★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
ミスモンテ グァン姉妹 アモール ポッサム ある日 ご飯になれ 九尾 マイン ラケット 結婚作詞 遠くから 月刊家 賢い医師

365 - カン・スンユン 歌詞和訳

WINNER(위너)《♂》
06 /04 2021
365 - 강승윤
作詞:강승윤 作曲:강승윤,강욱진,Diggy
WINNERのリーダーであり、リードボーカルを務めるKang Seung Yoon(カン・スンユン)の1集フルアルバム!
365 - 강승윤

ニガ ノム クリウォ
네가 너무 그리워
君がすごく恋しい

イルニョン 365イル
1년 365일
一年365日

ヨルム カウル キョウル ポム
여름 가을 겨울 봄
夏 秋 冬 春

ノルル クリョ
너를 그려 365
君を描いて

ッケジョガヌン コウル ポミョ
깨져가는 거울 보며
割れていく鏡を見て

ナヌン ウロ
나는 울어 365
僕は泣く

クリウムン ソナム
그리움은 소나무
恋しさは松の木

サマムチョロム メイル カムム
사막처럼 매일 가뭄
砂漠のように毎日の日照り

シガニ ヤギラヌン マル
시간이 약이라는 말
時間が薬という言葉

コジンマリヤ
거짓말이야 365
嘘だよ

ヨルム ネリチェヌン テヤンヨルン
여름 내리쬐는 태양열은
夏照りつける太陽熱は

イゲ ッタミンジ ヌンムリンジ
이게 땀인지 눈물인지 
これが汗なのか涙なのか

モルゲ ヘッコドゥン
모르게 했거든
わからないようにしたんだ

パダ ソグムキ ッチョルン
바다 소금기 쩔은
潮の干満は

パド ソリエ フヌッキダ
파도 소리에 흐느끼다
波の音にすすり泣く

カウル ナギョプチョロム ットロジダ
가을 낙엽처럼 떨어지다
秋の落ち葉のように落ちる

チャン パラミ プロオンダ
찬 바람이 불어온다
冷たい風が吹いてくる

ヨギチョギ パンファンハダ
여기저기 방황하다
彼方此方さまようのを

ポニ イミ 11ウォル
보니 이미 11월
みたら もう11月

パンウル チウヌン ゴル
방을 치우는 걸
部屋を片付けるのを

ネイルロ ミルダ
내일로 미루다
明日に持ち越す

イルニョニ トェッコ
1년이 됐고
1年になって

パムル セウヌン ゴル
밤을 새우는 걸
夜更かしするんだ

パプ モクドゥシ ハダ
밥 먹듯이 하다
ご飯を食べるように

ピョリ トェッコ
별이 됐고
星になって

インヌンダヌン ゴル イジョ
잊는다는 걸 잊어
忘れることを忘れて

チウンダヌン ゴル チウォ
지운다는 걸 지워
消すということを消す

ニガ ポゴ シポ
네가 보고 싶어
君に会いたい

チュクドロク ニガ ミウォ
죽도록 네가 미워
死ぬほど君が憎い

アジク ニガ クリウォ
아직 네가 그리워
まだ君が恋しい

ハル ハン チャンッシク ノムキミョ
하루 한 장씩 넘기며
一日一枚ずつめくりながら

ヌンムル チャグク ナン タルリョクド
눈물 자국 난 달력도
涙の跡のカレンダーも

イジェン
이젠 365
もう365

ヨルム カウル キョウル ポム
여름 가을 겨울 봄
夏 秋 冬 春

ノルル クリョ
너를 그려 365
君を描いて

ッケジョガヌン コウル ポミョ
깨져가는 거울 보며
割れていく鏡を見て

ナヌン ウロ
나는 울어 365
僕は泣く

クリウムン ソナム
그리움은 소나무
恋しさは松の木

サマムチョロム メイル カムム
사막처럼 매일 가뭄
砂漠のように毎日の日照り

シガニ ヤギラヌン マル
시간이 약이라는 말
時間が薬という言葉

コジンマリヤ
거짓말이야 365
嘘だよ

キョウル イジェソヤ ナヌン キョウ
겨울 이제서야 나는 겨우
冬になってやっと僕は

ノルル イッコ サナ ヘンヌンデ
너를 잊고 사나 했는데
君を忘れているかと思ったのに

Snow ハヤン ヌネソ ナン ノエ
Snow 하얀 눈에서 난 너의
Snow 白い雪から僕は君の

ミソ チットン クッテ オルグルル
미소 짓던 그때 얼굴을
微笑んでいたあの頃の顔を

ポム タシ クリウメ ッサギ ト
봄 다시 그리움에 싹이 터
春また恋しさに芽を出す

キョルグク ポラン ドゥシ ピヌン ッコッ
결국 보란 듯이 피는 꽃
結局これ見よがしに咲く花

キダリダ チチョ
기다리다 지쳐
待ちくたびれて

ポメ ピン タルマチッコッ
봄에 핀 달맞이꽃
春に咲いた月見草

パンウル チウヌン ゴル
방을 치우는 걸
部屋を片付けるのを

ネイルロ ミルダ
내일로 미루다
明日に持ち越す

イルニョニ トェッコ
1년이 됐고
1年になって

パムル セウヌン ゴル
밤을 새우는 걸
夜更かしするんだ

パプ モクドゥシ ハダ
밥 먹듯이 하다
ご飯を食べるように

ピョリ トェッコ
별이 됐고
星になって

インヌンダヌン ゴル イジョ
잊는다는 걸 잊어
忘れることを忘れて

チウンダヌン ゴル チウォ
지운다는 걸 지워
消すということを消す

ニガ ポゴ シポ
네가 보고 싶어
君に会いたい

チュクドロク ニガ ミウォ
죽도록 네가 미워
死ぬほど君が憎い

アジク ニガ クリウォ
아직 네가 그리워
まだ君が恋しい

ハル ハン チャンッシク ノムキミョ
하루 한 장씩 넘기며
一日一枚ずつめくりながら

ヌンムル チャグク ナン タルリョクド
눈물 자국 난 달력도
涙の跡のカレンダーも

イジェン
이젠 365
もう365

ネ サルメ ックチ クデ プミミョン ナン
내 삶의 끝이 그대 품이면 난
僕の人生の終わりが君の胸なら僕は

チグム タンジャンド チュグル テンデ
지금 당장도 죽을 텐데
今にも死ぬのに

トラオゲッタン ク ハンマディミョン ナン
돌아오겠단 그 한마디면 난
帰ってくるっていうその一言なら僕は

ミョッ ニョニドゥン キダリル テンデ
몇 년이든 기다릴 텐데
何年でも待ってるのに

チュクドロク ニガ ミウォ
죽도록 네가 미워
死ぬほど君が憎い

アジク ニガ クリウォ
아직 네가 그리워
まだ君が恋しい

ハル ハン チャンッシク ノムキミョ
하루 한 장씩 넘기며
一日一枚ずつめくりながら

ヌンムル チャグク ナン タルリョクド
눈물 자국 난 달력도
涙の跡のカレンダーも

イジェン
이젠 365
もう365

ヨルム カウル キョウル ポム
여름 가을 겨울 봄
夏 秋 冬 春

ノルル クリョ
너를 그려 365
君を描いて

ッケジョガヌン コウル ポミョ
깨져가는 거울 보며
割れていく鏡を見て

ナヌン ウロ
나는 울어 365
僕は泣く

クリウムン ソナム
그리움은 소나무
恋しさは松の木

サマムチョロム メイル カムム
사막처럼 매일 가뭄
砂漠のように毎日の日照り

シガニ ヤギラヌン マル
시간이 약이라는 말
時間が薬という言葉

コジンマリヤ
거짓말이야 365
嘘だよ




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
365 - 강승윤

ニガ ノム クリウォ
네가 너무 그리워
君がすごく恋しい

イルニョン 365イル
1년 365일
一年365日

ヨルム カウル キョウル ポム
여름 가을 겨울 봄
夏 秋 冬 春

ノルル クリョ
너를 그려 365
君を描いて

ッケジョガヌン コウル ポミョ
깨져가는 거울 보며
割れていく鏡を見て

ナヌン ウロ
나는 울어 365
僕は泣く

クリウムン ソナム
그리움은 소나무
恋しさは松の木

サマムチョロム メイル カムム
사막처럼 매일 가뭄
砂漠のように毎日の日照り

シガニ ヤギラヌン マル
시간이 약이라는 말
時間が薬という言葉

コジンマリヤ
거짓말이야 365
嘘だよ

ヨルム ネリチェヌン テヤンヨルン
여름 내리쬐는 태양열은
夏照りつける太陽熱は

イゲ ッタミンジ ヌンムリンジ
이게 땀인지 눈물인지 
これが汗なのか涙なのか

モルゲ ヘッコドゥン
모르게 했거든
わからないようにしたんだ

パダ ソグムキ ッチョルン
바다 소금기 쩔은
潮の干満は

パド ソリエ フヌッキダ
파도 소리에 흐느끼다
波の音にすすり泣く

カウル ナギョプチョロム ットロジダ
가을 낙엽처럼 떨어지다
秋の落ち葉のように落ちる

チャン パラミ プロオンダ
찬 바람이 불어온다
冷たい風が吹いてくる

ヨギチョギ パンファンハダ
여기저기 방황하다
彼方此方さまようのを

ポニ イミ 11ウォル
보니 이미 11월
みたら もう11月

パンウル チウヌン ゴル
방을 치우는 걸
部屋を片付けるのを

ネイルロ ミルダ
내일로 미루다
明日に持ち越す

イルニョニ トェッコ
1년이 됐고
1年になって

パムル セウヌン ゴル
밤을 새우는 걸
夜更かしするんだ

パプ モクドゥシ ハダ
밥 먹듯이 하다
ご飯を食べるように

ピョリ トェッコ
별이 됐고
星になって

インヌンダヌン ゴル イジョ
잊는다는 걸 잊어
忘れることを忘れて

チウンダヌン ゴル チウォ
지운다는 걸 지워
消すということを消す

ニガ ポゴ シポ
네가 보고 싶어
君に会いたい

チュクドロク ニガ ミウォ
죽도록 네가 미워
死ぬほど君が憎い

アジク ニガ クリウォ
아직 네가 그리워
まだ君が恋しい

ハル ハン チャンッシク ノムキミョ
하루 한 장씩 넘기며
一日一枚ずつめくりながら

ヌンムル チャグク ナン タルリョクド
눈물 자국 난 달력도
涙の跡のカレンダーも

イジェン
이젠 365
もう365

ヨルム カウル キョウル ポム
여름 가을 겨울 봄
夏 秋 冬 春

ノルル クリョ
너를 그려 365
君を描いて

ッケジョガヌン コウル ポミョ
깨져가는 거울 보며
割れていく鏡を見て

ナヌン ウロ
나는 울어 365
僕は泣く

クリウムン ソナム
그리움은 소나무
恋しさは松の木

サマムチョロム メイル カムム
사막처럼 매일 가뭄
砂漠のように毎日の日照り

シガニ ヤギラヌン マル
시간이 약이라는 말
時間が薬という言葉

コジンマリヤ
거짓말이야 365
嘘だよ

キョウル イジェソヤ ナヌン キョウ
겨울 이제서야 나는 겨우
冬になってやっと僕は

ノルル イッコ サナ ヘンヌンデ
너를 잊고 사나 했는데
君を忘れているかと思ったのに

Snow ハヤン ヌネソ ナン ノエ
Snow 하얀 눈에서 난 너의
Snow 白い雪から僕は君の

ミソ チットン クッテ オルグルル
미소 짓던 그때 얼굴을
微笑んでいたあの頃の顔を

ポム タシ クリウメ ッサギ ト
봄 다시 그리움에 싹이 터
春また恋しさに芽を出す

キョルグク ポラン ドゥシ ピヌン ッコッ
결국 보란 듯이 피는 꽃
結局これ見よがしに咲く花

キダリダ チチョ
기다리다 지쳐
待ちくたびれて

ポメ ピン タルマチッコッ
봄에 핀 달맞이꽃
春に咲いた月見草

パンウル チウヌン ゴル
방을 치우는 걸
部屋を片付けるのを

ネイルロ ミルダ
내일로 미루다
明日に持ち越す

イルニョニ トェッコ
1년이 됐고
1年になって

パムル セウヌン ゴル
밤을 새우는 걸
夜更かしするんだ

パプ モクドゥシ ハダ
밥 먹듯이 하다
ご飯を食べるように

ピョリ トェッコ
별이 됐고
星になって

インヌンダヌン ゴル イジョ
잊는다는 걸 잊어
忘れることを忘れて

チウンダヌン ゴル チウォ
지운다는 걸 지워
消すということを消す

ニガ ポゴ シポ
네가 보고 싶어
君に会いたい

チュクドロク ニガ ミウォ
죽도록 네가 미워
死ぬほど君が憎い

アジク ニガ クリウォ
아직 네가 그리워
まだ君が恋しい

ハル ハン チャンッシク ノムキミョ
하루 한 장씩 넘기며
一日一枚ずつめくりながら

ヌンムル チャグク ナン タルリョクド
눈물 자국 난 달력도
涙の跡のカレンダーも

イジェン
이젠 365
もう365

ネ サルメ ックチ クデ プミミョン ナン
내 삶의 끝이 그대 품이면 난
僕の人生の終わりが君の胸なら僕は

チグム タンジャンド チュグル テンデ
지금 당장도 죽을 텐데
今にも死ぬのに

トラオゲッタン ク ハンマディミョン ナン
돌아오겠단 그 한마디면 난
帰ってくるっていうその一言なら僕は

ミョッ ニョニドゥン キダリル テンデ
몇 년이든 기다릴 텐데
何年でも待ってるのに

チュクドロク ニガ ミウォ
죽도록 네가 미워
死ぬほど君が憎い

アジク ニガ クリウォ
아직 네가 그리워
まだ君が恋しい

ハル ハン チャンッシク ノムキミョ
하루 한 장씩 넘기며
一日一枚ずつめくりながら

ヌンムル チャグク ナン タルリョクド
눈물 자국 난 달력도
涙の跡のカレンダーも

イジェン
이젠 365
もう365

ヨルム カウル キョウル ポム
여름 가을 겨울 봄
夏 秋 冬 春

ノルル クリョ
너를 그려 365
君を描いて

ッケジョガヌン コウル ポミョ
깨져가는 거울 보며
割れていく鏡を見て

ナヌン ウロ
나는 울어 365
僕は泣く

クリウムン ソナム
그리움은 소나무
恋しさは松の木

サマムチョロム メイル カムム
사막처럼 매일 가뭄
砂漠のように毎日の日照り

シガニ ヤギラヌン マル
시간이 약이라는 말
時間が薬という言葉

コジンマリヤ
거짓말이야 365
嘘だよ



関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます