★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
ブルース ウラチャチャ ヒョンジェ 秘密の家 殺人者 バラ イブ オ・スジェ ドクター LINK 黄金仮面 ジンクス クリーニング インサイダー 魔女 還魂 ウ・ヨンウ

丘の木 - イ・スンユン 韓ドラ:その年、私たちは 歌詞和訳

01 /05 2022
オントクナム
언덕나무 - 이승윤
丘の木
作詞作曲:남혜승,박진호
韓国ドラマ:その年、私たちは
出演:チェ・ウシク、キム・ダミ、キム・ソンチョル、ノ・ジョンウィ、パク・チンジュなど
一緒になって別れて終えるべき縁が10年の月日を流れてカメラの前に召喚されて繰り広げられる若者のドキュメンタリーを装ったロマンスドラマ。
オントクナム
언덕나무 - 이승윤
丘の木

ノプン オントク ナムチョロム
높은 언덕 나무처럼
高い丘の木のように

ノエ キオグン ネゲ
너의 기억은 내게
君の記憶は僕に

スュィオッタガヌン ピョナン クヌリオッソ
쉬었다가는 편한 그늘이었어
休んだら楽な陰だった

オヌドッ ネガ
어느덧 내가
いつのまにか僕が

オルニ タ トェオボリン チグム
어른이 다 되어버린 지금
すっかり大人になってしまった今

アジクト ネ アネ
아직도 내 안에 
まだ僕の中で

タ チャラジ モタン
다 자라지 못한
育たなかった

モムルロ ナマインヌン キオク
머물러 남아있는 기억
留まっている記憶

You オンジェナ ヌル カトゥン
You 언제나 늘 같은
You いつもいつも同じ

ナエ カジャン チャリル
나의 가장 자릴
僕の一番の席を

ットナン チョク オムヌン
떠난 적 없는
離れたことなかった

ノエ テハン キオク
너에 대한 기억
君に対する記憶

オヌ オントク ナムチョロム
어느 언덕 나무처럼
ある丘の木のように

ノエ キオグン ネゲ
너의 기억은 내게
君の記憶は僕にとって

スュィオッタガヌン クヌリオッコ
쉬었다가는 그늘이었고
休んでは日陰だったし

マジュ タウミョン
마주 닿으면
向き合ったら

ッスラリヌン サンチョ カトゥン イルム
쓰라리는 상처 같은 이름
ひりひりする傷のような名前

ッテオネル スド オムヌン
떼어낼 수도 없는
引き離すことも出来ない

ットロジジ アンヌン ッタクチ カタ
떨어지지 않는 딱지 같아
落ちないかさぶたみたい

ヌグンガ ナエゲ ムロボミョン ハンサン
누군가 나에게 물어보면 항상
誰かが僕に尋ねたらいつも

カトゥン テダプ
같은 대답 
同じ答え

ネ カジャン チョアットン ナル
내 가장 좋았던 날
僕が一番よかった日

ヌル ハン キョニ アリョットン
늘 한 켠이 아렸던
いつも片方が痛かった

マチ オディンガエ トゥゴ オンドゥタン
마치 어딘가에 두고 온듯한
まるでどこかに置いてきたような

イジュル ス オムヌン キオク
잊을 수 없는 기억
忘れられない記憶

オヌ オントク ナムチョロム
어느 언덕 나무처럼
ある丘の木のように

ノエ キオグン ネゲ
너의 기억은 내게
君の記憶は僕にとって

スュィオッタガヌン クヌリオッコ
쉬었다가는 그늘이었고
休んでは日陰だったし

マジュ タウミョン
마주 닿으면
向き合ったら

ッスラリヌン サンチョ カトゥン イルム
쓰라리는 상처 같은 이름
ひりひりする傷のような名前

ッテオネル スド オムヌン
떼어낼 수도 없는
引き離すことも出来ない

ミウォハル ス オムヌン
미워할 수 없는
憎めない

ノエ イルミ ネゲ トゥルリミョン
너의 이름이 내게 들리면
君の名前が僕に聞こえたら

ットダシ ネ ハルン ノエゲ
또다시 내 하룬 너에게
また僕の一つだった君に

チヨ サル コッ カタソ
치여 살 것 같아서
轢かれて生きそうで

トゥリョウォ
두려워
怖い

ノプン オントク ホルロ インヌン
높은 언덕 홀로 있는
高い丘の一人にある

クルムナム カトゥン
구름나무 같은
雲の木のような

ネゲ キデゴ シポ
네게 기대고 싶어
君に寄りかかりたい

マジュ タウミョン
마주 닿으면
向き合ったら

ッスラリヌン サンチョ カトゥン イルム
쓰라리는 상처 같은 이름
ひりひりする傷のような名前

ッテオ ネル スド オムヌン
떼어 낼 수도 없는
引き離すことも出来ない

ットロジジ アンヌン ッタクチ カタ
떨어지지 않는 딱지 같아
落ちないかさぶたみたい





※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
オントクナム
언덕나무 - 이승윤
丘の木

ノプン オントク ナムチョロム
높은 언덕 나무처럼
高い丘の木のように

ノエ キオグン ネゲ
너의 기억은 내게
君の記憶は僕に

スュィオッタガヌン ピョナン クヌリオッソ
쉬었다가는 편한 그늘이었어
休んだら楽な陰だった

オヌドッ ネガ
어느덧 내가
いつのまにか僕が

オルニ タ トェオボリン チグム
어른이 다 되어버린 지금
すっかり大人になってしまった今

アジクト ネ アネ
아직도 내 안에 
まだ僕の中で

タ チャラジ モタン
다 자라지 못한
育たなかった

モムルロ ナマインヌン キオク
머물러 남아있는 기억
留まっている記憶

You オンジェナ ヌル カトゥン
You 언제나 늘 같은
You いつもいつも同じ

ナエ カジャン チャリル
나의 가장 자릴
僕の一番の席を

ットナン チョク オムヌン
떠난 적 없는
離れたことなかった

ノエ テハン キオク
너에 대한 기억
君に対する記憶

オヌ オントク ナムチョロム
어느 언덕 나무처럼
ある丘の木のように

ノエ キオグン ネゲ
너의 기억은 내게
君の記憶は僕にとって

スュィオッタガヌン クヌリオッコ
쉬었다가는 그늘이었고
休んでは日陰だったし

マジュ タウミョン
마주 닿으면
向き合ったら

ッスラリヌン サンチョ カトゥン イルム
쓰라리는 상처 같은 이름
ひりひりする傷のような名前

ッテオネル スド オムヌン
떼어낼 수도 없는
引き離すことも出来ない

ットロジジ アンヌン ッタクチ カタ
떨어지지 않는 딱지 같아
落ちないかさぶたみたい

ヌグンガ ナエゲ ムロボミョン ハンサン
누군가 나에게 물어보면 항상
誰かが僕に尋ねたらいつも

カトゥン テダプ
같은 대답 
同じ答え

ネ カジャン チョアットン ナル
내 가장 좋았던 날
僕が一番よかった日

ヌル ハン キョニ アリョットン
늘 한 켠이 아렸던
いつも片方が痛かった

マチ オディンガエ トゥゴ オンドゥタン
마치 어딘가에 두고 온듯한
まるでどこかに置いてきたような

イジュル ス オムヌン キオク
잊을 수 없는 기억
忘れられない記憶

オヌ オントク ナムチョロム
어느 언덕 나무처럼
ある丘の木のように

ノエ キオグン ネゲ
너의 기억은 내게
君の記憶は僕にとって

スュィオッタガヌン クヌリオッコ
쉬었다가는 그늘이었고
休んでは日陰だったし

マジュ タウミョン
마주 닿으면
向き合ったら

ッスラリヌン サンチョ カトゥン イルム
쓰라리는 상처 같은 이름
ひりひりする傷のような名前

ッテオネル スド オムヌン
떼어낼 수도 없는
引き離すことも出来ない

ミウォハル ス オムヌン
미워할 수 없는
憎めない

ノエ イルミ ネゲ トゥルリミョン
너의 이름이 내게 들리면
君の名前が僕に聞こえたら

ットダシ ネ ハルン ノエゲ
또다시 내 하룬 너에게
また僕の一つだった君に

チヨ サル コッ カタソ
치여 살 것 같아서
轢かれて生きそうで

トゥリョウォ
두려워
怖い

ノプン オントク ホルロ インヌン
높은 언덕 홀로 있는
高い丘の一人にある

クルムナム カトゥン
구름나무 같은
雲の木のような

ネゲ キデゴ シポ
네게 기대고 싶어
君に寄りかかりたい

マジュ タウミョン
마주 닿으면
向き合ったら

ッスラリヌン サンチョ カトゥン イルム
쓰라리는 상처 같은 이름
ひりひりする傷のような名前

ッテオ ネル スド オムヌン
떼어 낼 수도 없는
引き離すことも出来ない

ットロジジ アンヌン ッタクチ カタ
떨어지지 않는 딱지 같아
落ちないかさぶたみたい




関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます