★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
遺産 きらびやか 秘密の森2 私がいちばん 恋愛は面倒 アリス ミッシング ブラームス 青春の記録 秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァンビラ

Underwater - BAEKHYUN 歌詞和訳

EXO(エクソ)《♂》
08 /28 2020
Underwater - 백현 (BAEKHYUN)
作詞:이이진,조미양 作曲:앤드류 최,김연서,밍지션
リクエスト頂いた曲です♪
Underwater - 백현 (BAEKHYUN)

クィチャンケ ット ウルリン
귀찮게 또 울린 phone
煩わしくまた鳴った

チャムッカン
잠깐 airplane mode
しばらく

プル ッコジン パンエ
불 꺼진 방에
明かりの消えた部屋に

ホルロ ヌン カムン チェ
홀로 눈 감은 채
一人目を閉じたまま

オドゥムップニン チョンチョク アレ
어둠뿐인 정적 아래
闇だけの静寂の下

カラアンケ トェ
가라앉게 돼
沈んでいく

ニガ オプシン モドゥン ゲ
네가 없인 모든 게
君がいないすべてのことが

モムチョボリョッスミョン ヘ
멈춰버렸으면 해
止まってしまえたらと思う

ニガ ットナン ヨギン
네가 떠난 여긴
君が去ったここは

ピチュル イルン ドゥシ
빛을 잃은 듯이
光を失ったように

クヌリ チョ メイル
그늘이 져 매일
陰になって毎日

ヌル ッタットゥテットン プム
늘 따듯했던 품
いつも温かかった胸の中

ク オンギル モルル ッテン
그 온길 모를 땐
その温もりを知らないときは

チャガウムド モルン チェ
차가움도 모른 채
冷たさも知らないまま

チャル ポチョンヌンデ
잘 버텼는데
よく耐えたのに

ナン タシ ホンジャガ トェ イロケ
난 다시 혼자가 돼 이렇게
僕はまた一人になる こうして

ネ サランウン チェソハネ スム
네 사랑은 최소한의 숨
君の愛は最小限の息

ネ トゥ ソヌル チャバ オルリン ックン
내 두 손을 잡아 올린 끈
僕の両手を握ってあげた紐

パダ カウンデ ピョリュハドン ナル
바다 가운데 표류하던 날
海の中で漂流していた僕を

サルゲ ヘットン
살게 했던 heaven
生かせてくれた

ノワ ネガ ックノジン トィエ
너와 내가 끊어진 뒤에
君と僕が切れた後に

ヌヌル トゥニ チトゥン オドゥメ
눈을 뜨니 짙은 어둠에
目覚めたら濃い闇に

チョムジョム ト フィプッスルリョガ
점점 더 휩쓸려가
ますます巻き込まれていく

チャムキョボリヌン マム
잠겨버리는 맘 underwater
浸ってしまう気持ち

オヌセ ユリチャン トゥメ
어느새 유리창 틈에
いつのまにかガラスの隙間に

パムル ミロネドゥッ
밤을 밀어내듯
夜を押し出すように

ヘガ ピチョオル ッテ
해가 비쳐올 때
太陽が照らす時

シガヌン ット セロウォジン ハル ソゲ
시간은 또 새로워진 하루 속에
時間はまた新しくなった一日の中で

ットミロ ナルル
떠밀어 나를
強く押す 僕を

チャヨンスレ セサンウン
자연스레 세상은
自然に世の中は

チェジャリルル チャンヌンデ
제자리를 찾는데
元の位置に戻るのに

チョンブヨットン ウリ ヌンブショットン パミ
전부였던 우리 눈부셨던 밤이
すべてだった僕たちの眩しかった夜が

ソンミョンヘ ヨジョニ
선명해 여전히
鮮明で相変わらず

ヌル ナマン ポドン ヌン
늘 나만 보던 눈
いつも僕だけ見た瞳

サランウル モルル テン
사랑을 모를 땐
愛を知らないときは

イ マムド モルン チェ
이 맘도 모른 채
この気持ちも分からないまま

チャル キョンドョンヌンデ
잘 견뎠는데
よく耐えたけど

ナン イジェ ッカマン パミ ウィホメ
난 이제 까만 밤이 위험해
僕は今は真っ暗な夜が危険だ

ネ サランウン チェソハネ スム
네 사랑은 최소한의 숨
君の愛は最小限の息

ネ トゥ ソヌル チャバ オルリン ックン
내 두 손을 잡아 올린 끈
僕の両手を握ってあげた紐

パダ カウンデ ピョリュハドン ナル
바다 가운데 표류하던 날
海の中で漂流していた僕を

サルゲ ヘットン
살게 했던 heaven
生かせてくれた

ノワ ネガ ックノジン トィエ
너와 내가 끊어진 뒤에
君と僕が切れた後に

ヌヌル トゥニ チトゥン オドゥメ
눈을 뜨니 짙은 어둠에
目覚めたら濃い闇に

チョムジョム ト フィプッスルリョガ
점점 더 휩쓸려가
ますます巻き込まれていく

チャムキョボリヌン マム
잠겨버리는 맘 underwater
浸ってしまう気持ち

プルル キョブヮド タプタペ タプタペ
불을 켜봐도 답답해 답답해
明かりをつけてみても苦しい

TVルル キョド チョクマケ チョクマケ
TV를 켜도 적막해 적막해
TVをつけても物寂しい

オンモメ ヒミ ッパジョガ
온몸에 힘이 빠져가
全身から力が抜けていく

ネ サランウン チェソハネ スム
네 사랑은 최소한의 숨
君の愛は最小限の息

ネ トゥ ソヌル チャバ オルリン ックン
내 두 손을 잡아 올린 끈
僕の両手を握ってあげた紐

パダ カウンデ ピョリュハドン ナル
바다 가운데 표류하던 날
海の中で漂流していた僕を

サルゲ ヘットン
살게 했던 heaven
生かせてくれた

ネ ソヌル ノッチョボリン トィエ
네 손을 놓쳐버린 뒤에
君の手を逃してしまった後で

パンヒャンマジョ イロボリン チェ
방향마저 잃어버린 채
方向さえ失くしてしまったまま

オディロ カッチ モルラ
어디로 갈지 몰라
どこかへ行くかもしれない

チャムキョボリヌン マム
잠겨버리는 밤 underwater
浸ってしまう夜

Sinking deep at night
Underwater
Sinking deep at night
Underwater




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
Underwater - 백현 (BAEKHYUN)

クィチャンケ ット ウルリン
귀찮게 또 울린 phone
煩わしくまた鳴った

チャムッカン
잠깐 airplane mode
しばらく

プル ッコジン パンエ
불 꺼진 방에
明かりの消えた部屋に

ホルロ ヌン カムン チェ
홀로 눈 감은 채
一人目を閉じたまま

オドゥムップニン チョンチョク アレ
어둠뿐인 정적 아래
闇だけの静寂の下

カラアンケ トェ
가라앉게 돼
沈んでいく

ニガ オプシン モドゥン ゲ
네가 없인 모든 게
君がいないすべてのことが

モムチョボリョッスミョン ヘ
멈춰버렸으면 해
止まってしまえたらと思う

ニガ ットナン ヨギン
네가 떠난 여긴
君が去ったここは

ピチュル イルン ドゥシ
빛을 잃은 듯이
光を失ったように

クヌリ チョ メイル
그늘이 져 매일
陰になって毎日

ヌル ッタットゥテットン プム
늘 따듯했던 품
いつも温かかった胸の中

ク オンギル モルル ッテン
그 온길 모를 땐
その温もりを知らないときは

チャガウムド モルン チェ
차가움도 모른 채
冷たさも知らないまま

チャル ポチョンヌンデ
잘 버텼는데
よく耐えたのに

ナン タシ ホンジャガ トェ イロケ
난 다시 혼자가 돼 이렇게
僕はまた一人になる こうして

ネ サランウン チェソハネ スム
네 사랑은 최소한의 숨
君の愛は最小限の息

ネ トゥ ソヌル チャバ オルリン ックン
내 두 손을 잡아 올린 끈
僕の両手を握ってあげた紐

パダ カウンデ ピョリュハドン ナル
바다 가운데 표류하던 날
海の中で漂流していた僕を

サルゲ ヘットン
살게 했던 heaven
生かせてくれた

ノワ ネガ ックノジン トィエ
너와 내가 끊어진 뒤에
君と僕が切れた後に

ヌヌル トゥニ チトゥン オドゥメ
눈을 뜨니 짙은 어둠에
目覚めたら濃い闇に

チョムジョム ト フィプッスルリョガ
점점 더 휩쓸려가
ますます巻き込まれていく

チャムキョボリヌン マム
잠겨버리는 맘 underwater
浸ってしまう気持ち

オヌセ ユリチャン トゥメ
어느새 유리창 틈에
いつのまにかガラスの隙間に

パムル ミロネドゥッ
밤을 밀어내듯
夜を押し出すように

ヘガ ピチョオル ッテ
해가 비쳐올 때
太陽が照らす時

シガヌン ット セロウォジン ハル ソゲ
시간은 또 새로워진 하루 속에
時間はまた新しくなった一日の中で

ットミロ ナルル
떠밀어 나를
強く押す 僕を

チャヨンスレ セサンウン
자연스레 세상은
自然に世の中は

チェジャリルル チャンヌンデ
제자리를 찾는데
元の位置に戻るのに

チョンブヨットン ウリ ヌンブショットン パミ
전부였던 우리 눈부셨던 밤이
すべてだった僕たちの眩しかった夜が

ソンミョンヘ ヨジョニ
선명해 여전히
鮮明で相変わらず

ヌル ナマン ポドン ヌン
늘 나만 보던 눈
いつも僕だけ見た瞳

サランウル モルル テン
사랑을 모를 땐
愛を知らないときは

イ マムド モルン チェ
이 맘도 모른 채
この気持ちも分からないまま

チャル キョンドョンヌンデ
잘 견뎠는데
よく耐えたけど

ナン イジェ ッカマン パミ ウィホメ
난 이제 까만 밤이 위험해
僕は今は真っ暗な夜が危険だ

ネ サランウン チェソハネ スム
네 사랑은 최소한의 숨
君の愛は最小限の息

ネ トゥ ソヌル チャバ オルリン ックン
내 두 손을 잡아 올린 끈
僕の両手を握ってあげた紐

パダ カウンデ ピョリュハドン ナル
바다 가운데 표류하던 날
海の中で漂流していた僕を

サルゲ ヘットン
살게 했던 heaven
生かせてくれた

ノワ ネガ ックノジン トィエ
너와 내가 끊어진 뒤에
君と僕が切れた後に

ヌヌル トゥニ チトゥン オドゥメ
눈을 뜨니 짙은 어둠에
目覚めたら濃い闇に

チョムジョム ト フィプッスルリョガ
점점 더 휩쓸려가
ますます巻き込まれていく

チャムキョボリヌン マム
잠겨버리는 맘 underwater
浸ってしまう気持ち

プルル キョブヮド タプタペ タプタペ
불을 켜봐도 답답해 답답해
明かりをつけてみても苦しい

TVルル キョド チョクマケ チョクマケ
TV를 켜도 적막해 적막해
TVをつけても物寂しい

オンモメ ヒミ ッパジョガ
온몸에 힘이 빠져가
全身から力が抜けていく

ネ サランウン チェソハネ スム
네 사랑은 최소한의 숨
君の愛は最小限の息

ネ トゥ ソヌル チャバ オルリン ックン
내 두 손을 잡아 올린 끈
僕の両手を握ってあげた紐

パダ カウンデ ピョリュハドン ナル
바다 가운데 표류하던 날
海の中で漂流していた僕を

サルゲ ヘットン
살게 했던 heaven
生かせてくれた

ネ ソヌル ノッチョボリン トィエ
네 손을 놓쳐버린 뒤에
君の手を逃してしまった後で

パンヒャンマジョ イロボリン チェ
방향마저 잃어버린 채
方向さえ失くしてしまったまま

オディロ カッチ モルラ
어디로 갈지 몰라
どこかへ行くかもしれない

チャムキョボリヌン マム
잠겨버리는 밤 underwater
浸ってしまう夜

Sinking deep at night
Underwater
Sinking deep at night
Underwater



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます