★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
遺産 きらびやか 秘密の森2 私がいちばん 恋愛は面倒 アリス ミッシング ブラームス 青春の記録 秘密の男 18アゲイン 場合 サムグァンビラ

オギヨチャ - Lazybone 歌詞和訳

02 /18 2020
オギヨチャ
어기여차 - 레이지본 (Lazybone)
作詞:준다이 作曲:임준규
リクエスト頂いた曲です♪
オギヨチャ
어기여차 - 레이지본 (Lazybone)


オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

クレ オチャピ セサンイラン ナル
그래 어차피 세상이란 날
そうどうせ世界という僕を

カマン ドゥン チョクド オプソッチ
가만 둔 적도 없었지 Right
ほっておくこともなかった

サラオン ナナル スュィウンゴッ ポダ
살아온 나날 쉬운것 보다
生きてきた日々 簡単なことより

ヒムドゥン シガンドゥリ ト マナッソ
힘든 시간들이 더 많았어
辛い時間がさらに多かった

コチン チョ パダ カタットン ネ サルム
거친 저 바다 같았던 내 삶
荒れたあの海のようだった僕の人生

ネ マメド パドチョ ハンサン
내 맘에도 파도쳐 항상
僕の心にもつねに波打つ

ネイル マヌル ウィヘ
내일 만을 위해
明日だけのために

オヌルル サラ
오늘을 살아?
今日を生きる?

ネガ オムヌン オヌルン
내가 없는 오늘은
僕がいない今日は

プランガム マヌロ サラ
불안감 만으로 살아
不安な気持ちだけで生きる

ナムドゥル カトゥン ナエ サルム
남들 같은 나의 삶
他人のような僕の人生

ナムドゥル チョロム サヌン サルム
남들 처럼 사는 삶
他人のように生きる人生

ナムドゥレ イヤギル フュンネマン ネゴ
남들의 이야길 흉내만 내고
他人の話の真似事ばかりして

イジョンドミョン
이정도면'
”これくらいなら”

イロン マルル ナムキゴ
이란 말을 남기고
こんな言葉を残して

ットナゴ シプチン アナ
떠나고 싶진 않아
去りたくはない

ネ マムソク パドヌン モムチュジ アナ
내 맘속 파도는 멈추지 않아
僕の心の中の波は止まらない

ネ マウミ カラゴ ソリチョ
내 마음이 가라고 소리쳐
僕の心が行けと叫ぶ

ウルポガ トェオド パボガ トェオド
울보가 되어도 바보가 되어도
泣き虫になってもバカになっても

アプロ カラゴ
앞으로 가라고
前へ行けと

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

オンジェブトインガ ナン
언제부터인가 난
いつからか僕は

スルチャヌル プディチミョ メイル パム
술잔을 부딪치며 매일 밤
酒盃を合わせる 毎晩

チナガン ミチン パム
지나간 미친 밤
過ぎ去った狂った夜

チュオクドゥル ソク イヤギマン
추억들 속 이야기만
想い出の中の話だけ

トラガン ドゥッ ウッコ ットドゥルジマン
돌아간 듯 웃고 떠들지만
戻ったように笑って騒ぐけど

コチン ウスムドゥルン
커진 웃음들은
大きくなった笑いは

ッチャルブン ハンスムロ ックンナ
짧은 한숨으로 끝나
短いため息で終わる

イボンマン イギョネミョン
이번만 이겨내면
今回だけ勝ち抜けば

タシ トラガル ス イッソド
다시 돌아갈 수 있어도
また戻れることが出来ても

ヒムドゥン イルン ッテルル
힘든 일은 떼를
難しいことは群れを

チオ タクチョオンダゴ
지어 닥쳐온다고
なして差し迫ってくると

ッスロジル ッテン
쓰러질 땐
倒れる時は

ソ イッスル ス オプソ ッスロジンゴヤ
서 있을 수 없어 쓰러진거야
立っていられなくて倒れたよ

ヒムル ネラ イロナラヌン
힘을 내라 일어나라는
頑張れ 立ち上がれという

クロン マルポダン
그런 말보단
そんな言葉よりは

ソヌル ネミロ
손을 내밀어
手を差し出して

ナエ ソヌル チャバ
나의 손을 잡아
僕の手をつかんで

ソヌル ネミロ
손을 내밀어
手を差し出して

ネ トゥ ソヌル チャバ
내 두 손을 잡아
僕の両手をつかんで

パラミ モムチュミョン
바람이 멈추면
風が止まったら

ハムッケ ノ チョオガ
함께 노 저어가
一緒に櫓を漕ごう

サルミラン マレ
삶이란 말에
人生という言葉に

ックチラン ットゥッ オプトラ
끝이란 뜻 없더라
終わりという意味はなかったよ

ナエ パクスルル パダジョ クデ
나의 박수를 받아줘 그대
僕の拍手を受け取ってよ君

ナエ パクスルル パダジョ
나의 박수를 받아줘
僕の拍手を受け取ってよ

ピパラム テプン ソク
비바람 태풍 속
雨風台風の中

イセサン チグムッコッ ヘチョオン
이세상 지금껏 헤쳐온
この世に今まで頑張ってきた

ノエゲ パクスルル ポネネ
너에게 박수를 보내네
君に拍手を送るよ

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

テプンイ フィモラ チョド
태풍이 휘몰아 쳐도
台風がふきつけてきても

テヤンエ マルラ ボリョド
태양에 말라 버려도
太陽に乾いてしまっても

スモソ ヌンムル カムチュジ アナ
숨어서 눈물 감추지 않아
隠れて涙隠さない

パドエ インセンウル プディッチチャ
파도에 인생을 부딪치자
波に人生をぶつかろう

ノルル チョオ モムチュジマ
노를 저어 멈추지마
櫓を漕いで止まるな

パラムル コスロ オルラ
바람을 거스러 올라
風をさかのぼって

ノレルル プルミョ ノルル チョンネ
노래를 부르며 노를 젓네
歌を歌って櫓を漕ぐよ

オギヤ ティヨラ オギヨチャ
어기야 디여라 어기여차
(舟を漕ぐときの掛け声)

ノルル チョンネ
노를 젓네
櫓を漕ぐよ

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで




※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
オギヨチャ
어기여차 - 레이지본 (Lazybone)


オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

クレ オチャピ セサンイラン ナル
그래 어차피 세상이란 날
そうどうせ世界という僕を

カマン ドゥン チョクド オプソッチ
가만 둔 적도 없었지 Right
ほっておくこともなかった

サラオン ナナル スュィウンゴッ ポダ
살아온 나날 쉬운것 보다
生きてきた日々 簡単なことより

ヒムドゥン シガンドゥリ ト マナッソ
힘든 시간들이 더 많았어
辛い時間がさらに多かった

コチン チョ パダ カタットン ネ サルム
거친 저 바다 같았던 내 삶
荒れたあの海のようだった僕の人生

ネ マメド パドチョ ハンサン
내 맘에도 파도쳐 항상
僕の心にもつねに波打つ

ネイル マヌル ウィヘ
내일 만을 위해
明日だけのために

オヌルル サラ
오늘을 살아?
今日を生きる?

ネガ オムヌン オヌルン
내가 없는 오늘은
僕がいない今日は

プランガム マヌロ サラ
불안감 만으로 살아
不安な気持ちだけで生きる

ナムドゥル カトゥン ナエ サルム
남들 같은 나의 삶
他人のような僕の人生

ナムドゥル チョロム サヌン サルム
남들 처럼 사는 삶
他人のように生きる人生

ナムドゥレ イヤギル フュンネマン ネゴ
남들의 이야길 흉내만 내고
他人の話の真似事ばかりして

イジョンドミョン
이정도면'
”これくらいなら”

イロン マルル ナムキゴ
이란 말을 남기고
こんな言葉を残して

ットナゴ シプチン アナ
떠나고 싶진 않아
去りたくはない

ネ マムソク パドヌン モムチュジ アナ
내 맘속 파도는 멈추지 않아
僕の心の中の波は止まらない

ネ マウミ カラゴ ソリチョ
내 마음이 가라고 소리쳐
僕の心が行けと叫ぶ

ウルポガ トェオド パボガ トェオド
울보가 되어도 바보가 되어도
泣き虫になってもバカになっても

アプロ カラゴ
앞으로 가라고
前へ行けと

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

オンジェブトインガ ナン
언제부터인가 난
いつからか僕は

スルチャヌル プディチミョ メイル パム
술잔을 부딪치며 매일 밤
酒盃を合わせる 毎晩

チナガン ミチン パム
지나간 미친 밤
過ぎ去った狂った夜

チュオクドゥル ソク イヤギマン
추억들 속 이야기만
想い出の中の話だけ

トラガン ドゥッ ウッコ ットドゥルジマン
돌아간 듯 웃고 떠들지만
戻ったように笑って騒ぐけど

コチン ウスムドゥルン
커진 웃음들은
大きくなった笑いは

ッチャルブン ハンスムロ ックンナ
짧은 한숨으로 끝나
短いため息で終わる

イボンマン イギョネミョン
이번만 이겨내면
今回だけ勝ち抜けば

タシ トラガル ス イッソド
다시 돌아갈 수 있어도
また戻れることが出来ても

ヒムドゥン イルン ッテルル
힘든 일은 떼를
難しいことは群れを

チオ タクチョオンダゴ
지어 닥쳐온다고
なして差し迫ってくると

ッスロジル ッテン
쓰러질 땐
倒れる時は

ソ イッスル ス オプソ ッスロジンゴヤ
서 있을 수 없어 쓰러진거야
立っていられなくて倒れたよ

ヒムル ネラ イロナラヌン
힘을 내라 일어나라는
頑張れ 立ち上がれという

クロン マルポダン
그런 말보단
そんな言葉よりは

ソヌル ネミロ
손을 내밀어
手を差し出して

ナエ ソヌル チャバ
나의 손을 잡아
僕の手をつかんで

ソヌル ネミロ
손을 내밀어
手を差し出して

ネ トゥ ソヌル チャバ
내 두 손을 잡아
僕の両手をつかんで

パラミ モムチュミョン
바람이 멈추면
風が止まったら

ハムッケ ノ チョオガ
함께 노 저어가
一緒に櫓を漕ごう

サルミラン マレ
삶이란 말에
人生という言葉に

ックチラン ットゥッ オプトラ
끝이란 뜻 없더라
終わりという意味はなかったよ

ナエ パクスルル パダジョ クデ
나의 박수를 받아줘 그대
僕の拍手を受け取ってよ君

ナエ パクスルル パダジョ
나의 박수를 받아줘
僕の拍手を受け取ってよ

ピパラム テプン ソク
비바람 태풍 속
雨風台風の中

イセサン チグムッコッ ヘチョオン
이세상 지금껏 헤쳐온
この世に今まで頑張ってきた

ノエゲ パクスルル ポネネ
너에게 박수를 보내네
君に拍手を送るよ

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

テプンイ フィモラ チョド
태풍이 휘몰아 쳐도
台風がふきつけてきても

テヤンエ マルラ ボリョド
태양에 말라 버려도
太陽に乾いてしまっても

スモソ ヌンムル カムチュジ アナ
숨어서 눈물 감추지 않아
隠れて涙隠さない

パドエ インセンウル プディッチチャ
파도에 인생을 부딪치자
波に人生をぶつかろう

ノルル チョオ モムチュジマ
노를 저어 멈추지마
櫓を漕いで止まるな

パラムル コスロ オルラ
바람을 거스러 올라
風をさかのぼって

ノレルル プルミョ ノルル チョンネ
노래를 부르며 노를 젓네
歌を歌って櫓を漕ぐよ

オギヤ ティヨラ オギヨチャ
어기야 디여라 어기여차
(舟を漕ぐときの掛け声)

ノルル チョンネ
노를 젓네
櫓を漕ぐよ

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

オギヨチャ タヨラチャ
어기여차 디여라차
(舟を漕ぐときの掛け声)

パドヌン ナル トゥルゴ ネリゴ
파도는 날 들고 내리고
波は僕を上げてはおろし

チボド サムキネ
집어도 삼키네
つかんでも飲み込むよ

ピパラム チナガン パダッカ
비바람 지나간 바닷가
雨風が過ぎ去った海辺

ヘガ ットゥヌン ゴニッカ
해가 뜨는 거니까
日が昇るから

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで

ノレハセ ノルル チャプコ
노래하세 노를 잡고
歌おう 櫓を掴んで



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます