★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
味見 ハイエナ 天気 ハイバイ、ママ 誰も知らない 医師生活 おかえり 365 その男 ルガール 夫婦 半分 メモリスト 危険 契約友情

雪が降る日には - キム・ジュンス(XIA) 歌詞和訳

XIA(준수)《♀》
02 /24 2020
ヌニオヌンナレヌン
눈이 오는 날에는 - 김준수
雪が降る日には
リクエスト頂いた曲です♪
ヌニオヌンナレヌン
눈이 오는 날에는 - 김준수
雪が降る日には


ハムッケ ヨッソッチョ
함께 였었죠
一緒だったよ

ハンサン クレッチョ
항상 그랬죠
いつもそうだったよ

クデワ ナマネ ハルガ
그대와 나만의 하루가
君と僕だけの一日が

ヘンボク ヘッソッチョ
행복 했었죠
幸せだったね

メイル ウソッチョ
매일 웃었죠
毎日笑ったよ

オンジェナ クロル チュル アラッチョ
언제나 그럴 줄 알았죠
いつまでもそうだと思ってた

ホナ イビョリラン ゴン
허나 이별이란 건
だけど別れというのは

ノムナ スュィプケ
너무나 쉽게
あまりにも勘単に

ウリル チウォボリョッチョ
우릴 지워버렸죠
僕たちを消してしまったよ

イジェン オレドェン イヤギジマン
이젠 오래된 이야기지만
今は古くなった話だけど

カックムッシク ハヤッケ ッコチピミョン
가끔씩 하얗게 꽃이피면
時々白く花が咲いたら

イロケ ヌニ オヌン ナレン
이렇게 눈이 오는 날엔
こうして雪が降る日には

ハンオプシ クデ センガギ ナヌンデ
한없이 그대 생각이 나는데
ひたすら君を思いだすのに

ハムッケ コットン コリン
함께 걷던 거린
一緒に歩いた通りは

アジク クデロンデ
아직 그대론데
まだそのままなのに

ウェ ナヌン ホンジャ コッコ インヌンジ
왜 나는 혼자 걷고 있는지
どうして僕は一人で歩いているのか

ミチゲ ポゴ シプン ナレン
미치게 보고 싶은 날엔
狂う程会いたい日には

ハヌレ クデ オルグルル クリョブヮ
하늘에 그대 얼굴을 그려봐
空に君の顔を描いてみて

ットリョタジ アンケ キオギ フルロド
또렷하지 않게 기억이 흘러도
鮮やかではなくなり記憶が流れても

パボガチ チュオゲ サラ
바보같이 추억에 살아
バカみたいに想い出に生きる

イジュリョ ヘッチョ
잊으려 했죠
忘れようとしたよ

ノリョケ ブヮッチョ
노력해 봤죠
努力してみたよ

クデ オムヌン ナエ ハルドゥル
그대 없는 나의 하루들
君がいない僕の一日を

ハンサン ウソッチョ
항상 웃었죠
いつも笑ったよ

ットナン クデド
떠난 그대도
去った君も

ミアナン マウム トゥッチ アンケ
미안한 마음 들지 않게
申し訳なく思わないように

ホナ シガンイランゴン ッテロン
허나 시간이란건 때론
だけど時間というものは時には

ットゥッテロ トェジン アヌンゴッ カタ
뜻대로 되진 않은것 같아
思うようにいかないみたいだ

タジムヘブヮド クロケ ハヤン
다짐해봐도 그렇게 하얀
誓ってみてもそうして白い

チャンパックル モンハニ パラボダ
창밖을 멍하니 바라보다
窓の外をぼうっと眺めて

イロケ ヌニ オヌン ナレン
이렇게 눈이 오는 날엔
こうして雪が降る日には

ハンオプシ クデ センガギ ナヌンデ
한없이 그대 생각이 나는데
ひたすら君を思いだすのに

ハムッケ コットン コリン
함께 걷던 거린
一緒に歩いた通りは

アジク クデロンデ
아직 그대론데
まだそのままなのに

ウェ ナヌン ホンジャ コッコ インヌンジ
왜 나는 혼자 걷고 있는지
どうして僕は一人で歩いているのか

ミチゲ ポゴ シプン ナレン
미치게 보고 싶은 날엔
狂う程会いたい日には

ハヌレ クデ オルグルル クリョブヮ
하늘에 그대 얼굴을 그려봐
空に君の顔を描いてみて

ットリョタジ アンケ キオギ フルロド
또렷하지 않게 기억이 흘러도
鮮やかではなくなり記憶が流れても

パボガチ チュオゲ サラ
바보같이 추억에 살아
バカみたいに想い出に生きる

ウェ クッテン モルランヌンジ
왜 그땐 몰랐는지
どうしてあの時は気づかなかったのか

タ ックンナヤ アヌンジ
다 끝나야 아는지
すべて終わってこそ分かるのか

ノル ウェ モッ インヌン ゴンジ
널 왜 못 잊는 건지
君をどうして忘れられないのか

ナド モルゲッソ
나도 모르겠어 woo
僕も分からない

ホンジャ コッコ イッチマン
혼자 걷고 있지만
一人歩いているけど

クデガ チャック ポイヌンジ
그대가 자꾸 보이는지
君が何度も見えるのか

イロケ ヌニ オヌン ナレヌン
이렇게 눈이 오는 날에는
こうして雪が降る日には

ノム ポゴ シプチマン
너무 보고 싶지만
とても会いたくなるけど

ヨギッカジマン ヘヤジョ
여기까지만 해야죠
ここまでにしなくちゃ

オンジェナ ヌニ オヌ ナレン
언제나 눈이 오는 날엔
いつも雪が降る日には

ギョテ インヌン ゲ タンヨンヘッソンヌンデ
곁에 있는 게 당연했었는데
傍にいるのが当たり前だったのに

ネガ オムヌン コリン
내가 없는 거린
僕がいない通りは

チウォ ボリョッスルッカ
지워 버렸을까
消してしまったのだろうか

クデヌン ホンジャ コッコ イッスルッカ
그대는 혼자 걷고 있을까
君は一人で歩いているのかな

チョグムッシク フィミヘジョ カヌン
조금씩 희미해져 가는
少しずつかすんでいく

サランイ トラオジヌン アヌルッカ
사랑이 돌아오지는 않을까
愛が戻っては来ないのだろうか

アジクッカジ キダリヌンデ
아직까지 기다리는데
今まで待ってたのに

イロケ チャンバッケ
이렇게 창밖에
こうして窓の外に

ヌニ オヌン ナレン
눈이 오는 날엔
雪が降る日には




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ヌニオヌンナレヌン
눈이 오는 날에는 - 김준수
雪が降る日には


ハムッケ ヨッソッチョ
함께 였었죠
一緒だったよ

ハンサン クレッチョ
항상 그랬죠
いつもそうだったよ

クデワ ナマネ ハルガ
그대와 나만의 하루가
君と僕だけの一日が

ヘンボク ヘッソッチョ
행복 했었죠
幸せだったね

メイル ウソッチョ
매일 웃었죠
毎日笑ったよ

オンジェナ クロル チュル アラッチョ
언제나 그럴 줄 알았죠
いつまでもそうだと思ってた

ホナ イビョリラン ゴン
허나 이별이란 건
だけど別れというのは

ノムナ スュィプケ
너무나 쉽게
あまりにも勘単に

ウリル チウォボリョッチョ
우릴 지워버렸죠
僕たちを消してしまったよ

イジェン オレドェン イヤギジマン
이젠 오래된 이야기지만
今は古くなった話だけど

カックムッシク ハヤッケ ッコチピミョン
가끔씩 하얗게 꽃이피면
時々白く花が咲いたら

イロケ ヌニ オヌン ナレン
이렇게 눈이 오는 날엔
こうして雪が降る日には

ハンオプシ クデ センガギ ナヌンデ
한없이 그대 생각이 나는데
ひたすら君を思いだすのに

ハムッケ コットン コリン
함께 걷던 거린
一緒に歩いた通りは

アジク クデロンデ
아직 그대론데
まだそのままなのに

ウェ ナヌン ホンジャ コッコ インヌンジ
왜 나는 혼자 걷고 있는지
どうして僕は一人で歩いているのか

ミチゲ ポゴ シプン ナレン
미치게 보고 싶은 날엔
狂う程会いたい日には

ハヌレ クデ オルグルル クリョブヮ
하늘에 그대 얼굴을 그려봐
空に君の顔を描いてみて

ットリョタジ アンケ キオギ フルロド
또렷하지 않게 기억이 흘러도
鮮やかではなくなり記憶が流れても

パボガチ チュオゲ サラ
바보같이 추억에 살아
バカみたいに想い出に生きる

イジュリョ ヘッチョ
잊으려 했죠
忘れようとしたよ

ノリョケ ブヮッチョ
노력해 봤죠
努力してみたよ

クデ オムヌン ナエ ハルドゥル
그대 없는 나의 하루들
君がいない僕の一日を

ハンサン ウソッチョ
항상 웃었죠
いつも笑ったよ

ットナン クデド
떠난 그대도
去った君も

ミアナン マウム トゥッチ アンケ
미안한 마음 들지 않게
申し訳なく思わないように

ホナ シガンイランゴン ッテロン
허나 시간이란건 때론
だけど時間というものは時には

ットゥッテロ トェジン アヌンゴッ カタ
뜻대로 되진 않은것 같아
思うようにいかないみたいだ

タジムヘブヮド クロケ ハヤン
다짐해봐도 그렇게 하얀
誓ってみてもそうして白い

チャンパックル モンハニ パラボダ
창밖을 멍하니 바라보다
窓の外をぼうっと眺めて

イロケ ヌニ オヌン ナレン
이렇게 눈이 오는 날엔
こうして雪が降る日には

ハンオプシ クデ センガギ ナヌンデ
한없이 그대 생각이 나는데
ひたすら君を思いだすのに

ハムッケ コットン コリン
함께 걷던 거린
一緒に歩いた通りは

アジク クデロンデ
아직 그대론데
まだそのままなのに

ウェ ナヌン ホンジャ コッコ インヌンジ
왜 나는 혼자 걷고 있는지
どうして僕は一人で歩いているのか

ミチゲ ポゴ シプン ナレン
미치게 보고 싶은 날엔
狂う程会いたい日には

ハヌレ クデ オルグルル クリョブヮ
하늘에 그대 얼굴을 그려봐
空に君の顔を描いてみて

ットリョタジ アンケ キオギ フルロド
또렷하지 않게 기억이 흘러도
鮮やかではなくなり記憶が流れても

パボガチ チュオゲ サラ
바보같이 추억에 살아
バカみたいに想い出に生きる

ウェ クッテン モルランヌンジ
왜 그땐 몰랐는지
どうしてあの時は気づかなかったのか

タ ックンナヤ アヌンジ
다 끝나야 아는지
すべて終わってこそ分かるのか

ノル ウェ モッ インヌン ゴンジ
널 왜 못 잊는 건지
君をどうして忘れられないのか

ナド モルゲッソ
나도 모르겠어 woo
僕も分からない

ホンジャ コッコ イッチマン
혼자 걷고 있지만
一人歩いているけど

クデガ チャック ポイヌンジ
그대가 자꾸 보이는지
君が何度も見えるのか

イロケ ヌニ オヌン ナレヌン
이렇게 눈이 오는 날에는
こうして雪が降る日には

ノム ポゴ シプチマン
너무 보고 싶지만
とても会いたくなるけど

ヨギッカジマン ヘヤジョ
여기까지만 해야죠
ここまでにしなくちゃ

オンジェナ ヌニ オヌ ナレン
언제나 눈이 오는 날엔
いつも雪が降る日には

ギョテ インヌン ゲ タンヨンヘッソンヌンデ
곁에 있는 게 당연했었는데
傍にいるのが当たり前だったのに

ネガ オムヌン コリン
내가 없는 거린
僕がいない通りは

チウォ ボリョッスルッカ
지워 버렸을까
消してしまったのだろうか

クデヌン ホンジャ コッコ イッスルッカ
그대는 혼자 걷고 있을까
君は一人で歩いているのかな

チョグムッシク フィミヘジョ カヌン
조금씩 희미해져 가는
少しずつかすんでいく

サランイ トラオジヌン アヌルッカ
사랑이 돌아오지는 않을까
愛が戻っては来ないのだろうか

アジクッカジ キダリヌンデ
아직까지 기다리는데
今まで待ってたのに

イロケ チャンバッケ
이렇게 창밖에
こうして窓の外に

ヌニ オヌン ナレン
눈이 오는 날엔
雪が降る日には



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます