★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
今日本でリメイク放映中の話題のドラマ⇒『彼女はキレイだった』
グァン アモール 狂わ 君は私の 赤い靴 騙され 警察授業 2番目 ホンチョンギ 人間失格 海街チャ ハイクラス 黒い太陽 ダリとカム One the

夏の終わり(Summer End) - ONF 歌詞和訳

ONF(온앤오프 )《♂》
08 /16 2021
ヨルメックン
여름의 끝 (Summer End) - 온앤오프 (ONF)
夏の終わり
作詞:황현 (MonoTree),와이엇 作曲:황현 (MonoTree)
ONF、タイトル曲「POPPING」をリリース♪
ヨルメックン
여름의 끝 (Summer End) - 온앤오프 (ONF)
夏の終わり

ポムヌニ ネリン フエ
봄눈이 내린 후에 
春の雪が降った後に

ピオナドン ウリ トゥレ モスブン
피어나던 우리 둘의 모습은
咲いた僕たち二人の姿は

ソソヒ ピョネ ガン コリエ
서서히 변해 간 거리의 
徐々に変わって行った街の

プンギョンチョロム パックィオガッチ
풍경처럼 바뀌어갔지
風景のように変わって行った

ットゥゴウォットン ハンスンガヌル
뜨거웠던 한순간을 
熱かった一瞬を

ウムキョチュィゴ カジリョ ハン
움켜쥐고 가지려 한 
握り締めて持とうとした

ネ ヨクシム タシルッカ
내 욕심 탓일까
僕の欲のせいだろうか

オヌセ イロケ ナン
어느새 이렇게 난 
いつのまにかこうして僕は

ケジョレ ックンチャラゲ
계절의 끝자락에
季節の終わりに

イ パラミ モグムン
이 바람이 머금은 
この風にふくまれた

スブニ サラジミョン
수분이 사라지면
うるおいが消えたら

ウリエ チュオクド
우리의 추억도 
僕たちの思い出も

チョムジョム フイミヘ ジルッカ
점점 희미해 질까
どんどんかすめていくだろうか

アジク ワルカク ネゲン
아직 왈칵 내겐 
まだわっと僕には

ソナギガ ネリンダン マリャ
소나기가 내린단 말야
夕立が降るんだよ

イジェ ウリン ヘオジゲッチマン
이제 우린 헤어지겠지만
もう僕たちは別れるけど

タシ トラ タウム
다시 돌아 다음 
また戻って次の

ヨルムル マンナル ッテ
여름을 만날 때
夏に会う頃

ナッソン ク ミレエ
낯선 그 미래에
不慣れなその未来に 

ウリエ クェジョギ イッソッスミョン ヘ
우리의 궤적이 있었으면 해
僕たちの軌跡があったらと思う

ナン ク チャリエ ソソ
난 그 자리에 서서 
僕はその場に立って

ノワ ハムッケ ヘットン
너와 함께 했던
君と共にした

ッタットゥタミョンソド
따뜻하면서도 
暖かくても

ットゥゴウォットン チュオクドゥルル
뜨거웠던 추억들을
熱かった思い出を

サンサンウル ハゴン ヘ
상상을 하곤 해
想像したりするよ

ノガ オプスル コラヌン ゲ
너가 없을 거라는 게
君がいないということが 

ミッキョジジ アンネ
믿겨지지 않네
信じられない

ノド ナチョロム チュンビハミョ
너도 나처럼 준비하며 
君も僕のように準備しながら

シガヌル ポネルッカ
시간을 보낼까
時間を過ごそうか

アニム ナワ タルリ
아님 나와 달리 
それとも僕と違って

タルン ケジョルロ ノモガッスルッカ
다른 계절로 넘어갔을까
別の季節に移ったのだろうか

アジク ナヌン ヨギエ
아직 나는 여기에 
まだ僕はここに

モムルゴ インヌンデ
머물고 있는데
留まっているのに

ナエ マウミ ノム アプソ
나의 마음이 너무 앞서
僕の心があまりにも先に 

ッソダジヌン ピチョロム
쏟아지는 비처럼 
降る雨のように

ナンビヘボリン ゴルッカ
낭비해버린 걸까
浪費してしまったのか

オヌセ イロケ ナン
어느새 이렇게 난 
いつのまにかこんなに僕は

ケジョレ ックンチャラゲ
계절의 끝자락에
季節の終わりに

イ パラミ モグムン
이 바람이 머금은 
この風にふくまれた

スブニ サラジミョン
수분이 사라지면
うるおいが消えたら

ウリエ チュオクド
우리의 추억도 
僕たちの思い出も

チョムジョム フイミヘ ジルッカ
점점 희미해 질까
どんどんかすめていくだろうか

アジク ワルカク ネゲン
아직 왈칵 내겐 
まだわっと僕には

ソナギガ ネリンダン マリャ
소나기가 내린단 말야
夕立が降るんだよ

イジェ ウリン ヘオジゲッチマン
이제 우린 헤어지겠지만
もう僕たちは別れるけど

タシ トラ タウム
다시 돌아 다음 
また戻って次の

ヨルムル マンナル ッテ
여름을 만날 때
夏に会う頃

ナッソン ク ミレエ
낯선 그 미래에
不慣れなその未来に 

ウリエ クェジョギ イッソッスミョン ヘ
우리의 궤적이 있었으면 해
僕たちの軌跡があったらと思う

ウリヌン オットン モスブロ キオクトェルッカ
우리는 어떤 모습으로 기억될까
僕たちはどんな姿で記憶されるだろうか

ウリヌン オットン モスブロ
우리는 어떤 모습으로 
僕たちはどんな姿に

ピョネ ガルッカ
변해 갈까
変わって行くだろうか

オッチョミョン ウリ トゥル タ
어쩌면 우리 둘 다 
もしかしたら僕たち二人

チュオグル チウン チェロ チネルッカ
추억을 지운 채로 지낼까
想い出を消したまま過ごそうか

ポルッソ ヨルメ ックチ ポヨ
벌써 여름의 끝이 보여 
もう夏の終わりが見える

チョムジョム ソヌルヘジヌン ゴル ヌッキョ
점점 서늘해지는 걸 느껴
だんだん涼しくなるのを感じる

アルムダプトン スンガンマン ナムキゴ
아름답던 순간만 남기고
美しい瞬間だけを残して

ウリヌン ックチュル マチハゴ イッソ
우리는 끝을 맞이하고 있어
僕たちは終わりを迎えている

ネゲン イッチ モタル
내겐 잊지 못할 
僕には忘れられない

アルムダウォットン イ ヨルメ ックン
아름다웠던 이 여름의 끝
美しかったこの夏の終わり




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ヨルメックン
여름의 끝 (Summer End) - 온앤오프 (ONF)
夏の終わり

ポムヌニ ネリン フエ
봄눈이 내린 후에 
春の雪が降った後に

ピオナドン ウリ トゥレ モスブン
피어나던 우리 둘의 모습은
咲いた僕たち二人の姿は

ソソヒ ピョネ ガン コリエ
서서히 변해 간 거리의 
徐々に変わって行った街の

プンギョンチョロム パックィオガッチ
풍경처럼 바뀌어갔지
風景のように変わって行った

ットゥゴウォットン ハンスンガヌル
뜨거웠던 한순간을 
熱かった一瞬を

ウムキョチュィゴ カジリョ ハン
움켜쥐고 가지려 한 
握り締めて持とうとした

ネ ヨクシム タシルッカ
내 욕심 탓일까
僕の欲のせいだろうか

オヌセ イロケ ナン
어느새 이렇게 난 
いつのまにかこうして僕は

ケジョレ ックンチャラゲ
계절의 끝자락에
季節の終わりに

イ パラミ モグムン
이 바람이 머금은 
この風にふくまれた

スブニ サラジミョン
수분이 사라지면
うるおいが消えたら

ウリエ チュオクド
우리의 추억도 
僕たちの思い出も

チョムジョム フイミヘ ジルッカ
점점 희미해 질까
どんどんかすめていくだろうか

アジク ワルカク ネゲン
아직 왈칵 내겐 
まだわっと僕には

ソナギガ ネリンダン マリャ
소나기가 내린단 말야
夕立が降るんだよ

イジェ ウリン ヘオジゲッチマン
이제 우린 헤어지겠지만
もう僕たちは別れるけど

タシ トラ タウム
다시 돌아 다음 
また戻って次の

ヨルムル マンナル ッテ
여름을 만날 때
夏に会う頃

ナッソン ク ミレエ
낯선 그 미래에
不慣れなその未来に 

ウリエ クェジョギ イッソッスミョン ヘ
우리의 궤적이 있었으면 해
僕たちの軌跡があったらと思う

ナン ク チャリエ ソソ
난 그 자리에 서서 
僕はその場に立って

ノワ ハムッケ ヘットン
너와 함께 했던
君と共にした

ッタットゥタミョンソド
따뜻하면서도 
暖かくても

ットゥゴウォットン チュオクドゥルル
뜨거웠던 추억들을
熱かった思い出を

サンサンウル ハゴン ヘ
상상을 하곤 해
想像したりするよ

ノガ オプスル コラヌン ゲ
너가 없을 거라는 게
君がいないということが 

ミッキョジジ アンネ
믿겨지지 않네
信じられない

ノド ナチョロム チュンビハミョ
너도 나처럼 준비하며 
君も僕のように準備しながら

シガヌル ポネルッカ
시간을 보낼까
時間を過ごそうか

アニム ナワ タルリ
아님 나와 달리 
それとも僕と違って

タルン ケジョルロ ノモガッスルッカ
다른 계절로 넘어갔을까
別の季節に移ったのだろうか

アジク ナヌン ヨギエ
아직 나는 여기에 
まだ僕はここに

モムルゴ インヌンデ
머물고 있는데
留まっているのに

ナエ マウミ ノム アプソ
나의 마음이 너무 앞서
僕の心があまりにも先に 

ッソダジヌン ピチョロム
쏟아지는 비처럼 
降る雨のように

ナンビヘボリン ゴルッカ
낭비해버린 걸까
浪費してしまったのか

オヌセ イロケ ナン
어느새 이렇게 난 
いつのまにかこんなに僕は

ケジョレ ックンチャラゲ
계절의 끝자락에
季節の終わりに

イ パラミ モグムン
이 바람이 머금은 
この風にふくまれた

スブニ サラジミョン
수분이 사라지면
うるおいが消えたら

ウリエ チュオクド
우리의 추억도 
僕たちの思い出も

チョムジョム フイミヘ ジルッカ
점점 희미해 질까
どんどんかすめていくだろうか

アジク ワルカク ネゲン
아직 왈칵 내겐 
まだわっと僕には

ソナギガ ネリンダン マリャ
소나기가 내린단 말야
夕立が降るんだよ

イジェ ウリン ヘオジゲッチマン
이제 우린 헤어지겠지만
もう僕たちは別れるけど

タシ トラ タウム
다시 돌아 다음 
また戻って次の

ヨルムル マンナル ッテ
여름을 만날 때
夏に会う頃

ナッソン ク ミレエ
낯선 그 미래에
不慣れなその未来に 

ウリエ クェジョギ イッソッスミョン ヘ
우리의 궤적이 있었으면 해
僕たちの軌跡があったらと思う

ウリヌン オットン モスブロ キオクトェルッカ
우리는 어떤 모습으로 기억될까
僕たちはどんな姿で記憶されるだろうか

ウリヌン オットン モスブロ
우리는 어떤 모습으로 
僕たちはどんな姿に

ピョネ ガルッカ
변해 갈까
変わって行くだろうか

オッチョミョン ウリ トゥル タ
어쩌면 우리 둘 다 
もしかしたら僕たち二人

チュオグル チウン チェロ チネルッカ
추억을 지운 채로 지낼까
想い出を消したまま過ごそうか

ポルッソ ヨルメ ックチ ポヨ
벌써 여름의 끝이 보여 
もう夏の終わりが見える

チョムジョム ソヌルヘジヌン ゴル ヌッキョ
점점 서늘해지는 걸 느껴
だんだん涼しくなるのを感じる

アルムダプトン スンガンマン ナムキゴ
아름답던 순간만 남기고
美しい瞬間だけを残して

ウリヌン ックチュル マチハゴ イッソ
우리는 끝을 맞이하고 있어
僕たちは終わりを迎えている

ネゲン イッチ モタル
내겐 잊지 못할 
僕には忘れられない

アルムダウォットン イ ヨルメ ックン
아름다웠던 이 여름의 끝
美しかったこの夏の終わり



関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます