★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
危険 ザキング 遺産 花様年華 Born Again グッド 霊魂 オー・マイ 一度行って 風と雲と雨 コンデインターン 番外捜査 一緒に夕飯 夜食男女 サンガプ

君だと思う - チョン・ジュンイル 韓ドラ:半分の半分 歌詞和訳

チョン・ジュンイル(정준일)《♂》
04 /16 2020
ノラゴセンガケ
너라고 생각해 - 정준일
君だと思う
作詞:정준일,남혜승,박진호 作曲:남혜승,박진호
韓国ドラマ:半分の半分
出演:チョン・ヘイン、チェ・スビン、イ・ハナ、キム・ソンギュなど
人工知能プログラマーのハウォン(チョン・ヘイン)とクラシック・レコード・エンジニアのソウ(チェ・スビン)が出会って描く、始まりも終わりも自由な片思いの物語。
ノラゴセンガケ
너라고 생각해 - 정준일
君だと思う


コンノルモゲ ソソ
건널목에 서서
踏切に立って

シンホルル キダリョ
신호를 기다려
信号を待つ

チャムシ ノル ットオルリダガ
잠시 널 떠올리다가
しばらく君を思いだして

クマン コンノジル モテッソ
그만 건너질 못했어
思わず渡れなかった

チャンカエ アンジャッタ
창가에 앉았다
窓側に座った

イプカミ ポンジミョン
입김이 번지면
影響が広がったら

ノルル チョゴポジアンコ
너를 적어보지않고
君を書いてみないで

ペギル スガ オプソ
베길 수가 없어
切れない

オディソンガ イルゴボン
어디선가 읽어본
どこかで読んでみた

オットン クルクィエソ
어떤 글귀에서
どんな句で

ヌグラド ハンボヌン
누구라도 한번은
誰でも一度は

ウンミョンガトゥン サランウル ペウンデ
운명같은 사랑을 배운대
運命のような愛を学ぶって

ナン クゲ ノラゴ センガケ
난 그게 너라고 생각해
僕はそれが君だと思う

ナムキムオプシ モドゥ クルゴ
남김없이 모두 긁어
残らずすべてかいて

ネ マムル チュヌン ゴル ポニ
내 맘을 주는 걸 보니
僕の心をあげるのを見たら

ウェ ネゲン ノヨヤ ハヌンジ
왜 내겐 너여야 하는지
どうして僕には君でなくちゃならないのか

アプルマンクム ットゥィヌン
아플만큼 뛰는
痛いほど走る

カスムル プヨチャプコ
가슴을 부여잡고
胸を握りしめて

ノル ポン スンガン アルゲトェッソ
널 본 순간 알게됐어
君を見た瞬間気付いたよ

ネ マウメ オンドルル
내 마음의 온도를
僕の心の温度を

ットゥィゲ ハル サラム
뛰게 할 사람
走らせる人

トカゴ ネリョアントン ネ マウムル
툭하고 내려앉던 내 마음을
ぷつんと落ちた僕の心を

キッコイ アナ ジュル
기꺼이 안아 줄,
喜んで抱く

ネゲン クロン サラム
내겐 그런 사람
僕にはそんな人

ナン クゲ ノラゴ センガケ
난 그게 너라고 생각해
僕はそれが君だと思う

ナムキムオプシ モドゥ クルゴ
남김없이 모두 긁어
残らずすべてかいて

ネ マムル チュヌン ゴル ポニ
내 맘을 주는 걸 보니
僕の心をあげるのを見たら

ウェ ネゲン ノヨヤ ハヌンジ
왜 내겐 너여야 하는지
どうして僕には君でなくちゃならないのか

アプルマンクム ットゥィヌン
아플만큼 뛰는
痛いほど走る

カスムル プヨチャプコ
가슴을 부여잡고
胸を握りしめて

ノル ポン スンガン アルゲトェッソ
널 본 순간 알게됐어
君を見た瞬間気付いたよ

ニガ アニオッタミョン
네가 아니었다면
君じゃなかったら

アル ス イッソッスルッカ
알 수 있었을까?
知ることが出来ただろうか?

ックチュル アル ス オムヌン ヘンボカムグァ
끝을 알 수 없는 행복함과
終わりを知れない幸せと

ポクチャヌン イ スンガンドゥル
벅차는 이 순간들
手に余るこの瞬間

ナン クゲ ノラゴ ミドゥルレ
난 그게 너라고 믿을래
僕はそれが君だと信じるよ

オンジェンガヌン ヘオジョド
언젠가는 헤어져도
いつかは別れても

サランハル コッ カトゥン サラム
사랑할 것 같은 사람
愛しそうな人

ウェ ネゲン
왜 내겐,
どうして僕には、

ノヨヤ ハヌンジ
너여야 하는지
君でなくちゃいけないのか

アプルマンクム ットゥィヌン
아플만큼 뛰는
痛いほど走る

カスムル プヨチャプコ
가슴을 부여잡고
胸を握りしめて

ノル ポン スンガン アルゲトェッソ
널 본 순간 알게됐어
君を見た瞬間気付いたよ

イッチ モタル マンクム
잊지 못할 만큼
忘れられないほど

カスミ ネリョアントン
가슴이 내려앉던
胸がひやりとする

ク スンガネ アルゲトェッソ
그 순간에 알게됐어
その瞬間に気付いたよ




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ノラゴセンガケ
너라고 생각해 - 정준일
君だと思う


コンノルモゲ ソソ
건널목에 서서
踏切に立って

シンホルル キダリョ
신호를 기다려
信号を待つ

チャムシ ノル ットオルリダガ
잠시 널 떠올리다가
しばらく君を思いだして

クマン コンノジル モテッソ
그만 건너질 못했어
思わず渡れなかった

チャンカエ アンジャッタ
창가에 앉았다
窓側に座った

イプカミ ポンジミョン
입김이 번지면
影響が広がったら

ノルル チョゴポジアンコ
너를 적어보지않고
君を書いてみないで

ペギル スガ オプソ
베길 수가 없어
切れない

オディソンガ イルゴボン
어디선가 읽어본
どこかで読んでみた

オットン クルクィエソ
어떤 글귀에서
どんな句で

ヌグラド ハンボヌン
누구라도 한번은
誰でも一度は

ウンミョンガトゥン サランウル ペウンデ
운명같은 사랑을 배운대
運命のような愛を学ぶって

ナン クゲ ノラゴ センガケ
난 그게 너라고 생각해
僕はそれが君だと思う

ナムキムオプシ モドゥ クルゴ
남김없이 모두 긁어
残らずすべてかいて

ネ マムル チュヌン ゴル ポニ
내 맘을 주는 걸 보니
僕の心をあげるのを見たら

ウェ ネゲン ノヨヤ ハヌンジ
왜 내겐 너여야 하는지
どうして僕には君でなくちゃならないのか

アプルマンクム ットゥィヌン
아플만큼 뛰는
痛いほど走る

カスムル プヨチャプコ
가슴을 부여잡고
胸を握りしめて

ノル ポン スンガン アルゲトェッソ
널 본 순간 알게됐어
君を見た瞬間気付いたよ

ネ マウメ オンドルル
내 마음의 온도를
僕の心の温度を

ットゥィゲ ハル サラム
뛰게 할 사람
走らせる人

トカゴ ネリョアントン ネ マウムル
툭하고 내려앉던 내 마음을
ぷつんと落ちた僕の心を

キッコイ アナ ジュル
기꺼이 안아 줄,
喜んで抱く

ネゲン クロン サラム
내겐 그런 사람
僕にはそんな人

ナン クゲ ノラゴ センガケ
난 그게 너라고 생각해
僕はそれが君だと思う

ナムキムオプシ モドゥ クルゴ
남김없이 모두 긁어
残らずすべてかいて

ネ マムル チュヌン ゴル ポニ
내 맘을 주는 걸 보니
僕の心をあげるのを見たら

ウェ ネゲン ノヨヤ ハヌンジ
왜 내겐 너여야 하는지
どうして僕には君でなくちゃならないのか

アプルマンクム ットゥィヌン
아플만큼 뛰는
痛いほど走る

カスムル プヨチャプコ
가슴을 부여잡고
胸を握りしめて

ノル ポン スンガン アルゲトェッソ
널 본 순간 알게됐어
君を見た瞬間気付いたよ

ニガ アニオッタミョン
네가 아니었다면
君じゃなかったら

アル ス イッソッスルッカ
알 수 있었을까?
知ることが出来ただろうか?

ックチュル アル ス オムヌン ヘンボカムグァ
끝을 알 수 없는 행복함과
終わりを知れない幸せと

ポクチャヌン イ スンガンドゥル
벅차는 이 순간들
手に余るこの瞬間

ナン クゲ ノラゴ ミドゥルレ
난 그게 너라고 믿을래
僕はそれが君だと信じるよ

オンジェンガヌン ヘオジョド
언젠가는 헤어져도
いつかは別れても

サランハル コッ カトゥン サラム
사랑할 것 같은 사람
愛しそうな人

ウェ ネゲン
왜 내겐,
どうして僕には、

ノヨヤ ハヌンジ
너여야 하는지
君でなくちゃいけないのか

アプルマンクム ットゥィヌン
아플만큼 뛰는
痛いほど走る

カスムル プヨチャプコ
가슴을 부여잡고
胸を握りしめて

ノル ポン スンガン アルゲトェッソ
널 본 순간 알게됐어
君を見た瞬間気付いたよ

イッチ モタル マンクム
잊지 못할 만큼
忘れられないほど

カスミ ネリョアントン
가슴이 내려앉던
胸がひやりとする

ク スンガネ アルゲトェッソ
그 순간에 알게됐어
その瞬間に気付いたよ



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます