★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァン ヤバイ妻 九尾 ドドソソ 私生活 スタート 誰がなんと カイロス 火の鳥 スパイ 飛べ小川

同行 - 1415 韓ドラ:私がいちばんキレイだった時 歌詞和訳

08 /20 2020
トンヘン
동행 - 1415
同行
作詞作曲:김달우
韓国ドラマ:私がいちばんキレイだった時
出演:イム・スヒャン、ジス、ハ・ソクジン、ファン・スンオンなど
同じ女性を好きになってしまった兄弟と、その間に挟まれた女性の悲しいラブストーリー♪
トンヘン
동행 - 1415
同行

クデルル スチョ ガル ッテミョン
그대를 스쳐 갈 때면
君をかすめて行くときは

シリン ハン キョウルパメド
시린 한 겨울밤에도
冷たいある冬の夜にも

チョボム ムリョベ ッコッヒャンギガ
초봄 무렵의 꽃향기가
初春の頃の花の香りが

ネゲ プロワヨ
내게 불어와요
僕に吹いてくる

クデルル パラボル ッテミョン
그대를 바라볼 때면
君を見つめる時は

ハヤン ヌン ネリン ナレド
하얀 눈 내린 날에도
白い雪が降った日にも

ポムナル コリエ ッコッマンウリ
봄날 거리의 꽃망울이
春の日の街の花のつぼみが

ピオ オルラワヨ
피어 올라와요
咲き始めるよ

ホルロ ソ ウン ナリ アドゥカゲ
홀로 서 온 날이 아득하게
一人で立ってきた日が遠く

モルリ サラジョカヌン オヌル
멀리 사라져가는 오늘
遠く消えていく今日

マジュ ポダ オルマンジダ
마주 보다 어루만지다
向かいあって触れる

ハムッケ モン キル ットナルッカ
함께 먼 길 떠날까
一緒に遠い道へ行こうか

クデ ソンチットゥリ
그대 손짓들이
君の手振りが

パダルル チョクシン ドゥッ
바다를 적신 듯
海を濡らしたように

ムルカムチョロム ネ マウム ソゲ
물감처럼 내 마음 속에
染料のように僕の心の中に

ポンジョカヨ
번져가요
広がって行く

クデ ウスムドゥリ
그대 웃음들이
君の笑みが

スチェファ クリン ドゥッ
수채화 그린 듯
水彩画を描いたように

ハン ポク クリム ソク ヨニンチョロム
한 폭 그림 속 연인처럼
一枚の絵の中の恋人のように

ウリ カチ コロガルッカヨ イジェン
우리 같이 걸어갈까요 이젠
僕たち一緒に歩いていこう もう

クデルル クリョネル ッテミョン
그대를 그려낼 때면
君を描き出す時は

コムケ ムルドゥン ハヌレド
검게 물든 하늘에도
黒く染まった夜にも

ハンヨルム パメ ピョルジャリガ
한여름 밤의 별자리가
真夏の夜の星座が

タシ ットオルラヨ
다시 떠올라요
また上がるよ

チョウム ポン ナルドゥレ キオクドゥリ
처음 본 날들의 기억들이
初めて見た日々の記憶が

タシ アルンゴリヌン オヌル
다시 아른거리는 오늘
また目に浮かぶ今日

マジュ ポダ オルマンジダ
마주 보다 어루만지다
向かいあって触れる

ハムッケ モン キル ットナルッカ
함께 먼 길 떠날까
一緒に遠い道へ行こうか

クデ ソンチットゥリ
그대 손짓들이
君の手振りが

パダルル チョクシン ドゥッ
바다를 적신 듯
海を濡らしたように

ムルカムチョロム ネ マウム ソゲ
물감처럼 내 마음 속에
染料のように僕の心の中に

ポンジョカヨ
번져가요
広がって行く

クデ ウスムドゥリ
그대 웃음들이
君の笑みが

スチェファ クリン ドゥッ
수채화 그린 듯
水彩画を描いたように

ハン ポク クリム ソク ヨニンチョロム
한 폭 그림 속 연인처럼
一枚の絵の中の恋人のように

ウリ カチ コロガルッカヨ イジェン
우리 같이 걸어갈까요 이젠
僕たち一緒に歩いていこう もう

ラララ
라라라

クデ スムソリガ
그대 숨소리가
君の息が

ノレルル タムン ドゥッ
노래를 담은 듯
歌を込めたように

パラムチョロム ネ クィッカルル カムッサネヨ
바람처럼 내 귓가를 감싸네요
風のように僕の耳を包むね

クデ ヌンピッドゥリ
그대 눈빛들이
君の眼差しが

ハルルル タルレドゥッ
하루를 달래듯
一日を慰めるように

キン パムハヌル ウィエ ピョルチョロム
긴 밤하늘 위의 별처럼
長い夜空の上を星のように

クデル ピチョ チュゴ シポヨ メイル
그댈 비춰 주고 싶어요 매일
君を照らしてあげたいんだ 毎日




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
トンヘン
동행 - 1415
同行


クデルル スチョ ガル ッテミョン
그대를 스쳐 갈 때면
君をかすめて行くときは

シリン ハン キョウルパメド
시린 한 겨울밤에도
冷たいある冬の夜にも

チョボム ムリョベ ッコッヒャンギガ
초봄 무렵의 꽃향기가
初春の頃の花の香りが

ネゲ プロワヨ
내게 불어와요
僕に吹いてくる

クデルル パラボル ッテミョン
그대를 바라볼 때면
君を見つめる時は

ハヤン ヌン ネリン ナレド
하얀 눈 내린 날에도
白い雪が降った日にも

ポムナル コリエ ッコッマンウリ
봄날 거리의 꽃망울이
春の日の街の花のつぼみが

ピオ オルラワヨ
피어 올라와요
咲き始めるよ

ホルロ ソ ウン ナリ アドゥカゲ
홀로 서 온 날이 아득하게
一人で立ってきた日が遠く

モルリ サラジョカヌン オヌル
멀리 사라져가는 오늘
遠く消えていく今日

マジュ ポダ オルマンジダ
마주 보다 어루만지다
向かいあって触れる

ハムッケ モン キル ットナルッカ
함께 먼 길 떠날까
一緒に遠い道へ行こうか

クデ ソンチットゥリ
그대 손짓들이
君の手振りが

パダルル チョクシン ドゥッ
바다를 적신 듯
海を濡らしたように

ムルカムチョロム ネ マウム ソゲ
물감처럼 내 마음 속에
染料のように僕の心の中に

ポンジョカヨ
번져가요
広がって行く

クデ ウスムドゥリ
그대 웃음들이
君の笑みが

スチェファ クリン ドゥッ
수채화 그린 듯
水彩画を描いたように

ハン ポク クリム ソク ヨニンチョロム
한 폭 그림 속 연인처럼
一枚の絵の中の恋人のように

ウリ カチ コロガルッカヨ イジェン
우리 같이 걸어갈까요 이젠
僕たち一緒に歩いていこう もう

クデルル クリョネル ッテミョン
그대를 그려낼 때면
君を描き出す時は

コムケ ムルドゥン ハヌレド
검게 물든 하늘에도
黒く染まった夜にも

ハンヨルム パメ ピョルジャリガ
한여름 밤의 별자리가
真夏の夜の星座が

タシ ットオルラヨ
다시 떠올라요
また上がるよ

チョウム ポン ナルドゥレ キオクドゥリ
처음 본 날들의 기억들이
初めて見た日々の記憶が

タシ アルンゴリヌン オヌル
다시 아른거리는 오늘
また目に浮かぶ今日

マジュ ポダ オルマンジダ
마주 보다 어루만지다
向かいあって触れる

ハムッケ モン キル ットナルッカ
함께 먼 길 떠날까
一緒に遠い道へ行こうか

クデ ソンチットゥリ
그대 손짓들이
君の手振りが

パダルル チョクシン ドゥッ
바다를 적신 듯
海を濡らしたように

ムルカムチョロム ネ マウム ソゲ
물감처럼 내 마음 속에
染料のように僕の心の中に

ポンジョカヨ
번져가요
広がって行く

クデ ウスムドゥリ
그대 웃음들이
君の笑みが

スチェファ クリン ドゥッ
수채화 그린 듯
水彩画を描いたように

ハン ポク クリム ソク ヨニンチョロム
한 폭 그림 속 연인처럼
一枚の絵の中の恋人のように

ウリ カチ コロガルッカヨ イジェン
우리 같이 걸어갈까요 이젠
僕たち一緒に歩いていこう もう

ラララ
라라라

クデ スムソリガ
그대 숨소리가
君の息が

ノレルル タムン ドゥッ
노래를 담은 듯
歌を込めたように

パラムチョロム ネ クィッカルル カムッサネヨ
바람처럼 내 귓가를 감싸네요
風のように僕の耳を包むね

クデ ヌンピッドゥリ
그대 눈빛들이
君の眼差しが

ハルルル タルレドゥッ
하루를 달래듯
一日を慰めるように

キン パムハヌル ウィエ ピョルチョロム
긴 밤하늘 위의 별처럼
長い夜空の上を星のように

クデル ピチョ チュゴ シポヨ メイル
그댈 비춰 주고 싶어요 매일
君を照らしてあげたいんだ 毎日



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます