★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
危険 遺産 オー・マイ 一度行って 風と雲と雨 一緒に夕飯 サンガプ 家族です コンビニ サイコ きらびやかな 私たち 優雅な友達

そいつじゃなくて - ニ十歳 歌詞和訳

03 /09 2020
メマルゴ
걔 말고 - 스무살
そいつじゃなくて
作詞作曲:스무살
リクエスト頂いた曲です♪
メマルゴ
걔 말고 - 스무살
そいつじゃなくて


ノル チョアハヌン ネガ
널 좋아하는 내가
君が好きな僕が

ノヌン カックム プルピョンハテ
너는 가끔 불편하대
君は時々不便なんだって

ク イェギルル チクチョプ トゥロッタミョン
그 얘기를 직접 들었다면
その話を直接聞いてたなら

チョム ト アパッスルッカ アニルッカ
좀 더 아팠을까 아닐까
もう少し苦しくはなかったんじゃないかな

ニガ チョアハヌン エヌン
네가 좋아하는 애는
君が好きな子は

ニガ カックム プルピョンハテ
네가 가끔 불편하대
君が時々不便なんだって

オルグルル ナルリョポリゴ シポンヌンデ
얼굴을 날려버리고 싶었는데
顔をぶっ飛ばしたかったけど

ネガ ムォラゴ
내가 뭐라고
僕が何だっていうんだ

ウルミョ コンヌン
울며 걷는
泣いて歩く

ノルル ッタラ コロ
너를 따라 걸어
君について歩く

チェバル イロン ナル
제발 이런 날
どうかこんな僕を

ハン ボンマン プヮジュミョン アン ドェルッカ
한 번만 봐주면 안 될까
一度だけ振り返ってくれないかな

ノエ パンエ キョジョ インヌン プルピチ
너의 방에 켜져 있는 불빛이
君の部屋についている明かりが

ッコジル ッテッカジ
꺼질 때까지
消えるまで

ナ ヨギ イッスルケ
나 여기 있을게
僕はここにいるから

What about you
If you love me

サンサンマヌロド
상상만으로도
想像だけでも

ックムガトゥン ノル
꿈같은 널
夢のような君を

オットケ クロン ノル
어떻게 그런 널
どうしてそんな君を

ウルリル ス イッスルッカ
울릴 수 있을까
泣かせるだろうか

マニャゲ クゲ ナヨッタミョン
만약에 그게 나였다면
もしそれが僕だったら

ケ マルゴ
걔 말고
そいつじゃなくて

ニ マミ モムン コシ
네 맘이 머문 곳이
君の心がとどあった場所が

ナヨッスミョン
나였으면
僕だったら

ネ マムル ネオ
내 맘을 내어
僕の気持ちを出して

チャムシマニラド
잠시만이라도
少しの愛だけでも

ネ プメ スュィゴ シプタドン マム
네 품에 쉬고 싶다던 맘
君の胸で休みたいと言う気持ち

オンジェッチュムブト プモットン マミルッカ
언제쯤부터 품었던 맘일까
いつになったら抱ける気持ちになるかな

クロダ スュィイ
그러다 쉬이
そうしてるうちに勘単に

チャジャオン パム
찾아온 밤
訪ねてきた夜

ノエ チプ アペ チョインチョンチョロム
너의 집 앞에 초인종처럼
君の家の前の玄関のチャイムのように

ノエゲロ ノクハル ス インヌン
너에게로 노크할 수 있는
君にノック出来る

チョインチョンイ イッタミョン ナ
초인종이 있다면 나
玄関のチャイムがあったら僕は

オリル チョク トンネ
어릴 적 동네
幼い頃 町内の

チプ アプマダ
집 앞마다
家の前ごとに

ヌルロテットン ペルチョロム
눌러댔던 벨처럼
押しまくったベルのように

ソニ ペル ッテッカジ
손이 벨 때까지
手が切れるまで

ミョッ ポニゴ ヌルロ ポルレ ナ
몇 번이고 눌러 볼래 나
何度も押してみるよ僕は

ノエ チプ アペ タ ワガネ
너의 집 앞에 다 와가네
君の家の前に近づいてきたね

チャム パボガチ
참 바보같이
ホントにバカみたいに

ナン イゴマジョ アスィウォ
난 이거마저 아쉬워
僕はこれさえも惜しい

What about you
If you love me

サンサンマヌロド
상상만으로도
想像だけでも

ックムガトゥン ノル
꿈같은 널
夢のような君を

オットケ クロン ノル
어떻게 그런 널
どうしてそんな君を

ウルリル ス イッスルッカ
울릴 수 있을까
泣かせるだろうか

マニャゲ クゲ ナヨッタミョン
만약에 그게 나였다면
もしそれが僕だったら

ケ マルゴ
걔 말고
そいつじゃなくて

ニ マミ モムン コシ
네 맘이 머문 곳이
君の心がとどあった場所が

ナヨッスミョン
나였으면
僕だったら

Monday Tuesday
Wednesday
Thursday Friday
and Saturday night
and Sunday

イ モドゥン パムル
이 모든 밤을
このすべての夜を

ノワ ハムッケハゴ シポ
너와 함께하고 싶어
君と共にしたい

ナン チョンマル アン ドェヌン ゴルッカ
난 정말 안 되는 걸까
僕は本当にダメなのかな

What about you
If you love me

ハンサン マヌロマン ヘッソットン マル
항상 맘으로만 했었던 말
いつも心だけで言ってた言葉

ッピャムル マジャド
뺨을 맞아도
頬を打たれても

オヌルン ヘヤゲッソ
오늘은 해야겠어
今日はやらなくちゃ

メイル ノル ウルリギマン ハヌン
매일 널 울리기만 하는
毎日君を泣かせるばかりの

ケ マルゴ
걔 말고
そいつじゃなくて

ニ マミ
네 맘이
君の心が

モムル ゴスン ヨギラゴ
머물 곳은 여기라고
留まるところはここだと




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
メマルゴ
걔 말고 - 스무살
そいつじゃなくて


ノル チョアハヌン ネガ
널 좋아하는 내가
君が好きな僕が

ノヌン カックム プルピョンハテ
너는 가끔 불편하대
君は時々不便なんだって

ク イェギルル チクチョプ トゥロッタミョン
그 얘기를 직접 들었다면
その話を直接聞いてたなら

チョム ト アパッスルッカ アニルッカ
좀 더 아팠을까 아닐까
もう少し苦しくはなかったんじゃないかな

ニガ チョアハヌン エヌン
네가 좋아하는 애는
君が好きな子は

ニガ カックム プルピョンハテ
네가 가끔 불편하대
君が時々不便なんだって

オルグルル ナルリョポリゴ シポンヌンデ
얼굴을 날려버리고 싶었는데
顔をぶっ飛ばしたかったけど

ネガ ムォラゴ
내가 뭐라고
僕が何だっていうんだ

ウルミョ コンヌン
울며 걷는
泣いて歩く

ノルル ッタラ コロ
너를 따라 걸어
君について歩く

チェバル イロン ナル
제발 이런 날
どうかこんな僕を

ハン ボンマン プヮジュミョン アン ドェルッカ
한 번만 봐주면 안 될까
一度だけ振り返ってくれないかな

ノエ パンエ キョジョ インヌン プルピチ
너의 방에 켜져 있는 불빛이
君の部屋についている明かりが

ッコジル ッテッカジ
꺼질 때까지
消えるまで

ナ ヨギ イッスルケ
나 여기 있을게
僕はここにいるから

What about you
If you love me

サンサンマヌロド
상상만으로도
想像だけでも

ックムガトゥン ノル
꿈같은 널
夢のような君を

オットケ クロン ノル
어떻게 그런 널
どうしてそんな君を

ウルリル ス イッスルッカ
울릴 수 있을까
泣かせるだろうか

マニャゲ クゲ ナヨッタミョン
만약에 그게 나였다면
もしそれが僕だったら

ケ マルゴ
걔 말고
そいつじゃなくて

ニ マミ モムン コシ
네 맘이 머문 곳이
君の心がとどあった場所が

ナヨッスミョン
나였으면
僕だったら

ネ マムル ネオ
내 맘을 내어
僕の気持ちを出して

チャムシマニラド
잠시만이라도
少しの愛だけでも

ネ プメ スュィゴ シプタドン マム
네 품에 쉬고 싶다던 맘
君の胸で休みたいと言う気持ち

オンジェッチュムブト プモットン マミルッカ
언제쯤부터 품었던 맘일까
いつになったら抱ける気持ちになるかな

クロダ スュィイ
그러다 쉬이
そうしてるうちに勘単に

チャジャオン パム
찾아온 밤
訪ねてきた夜

ノエ チプ アペ チョインチョンチョロム
너의 집 앞에 초인종처럼
君の家の前の玄関のチャイムのように

ノエゲロ ノクハル ス インヌン
너에게로 노크할 수 있는
君にノック出来る

チョインチョンイ イッタミョン ナ
초인종이 있다면 나
玄関のチャイムがあったら僕は

オリル チョク トンネ
어릴 적 동네
幼い頃 町内の

チプ アプマダ
집 앞마다
家の前ごとに

ヌルロテットン ペルチョロム
눌러댔던 벨처럼
押しまくったベルのように

ソニ ペル ッテッカジ
손이 벨 때까지
手が切れるまで

ミョッ ポニゴ ヌルロ ポルレ ナ
몇 번이고 눌러 볼래 나
何度も押してみるよ僕は

ノエ チプ アペ タ ワガネ
너의 집 앞에 다 와가네
君の家の前に近づいてきたね

チャム パボガチ
참 바보같이
ホントにバカみたいに

ナン イゴマジョ アスィウォ
난 이거마저 아쉬워
僕はこれさえも惜しい

What about you
If you love me

サンサンマヌロド
상상만으로도
想像だけでも

ックムガトゥン ノル
꿈같은 널
夢のような君を

オットケ クロン ノル
어떻게 그런 널
どうしてそんな君を

ウルリル ス イッスルッカ
울릴 수 있을까
泣かせるだろうか

マニャゲ クゲ ナヨッタミョン
만약에 그게 나였다면
もしそれが僕だったら

ケ マルゴ
걔 말고
そいつじゃなくて

ニ マミ モムン コシ
네 맘이 머문 곳이
君の心がとどあった場所が

ナヨッスミョン
나였으면
僕だったら

Monday Tuesday
Wednesday
Thursday Friday
and Saturday night
and Sunday

イ モドゥン パムル
이 모든 밤을
このすべての夜を

ノワ ハムッケハゴ シポ
너와 함께하고 싶어
君と共にしたい

ナン チョンマル アン ドェヌン ゴルッカ
난 정말 안 되는 걸까
僕は本当にダメなのかな

What about you
If you love me

ハンサン マヌロマン ヘッソットン マル
항상 맘으로만 했었던 말
いつも心だけで言ってた言葉

ッピャムル マジャド
뺨을 맞아도
頬を打たれても

オヌルン ヘヤゲッソ
오늘은 해야겠어
今日はやらなくちゃ

メイル ノル ウルリギマン ハヌン
매일 널 울리기만 하는
毎日君を泣かせるばかりの

ケ マルゴ
걔 말고
そいつじゃなくて

ニ マミ
네 맘이
君の心が

モムル ゴスン ヨギラゴ
머물 곳은 여기라고
留まるところはここだと



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます