★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
明日 アゲイン 解放日誌 ブルース ウラチャチャ グリーン 493キロ 流れ星 ヒョンジェ 秘密の家 殺人者 最愛の敵 アンナラ バラ 私たちは

虎狼水月歌 - ユジュ 歌詞和訳

ライブレポ(セットリストなど)
05 /03 2022
ホランスウォルカ
호랑수월가 - 유주
虎狼水月歌
作詞作曲:상록수
リクエスト頂いた曲です♪
ホランスウォルカ
호랑수월가 - 유주
虎狼水月歌

フルヌン チョ ハヌルル
흐르는 저 하늘을 
流れるあの空を

ムロチェヌン ポムチョロム
물어채는 범처럼
水魚菜は虎のように

テサネ ナラドゥロ
태산에 날아들어 
泰山に飛び込んで

スモドゥヌン セチョロム
숨어드는 새처럼
隠れる鳥のように

トンサヌル ットゥイゴ ットゥイオガヌン
동산을 뛰고 뛰어가는 
丘を走っていく

カンアジチョロム
강아지처럼
子犬のように

オン サネ プンムル マグル ネリネ
온 산에 풍물 막을 내리네
すべての山に風物の幕を下ろすよ

パラムン チチン ックテ
바람은 지친 끝에 
風は疲れた末に

パメ モムル ヌェイネ
밤에 몸을 뉘이네
夜に体を横たえる

ピョルピチュン アドゥカニ
별빛은 아득하니 
星明りははるかかなたに

ウンハスルル ネリネ
은하수를 내리네
天の川を下るね

チャガウン パムハヌレ
차가운 밤하늘에
冷たい夜空に 

セサンイ チョジョ カネ
세상이 젖어 가네
世界が濡れていく

クリウォ ホルロ タリョンウル ハジャ
그리워 홀로 타령을 하자 
恋しくて独り言を言おう

フルロガラ サラン サランア
흘러가라 사랑 사랑아 
流れていけ 愛 愛よ

トッオプシ ピゴ ットロジヌン ッコッ ソンア
덧없이 피고 떨어지는 꽃 송아
儚く咲き乱れる花ソング

エタルムクナ カラク カラガ
애닯구나 가락 가락아 
切ないね リズムに乗って

ヌンムレ ットロジン ピョルル ハネ
눈물에 떨어진 별을 헤네
涙で落ちた星を数える

プルン タラ オレン コウン ネ タラ
푸른 달아 오랜 고운 내 달아 
青い月 長い美しい私の月

ピチン ネ ソネ ネリョダオ
비친 내 손에 내려다오
映った自分の手におりて

ウンセク ソメ ネ ギョテ トゥルン チェロ
은색 소매 내 곁에 두른 채로 
銀色の袖 私の傍に巻いたまま

ハン ボンマン タヌン
한 번만 타는 
一度だけ焦げた

イブル チュギョタオ
입을 축여다오
唇を潤しなさい

プルン タラ タシプスル ネ タラ
푸른 달아 다시없을 내 달아 
青い月 またとない私の月

ッポドゥン ソンックテ タアダオ
뻗은 손끝에 닿아다오
伸びた指先に届け

タルピッマニ フルロ 
달빛만이 흘러 
月明かりだけが流れて

パダガ トェゴ チチョ
바다가 되고 지쳐 
海になって疲れて

チョナジ モタヌン スウォルカ
전하지 못하는 수월가
伝えられない秀逸歌

コヨハン パダ ウィロ
고요한 바다 위로 
静かな海の上に

ネ ノレガ ットカンダ
내 노래가 떠간다
私の歌が流れる

ソリド プックロウォ
소리도 부끄러워
音も恥ずかしくて 

スムチュギゴ ットカンダ
숨죽이고 떠간다
息を殺して流される

タルピチェ チョジュン モムル
달빛에 젖은 몸을 
月明かりに濡れた体を

ネノッコソ ットカンダ
내놓고서 떠간다
出して浮かぶ

ハンナチェ ピチョ オルル ッテッカジ
한낮이 비쳐 오를 때까지
真昼に映るまで

プンソンハン カジ ックテ
풍성한 가지 끝에 
豊かな枝先に

コルチョ イットン ヨヌロ
걸쳐 있던 연으로
またがっていた凧で

パラメ ットロジョソ ポリュハドン イプロ
바람에 떨어져서 표류하던 잎으로
風に落ちて漂流していた葉に

ムル ウィエ カル テ オムヌン
물 위에 갈 데 없는 
水の上に行き場のない

ナルグン キルル チッタガ
낡은 길을 짓다가
古い道を作っては

クリプコ スルポ ヌヌル カムネ
그립고 슬퍼 눈을 감으네
恋しくて悲しい目を閉じるね

タラ タラ エダルプン タラ ピオッタ
달아 달아 애달픈 달아 피었다 
甘くて切ない月が咲いた

イネ スモ ボリル ホサンア
이내 숨어 버릴 허상아
たちまち隠れてしまう虚像児

シリグナ セウォル セウォラ
시리구나 세월 세월아
冷たいね 歳月よ 

ナナルル ヘミョンソ ヒョヌル ットゥンネ
나날을 헤면서 현을 뜯네
日々を過ごしながら弦を開けるね

プルン タラ オレン コウン ネ タラ
푸른 달아 오랜 고운 내 달아 
青い月 長い美しい私の月

ピチン ネ ソネ ネリョダオ
비친 내 손에 내려다오
映った自分の手におりて

ウンセク ソメ ネ ギョテ トゥルン チェロ
은색 소매 내 곁에 두른 채로 
銀色の袖 私の傍に巻いたまま

ハン ボンマン タヌン
한 번만 타는 
一度だけ焦げた

イブル チュギョタオ
입을 축여다오
唇を潤しなさい

プルン タラ タシプスル ネ タラ
푸른 달아 다시없을 내 달아 
青い月 またとない私の月

ッポドゥン ソンックテ タアダオ
뻗은 손끝에 닿아다오
伸びた指先に届け

タルピッマニ フルロ 
달빛만이 흘러 
月明かりだけが流れて

パダガ トェゴ チチョ
바다가 되고 지쳐 
海になって疲れて

チョナジ モタヌン スウォルカ
전하지 못하는 수월가
伝えられない秀逸歌

ソロ カジャ
서로 가자
お互いに行こう

クビクビ チョ カジャ
굽이굽이 쳐 가자
くねくねして行こう

ハヌレ タウル ノモッカジ
하늘에 닿을 너머까지
空に届く向こうまで

パマ カラ フォイフォイ カゴラ
밤아 가라 훠이훠이 가거라 
夜よ 行け 火よ さらば

サン ウィエ コルリン
산 위에 걸린 
山の上にかかった

チョ タルン テピョンガ
저 달은 태평가
あの月は太平歌

ソロ カジャ
서로 가자 
お互いに行こう

クビクビ チョ カジャ セ
굽이굽이 쳐 가자 새
くねくねとならして行こう

ピョゲ タウル ノモッカジ
벽에 닿을 너머까지
壁に触れる向こうまで

タルピッマニ フルロ パダガ トェゴ
달빛만이 흘러 바다가 되고 
月明かりだけが流れて海になって

チチョ チョナジ モタヌン スウォルガ
지쳐 전하지 못하는 수월가
疲れて伝えられない秀逸歌

ハヌルル ポミョ クリヌン プンリュガ
하늘을 보며 그리는 풍류가
空を見上げて描く風景が

ソヌロ チャブル ス オムヌン
손으로 잡을 수 없는 
手に取ることのできない

ナエ スウォルカ
나의 수월가
僕の秀逸歌





※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ホランスウォルカ
호랑수월가 - 유주
虎狼水月歌

フルヌン チョ ハヌルル
흐르는 저 하늘을 
流れるあの空を

ムロチェヌン ポムチョロム
물어채는 범처럼
水魚菜は虎のように

テサネ ナラドゥロ
태산에 날아들어 
泰山に飛び込んで

スモドゥヌン セチョロム
숨어드는 새처럼
隠れる鳥のように

トンサヌル ットゥイゴ ットゥイオガヌン
동산을 뛰고 뛰어가는 
丘を走っていく

カンアジチョロム
강아지처럼
子犬のように

オン サネ プンムル マグル ネリネ
온 산에 풍물 막을 내리네
すべての山に風物の幕を下ろすよ

パラムン チチン ックテ
바람은 지친 끝에 
風は疲れた末に

パメ モムル ヌェイネ
밤에 몸을 뉘이네
夜に体を横たえる

ピョルピチュン アドゥカニ
별빛은 아득하니 
星明りははるかかなたに

ウンハスルル ネリネ
은하수를 내리네
天の川を下るね

チャガウン パムハヌレ
차가운 밤하늘에
冷たい夜空に 

セサンイ チョジョ カネ
세상이 젖어 가네
世界が濡れていく

クリウォ ホルロ タリョンウル ハジャ
그리워 홀로 타령을 하자 
恋しくて独り言を言おう

フルロガラ サラン サランア
흘러가라 사랑 사랑아 
流れていけ 愛 愛よ

トッオプシ ピゴ ットロジヌン ッコッ ソンア
덧없이 피고 떨어지는 꽃 송아
儚く咲き乱れる花ソング

エタルムクナ カラク カラガ
애닯구나 가락 가락아 
切ないね リズムに乗って

ヌンムレ ットロジン ピョルル ハネ
눈물에 떨어진 별을 헤네
涙で落ちた星を数える

プルン タラ オレン コウン ネ タラ
푸른 달아 오랜 고운 내 달아 
青い月 長い美しい私の月

ピチン ネ ソネ ネリョダオ
비친 내 손에 내려다오
映った自分の手におりて

ウンセク ソメ ネ ギョテ トゥルン チェロ
은색 소매 내 곁에 두른 채로 
銀色の袖 私の傍に巻いたまま

ハン ボンマン タヌン
한 번만 타는 
一度だけ焦げた

イブル チュギョタオ
입을 축여다오
唇を潤しなさい

プルン タラ タシプスル ネ タラ
푸른 달아 다시없을 내 달아 
青い月 またとない私の月

ッポドゥン ソンックテ タアダオ
뻗은 손끝에 닿아다오
伸びた指先に届け

タルピッマニ フルロ 
달빛만이 흘러 
月明かりだけが流れて

パダガ トェゴ チチョ
바다가 되고 지쳐 
海になって疲れて

チョナジ モタヌン スウォルカ
전하지 못하는 수월가
伝えられない秀逸歌

コヨハン パダ ウィロ
고요한 바다 위로 
静かな海の上に

ネ ノレガ ットカンダ
내 노래가 떠간다
私の歌が流れる

ソリド プックロウォ
소리도 부끄러워
音も恥ずかしくて 

スムチュギゴ ットカンダ
숨죽이고 떠간다
息を殺して流される

タルピチェ チョジュン モムル
달빛에 젖은 몸을 
月明かりに濡れた体を

ネノッコソ ットカンダ
내놓고서 떠간다
出して浮かぶ

ハンナチェ ピチョ オルル ッテッカジ
한낮이 비쳐 오를 때까지
真昼に映るまで

プンソンハン カジ ックテ
풍성한 가지 끝에 
豊かな枝先に

コルチョ イットン ヨヌロ
걸쳐 있던 연으로
またがっていた凧で

パラメ ットロジョソ ポリュハドン イプロ
바람에 떨어져서 표류하던 잎으로
風に落ちて漂流していた葉に

ムル ウィエ カル テ オムヌン
물 위에 갈 데 없는 
水の上に行き場のない

ナルグン キルル チッタガ
낡은 길을 짓다가
古い道を作っては

クリプコ スルポ ヌヌル カムネ
그립고 슬퍼 눈을 감으네
恋しくて悲しい目を閉じるね

タラ タラ エダルプン タラ ピオッタ
달아 달아 애달픈 달아 피었다 
甘くて切ない月が咲いた

イネ スモ ボリル ホサンア
이내 숨어 버릴 허상아
たちまち隠れてしまう虚像児

シリグナ セウォル セウォラ
시리구나 세월 세월아
冷たいね 歳月よ 

ナナルル ヘミョンソ ヒョヌル ットゥンネ
나날을 헤면서 현을 뜯네
日々を過ごしながら弦を開けるね

プルン タラ オレン コウン ネ タラ
푸른 달아 오랜 고운 내 달아 
青い月 長い美しい私の月

ピチン ネ ソネ ネリョダオ
비친 내 손에 내려다오
映った自分の手におりて

ウンセク ソメ ネ ギョテ トゥルン チェロ
은색 소매 내 곁에 두른 채로 
銀色の袖 私の傍に巻いたまま

ハン ボンマン タヌン
한 번만 타는 
一度だけ焦げた

イブル チュギョタオ
입을 축여다오
唇を潤しなさい

プルン タラ タシプスル ネ タラ
푸른 달아 다시없을 내 달아 
青い月 またとない私の月

ッポドゥン ソンックテ タアダオ
뻗은 손끝에 닿아다오
伸びた指先に届け

タルピッマニ フルロ 
달빛만이 흘러 
月明かりだけが流れて

パダガ トェゴ チチョ
바다가 되고 지쳐 
海になって疲れて

チョナジ モタヌン スウォルカ
전하지 못하는 수월가
伝えられない秀逸歌

ソロ カジャ
서로 가자
お互いに行こう

クビクビ チョ カジャ
굽이굽이 쳐 가자
くねくねして行こう

ハヌレ タウル ノモッカジ
하늘에 닿을 너머까지
空に届く向こうまで

パマ カラ フォイフォイ カゴラ
밤아 가라 훠이훠이 가거라 
夜よ 行け 火よ さらば

サン ウィエ コルリン
산 위에 걸린 
山の上にかかった

チョ タルン テピョンガ
저 달은 태평가
あの月は太平歌

ソロ カジャ
서로 가자 
お互いに行こう

クビクビ チョ カジャ セ
굽이굽이 쳐 가자 새
くねくねとならして行こう

ピョゲ タウル ノモッカジ
벽에 닿을 너머까지
壁に触れる向こうまで

タルピッマニ フルロ パダガ トェゴ
달빛만이 흘러 바다가 되고 
月明かりだけが流れて海になって

チチョ チョナジ モタヌン スウォルガ
지쳐 전하지 못하는 수월가
疲れて伝えられない秀逸歌

ハヌルル ポミョ クリヌン プンリュガ
하늘을 보며 그리는 풍류가
空を見上げて描く風景が

ソヌロ チャブル ス オムヌン
손으로 잡을 수 없는 
手に取ることのできない

ナエ スウォルカ
나의 수월가
僕の秀逸歌




関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます