온몸을 감싸와 너
全身を包むこんでくる君

ミミョハン イプキメド
미묘한 입김에도 
微妙な息にも

フィチョンヨ ナン オジロウォ
휘청여 난 어지러워
ふらついて僕はめまいがする

モッ チャジャドゥル コル アルジマン
곧 잦아들 걸 알지만
もうすぐ収まることは分かっているけど

チンシム オリン スンガネ
진심 어린 순간에 
心のこもった瞬間に

ナルル トンジョ ノルル ヒャンヘ カ
나를 던져 너를 향해 가
僕を投げて君に向かっていく

ノラヌン パラミ プロ
너라는 바람이 불어
君という風が吹いてくる

マムッコッ フンドゥルリョ タシ
맘껏 흔들려 다시
思う存分揺れてもう一度

コク パンッチュム サラジョットン
꼭 반쯤 사라졌던 
ちょうど半分消えた

カムカグル ッケウォ
감각을 깨워
感覚を起こす

ムォンガ キデハミョ パップゲ パヌン
뭔가 기대하며 바쁘게 반응
何か期待しながら忙しく反応

クムセ クチンテド
금세 그친대도
たちまち止むとしても

パロ マジュ ソソ ノルル ヌッキョ
바로 마주 서서 너를 느껴
すぐに向かい合って君を感じる

Like breeze oh

トゥ パルル ポルリン チェロ
두 팔을 벌린 채로
両腕を広げたまま

トゥ ヌヌル カムゲ ヘ ノ
두 눈을 감게 해 너
両目を閉じさせて、君

チョヨンヒ カムチョドォットン
조용히 감춰뒀던 
静かに隠しておいた

ヌンムルド タ ナルリョジョ
눈물도 다 날려줘
全部飛ばしてよ

モリルル ッスロ ノムキョ
머리를 쓸어 넘겨
頭を掃き飛ばす

オッケルル カムッサ アナ
어깨를 감싸 안아
肩を包み込んで

パラムル タゴ ソン ナ
바람을 타고 선 나
風に乗って立った僕

オッチョンジ ト タンタンヘジョ
어쩐지 더 당당해져
どうりでさらに堂々となる



関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント