★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
青春記録 秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァン ヤバイ妻 九尾 ゾンビ ドドソソ 私生活 スタート 誰がなんと カイロス

青かった - Besweet 歌詞和訳

Besweet(비스윗)《♀》
09 /26 2020
プルドン
푸르던 - 비스윗 (Besweet)
青かった
作詞作曲:비스윗 (Besweet)
リクエスト頂いた曲です♪
プルドン
푸르던 - 비스윗 (Besweet)
青かった


クヌルル チャジャガヌン ケジョレン
그늘을 찾아가는 계절엔
日陰を探していく季節には

オディソドゥン クゴスル
어디서든 그곳을
どこでもそこを

マンドゥロ チュドン ノ
만들어 주던 너
作ってくれたあなた

アムド チャッチ アンヌン ゴセソ
아무도 찾지 않는 곳에서
誰も探せない場所で

パラボミョ イプ マッチョ
바라보며 입 맞춰
見つめながらキスしてよ

ク ソリガ ウルリョ
그 소리가 울려
その音が響き

ポジドン(スペソ)
퍼지던 (숲에서)
渡った(森で)

ハンオプシ ソロルル ウォネットン
한없이 서로를 원했던
ひたすらお互いを望んだ

シガニ ムチョク キロンヌンジ
시간이 무척 길었는지
時間がとても長かったのか

ハヨムオプシ ピガ ネリドン
하염없이 비가 내리던
とめどもなく雨が降っていた

ク ヘッサル アレソ
그 햇살 아래서
その日差しの下で

プルルン イピ ットロ ジル ッテ
푸르른 잎이 떨어 질 때
靑葉の散る時

パダゲ フルギ トロウォジゴ
바닥에 흙이 더러워지고
床に土が汚れて

ク ソゲ ウッコ イットン ノワ ナ
그 속에 웃고 있던 너와 나
その中で笑っていたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

フルドン ッタミ モムチョガル ッテ
흐르던 땀이 멈춰갈 때
流れる汗が止まる時

ウリヌン チョグム オセケジゴ
우리는 조금 어색해지고
私たちは少しぎこちなくなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

アジク ソロルル キオカヌンジ
아직 서로를 기억하는지
まだお互いを憶えているのか

ナギョビ ットロジヌン ケジョレン
낙엽이 떨어지는 계절엔
落ち葉の季節には

モロジヌン ハヌルル アスュィウォハドン ナ
멀어지는 하늘을 아쉬워하던 나
遠ざかる空を惜しんでいた私

ヘッサリ カリョジヌン ゴセソ
햇살이 가려지는 곳에서
日差しがさすところで

トゥリョプタドン ナエゲ
두렵다던 나에게
怖いと言っていた私に

ク チョングギ トェオジュンダドン(スベソ)
그 천국이 되어준다던 (숲에서)
あの天後になってくると言ってた(森で)

クィッカエ スチドン パラムド
귓가에 스치던 바람도
耳元によぎった風も

チャガウン コンギエ ヌッキムド
차가운 공기에 느낌도
冷たい空気の感じも

ハヨムオプシ モムチョジョ イットン
하염없이 멈춰져 있던
とめどもなく止まっていた

ク セサン アレソ
그 세상 아래서
その世界の下で

プソジン イピ ットロ ジル ッテ
부서진 잎이 떨어 질 때
砕けた葉が落ちる時

パダゲ フルギ トロウォジゴ
바닥에 흙이 더러워지고
床に土が汚れて

ク ソゲ ウッコ イットン ノワ ナ
그 속에 웃고 있던 너와 나
その中で笑っていたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

フルドン ッタミ モムチョガル ッテ
흐르던 땀이 멈춰갈 때
流れる汗が止まる時

ウリヌン チョグム オセケジゴ
우리는 조금 어색해지고
私たちは少しぎこちなくなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

アジク ソロルル キオカヌンジ
아직 서로를 기억하는지
まだお互いを憶えているのか

セハヤン フィン ヌニ ネリル ッテ
새하얀 흰 눈이 내릴 때
真白い白い雪が降る時

フトジン フルギ トロウォジゴ
흩어진 흙이 더러워지고
散らばった土が汚れて

サンチョロ オルルクチョットン ノワ ナ
상처로 얼룩졌던 너와 나
傷にまみれたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

チャガプトン ッタンイ ノガ ガル ッテ
차갑던 땅이 녹아 갈 때
冷たかった地面が溶けていくとき

ウリヌン チョグム クェンチャナジゴ
우리는 조금 괜찮아지고
私たちは少し良くなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

イジェン ソロルル イジョ カヌンジ
이젠 서로를 잊어 가는지
もうお互いを忘れていくのか




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
プルドン
푸르던 - 비스윗 (Besweet)
青かった


クヌルル チャジャガヌン ケジョレン
그늘을 찾아가는 계절엔
日陰を探していく季節には

オディソドゥン クゴスル
어디서든 그곳을
どこでもそこを

マンドゥロ チュドン ノ
만들어 주던 너
作ってくれたあなた

アムド チャッチ アンヌン ゴセソ
아무도 찾지 않는 곳에서
誰も探せない場所で

パラボミョ イプ マッチョ
바라보며 입 맞춰
見つめながらキスしてよ

ク ソリガ ウルリョ
그 소리가 울려
その音が響き

ポジドン(スペソ)
퍼지던 (숲에서)
渡った(森で)

ハンオプシ ソロルル ウォネットン
한없이 서로를 원했던
ひたすらお互いを望んだ

シガニ ムチョク キロンヌンジ
시간이 무척 길었는지
時間がとても長かったのか

ハヨムオプシ ピガ ネリドン
하염없이 비가 내리던
とめどもなく雨が降っていた

ク ヘッサル アレソ
그 햇살 아래서
その日差しの下で

プルルン イピ ットロ ジル ッテ
푸르른 잎이 떨어 질 때
靑葉の散る時

パダゲ フルギ トロウォジゴ
바닥에 흙이 더러워지고
床に土が汚れて

ク ソゲ ウッコ イットン ノワ ナ
그 속에 웃고 있던 너와 나
その中で笑っていたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

フルドン ッタミ モムチョガル ッテ
흐르던 땀이 멈춰갈 때
流れる汗が止まる時

ウリヌン チョグム オセケジゴ
우리는 조금 어색해지고
私たちは少しぎこちなくなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

アジク ソロルル キオカヌンジ
아직 서로를 기억하는지
まだお互いを憶えているのか

ナギョビ ットロジヌン ケジョレン
낙엽이 떨어지는 계절엔
落ち葉の季節には

モロジヌン ハヌルル アスュィウォハドン ナ
멀어지는 하늘을 아쉬워하던 나
遠ざかる空を惜しんでいた私

ヘッサリ カリョジヌン ゴセソ
햇살이 가려지는 곳에서
日差しがさすところで

トゥリョプタドン ナエゲ
두렵다던 나에게
怖いと言っていた私に

ク チョングギ トェオジュンダドン(スベソ)
그 천국이 되어준다던 (숲에서)
あの天後になってくると言ってた(森で)

クィッカエ スチドン パラムド
귓가에 스치던 바람도
耳元によぎった風も

チャガウン コンギエ ヌッキムド
차가운 공기에 느낌도
冷たい空気の感じも

ハヨムオプシ モムチョジョ イットン
하염없이 멈춰져 있던
とめどもなく止まっていた

ク セサン アレソ
그 세상 아래서
その世界の下で

プソジン イピ ットロ ジル ッテ
부서진 잎이 떨어 질 때
砕けた葉が落ちる時

パダゲ フルギ トロウォジゴ
바닥에 흙이 더러워지고
床に土が汚れて

ク ソゲ ウッコ イットン ノワ ナ
그 속에 웃고 있던 너와 나
その中で笑っていたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

フルドン ッタミ モムチョガル ッテ
흐르던 땀이 멈춰갈 때
流れる汗が止まる時

ウリヌン チョグム オセケジゴ
우리는 조금 어색해지고
私たちは少しぎこちなくなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

アジク ソロルル キオカヌンジ
아직 서로를 기억하는지
まだお互いを憶えているのか

セハヤン フィン ヌニ ネリル ッテ
새하얀 흰 눈이 내릴 때
真白い白い雪が降る時

フトジン フルギ トロウォジゴ
흩어진 흙이 더러워지고
散らばった土が汚れて

サンチョロ オルルクチョットン ノワ ナ
상처로 얼룩졌던 너와 나
傷にまみれたあなたと私

フンチョギラド ナマンヌンジ
흔적이라도 남았는지
跡でも残っているのか

チャガプトン ッタンイ ノガ ガル ッテ
차갑던 땅이 녹아 갈 때
冷たかった地面が溶けていくとき

ウリヌン チョグム クェンチャナジゴ
우리는 조금 괜찮아지고
私たちは少し良くなって

カッカイ タアッソットン カスミ
가까이 닿았었던 가슴이
近づいた胸が

イジェン ソロルル イジョ カヌンジ
이젠 서로를 잊어 가는지
もうお互いを忘れていくのか



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます