★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
青春記録 秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァン ヤバイ妻 九尾 ゾンビ ドドソソ 私生活 スタート 誰がなんと カイロス

学校 - jeebanoff 歌詞和訳

jeebanoff(지바노프)《♂》
10 /19 2020
ハクキョ
학교 - jeebanoff (지바노프)
学校
作詞:jeebanoff (지바노프) 作曲: jeebanoff (지바노프),LNNN,GiiANA
リクエスト頂いた曲です♪
ハクキョ
학교 - jeebanoff (지바노프)
学校


ハクコ チョンイ ッテン ハゴ ウルリム
학교 종이 땡 하고 울림
学校のベルが鳴って

メイル カチ
매일 같이
毎日のように

クァンシムン イルド オムヌン
관심은 일도 없는
関心なこともない

チェグル ッコネ イルチ
책을 꺼내 읽지
本を取り出して読むよ

ネ ウィジテロ トェヌン ゴン
내 의지대로 되는 건
僕の意思通りになることは

ハナド オプシ
하나도 없이
一つもなく

パプ モグル ッテマヌル
밥 먹을 때만을
ご飯を食べるときだけを

キダリゴン ヘッチ
기다리곤 했지
待っていたよ

モルレ キョムン パックル ナガ
몰래 교문 밖을 나가
こっそり校門の外へ出て

ット ハル イルド オプシ
또 할 일도 없이
またやることもなく

クニャン クゲ チョアットン ゴジ
그냥 그게 좋았던 거지
ただそれがよかったんだ

ピョル ウィミ オプシ トラダニミョ
별 의미 없이 돌아다니며
何の意味もなく歩き回って

ミウン イルド マニ ヘッチ
미운 일도 많이 했지
嫌なこともたくさんしたよ

モルリ チョンイ ッテン ハミョン
멀리 종이 땡 하면
遠くベルが鳴ったら

ウリン パルル トルリョ
우린 발을 돌려
僕たちは足を戻して

ハヤッケ タドン ヘヌン ポルッソ
하얗게 타던 해는 벌써
真っ白に燃えたいた太陽はもう

サン トィエ スムン チェ
산 뒤에 숨은 채
山の裏に隠れたまま

ハヌルル プルキョ
하늘을 붉혀
空を赤くして

クジョ オヌル ハルド
그저 오늘 하루도
ただ今日一日も

ピョル タル オプシ
별 탈 없이
無事に

ポネン ゴセ テヘ
보낸 것에 대해
過ごしたことについて

カムサハミョ チセヤ
감사하며 지새야
感謝しながら夜が明けないと

トェヌン ゴンデ ウェ
되는 건데 왜
いけないのにどうして

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

タシ アンジャ チルハン スオブル
다시 앉아 지루한 수업을
また座って退屈な授業を

トゥッコ イッチャミョン
듣고 있자면,
聞いていたら

ネ ヨペ ナワ
내 옆에 나와
僕の隣に僕と

ピスタン センガグル カジン
비슷한 생각을 가진
似た考えを持った

チング ノミ ポネオヌン
친구 놈이 보내오는
友達が送ってくる

チョクチロ ネ ナムン
쪽지로 내 남은
メッセージで僕の残った

ハクキョエソエ シガヌル ポティゴン ヘッチ
학교에서의 시간을 버티곤 했지
学校での時間を耐えたりしたんだ

マジマク チョンイ ッテン
마지막 종이 땡
最後のベル

チェッパルリ ネ カバンウル トゥルチョ メ
재빨리 내 가방을 들쳐 메,
すばやく鞄を背負って

コミナル コット オプチ
고민할 것도 없지
悩むこともない

チングドゥルグァ モリル マッテ
친구들과 머릴 맞대
友達と頭を突き合わせて

オチャピ メイリ ットクカッチ
어차피 매일이 똑같지
どうせ毎日が同じだよ

ゲイム アニム ノレ
게임 아님 노래,
ゲームじゃなければ歌

フンナル イゲ ネゲ キオクトェル
훗날 이게 내게 기억될
将来 これが僕に記憶される

ネ チュンハクキョ ッテ
내 중학교 때
僕の中学校の時

ハヤッケ タドン ヘヌン ポルッソ
하얗게 타던 해는 벌써
真っ白に燃えたいた太陽はもう

サン トィエ スムン チェ
산 뒤에 숨은 채
山の裏に隠れたまま

ハヌルル プルキョ
하늘을 붉혀
空を赤くして

クジョ オヌル ハルド
그저 오늘 하루도
ただ今日一日も

ピョル タル オプシ
별 탈 없이
無事に

ポネン ゴセ テヘ
보낸 것에 대해
過ごしたことについて

カムサハミョ チセヤ
감사하며 지새야
感謝しながら夜が明けないと

トェヌン ゴンデ ウェ
되는 건데 왜
いけないのにどうして

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

セロウン ハクキガ シジャギ トェゴ ナミョン
새로운 학기가 시작이 되고 나면
新しい学期が始まったら

オセカン コンギマン
어색한 공기만
気まずい空気だけ

イ キョシル アヌル チェウォ
이 교실 안을 채워
この教室の中を満たして

プンミョン イゴッ ットハン
분명 이것 또한
確かにこれもまた

オレカジン アヌル テジ
오래가진 않을 테지
長続きはしないだろう

クムセ チネジン チングドゥルグァ
금세 친해진 친구들과
すぐに親しくなった友達と

イェギルル ハジ
얘기를 하지
話をするよ

オヌルン チョンイ ッテン ハゴ
오늘은 종이 땡 하고
今日はベルが

ウルリジン アナ
울리진 않아
鳴ってない

モルリ ナガソ チングドゥルグァ
멀리 나가서 친구들과
遠くへ出て友達

ミョチルル ポネ
며칠을 보내
数日を過ごして

トラワ タシ ク シガヌル
돌아와 다시 그 시간을
戻ってきてまたその時間を

ッコネ イルクキル
꺼내 읽길,
取り出して読んでみて

ッチャルバッチマン モドゥ キオケジュル
짧았지만 모두 기억해줄
短かったすべての記憶される

ナエ クナルドゥル
나의 그날들
僕の日々

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ハクキョ
학교 - jeebanoff (지바노프)
学校


ハクコ チョンイ ッテン ハゴ ウルリム
학교 종이 땡 하고 울림
学校のベルが鳴って

メイル カチ
매일 같이
毎日のように

クァンシムン イルド オムヌン
관심은 일도 없는
関心なこともない

チェグル ッコネ イルチ
책을 꺼내 읽지
本を取り出して読むよ

ネ ウィジテロ トェヌン ゴン
내 의지대로 되는 건
僕の意思通りになることは

ハナド オプシ
하나도 없이
一つもなく

パプ モグル ッテマヌル
밥 먹을 때만을
ご飯を食べるときだけを

キダリゴン ヘッチ
기다리곤 했지
待っていたよ

モルレ キョムン パックル ナガ
몰래 교문 밖을 나가
こっそり校門の外へ出て

ット ハル イルド オプシ
또 할 일도 없이
またやることもなく

クニャン クゲ チョアットン ゴジ
그냥 그게 좋았던 거지
ただそれがよかったんだ

ピョル ウィミ オプシ トラダニミョ
별 의미 없이 돌아다니며
何の意味もなく歩き回って

ミウン イルド マニ ヘッチ
미운 일도 많이 했지
嫌なこともたくさんしたよ

モルリ チョンイ ッテン ハミョン
멀리 종이 땡 하면
遠くベルが鳴ったら

ウリン パルル トルリョ
우린 발을 돌려
僕たちは足を戻して

ハヤッケ タドン ヘヌン ポルッソ
하얗게 타던 해는 벌써
真っ白に燃えたいた太陽はもう

サン トィエ スムン チェ
산 뒤에 숨은 채
山の裏に隠れたまま

ハヌルル プルキョ
하늘을 붉혀
空を赤くして

クジョ オヌル ハルド
그저 오늘 하루도
ただ今日一日も

ピョル タル オプシ
별 탈 없이
無事に

ポネン ゴセ テヘ
보낸 것에 대해
過ごしたことについて

カムサハミョ チセヤ
감사하며 지새야
感謝しながら夜が明けないと

トェヌン ゴンデ ウェ
되는 건데 왜
いけないのにどうして

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

タシ アンジャ チルハン スオブル
다시 앉아 지루한 수업을
また座って退屈な授業を

トゥッコ イッチャミョン
듣고 있자면,
聞いていたら

ネ ヨペ ナワ
내 옆에 나와
僕の隣に僕と

ピスタン センガグル カジン
비슷한 생각을 가진
似た考えを持った

チング ノミ ポネオヌン
친구 놈이 보내오는
友達が送ってくる

チョクチロ ネ ナムン
쪽지로 내 남은
メッセージで僕の残った

ハクキョエソエ シガヌル ポティゴン ヘッチ
학교에서의 시간을 버티곤 했지
学校での時間を耐えたりしたんだ

マジマク チョンイ ッテン
마지막 종이 땡
最後のベル

チェッパルリ ネ カバンウル トゥルチョ メ
재빨리 내 가방을 들쳐 메,
すばやく鞄を背負って

コミナル コット オプチ
고민할 것도 없지
悩むこともない

チングドゥルグァ モリル マッテ
친구들과 머릴 맞대
友達と頭を突き合わせて

オチャピ メイリ ットクカッチ
어차피 매일이 똑같지
どうせ毎日が同じだよ

ゲイム アニム ノレ
게임 아님 노래,
ゲームじゃなければ歌

フンナル イゲ ネゲ キオクトェル
훗날 이게 내게 기억될
将来 これが僕に記憶される

ネ チュンハクキョ ッテ
내 중학교 때
僕の中学校の時

ハヤッケ タドン ヘヌン ポルッソ
하얗게 타던 해는 벌써
真っ白に燃えたいた太陽はもう

サン トィエ スムン チェ
산 뒤에 숨은 채
山の裏に隠れたまま

ハヌルル プルキョ
하늘을 붉혀
空を赤くして

クジョ オヌル ハルド
그저 오늘 하루도
ただ今日一日も

ピョル タル オプシ
별 탈 없이
無事に

ポネン ゴセ テヘ
보낸 것에 대해
過ごしたことについて

カムサハミョ チセヤ
감사하며 지새야
感謝しながら夜が明けないと

トェヌン ゴンデ ウェ
되는 건데 왜
いけないのにどうして

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

セロウン ハクキガ シジャギ トェゴ ナミョン
새로운 학기가 시작이 되고 나면
新しい学期が始まったら

オセカン コンギマン
어색한 공기만
気まずい空気だけ

イ キョシル アヌル チェウォ
이 교실 안을 채워
この教室の中を満たして

プンミョン イゴッ ットハン
분명 이것 또한
確かにこれもまた

オレカジン アヌル テジ
오래가진 않을 테지
長続きはしないだろう

クムセ チネジン チングドゥルグァ
금세 친해진 친구들과
すぐに親しくなった友達と

イェギルル ハジ
얘기를 하지
話をするよ

オヌルン チョンイ ッテン ハゴ
오늘은 종이 땡 하고
今日はベルが

ウルリジン アナ
울리진 않아
鳴ってない

モルリ ナガソ チングドゥルグァ
멀리 나가서 친구들과
遠くへ出て友達

ミョチルル ポネ
며칠을 보내
数日を過ごして

トラワ タシ ク シガヌル
돌아와 다시 그 시간을
戻ってきてまたその時間を

ッコネ イルクキル
꺼내 읽길,
取り出して読んでみて

ッチャルバッチマン モドゥ キオケジュル
짧았지만 모두 기억해줄
短かったすべての記憶される

ナエ クナルドゥル
나의 그날들
僕の日々

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)

ウリン マヌン ゴル パラジ アナ
우린 많은 걸 바라지 않아
僕たちは多くを望まない

(ウリン マヌン ゴル パラジ アナ)
(우린 많은 걸 바라지 않아)
(僕たちは多くを望まない)

イデロミョン モドゥ ットクカタ
이대로면 모두 똑같아
このままじゃみんな同じだ

(イデロミョン モドゥ ットクカタ)
(이대로면 모두 똑같아)
(このままじゃみんな同じだ)


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます