★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
遺産 一度行って きらびやかな 悪の花 秘密の森2 私がいちばん 恋愛は面倒 アリス ミッシング ブラームス 青春の記録

独り事 (Monologue) - TAEMIN 歌詞和訳

SHINee(샤이니)《♂》
04 /11 2020
혼잣말 (Monologue) - 태민 (TAEMIN)
作詞:이스란 作曲:Robert Gerongco,Samuel Gerongco,Andrew Michael Briol
リクエスト頂いた曲です♪
혼잣말 (Monologue) - 태민 (TAEMIN)

シガンマジョ モムチュン
시간마저 멈춘
時間まで止まった

ニガ オムヌン パン アネン
네가 없는 방 안엔
君がいない部屋の中には

アム ウィミ オムヌン
아무 의미 없는
何の意味もない

ホンジャンマルマン カドゥケ
혼잣말만 가득해
独り事でいっぱいで

ノル サランヘットン マンクム
널 사랑했던 만큼
君を愛した分だけ

アプゴ アプゲ
아프고 아프게
苦しくて

フトジョ カン ノル
흩어져 간 널
散って行った君を

タシ ット プルロネ
다시 또 불러내
また再び呼び出す

メイル クリウォハン ヌンピチェ
매일 그리워한 눈빛에
毎日恋しがった眼差しに

ナン ホンジャンマルル ッソダネ
난 혼잣말을 쏟아내
僕は独り言を吐き出す

ピン パン アネ
빈 방 안에
空っぽの部屋の中に

ックァク チャボリン マルドゥル
꽉 차버린 말들
ぎゅっと一杯になってしまった言葉

ノン チャック トラソリョ ヘ
넌 자꾸 돌아서려 해
君は何度も背を向けようとする

ノエ ヒャンギガ ハンカドゥク ペン
너의 향기가 한가득 밴
君の香りがいっぱい染み込んだ

イ コンガネ ナル カドォボリン チェ
이 공간에 날 가둬버린 채
この空間に僕を閉じ込めてしまったまま

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ックンオプシ ックンオプシ
끝없이 끝없이
果てしなく

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ヨジョニ ヨジョニ
여전히 여전히
相変わらず

エッソ ウスム チンヌン
애써 웃음 짓는
必死に笑みを浮かべる

スルプン ノエ モスベ
슬픈 너의 모습에
悲しい君の姿に

ヌェジョヤマン ハンダヌン ゴル
놔줘야만 한다는 걸
手放さなきゃいけないってことを

モリロヌン アヌンデ
머리로는 아는데
頭では分かってるのに

マクサン ノル ポミョン
막상 널 보면
実際に君を見たら

マムチョロム アンドェ
맘처럼 안돼
思うようにいかない

ナ オットケ ノル ポネ
나 어떻게 널 보내
僕はどうしよう 君を送って

イロケ ソンミョンハンテ
이렇게 선명한데
こんなに鮮明なのに

ナル プルヒョンドゥシ ッケウォネン
날 불현듯이 깨워낸
僕をいきなり起こしだした

キョンディル ス オムヌン ヒョンシレ
견딜 수 없는 현실에
耐えられない現実に

ノル プッチャブリョ ッソダネン マルドゥル
널 붙잡으려 쏟아낸 말들
君をつかまえようと吐き出した言葉

ノン ネゲ インサハリョ ヘ
넌 내게 인사하려 해
君は僕に挨拶しようとする

ウリ チュオギ カドゥク ペン
우리 추억이 가득 밴
僕たちの想い出がいっぱい染み込んだ

イ コンガネ ナル ホルロ ナムキン チェ
이 공간에 날 홀로 남긴 채
この空間に僕一人残したまま

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ックンオプシ ックンオプシ
끝없이 끝없이
果てしなく

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ヨジョニ ヨジョニ
여전히 여전히
相変わらず

ウリエ マジマク
우리의 마지막
僕たちの最後

ノル イルン クナル パム
널 잃은 그날 밤
君を失ったあの日の夜

フフェマン ナムン キオク ノモ
후회만 남은 기억 너머
後悔ばかり残った記憶の向こう側

シガヌル トェガマ
시간을 되감아
時間を戻して

ノル プルル ッテマダ
널 부를 때마다
君を呼ぶたびに

チャプチ モタン チェ アドゥケジョ
잡지 못한 채 아득해져
つかめないまま遠ざかる

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

너에게 닿기를
Walk with me
Walk with me
Walk with me




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
혼잣말 (Monologue) - 태민 (TAEMIN)

シガンマジョ モムチュン
시간마저 멈춘
時間まで止まった

ニガ オムヌン パン アネン
네가 없는 방 안엔
君がいない部屋の中には

アム ウィミ オムヌン
아무 의미 없는
何の意味もない

ホンジャンマルマン カドゥケ
혼잣말만 가득해
独り事でいっぱいで

ノル サランヘットン マンクム
널 사랑했던 만큼
君を愛した分だけ

アプゴ アプゲ
아프고 아프게
苦しくて

フトジョ カン ノル
흩어져 간 널
散って行った君を

タシ ット プルロネ
다시 또 불러내
また再び呼び出す

メイル クリウォハン ヌンピチェ
매일 그리워한 눈빛에
毎日恋しがった眼差しに

ナン ホンジャンマルル ッソダネ
난 혼잣말을 쏟아내
僕は独り言を吐き出す

ピン パン アネ
빈 방 안에
空っぽの部屋の中に

ックァク チャボリン マルドゥル
꽉 차버린 말들
ぎゅっと一杯になってしまった言葉

ノン チャック トラソリョ ヘ
넌 자꾸 돌아서려 해
君は何度も背を向けようとする

ノエ ヒャンギガ ハンカドゥク ペン
너의 향기가 한가득 밴
君の香りがいっぱい染み込んだ

イ コンガネ ナル カドォボリン チェ
이 공간에 날 가둬버린 채
この空間に僕を閉じ込めてしまったまま

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ックンオプシ ックンオプシ
끝없이 끝없이
果てしなく

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ヨジョニ ヨジョニ
여전히 여전히
相変わらず

エッソ ウスム チンヌン
애써 웃음 짓는
必死に笑みを浮かべる

スルプン ノエ モスベ
슬픈 너의 모습에
悲しい君の姿に

ヌェジョヤマン ハンダヌン ゴル
놔줘야만 한다는 걸
手放さなきゃいけないってことを

モリロヌン アヌンデ
머리로는 아는데
頭では分かってるのに

マクサン ノル ポミョン
막상 널 보면
実際に君を見たら

マムチョロム アンドェ
맘처럼 안돼
思うようにいかない

ナ オットケ ノル ポネ
나 어떻게 널 보내
僕はどうしよう 君を送って

イロケ ソンミョンハンテ
이렇게 선명한데
こんなに鮮明なのに

ナル プルヒョンドゥシ ッケウォネン
날 불현듯이 깨워낸
僕をいきなり起こしだした

キョンディル ス オムヌン ヒョンシレ
견딜 수 없는 현실에
耐えられない現実に

ノル プッチャブリョ ッソダネン マルドゥル
널 붙잡으려 쏟아낸 말들
君をつかまえようと吐き出した言葉

ノン ネゲ インサハリョ ヘ
넌 내게 인사하려 해
君は僕に挨拶しようとする

ウリ チュオギ カドゥク ペン
우리 추억이 가득 밴
僕たちの想い出がいっぱい染み込んだ

イ コンガネ ナル ホルロ ナムキン チェ
이 공간에 날 홀로 남긴 채
この空間に僕一人残したまま

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ックンオプシ ックンオプシ
끝없이 끝없이
果てしなく

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ヨジョニ ヨジョニ
여전히 여전히
相変わらず

ウリエ マジマク
우리의 마지막
僕たちの最後

ノル イルン クナル パム
널 잃은 그날 밤
君を失ったあの日の夜

フフェマン ナムン キオク ノモ
후회만 남은 기억 너머
後悔ばかり残った記憶の向こう側

シガヌル トェガマ
시간을 되감아
時間を戻して

ノル プルル ッテマダ
널 부를 때마다
君を呼ぶたびに

チャプチ モタン チェ アドゥケジョ
잡지 못한 채 아득해져
つかめないまま遠ざかる

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

ホンジャンマルップニヤ
혼잣말뿐이야
独り言だけだよ

너에게 닿기를
Walk with me
Walk with me
Walk with me



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます