★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
赤い靴 2番目 紳士 恋慕 あなたに ユミの細胞 智異山 ク・ギョンイ 国家代表 IDOL 今、別れ 君の夜 メランコリア 袖先 ハピネス 学校2021 御史

海の上で - ヤン・ハンナ 韓ドラ:赤い靴 歌詞和訳

11 /04 2021
パダウィロ
바다 위로 - 양한나
海の上で
作詞:메이져리거,박성미 作曲:이용주,메이져리거,홍은미
韓国ドラマ:赤い靴
出演:チェ・ミョンギル、ソ・イヒョン、パク・ユンジェ、シン・ジョンユンなど
自分の成功のために血縁の情に背を向けて旅立った非情な母親と彼女に対する復讐心で止められない欲望の渦に巻き込まれた娘を描いた作品♪
パダウィロ
바다 위로 - 양한나
海の上で

マウミ ヒムドゥル ッテ
마음이 힘들 때
心が苦しい時

ヌル ットオルリゲ トェ
늘 떠올리게 돼
いつも思い出してしまう

ヌニ ブシゲ
눈이 부시게
眩しく

ピチ ネリン
빛이 내린
光が降った

チャンランヘットン パダ
찬란했던 바다
燦爛たる海

マヌン イエ コミヌル
많은 이의 고민을
多くの人の悩みを

サムキョッスル スピョンソン
삼켰을 수평선
飲み込んだ水平線

ネゲ テダパドゥッ
내게 대답하듯
私に答えるように

パドルル ポネ
파도를 보내
波を送る

エ パル ミッ ヌンムル カムチュネ
내 발 밑 눈물 감추네
私の足の下で涙で隠すね

パル ッパルン セサンエ
발 빠른 세상에
足の速い世界で

トィチョジン ドゥタル ッテ
뒤쳐진 듯 할 때
遅れたようなとき

クェンチャヌル コラゴ
괜찮을 거라고
大丈夫だと

チャル ハゴ イッタゴ
잘 하고 있다고
よくやっていると

パドエ ソクサギムル コンネ
파도의 속삭임을 건내
波のささやきを渡る

プル ッコジン パン
불 꺼진 방
明かりの消えた部屋

ハルル マチゴ
하룰 마치고
一日を終えて

ウェロウメ チチル ッテ
외로움에 지칠 때
寂しさに疲れるとき

キデド トェンダゴ
기대도 된다고
楽しみだと

ヌル ヨギ イッケッタゴ
늘 여기 있겠다고
いつもここにいると

パドエ ウィロルル ットゥィウォ ボネ
파도에 위로를 띄워 보내
波に慰めを浮かべて送るね

ハヌル モグムン パダ
하늘 머금은 바다
空に含んだ海

セサンイ スミョン ウイロ
세상이 수면 위로
この世が水面の上へ

フリテットン ネ ヌンピット
흐릿했던 내 눈빛도
ぼやけていた僕の眼差しも

ピントゥムオプシ
빈틈없이 
抜け目なく

ノエ セグロ ムルドゥネ
너의 색으로 물드네
あなたの色に染まるね

チョ モレ ウィ クルッシロ
저 모래 위 글씨로
あの砂の上の文字で

ヤウィン ネ マムル チョグル ッテ
야윈 내 맘을 적을 때
痩せた私の心を書くとき

ノン ネ マム アヌン ドゥッ
넌 내 맘 아는 듯
あなたは私の心を知っているようで

パドロ チウネ
파도로 지우네
波で消すね

ネ パル ミッ ヌンムルル サムキネ
내 발 밑 눈물을 삼키네
私の足元の涙を飲むね

タラジン ックム
닳아진 꿈
擦り減った夢

チャガジン ネ マム
작아진 내 맘
小さくなった私の心

ススロルル タタル ッテ
스스로를 탓 할 때
自らを責めるとき

クェンチャヌル コラゴ
괜찮을 거라고
大丈夫だと

ヌッチ アナッタゴ
늦지 않았다고
遅くないと

パドエ ソクサギムル コンネ
파도의 속삭임을 건내
波のささやきを渡る

プル ッコジン パン
불 꺼진 방
明かりの消えた部屋

ハルル マチゴ
하룰 마치고
一日を終えて

ウェロウメ チチル ッテ
외로움에 지칠 때
寂しさに疲れるとき

キデド トェンダゴ
기대도 된다고
楽しみだと

ヌル ヨギ イッケッタゴ
늘 여기 있겠다고
いつもここにいると

ウェチ ドゥッ パドルル チョルッソク テ
외치 듯 파도를 철썩 대
叫ぶように波をひたひたと打ち立てる

ポクプン ソゲ フィチョンイドン ムルギョルド
폭풍 속에 휘청이던 물결도
嵐の中に揺れた波も

オヌセ チャムチャムヘジョ
어느새 잠잠해져
いつのまにか静かになって

タ クロンゴラ マル ハヌン ドゥテ
다 그런거라 말 하는 듯 해
みんなそう言ってるみたい

ノル タルムコ シポ
널 닮고 싶어
あなたに似たい

パル ッパルン セサンエ
발 빠른 세상에
足の速い世界に

トィチョジン ドゥタル ッテ
뒤쳐진 듯 할 때
遅れたようなとき

クェンチャヌル コラゴ
괜찮을 거라고
大丈夫だと

チャル ハゴ イッタゴ
잘 하고 있다고
よくやっていると

チョム ヌリョド クェンチャンタゴ
좀 느려도 괜찮다고
ちょっと遅くても大丈夫って

プル ッコジン パン
불 꺼진 방
明かりの消えた部屋

ハルル マチゴ
하룰 마치고
一日を終えて

ウェロウメ チチル ッテ
외로움에 지칠 때
寂しさに疲れるとき

キデド トェンダゴ
기대도 된다고
楽しみだと

ヌル ヨギ イッケッタゴ
늘 여기 있겠다고
いつもここにいると

パドエ ウィロルル ットゥィオ ポネ
파도에 위로를 띄워 보내
波に慰めを浮かべて送るね

オンジェラド
언제라도
いつでも





※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
パダウィロ
바다 위로 - 양한나
海の上で

マウミ ヒムドゥル ッテ
마음이 힘들 때
心が苦しい時

ヌル ットオルリゲ トェ
늘 떠올리게 돼
いつも思い出してしまう

ヌニ ブシゲ
눈이 부시게
眩しく

ピチ ネリン
빛이 내린
光が降った

チャンランヘットン パダ
찬란했던 바다
燦爛たる海

マヌン イエ コミヌル
많은 이의 고민을
多くの人の悩みを

サムキョッスル スピョンソン
삼켰을 수평선
飲み込んだ水平線

ネゲ テダパドゥッ
내게 대답하듯
私に答えるように

パドルル ポネ
파도를 보내
波を送る

エ パル ミッ ヌンムル カムチュネ
내 발 밑 눈물 감추네
私の足の下で涙で隠すね

パル ッパルン セサンエ
발 빠른 세상에
足の速い世界で

トィチョジン ドゥタル ッテ
뒤쳐진 듯 할 때
遅れたようなとき

クェンチャヌル コラゴ
괜찮을 거라고
大丈夫だと

チャル ハゴ イッタゴ
잘 하고 있다고
よくやっていると

パドエ ソクサギムル コンネ
파도의 속삭임을 건내
波のささやきを渡る

プル ッコジン パン
불 꺼진 방
明かりの消えた部屋

ハルル マチゴ
하룰 마치고
一日を終えて

ウェロウメ チチル ッテ
외로움에 지칠 때
寂しさに疲れるとき

キデド トェンダゴ
기대도 된다고
楽しみだと

ヌル ヨギ イッケッタゴ
늘 여기 있겠다고
いつもここにいると

パドエ ウィロルル ットゥィウォ ボネ
파도에 위로를 띄워 보내
波に慰めを浮かべて送るね

ハヌル モグムン パダ
하늘 머금은 바다
空に含んだ海

セサンイ スミョン ウイロ
세상이 수면 위로
この世が水面の上へ

フリテットン ネ ヌンピット
흐릿했던 내 눈빛도
ぼやけていた僕の眼差しも

ピントゥムオプシ
빈틈없이 
抜け目なく

ノエ セグロ ムルドゥネ
너의 색으로 물드네
あなたの色に染まるね

チョ モレ ウィ クルッシロ
저 모래 위 글씨로
あの砂の上の文字で

ヤウィン ネ マムル チョグル ッテ
야윈 내 맘을 적을 때
痩せた私の心を書くとき

ノン ネ マム アヌン ドゥッ
넌 내 맘 아는 듯
あなたは私の心を知っているようで

パドロ チウネ
파도로 지우네
波で消すね

ネ パル ミッ ヌンムルル サムキネ
내 발 밑 눈물을 삼키네
私の足元の涙を飲むね

タラジン ックム
닳아진 꿈
擦り減った夢

チャガジン ネ マム
작아진 내 맘
小さくなった私の心

ススロルル タタル ッテ
스스로를 탓 할 때
自らを責めるとき

クェンチャヌル コラゴ
괜찮을 거라고
大丈夫だと

ヌッチ アナッタゴ
늦지 않았다고
遅くないと

パドエ ソクサギムル コンネ
파도의 속삭임을 건내
波のささやきを渡る

プル ッコジン パン
불 꺼진 방
明かりの消えた部屋

ハルル マチゴ
하룰 마치고
一日を終えて

ウェロウメ チチル ッテ
외로움에 지칠 때
寂しさに疲れるとき

キデド トェンダゴ
기대도 된다고
楽しみだと

ヌル ヨギ イッケッタゴ
늘 여기 있겠다고
いつもここにいると

ウェチ ドゥッ パドルル チョルッソク テ
외치 듯 파도를 철썩 대
叫ぶように波をひたひたと打ち立てる

ポクプン ソゲ フィチョンイドン ムルギョルド
폭풍 속에 휘청이던 물결도
嵐の中に揺れた波も

オヌセ チャムチャムヘジョ
어느새 잠잠해져
いつのまにか静かになって

タ クロンゴラ マル ハヌン ドゥテ
다 그런거라 말 하는 듯 해
みんなそう言ってるみたい

ノル タルムコ シポ
널 닮고 싶어
あなたに似たい

パル ッパルン セサンエ
발 빠른 세상에
足の速い世界に

トィチョジン ドゥタル ッテ
뒤쳐진 듯 할 때
遅れたようなとき

クェンチャヌル コラゴ
괜찮을 거라고
大丈夫だと

チャル ハゴ イッタゴ
잘 하고 있다고
よくやっていると

チョム ヌリョド クェンチャンタゴ
좀 느려도 괜찮다고
ちょっと遅くても大丈夫って

プル ッコジン パン
불 꺼진 방
明かりの消えた部屋

ハルル マチゴ
하룰 마치고
一日を終えて

ウェロウメ チチル ッテ
외로움에 지칠 때
寂しさに疲れるとき

キデド トェンダゴ
기대도 된다고
楽しみだと

ヌル ヨギ イッケッタゴ
늘 여기 있겠다고
いつもここにいると

パドエ ウィロルル ットゥィオ ポネ
파도에 위로를 띄워 보내
波に慰めを浮かべて送るね

オンジェラド
언제라도
いつでも




関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます