★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」のリメーク元「梨泰院(イテウォン)クラス」をおさらい!!
ウラチャチャ ヒョンジェ 秘密の家 黄金仮面 魔女 還魂 ウ・ヨンウ 美男堂 アダムス ウェブ漫画 ユ・セプン 模範刑事2 ビッグマウス あなたの願い

願いは星になって - キム・ヨンウ 韓ドラ:最愛の敵~王たる宿命~ 歌詞和訳

05 /19 2022
ソマヌンピョリトェオ
소망은 별이 되어 - 김연우
願いは星になって
作詞:키비 (Kebee) 作曲:TENZO (PAPERMAKER),룩원 (LOOGONE)
韓国ドラマ:最愛の敵~王たる宿命~
出演:イ・ジュン、カン・ハンナ、チャン・ヒョク、ホ・ソンテ、ハ・ドグォン、パク・チビンなど
生き残るため愛する女性を突き放さなければならない王と生き残るために王妃にならなければならない女性、政敵となった二人が互いに刀を向けながら繰り広げる政治ロマンス。
ソマヌンピョリトェオ
소망은 별이 되어 - 김연우
願いは星になって

ソン ウィエ チョンチョハン
손 위에 청초한 
手の上に清楚な

トゥンプル チュィゴソ
등불 쥐고서
灯りを握って

チョ トゥルカロ カッカイ オシラ
저 들가로 가까이 오시라
あのあたりに近寄ってきなさい

クルミ コチン ネ マウム ウィエ
구름이 걷힌 내 마음 위에
雲が晴れた僕の心の上に

チャオルンダ
차오른다
満ちる

クデ モムン パルコルム
그대 머문 발걸음
君のたまった足取り

カパルン スムソリ
가파른 숨소리
急な息遣い

トゥルリルッカブヮ トゥリョウォ
들릴까봐 두려워
聞こえちゃいそうで怖い

ネ イプスルジョチャ
내 입술조차
僕の唇さえ

ッテオネル ス オムヌン シガン
떼어낼 수 없는 시간
切り離せない時間

クデ アペ ヤケジン ナイギエ
그대 앞에 약해진 나이기에
君の前では弱くなる僕だから

ソマンウン ピョリ トェオ
소망은 별이 되어
願いは星になって

パムハヌル カドゥク チェウゴ
밤하늘 가득 채우고
夜空いっぱいに満たして

プロオン パラムッコッ ッタラ
불어온 바람꽃 따라
吹いてきた風の花に沿って

クデラ プルリラ
그대라 부르리라
あなたと呼ぶんでしょう

チャオルン マウムチョロム
차오른 마음처럼
満ち溢れた心のように

ヌン ブシン ハヌル ヨルリル ッテ
눈 부신 하늘 열릴 때
眩しい空が開くとき

マルハル ス オプトン ケジョル
말할 수 없던 계절
言えなかった季節

イウクコ クデラ プルリラ
이윽고 그대라 부르리라
やがて君と呼ぶだろう

マルオプシ チナガン クデ トゥィッモスプ
말없이 지나간 그대 뒷모습
黙って過ぎ去った君の後姿

ックミオド ナエゲン ッコチラ
꿈이어도 나에겐 꽃이라
夢でも僕には花だから

アッキョドゥン マウミ
아껴둔 마음이
大切にしておいた心が

モッ タウルッカブヮ トゥリョウォ
못 닿을까봐 두려워
届かなそうで 怖い

ネ イルムジョチャ
내 이름조차
君の名前さえ

クデエゲ ポゴウルッカ
그대에게 버거울까
君に手に余るだろうか

ット イロケ モロジン クリウメ
또 이렇게 멀어진 그리움에
またこんなに遠ざかった恋しさに

ソマンウン ピョリ トェオ
소망은 별이 되어
願いは星になって

パムハヌル カドゥク チェウゴ
밤하늘 가득 채우고
夜空いっぱいに満たして

プロオン パラムッコッ ッタラ
불어온 바람꽃 따라
吹いてきた風の花に沿って

クデラ プルリラ
그대라 부르리라
あなたと呼ぶんでしょう

チャオルン マウムチョロム
차오른 마음처럼
満ち溢れた心のように

ヌン ブシン ハヌル ヨルリル ッテ
눈 부신 하늘 열릴 때
眩しい空が開くとき

マルハル ス オプトン ケジョル
말할 수 없던 계절
言えなかった季節

イウクコ クデラ プルリラ
이윽고 그대라 부르리라
やがて君と呼ぶだろう

ムジョンヒ コットン
무정히 걷던 
無情に歩いた

イ ウェロウン キルル
이 외로운 길을
この寂しい道を

ピチョ チュリラ
비춰 주리라
映してやろう

クデ オリラ
그대 오리라
君が来なさい

チョ パルグン テヤンイ
저 밝은 태양이
あの明るい太陽が

ソマンウン ピョリ トェオ
소망은 별이 되어
願いは星になって

パムハヌル カドゥク チェウゴ
밤하늘 가득 채우고
夜空いっぱいに満たして

プロオン パラムッコッ ッタラ
불어온 바람꽃 따라
吹いてきた風の花に沿って

クデラ プルリラ
그대라 부르리라
あなたと呼ぶんでしょう

チャオルン マウムチョロム
차오른 마음처럼
満ち溢れた心のように

ヌン ブシン ハヌル ヨルリル ッテ
눈 부신 하늘 열릴 때
眩しい空が開くとき

マルハル ス オプトン ケジョル
말할 수 없던 계절
言えなかった季節

イウクコ クデラ プルリラ
이윽고 그대라 부르리라
やがて君と呼ぶだろう






※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ソマヌンピョリトェオ
소망은 별이 되어 - 김연우
願いは星になって

ソン ウィエ チョンチョハン
손 위에 청초한 
手の上に清楚な

トゥンプル チュィゴソ
등불 쥐고서
灯りを握って

チョ トゥルカロ カッカイ オシラ
저 들가로 가까이 오시라
あのあたりに近寄ってきなさい

クルミ コチン ネ マウム ウィエ
구름이 걷힌 내 마음 위에
雲が晴れた僕の心の上に

チャオルンダ
차오른다
満ちる

クデ モムン パルコルム
그대 머문 발걸음
君のたまった足取り

カパルン スムソリ
가파른 숨소리
急な息遣い

トゥルリルッカブヮ トゥリョウォ
들릴까봐 두려워
聞こえちゃいそうで怖い

ネ イプスルジョチャ
내 입술조차
僕の唇さえ

ッテオネル ス オムヌン シガン
떼어낼 수 없는 시간
切り離せない時間

クデ アペ ヤケジン ナイギエ
그대 앞에 약해진 나이기에
君の前では弱くなる僕だから

ソマンウン ピョリ トェオ
소망은 별이 되어
願いは星になって

パムハヌル カドゥク チェウゴ
밤하늘 가득 채우고
夜空いっぱいに満たして

プロオン パラムッコッ ッタラ
불어온 바람꽃 따라
吹いてきた風の花に沿って

クデラ プルリラ
그대라 부르리라
あなたと呼ぶんでしょう

チャオルン マウムチョロム
차오른 마음처럼
満ち溢れた心のように

ヌン ブシン ハヌル ヨルリル ッテ
눈 부신 하늘 열릴 때
眩しい空が開くとき

マルハル ス オプトン ケジョル
말할 수 없던 계절
言えなかった季節

イウクコ クデラ プルリラ
이윽고 그대라 부르리라
やがて君と呼ぶだろう

マルオプシ チナガン クデ トゥィッモスプ
말없이 지나간 그대 뒷모습
黙って過ぎ去った君の後姿

ックミオド ナエゲン ッコチラ
꿈이어도 나에겐 꽃이라
夢でも僕には花だから

アッキョドゥン マウミ
아껴둔 마음이
大切にしておいた心が

モッ タウルッカブヮ トゥリョウォ
못 닿을까봐 두려워
届かなそうで 怖い

ネ イルムジョチャ
내 이름조차
君の名前さえ

クデエゲ ポゴウルッカ
그대에게 버거울까
君に手に余るだろうか

ット イロケ モロジン クリウメ
또 이렇게 멀어진 그리움에
またこんなに遠ざかった恋しさに

ソマンウン ピョリ トェオ
소망은 별이 되어
願いは星になって

パムハヌル カドゥク チェウゴ
밤하늘 가득 채우고
夜空いっぱいに満たして

プロオン パラムッコッ ッタラ
불어온 바람꽃 따라
吹いてきた風の花に沿って

クデラ プルリラ
그대라 부르리라
あなたと呼ぶんでしょう

チャオルン マウムチョロム
차오른 마음처럼
満ち溢れた心のように

ヌン ブシン ハヌル ヨルリル ッテ
눈 부신 하늘 열릴 때
眩しい空が開くとき

マルハル ス オプトン ケジョル
말할 수 없던 계절
言えなかった季節

イウクコ クデラ プルリラ
이윽고 그대라 부르리라
やがて君と呼ぶだろう

ムジョンヒ コットン
무정히 걷던 
無情に歩いた

イ ウェロウン キルル
이 외로운 길을
この寂しい道を

ピチョ チュリラ
비춰 주리라
映してやろう

クデ オリラ
그대 오리라
君が来なさい

チョ パルグン テヤンイ
저 밝은 태양이
あの明るい太陽が

ソマンウン ピョリ トェオ
소망은 별이 되어
願いは星になって

パムハヌル カドゥク チェウゴ
밤하늘 가득 채우고
夜空いっぱいに満たして

プロオン パラムッコッ ッタラ
불어온 바람꽃 따라
吹いてきた風の花に沿って

クデラ プルリラ
그대라 부르리라
あなたと呼ぶんでしょう

チャオルン マウムチョロム
차오른 마음처럼
満ち溢れた心のように

ヌン ブシン ハヌル ヨルリル ッテ
눈 부신 하늘 열릴 때
眩しい空が開くとき

マルハル ス オプトン ケジョル
말할 수 없던 계절
言えなかった季節

イウクコ クデラ プルリラ
이윽고 그대라 부르리라
やがて君と呼ぶだろう





関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます