★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァン ヤバイ妻 九尾 ドドソソ 私生活 スタート 誰がなんと カイロス 火の鳥 スパイ 飛べ小川

どうして気付かなかったのだろう - オン・ソンウ 韓ドラ:場合の数 歌詞和訳

10 /30 2020
ウェモルラッソッスルッカ
왜 몰랐었을까 - 옹성우
どうして気付かなかったのだろう
作詞作曲:개미,한밤 (Midnight)
韓国ドラマ:場合の数
出演:オン・ソンウ、シン・イェウン、キム・ドンジュンなど
10年にわたってお互いに片思いしている男女2人のリアルな青春ロマンスを描く。長年の片思いの末、本心を隠している女性と、今になって好きという感情に気づきアピールする男性。友人から恋人になる“場合の数”が爽やかなときめきを誘発する。
ウェモルラッソッスルッカ
왜 몰랐었을까 - 옹성우
どうして気付かなかったのだろう

ウェ モルラッソッスルッカ
왜 몰랐었을까
どうして気付かなかったのだろう

クッテン
그땐
あの時は

ナル パラボヌン ノル
날 바라보는 널
僕を見つめる君を

スマヌン シガンドゥル
수많은 시간들
幾多の時間を

ク トィエ ソ インヌン ノル
그 뒤에 서 있는 널
その後ろに立っている君を

ウェ モルラッソッスルッカ
왜 몰랐었을까
どうして気付かなかったのだろう

ノン キオカルッカ
넌 기억할까
君は覚えてるだろうか

ネガ チュン モドゥン サンチョルル
내가 준 모든 상처를
僕があげたすべての傷を

タ イジョッスルッカ
다 잊었을까
すべて忘れたかな

ネゲ チュン モドゥン マウムル
내게 준 모든 마음을
僕にくれたすべての気持ちを

クロケ ノルル ミロネゴ
그렇게 너를 밀어내고
そうして君を突き離して

タシ ット ノルル チャンヌン ナラソ
다시 또 너를 찾는 나라서
また君を探す僕だから

イジェヤ ノルル
이제야 너를
今になって君を

サランハゲ トェンヌンデ
사랑하게 됐는데
愛するようになったのに

ナエ モドゥン ケジョリ
나의 모든 계절이
僕のすべての季節が

ノヨッタン ゴル
너였단 걸
君だったということに

アルゲ トェンヌンデ
알게 됐는데
気付いたのに

ナル アナジュドン サラム
날 안아주던 사람
僕を抱きしめてくれた人

クゲ ノヨッタヌン ゴル
그게 너였다는 걸
それが君だったことを

ウェ モルラッスルッカ
왜 몰랐을까
どうして気付かなかったのだろう

イジェヌン ナポダ ト
이제는 나보다 더
今は自分よりもっと

ノルル サランハゲ トェンヌンデ
너를 사랑하게 됐는데
君を愛するようになったのに

アプン キオクポダ ト
아픈 기억보다 더
痛む記憶よりもっと

クン サランウル チュル ス インヌンデ
큰 사랑을 줄 수 있는데
大きな愛をあげられるのに

イロン ネ マムル チョナギエン
이런 내 맘을 전하기엔
こんな僕の気持ちを伝えるには

ヌジョッスルッカ
늦었을까
遅すぎただろうか

チョム タルラッスルッカ ネゲン
좀 달랐었을까 네겐
ちょっと違ったかな 君には

クナレ ウィミド
그날의 의미도
あの日の意味も

クロケ トラソン ノル
그렇게 돌아선 널
そうして背を向けた君を

パラボル スバッケ オムヌン ナ
바라볼 수밖에 없는 나
見つめるしかない僕

タン ハン サラム イジェヤ
단 한 사람 이제야
たった一人 今になって

クゲ ノラヌン ゴル アラッソ
그게 너라는 걸 알았어
それが君だってことが分かった

ナエ モドゥン ケジョリ
나의 모든 계절이
僕のすべての季節が

ノヨッタン ゴル
너였단 걸
君だったということに

アルゲ トェイッソ
알게 되었어
気付いた

ナル アナジュドン サラム
날 안아주던 사람
僕を抱きしめてくれた人

クゲ ノヨッタヌン ゴル
그게 너였다는 걸
それが君だったことを

ウェ モルラッスルッカ
왜 몰랐을까
どうして気付かなかったのだろう

イジェヌン ナポダ ト
이제는 나보다 더
今は自分よりもっと

ノルル サランハゲ トェイッソ
너를 사랑하게 되었어
君を愛するようになった

アプン キオクポダ ト
아픈 기억보다 더
痛む記憶よりもっと

クン サランウル ネゲ チュル コヤ
큰 사랑을 내게 줄 거야
大きな愛を僕にくれる

イロン ネ マムル チョナリョ ヘ
이런 내 맘을 전하려 해
こんな僕の気持ちを伝えようとする

ノエ ギョテ
너의 곁에
君の傍に

ノン アルゴ イッスルッカ イジェン
넌 알고 있을까 이젠
君は知っているかな もう

ノル パラボヌン ナル
널 바라보는 날
君を見つめる僕を

イロケ モンハニ
이렇게 멍하니
こうして呆然と

ネ センガグル ハダガ
네 생각을 하다가
君のことを考えながら

チャムドゥロ
잠들어
眠る




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ウェモルラッソッスルッカ
왜 몰랐었을까 - 옹성우
どうして気付かなかったのだろう


ウェ モルラッソッスルッカ
왜 몰랐었을까
どうして気付かなかったのだろう

クッテン
그땐
あの時は

ナル パラボヌン ノル
날 바라보는 널
僕を見つめる君を

スマヌン シガンドゥル
수많은 시간들
幾多の時間を

ク トィエ ソ インヌン ノル
그 뒤에 서 있는 널
その後ろに立っている君を

ウェ モルラッソッスルッカ
왜 몰랐었을까
どうして気付かなかったのだろう

ノン キオカルッカ
넌 기억할까
君は覚えてるだろうか

ネガ チュン モドゥン サンチョルル
내가 준 모든 상처를
僕があげたすべての傷を

タ イジョッスルッカ
다 잊었을까
すべて忘れたかな

ネゲ チュン モドゥン マウムル
내게 준 모든 마음을
僕にくれたすべての気持ちを

クロケ ノルル ミロネゴ
그렇게 너를 밀어내고
そうして君を突き離して

タシ ット ノルル チャンヌン ナラソ
다시 또 너를 찾는 나라서
また君を探す僕だから

イジェヤ ノルル
이제야 너를
今になって君を

サランハゲ トェンヌンデ
사랑하게 됐는데
愛するようになったのに

ナエ モドゥン ケジョリ
나의 모든 계절이
僕のすべての季節が

ノヨッタン ゴル
너였단 걸
君だったということに

アルゲ トェンヌンデ
알게 됐는데
気付いたのに

ナル アナジュドン サラム
날 안아주던 사람
僕を抱きしめてくれた人

クゲ ノヨッタヌン ゴル
그게 너였다는 걸
それが君だったことを

ウェ モルラッスルッカ
왜 몰랐을까
どうして気付かなかったのだろう

イジェヌン ナポダ ト
이제는 나보다 더
今は自分よりもっと

ノルル サランハゲ トェンヌンデ
너를 사랑하게 됐는데
君を愛するようになったのに

アプン キオクポダ ト
아픈 기억보다 더
痛む記憶よりもっと

クン サランウル チュル ス インヌンデ
큰 사랑을 줄 수 있는데
大きな愛をあげられるのに

イロン ネ マムル チョナギエン
이런 내 맘을 전하기엔
こんな僕の気持ちを伝えるには

ヌジョッスルッカ
늦었을까
遅すぎただろうか

チョム タルラッスルッカ ネゲン
좀 달랐었을까 네겐
ちょっと違ったかな 君には

クナレ ウィミド
그날의 의미도
あの日の意味も

クロケ トラソン ノル
그렇게 돌아선 널
そうして背を向けた君を

パラボル スバッケ オムヌン ナ
바라볼 수밖에 없는 나
見つめるしかない僕

タン ハン サラム イジェヤ
단 한 사람 이제야
たった一人 今になって

クゲ ノラヌン ゴル アラッソ
그게 너라는 걸 알았어
それが君だってことが分かった

ナエ モドゥン ケジョリ
나의 모든 계절이
僕のすべての季節が

ノヨッタン ゴル
너였단 걸
君だったということに

アルゲ トェイッソ
알게 되었어
気付いた

ナル アナジュドン サラム
날 안아주던 사람
僕を抱きしめてくれた人

クゲ ノヨッタヌン ゴル
그게 너였다는 걸
それが君だったことを

ウェ モルラッスルッカ
왜 몰랐을까
どうして気付かなかったのだろう

イジェヌン ナポダ ト
이제는 나보다 더
今は自分よりもっと

ノルル サランハゲ トェイッソ
너를 사랑하게 되었어
君を愛するようになった

アプン キオクポダ ト
아픈 기억보다 더
痛む記憶よりもっと

クン サランウル ネゲ チュル コヤ
큰 사랑을 내게 줄 거야
大きな愛を僕にくれる

イロン ネ マムル チョナリョ ヘ
이런 내 맘을 전하려 해
こんな僕の気持ちを伝えようとする

ノエ ギョテ
너의 곁에
君の傍に

ノン アルゴ イッスルッカ イジェン
넌 알고 있을까 이젠
君は知っているかな もう

ノル パラボヌン ナル
널 바라보는 날
君を見つめる僕を

イロケ モンハニ
이렇게 멍하니
こうして呆然と

ネ センガグル ハダガ
네 생각을 하다가
君のことを考えながら

チャムドゥロ
잠들어
眠る



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます