★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
月が浮かぶ川 ミス・モンテ ヴィンチェ マウス 朝鮮駆魔師 グァン姉妹 ナビレラ お!ご主人様 テバク不動産 模範タクシー

僕たちが愛さなければならないこと - キム・ジェジュン 韓ドラ:私生活 歌詞和訳

キム・ジェジュン(김재중)《♂》
10 /29 2020
ウリガサランヘヤハヌンゴットゥル
우리가 사랑해야 하는 것들 - 김재중
僕たちが愛さなければならないこと
作詞:서동성 作曲:박성일
韓国ドラマ:私生活
出演:コ・ギョンピョ、ソヒョン、キム・ヒョジン、キム・ヨンミンなど
プライベートを共有し、盗み、操作する時代に、詐欺師がすべての技術を総動員して国家の巨大な“私生活”を明らかにする痛快なストーリー
ウリガサランヘヤハヌンゴットゥル
우리가 사랑해야 하는 것들 - 김재중
僕たちが愛さなければならないこと

ソンックンマダ ヌッキョジドン ゴットゥル
손끝마다 느껴지던 것들
指先ごとに感じられたこと

メイル ヌヌル ットゥミョン
매일 눈을 뜨면
毎日目を覚ますと

マンナ ワットン ゴットゥル
만나 왔던 것들
出会ったきたもの

パッピ ナルル ミルチミョ
바삐 나를 밀치며
忙しく私を押しのけて

スチョ カドン モドゥン ゴットゥルド
스쳐 가던 모든 것들도
すれ違ったすべてのことも

ッテロン ナポダ ト
때론 나보다 더
時には僕よりもっと

ミド ワットン ゴットゥル
믿어 왔던 것들
信じてきたこと

カスム キプン ゴセ
가슴 깊은 곳에
胸の奥に

アッキョ ワットン ゴットゥル
아껴 왔던 것들
大切にしてきたもの

オットン イユロ ク ハナハナ
어떤 이유로 그 하나하나
どんな理由でその一つ一つ

カンジケワットン ゴルッカ
간직해왔던 걸까
大切にしてきたのだろうか

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ウリガ サランヘソゲッチ
우리가 사랑해서겠지
僕たちが愛しているからだろう

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ソロガ ソジュンヘソル コヤ
서로가 소중해설 거야
お互いに大事だからと思う

ウリン オッチョミョン クゴル
우린 어쩌면 그걸
僕たちはもしかしたらそれを

チャムシ イッコ サルジン アヌルッカ
잠시 잊고 살진 않을까
しばらく忘れてはいないだろうか

ネオ チュジ モタン ナエ ハン ソン
내어 주지 못한 나의 한 손
出せなかった僕の片手

ックンネ チャバ チュジ モタン
끝내 잡아 주지 못한
最後までつかめなかった

タルン ハン ソン
다른 한 손
もう片方の手

パヌン トゥルリョッコ
반은 틀렸고
半分は間違って

ク ナムン パヌル
그 남은 반을
その残りの半分は

ウリン オルダ マルハルッカ
우린 옳다 말할까
僕たちは正しいと言おうか

セサンイ マンドゥン
세상이 만든
世界が作った

ク マンコ マヌン ハムチョンドゥレ
그 많고 많은 함정들에
その多くの落とし穴に

ウリガ マンドゥン
우리가 만든
僕たちが作った

ク マンコ マヌン イユ アペ
그 많고 많은 이유 앞에
その多くの理由の前に

コゲル ックトギョ セサン トィロ
고갤 끄덕여 세상 뒤로
うなずいて世の中の後ろへ

スモ サルジン アナッスルッカ
숨어 살진 않았을까
隠れて生きてきたんじゃないのか

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ノル ウィハン ピンゲヨッソッケッチ
날 위한 핑계였었겠지
自分のための言い訳だったんだろう

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ナル ウィハン ピョンミョンヨッスル コヤ
날 위한 변명였을 거야
自分のための言い訳だったんだ

ウリン オッチョミョン ノエ ヌンムルッカジ
우린 어쩌면 너의 눈물까지
僕たちはもしかしたら君の涙まで

カジリョ ハン ゴン アニルッカ
가지려 한 건 아닐까
持とうとしたのではないか

トルリョチュジ モタン マヌン ゴットゥル
돌려주지 못한 많은 것들
返せなかった多くのもの

ックンネ マレ チュジ モタン
끝내 말해 주지 못한
最後まで言えなかった

マヌン ゴットゥル
많은 것들
多くのこと

マムル カムミョ ット ナルル
맘을 감으며 또 나를
心を閉じてまた自分を

ソギン ゴン アニルッカ
속인 건 아닐까 Ah~
騙したんじゃないのか

セサンイ マンドゥン
세상이 만든
世界が作った

ク マンコ マヌン ハムチョンドゥレ
그 많고 많은 함정들에
その多くの落とし穴に

ウリガ マンドゥン
우리가 만든
僕たちが作った

ク マンコ マヌン イユ アペ
그 많고 많은 이유 앞에
その多くの理由の前に

コゲル ックトギョ セサン トィロ
고갤 끄덕여 세상 뒤로
うなずいて世の中の後ろへ

スモ サルジン アナッスルッカ
숨어 살진 않았을까
隠れて生きてきたんじゃないのか

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ノル ウィハン ピンゲヨッソッケッチ
날 위한 핑계였었겠지
自分のための言い訳だったんだろう

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ナル ウィハン ピョンミョンヨッスル コヤ
날 위한 변명였을 거야
自分のための言い訳だったんだ

ウリン オッチョミョン セサンエゲ チチョ
우린 어쩌면 세상에게 지쳐
僕たちはもしかしたら世の中に疲れて

マヌン ゴル イッコ
많은 걸 잊고
多くのことを忘れて

サルチド モルラ
살지도 몰라
生きてるのかもしれない




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ウリガサランヘヤハヌンゴットゥル
우리가 사랑해야 하는 것들 - 김재중
僕たちが愛さなければならないこと


ソンックンマダ ヌッキョジドン ゴットゥル
손끝마다 느껴지던 것들
指先ごとに感じられたこと

メイル ヌヌル ットゥミョン
매일 눈을 뜨면
毎日目を覚ますと

マンナ ワットン ゴットゥル
만나 왔던 것들
出会ったきたもの

パッピ ナルル ミルチミョ
바삐 나를 밀치며
忙しく私を押しのけて

スチョ カドン モドゥン ゴットゥルド
스쳐 가던 모든 것들도
すれ違ったすべてのことも

ッテロン ナポダ ト
때론 나보다 더
時には僕よりもっと

ミド ワットン ゴットゥル
믿어 왔던 것들
信じてきたこと

カスム キプン ゴセ
가슴 깊은 곳에
胸の奥に

アッキョ ワットン ゴットゥル
아껴 왔던 것들
大切にしてきたもの

オットン イユロ ク ハナハナ
어떤 이유로 그 하나하나
どんな理由でその一つ一つ

カンジケワットン ゴルッカ
간직해왔던 걸까
大切にしてきたのだろうか

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ウリガ サランヘソゲッチ
우리가 사랑해서겠지
僕たちが愛しているからだろう

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ソロガ ソジュンヘソル コヤ
서로가 소중해설 거야
お互いに大事だからと思う

ウリン オッチョミョン クゴル
우린 어쩌면 그걸
僕たちはもしかしたらそれを

チャムシ イッコ サルジン アヌルッカ
잠시 잊고 살진 않을까
しばらく忘れてはいないだろうか

ネオ チュジ モタン ナエ ハン ソン
내어 주지 못한 나의 한 손
出せなかった僕の片手

ックンネ チャバ チュジ モタン
끝내 잡아 주지 못한
最後までつかめなかった

タルン ハン ソン
다른 한 손
もう片方の手

パヌン トゥルリョッコ
반은 틀렸고
半分は間違って

ク ナムン パヌル
그 남은 반을
その残りの半分は

ウリン オルダ マルハルッカ
우린 옳다 말할까
僕たちは正しいと言おうか

セサンイ マンドゥン
세상이 만든
世界が作った

ク マンコ マヌン ハムチョンドゥレ
그 많고 많은 함정들에
その多くの落とし穴に

ウリガ マンドゥン
우리가 만든
僕たちが作った

ク マンコ マヌン イユ アペ
그 많고 많은 이유 앞에
その多くの理由の前に

コゲル ックトギョ セサン トィロ
고갤 끄덕여 세상 뒤로
うなずいて世の中の後ろへ

スモ サルジン アナッスルッカ
숨어 살진 않았을까
隠れて生きてきたんじゃないのか

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ノル ウィハン ピンゲヨッソッケッチ
날 위한 핑계였었겠지
自分のための言い訳だったんだろう

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ナル ウィハン ピョンミョンヨッスル コヤ
날 위한 변명였을 거야
自分のための言い訳だったんだ

ウリン オッチョミョン ノエ ヌンムルッカジ
우린 어쩌면 너의 눈물까지
僕たちはもしかしたら君の涙まで

カジリョ ハン ゴン アニルッカ
가지려 한 건 아닐까
持とうとしたのではないか

トルリョチュジ モタン マヌン ゴットゥル
돌려주지 못한 많은 것들
返せなかった多くのもの

ックンネ マレ チュジ モタン
끝내 말해 주지 못한
最後まで言えなかった

マヌン ゴットゥル
많은 것들
多くのこと

マムル カムミョ ット ナルル
맘을 감으며 또 나를
心を閉じてまた自分を

ソギン ゴン アニルッカ
속인 건 아닐까 Ah~
騙したんじゃないのか

セサンイ マンドゥン
세상이 만든
世界が作った

ク マンコ マヌン ハムチョンドゥレ
그 많고 많은 함정들에
その多くの落とし穴に

ウリガ マンドゥン
우리가 만든
僕たちが作った

ク マンコ マヌン イユ アペ
그 많고 많은 이유 앞에
その多くの理由の前に

コゲル ックトギョ セサン トィロ
고갤 끄덕여 세상 뒤로
うなずいて世の中の後ろへ

スモ サルジン アナッスルッカ
숨어 살진 않았을까
隠れて生きてきたんじゃないのか

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ノル ウィハン ピンゲヨッソッケッチ
날 위한 핑계였었겠지
自分のための言い訳だったんだろう

クゴン アマド
그건 아마도
それはきっと

ナル ウィハン ピョンミョンヨッスル コヤ
날 위한 변명였을 거야
自分のための言い訳だったんだ

ウリン オッチョミョン セサンエゲ チチョ
우린 어쩌면 세상에게 지쳐
僕たちはもしかしたら世の中に疲れて

マヌン ゴル イッコ
많은 걸 잊고
多くのことを忘れて

サルチド モルラ
살지도 몰라
生きてるのかもしれない



関連記事
良いと思った方、クリック応援お願いします^^
※韓国ドラマのランキングページへ飛びます↓↓

コメント

非公開コメント



↑クリックすると一覧が表示されます