★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
恋愛面倒 アリス ブラームス 青春記録 秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァン ヤバイ妻 九尾 ゾンビ ドドソソ 私生活 スタート

肩に寄り添って - Tim 韓ドラ:秘密の男 歌詞和訳

Tim(팀)《♂》
09 /27 2020
オッケエキデ
어깨에 기대 - 팀
肩に寄り添って
作詞:U-LU,8hoop (1988) 作曲:U-LU,8hoop (1988),조이진
韓国ドラマ:秘密の男
出演:カン・ウンタク、オム・ヒョンギョン、イ・チェヨン、イ・シガンなど
同じ女性を好きになってしまった兄弟と、その間に挟まれた女性の悲しいラブストーリー♪
オッケエキデ
어깨에 기대 - 팀
肩に寄り添って

ノン クジョ ウッコ イッチマン
넌 그저 웃고 있지만
君はただ笑っているけど

ネ マウム キピ オディンガ
내 마음 깊이 어딘가
僕の心深くどこかに

ハン キョネ ナムキョドゥン
한 켠에 남겨둔
片隅に残しておいた

ノエ フンチョク
너의 흔적
君の痕跡

ナル ピョナゲマン テハヌン
날 편하게만 대하는
僕を気楽に接する

ムドムドマン マルトゥ
무덤덤한 말투
淡々とした物言い

チョビョジジ アンヌン
좁혀지지 않는
狭まらない

ハン ッピョムル トルゴ トラ
한 뼘을 돌고 돌아
一指尺を回り続ける

チナン シガニ トェリョ ウリルル
지난 시간이 되려 우리를
過去の時間になろうとした僕たちを

チョグムッシク ミロネリョ ハルスロク
조금씩 밀어내려 할수록
少しずつ突き放そうとするほど

ネ マウムン チョムジョム
내 마음은 점점
僕の心はますます

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ナラニ キルル コルミョ
나란히 길을 걸으며
並んで道を歩きながら

モチョロム ネゲ キデオットン
모처럼 내게 기대었던
せっかく僕に頼ってくれた

イッチ モタル キオクチョロム
잊지 못할 기억처럼
忘れられない記憶のように

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ウィロガ ピロハダミョン
위로가 필요하다면
慰めが必要なら

サルミョシ ギョテ タガワ
살며시 곁에 다가와
そっと傍に近づいて来て

ネ オッケエ キデ チュギル
내 어깨에 기대 주길
僕の肩に寄り添ってくれるよう

ナ・・
나 나나 나나나
나나나 나나 나나나 나나

チナン シガニ トェリョ ウリルル
지난 시간이 되려 우리를
過去の時間になろうとした僕たちを

チョグムッシク ミロネリョ ハルスロク
조금씩 밀어내려 할수록
少しずつ突き放そうとするほど

ネ マウムン チョムジョム
내 마음은 점점
僕の心はますます

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ナラニ キルル コルミョ
나란히 길을 걸으며
並んで道を歩きながら

モチョロム ネゲ キデオットン
모처럼 내게 기대었던
せっかく僕に頼ってくれた

イッチ モタル キオクチョロム
잊지 못할 기억처럼
忘れられない記憶のように

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ウィロガ ピロハダミョン
위로가 필요하다면
慰めが必要なら

サルミョシ ギョテ タガワ
살며시 곁에 다가와
そっと傍に近づいて来て

ネ オッケエ キデ チュギル
내 어깨에 기대 주길
僕の肩に寄り添ってくれるよう

モドゥン イニョニ キジョギラン ゴル
모든 인연이 기적이란 걸
すべての縁が記憶だということを

ッケダッケ ヘジュン ソジュンハン サラム
깨닫게 해준 소중한 사람
気付かせてくれた大切な人

ヨジョニ ノヨッスムル
여전히 너였음을
変わらず君だったことを

チョウン ナレ
좋은 날에
良い日に

ピョンポマン イェギル ナヌミョ
평범한 얘길 나누며
平凡な話をしながら

モチョロム トンジン チョウン マルドゥル
모처럼 던진 좋은 말들
せっかく口にしたいい言葉

タジョンヘットン ネ ヌヌル ポミョ
다정했던 네 눈을 보며
優しかった君の目を見ながら

チャヨンスレ マルオプシ ギョテ アンジャソ
자연스레 말없이 곁에 앉아서
自然に何も言わずに傍に座って

カトゥン ゴスル パラポダ
같은 곳을 바라보다
同じところを見つめて

ネ オッケエ キデ チュギル
내 어깨에 기대 주길
僕の肩に寄り添ってくれるよう


ナ・・
나 나나 나나나
나나나 나나 나나나 나나




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
オッケエキデ
어깨에 기대 - 팀
肩に寄り添って


ノン クジョ ウッコ イッチマン
넌 그저 웃고 있지만
君はただ笑っているけど

ネ マウム キピ オディンガ
내 마음 깊이 어딘가
僕の心深くどこかに

ハン キョネ ナムキョドゥン
한 켠에 남겨둔
片隅に残しておいた

ノエ フンチョク
너의 흔적
君の痕跡

ナル ピョナゲマン テハヌン
날 편하게만 대하는
僕を気楽に接する

ムドムドマン マルトゥ
무덤덤한 말투
淡々とした物言い

チョビョジジ アンヌン
좁혀지지 않는
狭まらない

ハン ッピョムル トルゴ トラ
한 뼘을 돌고 돌아
一指尺を回り続ける

チナン シガニ トェリョ ウリルル
지난 시간이 되려 우리를
過去の時間になろうとした僕たちを

チョグムッシク ミロネリョ ハルスロク
조금씩 밀어내려 할수록
少しずつ突き放そうとするほど

ネ マウムン チョムジョム
내 마음은 점점
僕の心はますます

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ナラニ キルル コルミョ
나란히 길을 걸으며
並んで道を歩きながら

モチョロム ネゲ キデオットン
모처럼 내게 기대었던
せっかく僕に頼ってくれた

イッチ モタル キオクチョロム
잊지 못할 기억처럼
忘れられない記憶のように

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ウィロガ ピロハダミョン
위로가 필요하다면
慰めが必要なら

サルミョシ ギョテ タガワ
살며시 곁에 다가와
そっと傍に近づいて来て

ネ オッケエ キデ チュギル
내 어깨에 기대 주길
僕の肩に寄り添ってくれるよう

ナ・・
나 나나 나나나
나나나 나나 나나나 나나

チナン シガニ トェリョ ウリルル
지난 시간이 되려 우리를
過去の時間になろうとした僕たちを

チョグムッシク ミロネリョ ハルスロク
조금씩 밀어내려 할수록
少しずつ突き放そうとするほど

ネ マウムン チョムジョム
내 마음은 점점
僕の心はますます

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ナラニ キルル コルミョ
나란히 길을 걸으며
並んで道を歩きながら

モチョロム ネゲ キデオットン
모처럼 내게 기대었던
せっかく僕に頼ってくれた

イッチ モタル キオクチョロム
잊지 못할 기억처럼
忘れられない記憶のように

オットン ナレ
어떤 날에
ある日に

ウィロガ ピロハダミョン
위로가 필요하다면
慰めが必要なら

サルミョシ ギョテ タガワ
살며시 곁에 다가와
そっと傍に近づいて来て

ネ オッケエ キデ チュギル
내 어깨에 기대 주길
僕の肩に寄り添ってくれるよう

モドゥン イニョニ キジョギラン ゴル
모든 인연이 기적이란 걸
すべての縁が記憶だということを

ッケダッケ ヘジュン ソジュンハン サラム
깨닫게 해준 소중한 사람
気付かせてくれた大切な人

ヨジョニ ノヨッスムル
여전히 너였음을
変わらず君だったことを

チョウン ナレ
좋은 날에
良い日に

ピョンポマン イェギル ナヌミョ
평범한 얘길 나누며
平凡な話をしながら

モチョロム トンジン チョウン マルドゥル
모처럼 던진 좋은 말들
せっかく口にしたいい言葉

タジョンヘットン ネ ヌヌル ポミョ
다정했던 네 눈을 보며
優しかった君の目を見ながら

チャヨンスレ マルオプシ ギョテ アンジャソ
자연스레 말없이 곁에 앉아서
自然に何も言わずに傍に座って

カトゥン ゴスル パラポダ
같은 곳을 바라보다
同じところを見つめて

ネ オッケエ キデ チュギル
내 어깨에 기대 주길
僕の肩に寄り添ってくれるよう


ナ・・
나 나나 나나나
나나나 나나 나나나 나나



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます