★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
秘密の男 サムグァン ヤバイ妻 誰がなんと 火の鳥 浮気 女神降臨 ハッシュ それでも 哲仁 昼と夜 都会の男女 暗行御史 先輩 結婚

君が僕の傍にいた時間 (Feat. ユク・ソンジェ of BTOB) - Jung Key 歌詞和訳

BTOB(비투비)《♂》
01 /06 2021
ニガネギョテモムルロットンシガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간 (Feat. 육성재 of BTOB) - 정키(Jung Key)
君が僕の傍にいた時間
作詞作曲:정키(Jung Key)
リクエスト頂いた曲です♪
ニガネギョテモムルロットンシガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간 (Feat. 육성재 of BTOB) - 정키(Jung Key)
君が僕の傍にいた時間


ムスン マリドゥン ヘ ブヮ
무슨 말이든 해 봐
何か言ってみてよ

ウルゴマン イッチ マルゴ
울고만 있지 말고
泣いてばっかりいないで

ット チンクチュン チャンナニラゴ
또 짓궂은 장난이라고
また意地悪な冗談だって

チャジュ タトォッキン ヘド
자주 다퉜긴 해도
よくケンカしてたけど

ヨジュム クェンチャナッチャナ
요즘 괜찮았잖아
最近は仲良かったじゃない

ウェ イジェ ワ
왜 이제 와
どうして今になって

イロヌン ゴンジ
이러는 건지
こうなのか

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
一緒に過ごした思い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単にいかなくて

トヌン マンジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
会うこともできないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてそんなことするの

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎晩徹夜してたあの電話も

チギョプトン ク タトゥムドゥルド
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたあのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍にいた時間

オヌルン オッテンヌンジ
오늘은 어땠는지
今日はどうだったのか

ヒムドゥルジン アナンヌンジ
힘들진 않았는지
つらくはなかったのか

ット マル モタル コミンドゥル ソゲ
또 말 못 할 고민들 속에
言えない悩みの中で

プッチャブミョン モムチュルッカ
붙잡으면 멈출까
引き止めたら止まるかな

トラソミョン イジュルッカ
돌아서면 잊을까
背を向けたら忘れるかな

ナン チュンビド モテッソンヌンデ
난 준비도 못 했었는데
僕は準備もできなかったのに

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
一緒に過ごした思い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単にいかなくて

トヌン マンジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
会うこともできないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてそんなことするの

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎晩徹夜してたあの電話も

チギョプトン ク タトゥムドゥルド
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたあのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍にいた時間

シルカミ アン ナソ タシ ムロッソ
실감이 안 나서 다시 물었어
実感が沸かなくてまた聞いた

ネゲン イクスカン ネ モクソリ
내겐 익숙한 네 목소리
僕には聞きなれた君の声

ク オンギロド ナヌン
그 온기로도 나는
その温もりからも僕は

アル ス イッソッタゴ
알 수 있었다고
分かったと

チョンマル ハル マルドゥリ マナンヌンデ
정말 할 말들이 많았는데
本当に言いたいことが多かったのに

アム マルド ハル ス オプソッソ
아무 말도 할 수 없었어
何も言えなかった

ヘオジンダン ゲ ネゲン
헤어진단 게 내겐
別れるということが僕には

ノエ ギョテ モムルドン シガニ
너의 곁에 머물던 시간이
君の傍にいた時間が

イジェン タ コジンマル カタソ
이젠 다 거짓말 같아서
もうすべて嘘みたいで

ナエ ハルガ ノロ ムルドゥルドン
나의 하루가 너로 물들던
僕の一日が君で染まった

チュオクドゥレ ナン
추억들에 난
思い出に僕は

メイル パムセ トゥットン モクソリガ
매일 밤새 듣던 목소리가
毎日一晩中聞いてた声が

アナットン ク オンギドゥリ
안았던 그 온기들이
抱きしめたその温もりが

ウェ イロケ クリウォ
왜 이렇게 그리워
どうしてこんなに恋しいんだ

マチ ックムチョロム アリョネソ
마치 꿈처럼 아련해서
まるで夢のようにおぼろげで

モッ イジョ
못 잊어
忘れられない

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍にいた時間




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ニガネギョテモムルロットンシガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간 (Feat. 육성재 of BTOB) - 정키(Jung Key)
君が僕の傍にいた時間


ムスン マリドゥン ヘ ブヮ
무슨 말이든 해 봐
何か言ってみてよ

ウルゴマン イッチ マルゴ
울고만 있지 말고
泣いてばっかりいないで

ット チンクチュン チャンナニラゴ
또 짓궂은 장난이라고
また意地悪な冗談だって

チャジュ タトォッキン ヘド
자주 다퉜긴 해도
よくケンカしてたけど

ヨジュム クェンチャナッチャナ
요즘 괜찮았잖아
最近は仲良かったじゃない

ウェ イジェ ワ
왜 이제 와
どうして今になって

イロヌン ゴンジ
이러는 건지
こうなのか

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
一緒に過ごした思い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単にいかなくて

トヌン マンジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
会うこともできないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてそんなことするの

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎晩徹夜してたあの電話も

チギョプトン ク タトゥムドゥルド
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたあのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍にいた時間

オヌルン オッテンヌンジ
오늘은 어땠는지
今日はどうだったのか

ヒムドゥルジン アナンヌンジ
힘들진 않았는지
つらくはなかったのか

ット マル モタル コミンドゥル ソゲ
또 말 못 할 고민들 속에
言えない悩みの中で

プッチャブミョン モムチュルッカ
붙잡으면 멈출까
引き止めたら止まるかな

トラソミョン イジュルッカ
돌아서면 잊을까
背を向けたら忘れるかな

ナン チュンビド モテッソンヌンデ
난 준비도 못 했었는데
僕は準備もできなかったのに

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
一緒に過ごした思い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単にいかなくて

トヌン マンジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
会うこともできないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてそんなことするの

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎晩徹夜してたあの電話も

チギョプトン ク タトゥムドゥルド
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたあのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍にいた時間

シルカミ アン ナソ タシ ムロッソ
실감이 안 나서 다시 물었어
実感が沸かなくてまた聞いた

ネゲン イクスカン ネ モクソリ
내겐 익숙한 네 목소리
僕には聞きなれた君の声

ク オンギロド ナヌン
그 온기로도 나는
その温もりからも僕は

アル ス イッソッタゴ
알 수 있었다고
分かったと

チョンマル ハル マルドゥリ マナンヌンデ
정말 할 말들이 많았는데
本当に言いたいことが多かったのに

アム マルド ハル ス オプソッソ
아무 말도 할 수 없었어
何も言えなかった

ヘオジンダン ゲ ネゲン
헤어진단 게 내겐
別れるということが僕には

ノエ ギョテ モムルドン シガニ
너의 곁에 머물던 시간이
君の傍にいた時間が

イジェン タ コジンマル カタソ
이젠 다 거짓말 같아서
もうすべて嘘みたいで

ナエ ハルガ ノロ ムルドゥルドン
나의 하루가 너로 물들던
僕の一日が君で染まった

チュオクドゥレ ナン
추억들에 난
思い出に僕は

メイル パムセ トゥットン モクソリガ
매일 밤새 듣던 목소리가
毎日一晩中聞いてた声が

アナットン ク オンギドゥリ
안았던 그 온기들이
抱きしめたその温もりが

ウェ イロケ クリウォ
왜 이렇게 그리워
どうしてこんなに恋しいんだ

マチ ックムチョロム アリョネソ
마치 꿈처럼 아련해서
まるで夢のようにおぼろげで

モッ イジョ
못 잊어
忘れられない

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍にいた時間



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます