★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
三兄妹 チアアップ 恋は盲目 台風 恋愛 魔女 百人力 カーテン シュルプ エージェント ファースト なにも 財閥家

四季 - ヤン・ホンウォン 歌詞和訳

02 /05 2022
サゲ
사계 - 양홍원
四季
作詞: 양홍원 作曲:양홍원,방자,Panda Gomm
リクエスト頂いた曲です♪
サゲ
사계 - 양홍원
四季

シャウォハン トゥシ プルリョ ヒミ
샤워한 듯이 풀려 힘이
シャワーしたように力が抜ける

タ イルコ ナソヤ ポギヘ
다 잃고 나서야 포기해
すべて失ってから諦めて

ヨンファ カタ ウリ トゥディオ
영화 같아 우리 드디어
映画みたい 僕たちついに

タシ ハギ ジョネ ペシネ
다시 하기 전에 배신해
やり直す前に裏切って

オジェワ カトゥン アチメ
어제와 같은 아침에
昨日と同じ朝に

ヤギラン ヌニ プシネ
약이랑 눈이 부시네
薬とは眩いね

ヨンファ カタ ナン トゥディオ
영화 같아 난 드디어
映画みたい 僕たちついに

マジマギル トゥタン ヌッキメ
마지막일 듯한 느낌에
最後になりそうな感じに

ハル カタ ネ 3イルパムン
하루 같아 내 3일 밤은 
一日のようで僕の3日の夜は

コンファンウル タルマ
공황을 닮아 
恐慌に似てる

タンヨナジ スッチャロ イオガミョン
당연하지 숫자로 이어가면 
当然だよ 数字で繋いだら

タ イヤギ カッチ
다 이야기 같지 
みんな物語みたい

ナン ウェ アジギラ ヘ 
난 왜 아직이라 해 
僕はどうしてまだって言うんだ

チェジャリインゴル
제자리인걸
元の場所なんだ

タヘンインデ パンデロ
다행인데 반대로
よかったのに 逆に

オドゥプタ ヘ ヘガ ットド
어둡다 해 해가 떠도 
暗い日が昇っても

イサンハダ ヘ イサンエ サルムル
이상하다 해 이상의 삶을
おかしいと思う以上の人生を

モロジョド ウリン タルマ イッチ
멀어져도 우린 닮아 있지
遠くなっても僕たちは似ているね

メムドラ 
맴돌아 
ぐるぐる回る

チェジャリルル シゲカチ
제자리를 시계같이 
元の場所を時計のように

パヌル カタ イ クァンケヌン
바늘 같아 이 관계는 
針のようにこの関係は

ッチジョジョソ クェメオド ッタガプネ
찢어져서 꿰매어도 따갑네
避けて縫っても痛いね

ウォナジ アナド マッタンヌン シガン
원하지 않아도 맞닿는 시간
欲しくなくても触れ合う時間

3ケエ スッチャガ タ カンネ
3개의 숫자가 다 같네
三つの数字が同じだね

イルチョマン ノル ミウォハジ アヌルレ
1초만 널 미워하지 않을래
一秒だけ君を憎まないよ

アイチョロム ネガ モンジョ アヌルレ
아이처럼 내가 먼저 안을래
子供のように僕が先に抱くよ

ウンミョン カッケ ヘ
운명 같게 해 “Timing”
運命を同じにする

ウヨンハゲ サランヘ
우연하게 사랑해
偶然に愛してる

イ マルル テシナヌン ゴン 
이 말을 대신하는 건 
この言葉に変わるのは

スッチャケッチ
숫자겠지
数字だろう

マリ ピリョ オムヌン クァンンケネ
말이 필요 없는 관계네
言葉がいらない関係だね

オルンスロウムン イブル タッケ ヘ
어른스러움은 입을 닫게 해
おとなしさは口を閉じて

チムムグン キブヌル ウィシムハゲ ヘ
침묵은 기분을 의심하게 해
沈黙は気分を疑わせる

センガケ カチルル チャルラヤゲッソ
생각의 가지를 잘라야겠어 
考えの枝を切らないと

タシ ワジュヌン ゴン オジク サゲ
다시 와주는 건 오직 사계
また来てくれるのは四季

ナム カタ ネ ポティムン
나무 같아 내 버팀은
木みたい 僕の支えは

イジェヤ チュグル コッ カトゥン イルウォル
이제야 죽을 것 같은 1월
今にも死にそうな1月

サジプ カッタゴ チョンリヘ
시집 같다고 정리해
詩集みたいだって整理して

イギシム カトゥン イェスリゲッチ
이기심 같은 예술이겠지
利己心のような芸術だろう

フィセンハンダゴ チョギネ
희생한다고 적히네
犠牲になると書かれてる

キロギラヌン ピンゲロ
기록이라는 핑계로
記録という口実で

ファガ ナン ドゥシ ナ ヒミ
화가 난 듯이 나 힘이
腹が立ったように力が

マジマギン ドゥシ ヨンギヘ
마지막인 듯이 연기해
最後らしく演じて

カンジョリ ウォナン カミョニネ
간절히 원한 가면이네
切実に望んだ仮面だね

サシルン ナ ファガ
사실은 나 화가 i need a pen
本当は僕は画家

チョクチ アヌン ミウムル クリネ
적지 않은 미움을 그리네
少なからず憎しみを描くね

オクチロ アン チャルレ センイレン
억지로 안 잘래 생일엔
無理に寝ない 誕生日には

チョエ プルル ハナッシク
초에 불을 하나씩 
ろうそくに明かりを一つずつ

プルシニラヌン ッコチュル ピウネ
불신이라는 꽃을 피우네
不信という花を咲かせるね

ヒャンイ ナゲヘ ッコプチルン
향이 나게해 껍질은
香りをつけて 皮は

チャルル タリギル 30エヌン
차를 달이길 30에는
お茶を入れる道30には

ウンミョン カッケ ヘ
운명 같게 해 “Timing”
運命を同じにする

ウヨンハゲ サランヘ
우연하게 사랑해
偶然に愛してる

イ マルル テシナヌン ゴン 
이 말을 대신하는 건 
この言葉に変わるのは

スッチャケッチ
숫자겠지
数字だろう

マリ ピリョ オムヌン クァンンケネ
말이 필요 없는 관계네
言葉がいらない関係だね

オルンスロウムン イブル タッケ ヘ
어른스러움은 입을 닫게 해
おとなしさは口を閉じて

チムムグン キブヌル ウィシムハゲ ヘ
침묵은 기분을 의심하게 해
沈黙は気分を疑わせる

センガケ カチルル チャルラヤゲッソ
생각의 가지를 잘라야겠어 
考えの枝を切らないと

タシ ワジュヌン ゴン オジク サゲ
다시 와주는 건 오직 사계
また来てくれるのは四季







※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
サゲ
사계 - 양홍원
四季

シャウォハン トゥシ プルリョ ヒミ
샤워한 듯이 풀려 힘이
シャワーしたように力が抜ける

タ イルコ ナソヤ ポギヘ
다 잃고 나서야 포기해
すべて失ってから諦めて

ヨンファ カタ ウリ トゥディオ
영화 같아 우리 드디어
映画みたい 僕たちついに

タシ ハギ ジョネ ペシネ
다시 하기 전에 배신해
やり直す前に裏切って

オジェワ カトゥン アチメ
어제와 같은 아침에
昨日と同じ朝に

ヤギラン ヌニ プシネ
약이랑 눈이 부시네
薬とは眩いね

ヨンファ カタ ナン トゥディオ
영화 같아 난 드디어
映画みたい 僕たちついに

マジマギル トゥタン ヌッキメ
마지막일 듯한 느낌에
最後になりそうな感じに

ハル カタ ネ 3イルパムン
하루 같아 내 3일 밤은 
一日のようで僕の3日の夜は

コンファンウル タルマ
공황을 닮아 
恐慌に似てる

タンヨナジ スッチャロ イオガミョン
당연하지 숫자로 이어가면 
当然だよ 数字で繋いだら

タ イヤギ カッチ
다 이야기 같지 
みんな物語みたい

ナン ウェ アジギラ ヘ 
난 왜 아직이라 해 
僕はどうしてまだって言うんだ

チェジャリインゴル
제자리인걸
元の場所なんだ

タヘンインデ パンデロ
다행인데 반대로
よかったのに 逆に

オドゥプタ ヘ ヘガ ットド
어둡다 해 해가 떠도 
暗い日が昇っても

イサンハダ ヘ イサンエ サルムル
이상하다 해 이상의 삶을
おかしいと思う以上の人生を

モロジョド ウリン タルマ イッチ
멀어져도 우린 닮아 있지
遠くなっても僕たちは似ているね

メムドラ 
맴돌아 
ぐるぐる回る

チェジャリルル シゲカチ
제자리를 시계같이 
元の場所を時計のように

パヌル カタ イ クァンケヌン
바늘 같아 이 관계는 
針のようにこの関係は

ッチジョジョソ クェメオド ッタガプネ
찢어져서 꿰매어도 따갑네
避けて縫っても痛いね

ウォナジ アナド マッタンヌン シガン
원하지 않아도 맞닿는 시간
欲しくなくても触れ合う時間

3ケエ スッチャガ タ カンネ
3개의 숫자가 다 같네
三つの数字が同じだね

イルチョマン ノル ミウォハジ アヌルレ
1초만 널 미워하지 않을래
一秒だけ君を憎まないよ

アイチョロム ネガ モンジョ アヌルレ
아이처럼 내가 먼저 안을래
子供のように僕が先に抱くよ

ウンミョン カッケ ヘ
운명 같게 해 “Timing”
運命を同じにする

ウヨンハゲ サランヘ
우연하게 사랑해
偶然に愛してる

イ マルル テシナヌン ゴン 
이 말을 대신하는 건 
この言葉に変わるのは

スッチャケッチ
숫자겠지
数字だろう

マリ ピリョ オムヌン クァンンケネ
말이 필요 없는 관계네
言葉がいらない関係だね

オルンスロウムン イブル タッケ ヘ
어른스러움은 입을 닫게 해
おとなしさは口を閉じて

チムムグン キブヌル ウィシムハゲ ヘ
침묵은 기분을 의심하게 해
沈黙は気分を疑わせる

センガケ カチルル チャルラヤゲッソ
생각의 가지를 잘라야겠어 
考えの枝を切らないと

タシ ワジュヌン ゴン オジク サゲ
다시 와주는 건 오직 사계
また来てくれるのは四季

ナム カタ ネ ポティムン
나무 같아 내 버팀은
木みたい 僕の支えは

イジェヤ チュグル コッ カトゥン イルウォル
이제야 죽을 것 같은 1월
今にも死にそうな1月

サジプ カッタゴ チョンリヘ
시집 같다고 정리해
詩集みたいだって整理して

イギシム カトゥン イェスリゲッチ
이기심 같은 예술이겠지
利己心のような芸術だろう

フィセンハンダゴ チョギネ
희생한다고 적히네
犠牲になると書かれてる

キロギラヌン ピンゲロ
기록이라는 핑계로
記録という口実で

ファガ ナン ドゥシ ナ ヒミ
화가 난 듯이 나 힘이
腹が立ったように力が

マジマギン ドゥシ ヨンギヘ
마지막인 듯이 연기해
最後らしく演じて

カンジョリ ウォナン カミョニネ
간절히 원한 가면이네
切実に望んだ仮面だね

サシルン ナ ファガ
사실은 나 화가 i need a pen
本当は僕は画家

チョクチ アヌン ミウムル クリネ
적지 않은 미움을 그리네
少なからず憎しみを描くね

オクチロ アン チャルレ センイレン
억지로 안 잘래 생일엔
無理に寝ない 誕生日には

チョエ プルル ハナッシク
초에 불을 하나씩 
ろうそくに明かりを一つずつ

プルシニラヌン ッコチュル ピウネ
불신이라는 꽃을 피우네
不信という花を咲かせるね

ヒャンイ ナゲヘ ッコプチルン
향이 나게해 껍질은
香りをつけて 皮は

チャルル タリギル 30エヌン
차를 달이길 30에는
お茶を入れる道30には

ウンミョン カッケ ヘ
운명 같게 해 “Timing”
運命を同じにする

ウヨンハゲ サランヘ
우연하게 사랑해
偶然に愛してる

イ マルル テシナヌン ゴン 
이 말을 대신하는 건 
この言葉に変わるのは

スッチャケッチ
숫자겠지
数字だろう

マリ ピリョ オムヌン クァンンケネ
말이 필요 없는 관계네
言葉がいらない関係だね

オルンスロウムン イブル タッケ ヘ
어른스러움은 입을 닫게 해
おとなしさは口を閉じて

チムムグン キブヌル ウィシムハゲ ヘ
침묵은 기분을 의심하게 해
沈黙は気分を疑わせる

センガケ カチルル チャルラヤゲッソ
생각의 가지를 잘라야겠어 
考えの枝を切らないと

タシ ワジュヌン ゴン オジク サゲ
다시 와주는 건 오직 사계
また来てくれるのは四季






関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます