★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
危険 遺産 オー・マイ 一度行って 風と雲と雨 一緒に夕飯 サンガプ 家族です コンビニ サイコ

市庁の前地下鉄の駅で - クァク・ジノン 韓ドラ:賢い医師生活 歌詞和訳

04 /18 2020
シチョンアプチハチョルヨゲソ
시청 앞 지하철 역에서 - 곽진언
市庁の前地下鉄の駅で
作詞作曲:김창기
韓国ドラマ:賢い医師生活
出演:チョ・ジョンソク、ユ・ヨンソク、チョン・ギョンホ、キム・デミョンなど
「賢い医師生活」は誰かは生まれて、誰かは人生を終える人生の縮小版と呼ばれる病院で、平凡なようにみえて特別な日々を生きていく人たちと、眼差しを見るだけでもお互いの気持が分かる20年来の親友たちのケミストリーを描いたドラマ
シチョンアプチハチョルヨゲソ
시청 앞 지하철 역에서 - 곽진언
市庁の前地下鉄の駅で


シチョン アプ チハチョル ヨゲソ
시청 앞 지하철 역에서
市庁の前地下鉄の駅で

ノルル タシ マンナッソッチ
너를 다시 만났었지
君にまた出会ったんだよね

シンムヌル サリョ ドラソッスル ッテ
신문을 사려 돌아섰을 때
新聞を買おうと背を向けたとき

ノエ モスブル ポアッチ
너의 모습을 보았지
君の姿を見たんだよね

パル ティディル トゥム オムヌン クゴセソ
발 디딜 틈 없는 그곳에서
足の踏み場がないそこへ

ノエ イルムル プルル ッテン
너의 이름을 부를 땐
君の名前を呼ぶとき

ノン ノルラン モスブロ ウムウムウム
넌 놀란 모습으로 음음음
君は驚いた姿で

ノエゲ タガガリョ ハル ッテエ
너에게 다가가려 할 때에
君に近づこうとするとき

ナン ヌグンガエ パルル パルバッキエ
난 누군가의 발을 밟았기에
僕は誰かの足を踏んだから

コダラン ウスムロ
커다란 웃음으로
大きな笑みで

ミアンハダ マレヤ ヘッソッチ
미안하다 말해야 했었지
申し訳なく言わなきゃいけなかった

サラガヌン イェギ ピョナン イヤギ
살아가는 얘기 변한 이야기
生きていく話 変わった話

チルヘットン ナルッシ イヤギ
지루했던 날씨 이야기
退屈だった天気の話

ミルリョオヌン チュオグロ
밀려오는 추억으로
押し寄せる想い出で

ウリン スュィプケ チチョガッチ
우린 쉽게 지쳐갔지
僕たちは勘単に疲れていったよ

クロドゥッ トディドン シガニ
그렇듯 더디던 시간이
そうして遅かった時間が

ウリルル スチョ チナン チグム
우리를 스쳐 지난 지금
僕たちをかすめて過ぎた今

ノヌン トゥ アイエ オムマラミョ
너는 두 아이의 엄마라며
君は二人の子供のママだと

ヨルブン ミソルル チオッチ
엷은 미소를 지었지
薄い笑みを浮かべたよ

ナエ センファルル ムロッスル ッテ
나의 생활을 물었을 때
僕の生活を尋ねたとき

ナヌン ホタラン オッケチスロ
나는 허탈한 어깨짓으로
僕は虚しい肩つきで

オディンガエ イッスル ムオンガルル
어딘가에 있을 무언가를
どこかにある何かを

アジク チャック イッタ ヘッチ
아직 찾고 있다 했지
まだ探してたよな

オンジェンガ ウリ
언젠가 우리
いつか僕たち

タシ マンナヌン ナレ
다시 만나는 날에
また出会う日に

ピンナヌン ヨルメルル ポヨジュンダ ヘッチ
빛나는 열매를 보여준다 했지
輝く実を見せてあげると言ったよ

ウリエ ヨンホネ キピ セギョジン
우리의 영혼에 깊이 새겨진
僕たちの魂に深く刻んだ

クナレ ノレヌン
그날의 노래는
あの日の歌は

ウリ クィエ アジク アリョンハンテ
우리 귀에 아직 아련한데
僕たちの耳にまだかすかなのに

カックムッシク ノルル センガカンダゴ
가끔씩 너를 생각한다고
時々君を考えて

トゥルリョチュゴ シポッチマン
들려주고 싶었지만
聞かせたかったけど

ッチャルブン インサマヌル
짧은 인사만을
短い挨拶だけを

ナムキョドゥン チェ
남겨둔 채
残したまま

ノヌン ネリョヤ ヘッソッチ
너는 내려야 했었지
君は降りなければならなかったよ

パピ ウムジギヌン サラムドゥル ソゲ
바삐 움직이는 사람들 속에
急いで動く人々の中で

ノエ モスビ サラジル ッテ
너의 모습이 사라질 때
君の姿が消える時

オレ ジョン
오래 전
遠い昔

クナルチョロム ネ マウメヌン
그날처럼 내 마음에는
あの日のように僕の心には

オンジェンガ ウリ
언젠가 우리
いつか僕たち

タシ マンナヌン ナレ
다시 만나는 날에
また出会う日に

ピンナヌン ヨルメルル ポヨジュンダ ヘッチ
빛나는 열매를 보여준다 했지
輝く実を見せてあげると言ったよ

ウリエ ヨンホネ キピ セギョジン
우리의 영혼에 깊이 새겨진
僕たちの魂に深く刻んだ

クナレ ノレヌン
그날의 노래는
あの日の歌は

ウリ クィエ アジク アリョンハンテ
우리 귀에 아직 아련한데
僕たちの耳にまだかすかなのに

ラ・・
라라라라라라라라




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
シチョンアプチハチョルヨゲソ
시청 앞 지하철 역에서 - 곽진언
市庁の前地下鉄の駅で


シチョン アプ チハチョル ヨゲソ
시청 앞 지하철 역에서
市庁の前地下鉄の駅で

ノルル タシ マンナッソッチ
너를 다시 만났었지
君にまた出会ったんだよね

シンムヌル サリョ ドラソッスル ッテ
신문을 사려 돌아섰을 때
新聞を買おうと背を向けたとき

ノエ モスブル ポアッチ
너의 모습을 보았지
君の姿を見たんだよね

パル ティディル トゥム オムヌン クゴセソ
발 디딜 틈 없는 그곳에서
足の踏み場がないそこへ

ノエ イルムル プルル ッテン
너의 이름을 부를 땐
君の名前を呼ぶとき

ノン ノルラン モスブロ ウムウムウム
넌 놀란 모습으로 음음음
君は驚いた姿で

ノエゲ タガガリョ ハル ッテエ
너에게 다가가려 할 때에
君に近づこうとするとき

ナン ヌグンガエ パルル パルバッキエ
난 누군가의 발을 밟았기에
僕は誰かの足を踏んだから

コダラン ウスムロ
커다란 웃음으로
大きな笑みで

ミアンハダ マレヤ ヘッソッチ
미안하다 말해야 했었지
申し訳なく言わなきゃいけなかった

サラガヌン イェギ ピョナン イヤギ
살아가는 얘기 변한 이야기
生きていく話 変わった話

チルヘットン ナルッシ イヤギ
지루했던 날씨 이야기
退屈だった天気の話

ミルリョオヌン チュオグロ
밀려오는 추억으로
押し寄せる想い出で

ウリン スュィプケ チチョガッチ
우린 쉽게 지쳐갔지
僕たちは勘単に疲れていったよ

クロドゥッ トディドン シガニ
그렇듯 더디던 시간이
そうして遅かった時間が

ウリルル スチョ チナン チグム
우리를 스쳐 지난 지금
僕たちをかすめて過ぎた今

ノヌン トゥ アイエ オムマラミョ
너는 두 아이의 엄마라며
君は二人の子供のママだと

ヨルブン ミソルル チオッチ
엷은 미소를 지었지
薄い笑みを浮かべたよ

ナエ センファルル ムロッスル ッテ
나의 생활을 물었을 때
僕の生活を尋ねたとき

ナヌン ホタラン オッケチスロ
나는 허탈한 어깨짓으로
僕は虚しい肩つきで

オディンガエ イッスル ムオンガルル
어딘가에 있을 무언가를
どこかにある何かを

アジク チャック イッタ ヘッチ
아직 찾고 있다 했지
まだ探してたよな

オンジェンガ ウリ
언젠가 우리
いつか僕たち

タシ マンナヌン ナレ
다시 만나는 날에
また出会う日に

ピンナヌン ヨルメルル ポヨジュンダ ヘッチ
빛나는 열매를 보여준다 했지
輝く実を見せてあげると言ったよ

ウリエ ヨンホネ キピ セギョジン
우리의 영혼에 깊이 새겨진
僕たちの魂に深く刻んだ

クナレ ノレヌン
그날의 노래는
あの日の歌は

ウリ クィエ アジク アリョンハンテ
우리 귀에 아직 아련한데
僕たちの耳にまだかすかなのに

カックムッシク ノルル センガカンダゴ
가끔씩 너를 생각한다고
時々君を考えて

トゥルリョチュゴ シポッチマン
들려주고 싶었지만
聞かせたかったけど

ッチャルブン インサマヌル
짧은 인사만을
短い挨拶だけを

ナムキョドゥン チェ
남겨둔 채
残したまま

ノヌン ネリョヤ ヘッソッチ
너는 내려야 했었지
君は降りなければならなかったよ

パピ ウムジギヌン サラムドゥル ソゲ
바삐 움직이는 사람들 속에
急いで動く人々の中で

ノエ モスビ サラジル ッテ
너의 모습이 사라질 때
君の姿が消える時

オレ ジョン
오래 전
遠い昔

クナルチョロム ネ マウメヌン
그날처럼 내 마음에는
あの日のように僕の心には

オンジェンガ ウリ
언젠가 우리
いつか僕たち

タシ マンナヌン ナレ
다시 만나는 날에
また出会う日に

ピンナヌン ヨルメルル ポヨジュンダ ヘッチ
빛나는 열매를 보여준다 했지
輝く実を見せてあげると言ったよ

ウリエ ヨンホネ キピ セギョジン
우리의 영혼에 깊이 새겨진
僕たちの魂に深く刻んだ

クナレ ノレヌン
그날의 노래는
あの日の歌は

ウリ クィエ アジク アリョンハンテ
우리 귀에 아직 아련한데
僕たちの耳にまだかすかなのに

ラ・・
라라라라라라라라



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます