★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」のリメーク元「梨泰院(イテウォン)クラス」をおさらい!!
ウラチャチャ 秘密の家 黄金仮面 あなたの願い グッジョブ 田舎街 法に メンタル シスターズ 1000ウォン ブラインド ゴールデン 月水金火木土

もう一度、春 - NU'EST 歌詞和訳

NU`EST(뉴이스트)《♂》
03 /22 2022
タシハル
다시, 봄 - 뉴이스트
もう一度、春
作詞:백호,BUMZU,Elum (PRISMFILTER) 
作曲:BUMZU,백호,Gesture (PRISMFILTER),Elum (PRISMFILTER)
リクエスト頂いた曲です♪
タシハル
다시, 봄 - 뉴이스트
もう一度、春

シガニ チナンダミョン クェンチャヌルッカヨ
시간이 지난다면 괜찮을까요
時間が経てば平気かな

ケジョルン チュオギ トェオ ッサイゲッチョ
계절은 추억이 되어 쌓이겠죠
季節は思い出となって積もるだろう

サランイラン ゴン キダリムジョチャド
사랑이란 건 기다림조차도 
愛というのは待つことさえも

ナルル(ミソロ ナルル)
나를 (미소로 나를)
僕を(笑みで僕を)

チェウォガジョ(メイル ネ マウム)
채워가죠 (매일 내 마음)
満たしていくよ(毎日僕の心)

キオゲ ソルレム ポクチャオルドゥッ
기억의 설렘 벅차오르듯 
記憶のときめきがこみ上げるように

チャンラナン ウリ トゥレ シガヌル
찬란한 우리 둘의 시간을
燦爛たる僕たちの二人の時間を

ックロアンコ ネディンヌン
끌어안고 내딛는 
抱きしめて踏み出す

ウリ コルムマダ
우리 걸음마다 
僕たちの歩みごと

フンチョギ トゥリウミョン
흔적이 드리우면
痕跡が落ちたら

ナド モルル サイエ
나도 모를 사이에 
知らぬ間に

モッ チャムル マンクム
못 참을 만큼
我慢できないほど 

ニガ クリウォソ ポゴ シプミョン
네가 그리워서 보고 싶으면
君が恋しくて会いたくなったら

クッテ ナン オットケ
그때, 난 어떡해
その時 僕はどうしよう

ポゴ シプン マム
보고 싶은 맘
会いたい気持ち 

ホンジャンマル ホンジャンマル
혼잣말 혼잣말
独り言 独り言

ケジョレ パラム ク ウィロ
계절의 바람 그 위로
季節の風 その上に 

パルジャグクチョロム ナマソ
발자국처럼 남아서
足跡のように残って

ポゴ シプン ナル
보고 싶은 날 
会いたい日

オンジェンガ オンジェンガ
언젠가 언젠가
いつか いつか

ウリ タシ マンナル ポメ
우리 다시 만날 봄의 
僕たちまた出会う春の

ノルル プムヌンダ
너를 품는다
君を抱く

ウリエ ポミ ヨジョンハゲ
우리의 봄이 여전하게
僕たちの春が変わらず

セサンイ モドゥ ピョネド ナヌン
세상이 모두 변해도 나는
世界がすべて変わっても僕は 

ピョナジ アヌル ス イッソ
변하지 않을 수 있어
変わらないかもしれない

チュウン キョウリ モドゥ チナン
추운 겨울이 모두 지난 
寒い冬がすべて過ぎた

3ウォリ トェミョン
3월이 되면
三月になったら

クゴセ ソ イッスルケ
그곳에 서 있을게
そこに立っているよ

タシ ポミ チャジャオミョン
다시 봄이 찾아오면
また春が訪れたら

サランウル アルゲ トェミョン
사랑을 알게 되면 
愛を知ったら

アプミ ト
아픔이 더
痛みがもっと

コジンダヌン マルル ミッチ アナ 
커진다는 말을 믿지 않아
大きくなるいう言葉信じない

ウリエ チョンウォネ カドゥク
우리의 정원에 가득 
僕たちの庭園にいっぱい

ピオナン ポム ッコッイプチョロム
피어난 봄 꽃잎처럼
咲いた春の花びらのように

ッコッイプチョロム
꽃잎처럼 
花びらのように

ナド モルル サイエ
나도 모를 사이에 
知らぬ間に

モッ チャムル マンクム
못 참을 만큼
我慢できないほど 

ニガ クリウォソ ポゴ シプミョン
네가 그리워서 보고 싶으면
君が恋しくて会いたくなったら

クッテ ナン オットケ
그때, 난 어떡해
その時 僕はどうしよう

ポゴ シプン マム
보고 싶은 맘
会いたい気持ち 

ホンジャンマル ホンジャンマル
혼잣말 혼잣말
独り言 独り言

ケジョレ パラム ク ウィロ
계절의 바람 그 위로
季節の風 その上に 

パルジャグクチョロム ナマソ
발자국처럼 남아서
足跡のように残って

ポゴ シプン ナル
보고 싶은 날 
会いたい日

オンジェンガ オンジェンガ
언젠가 언젠가
いつか いつか

ウリ タシ マンナル ポメ
우리 다시 만날 봄의 
僕たちまた出会う春の

ノルル プムヌンダ
너를 품는다
君を抱く

シガン ソグル ネタルリダ
시간 속을 내달리다 
時間の中を走る

オディロンガ ト モロジルッカ ブヮ
어디론가 더 멀어질까 봐 
どこかもっと遠ざかりそうで

トウクト コムナ
더욱더 겁나
さらに怖くなる

ネガ ノル インヌン イル
내가 널 잊는 일
僕が君を忘れること 

スミ モムチュル ッテッカジ オプスル コヤ
숨이 멈출 때까지 없을 거야
息が止まるまでないさ

ポゴ シプン マム
보고 싶은 맘 
会いたい気持ち

ホンジャンマル ホンジャンマル (ホンジャンマル)
혼잣말 혼잣말 (혼잣말)
独り言 独り言 (独り言)

ケジョレ パラム ク ウィロ
계절의 바람 그 위로
季節の風 その上に 

パルジャグクチョロム ナマソ
발자국처럼 남아서
足跡のように残って

ポゴ シプン ナル
보고 싶은 날 
会いたい日

オンジェンガ オンジェンガ
언젠가 언젠가
いつか いつか

ウリ タシ マンナル ポメ
우리 다시 만날 봄의 
僕たちまた出会う春の

ノルル プムヌンダ
너를 품는다
君を抱く

ウリエ ポミ ヨジョンハゲ
우리의 봄이 여전하게
僕たちの春が変わらず

セサンイ モドゥ ピョネド ナヌン
세상이 모두 변해도 나는
世界がすべて変わっても僕は 

ピョナジ アヌル ス イッソ
변하지 않을 수 있어
変わらないかもしれない

チュウン キョウリ モドゥ チナン
추운 겨울이 모두 지난 
寒い冬がすべて過ぎた

3ウォリ トェミョン
3월이 되면
三月になったら

クゴセ ソ イッスルケ
그곳에 서 있을게
そこに立っているよ

タシ ポミ チャジャオミョン
다시 봄이 찾아오면
また春が訪れたら





※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
タシハル
다시, 봄 - 뉴이스트
もう一度、春

シガニ チナンダミョン クェンチャヌルッカヨ
시간이 지난다면 괜찮을까요
時間が経てば平気かな

ケジョルン チュオギ トェオ ッサイゲッチョ
계절은 추억이 되어 쌓이겠죠
季節は思い出となって積もるだろう

サランイラン ゴン キダリムジョチャド
사랑이란 건 기다림조차도 
愛というのは待つことさえも

ナルル(ミソロ ナルル)
나를 (미소로 나를)
僕を(笑みで僕を)

チェウォガジョ(メイル ネ マウム)
채워가죠 (매일 내 마음)
満たしていくよ(毎日僕の心)

キオゲ ソルレム ポクチャオルドゥッ
기억의 설렘 벅차오르듯 
記憶のときめきがこみ上げるように

チャンラナン ウリ トゥレ シガヌル
찬란한 우리 둘의 시간을
燦爛たる僕たちの二人の時間を

ックロアンコ ネディンヌン
끌어안고 내딛는 
抱きしめて踏み出す

ウリ コルムマダ
우리 걸음마다 
僕たちの歩みごと

フンチョギ トゥリウミョン
흔적이 드리우면
痕跡が落ちたら

ナド モルル サイエ
나도 모를 사이에 
知らぬ間に

モッ チャムル マンクム
못 참을 만큼
我慢できないほど 

ニガ クリウォソ ポゴ シプミョン
네가 그리워서 보고 싶으면
君が恋しくて会いたくなったら

クッテ ナン オットケ
그때, 난 어떡해
その時 僕はどうしよう

ポゴ シプン マム
보고 싶은 맘
会いたい気持ち 

ホンジャンマル ホンジャンマル
혼잣말 혼잣말
独り言 独り言

ケジョレ パラム ク ウィロ
계절의 바람 그 위로
季節の風 その上に 

パルジャグクチョロム ナマソ
발자국처럼 남아서
足跡のように残って

ポゴ シプン ナル
보고 싶은 날 
会いたい日

オンジェンガ オンジェンガ
언젠가 언젠가
いつか いつか

ウリ タシ マンナル ポメ
우리 다시 만날 봄의 
僕たちまた出会う春の

ノルル プムヌンダ
너를 품는다
君を抱く

ウリエ ポミ ヨジョンハゲ
우리의 봄이 여전하게
僕たちの春が変わらず

セサンイ モドゥ ピョネド ナヌン
세상이 모두 변해도 나는
世界がすべて変わっても僕は 

ピョナジ アヌル ス イッソ
변하지 않을 수 있어
変わらないかもしれない

チュウン キョウリ モドゥ チナン
추운 겨울이 모두 지난 
寒い冬がすべて過ぎた

3ウォリ トェミョン
3월이 되면
三月になったら

クゴセ ソ イッスルケ
그곳에 서 있을게
そこに立っているよ

タシ ポミ チャジャオミョン
다시 봄이 찾아오면
また春が訪れたら

サランウル アルゲ トェミョン
사랑을 알게 되면 
愛を知ったら

アプミ ト
아픔이 더
痛みがもっと

コジンダヌン マルル ミッチ アナ 
커진다는 말을 믿지 않아
大きくなるいう言葉信じない

ウリエ チョンウォネ カドゥク
우리의 정원에 가득 
僕たちの庭園にいっぱい

ピオナン ポム ッコッイプチョロム
피어난 봄 꽃잎처럼
咲いた春の花びらのように

ッコッイプチョロム
꽃잎처럼 
花びらのように

ナド モルル サイエ
나도 모를 사이에 
知らぬ間に

モッ チャムル マンクム
못 참을 만큼
我慢できないほど 

ニガ クリウォソ ポゴ シプミョン
네가 그리워서 보고 싶으면
君が恋しくて会いたくなったら

クッテ ナン オットケ
그때, 난 어떡해
その時 僕はどうしよう

ポゴ シプン マム
보고 싶은 맘
会いたい気持ち 

ホンジャンマル ホンジャンマル
혼잣말 혼잣말
独り言 独り言

ケジョレ パラム ク ウィロ
계절의 바람 그 위로
季節の風 その上に 

パルジャグクチョロム ナマソ
발자국처럼 남아서
足跡のように残って

ポゴ シプン ナル
보고 싶은 날 
会いたい日

オンジェンガ オンジェンガ
언젠가 언젠가
いつか いつか

ウリ タシ マンナル ポメ
우리 다시 만날 봄의 
僕たちまた出会う春の

ノルル プムヌンダ
너를 품는다
君を抱く

シガン ソグル ネタルリダ
시간 속을 내달리다 
時間の中を走る

オディロンガ ト モロジルッカ ブヮ
어디론가 더 멀어질까 봐 
どこかもっと遠ざかりそうで

トウクト コムナ
더욱더 겁나
さらに怖くなる

ネガ ノル インヌン イル
내가 널 잊는 일
僕が君を忘れること 

スミ モムチュル ッテッカジ オプスル コヤ
숨이 멈출 때까지 없을 거야
息が止まるまでないさ

ポゴ シプン マム
보고 싶은 맘 
会いたい気持ち

ホンジャンマル ホンジャンマル (ホンジャンマル)
혼잣말 혼잣말 (혼잣말)
独り言 独り言 (独り言)

ケジョレ パラム ク ウィロ
계절의 바람 그 위로
季節の風 その上に 

パルジャグクチョロム ナマソ
발자국처럼 남아서
足跡のように残って

ポゴ シプン ナル
보고 싶은 날 
会いたい日

オンジェンガ オンジェンガ
언젠가 언젠가
いつか いつか

ウリ タシ マンナル ポメ
우리 다시 만날 봄의 
僕たちまた出会う春の

ノルル プムヌンダ
너를 품는다
君を抱く

ウリエ ポミ ヨジョンハゲ
우리의 봄이 여전하게
僕たちの春が変わらず

セサンイ モドゥ ピョネド ナヌン
세상이 모두 변해도 나는
世界がすべて変わっても僕は 

ピョナジ アヌル ス イッソ
변하지 않을 수 있어
変わらないかもしれない

チュウン キョウリ モドゥ チナン
추운 겨울이 모두 지난 
寒い冬がすべて過ぎた

3ウォリ トェミョン
3월이 되면
三月になったら

クゴセ ソ イッスルケ
그곳에 서 있을게
そこに立っているよ

タシ ポミ チャジャオミョン
다시 봄이 찾아오면
また春が訪れたら




関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます