★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
バガボンド シークレット 捜査官 偶然発見 ノクドゥ伝 僕を溶かして 椿 チョンイル 私の国 幽霊 花道 愛は VIP 補佐官2 みんなの嘘 二度

目が記憶する人 - ハン・キジュ 韓ドラ:コッパダン:朝鮮婚談工作所 歌詞和訳

10 /26 2019
ヌニキオカヌンサラム
눈이 기억하는 사람 - 한기주
目が記憶する人
作詞:안성일,AHIN 作曲:민성진
韓国ドラマ:コッパダン:朝鮮婚談工作所
出演:キム・ミンジェ、コン・スンヨン、ソ・ジフン、パク・ジフン、ピョン・ウソク、コ・ウォニなど
女性よりも綺麗なイケメン男子のお見合い仲介人3人、男のようながむしゃらな女性、そして初恋を死守するために王が繰り広げる朝鮮の大詐欺縁談のプロジェクト
ヌニキオカヌンサラム
눈이 기억하는 사람 - 한기주
目が記憶する人


ムンドゥク ットオルヌン センガケ
문득 떠오르는 생각에
ふと浮かび上がる考えに

エッソ チウォネギル パンボケ
애써 지워내길 반복해
必死に消しきれるよう繰り返す

ナ ヨジュムン ピョニ ミソロ
나 요즘은 편히 미소로
僕は最近楽に笑みで

ノムキョネゴ ット タシ ウッコ
넘겨내고 또 다시 웃고
交してまた笑って

ヌニ キオカヌン ク サラム
눈이 기억하는 그 사람
目が記憶するその人

キプスキ セギョジヌン ムンシンチョロム
깊숙히 새겨지는 문신처럼
深く刻まれる入れ墨のように

タシ ナマ ノル キオカヌンデ
다시 남아 널 기억하는데
また残る 君を憶えてるのに

トゥ ヌネ ポイドン マンクム ミドットン
두 눈에 보이던 만큼 믿었던
両目に見えた分だけ信じてた

クッテエ マヌン イルドゥリ ナルル
그때의 많은 일들이 나를
あの時の多くのことが僕を

クロン ネ モスプドゥリ
그런 내 모습들이
そんな僕の姿が

フフェガ トェ タシ
후회가 돼 다시
後悔となる また

トゥ ヌネ カドゥクチャン
두 눈에 가득찬
両目にぎっしり埋まった

クナルチョロム クッテ
그날처럼 그때
あの日のようにあの時

パンボクトェヌン オヌル ハルガ
반복되는 오늘 하루가
繰り返される今日一日が

オジェワド ピョルタルンゲ オムヌンデ
어제와도 별다른게 없는데
昨日とも特には違わないのに

チャック コジンマルチョロム
자꾸 거짓말처럼
何度も嘘のように

ナマン キオクトェン サラム
나만 기억된 사람
僕だけ記憶された人

ノ アニン ク サラム
너 아닌 그 사람
君じゃないその人

コジンマリ トワジュン イビョル
거짓말이 도와준 이별
嘘が助けてくれた別れ

クレソ トウク スュィプケ
그래서 더욱 쉽게
たからもっと楽に

ヘオジョットン クッテ
헤어졌던 그때
別れたあの時

タシ シジャクトェル ス オプコ
다시 시작될 수 없고
二度と始めることが出来なくて

ネ ヌネ ポイドン マンクム
내 눈에 보이던 만큼
僕の目に見えた分だけ

ミドットン クッテエ パンッチョクサランア
믿었던 그때의 반쪽사랑아
信じてたあの頃の半分の愛よ

キオク プルッスク ナルル カムッサゴ
기억 불쑥 나를 감싸고
記憶がいきなり僕を包んで

シジャギ トェ タシ
시작이 돼 다시
始まる また

トゥ ヌネ カドゥクチャン
두 눈에 가득찬
両目にぎっしり埋まった

クナルチョロム クッテ
그날처럼 그때
あの日のようにあの時

パンボクトェヌン オヌル ハルガ
반복되는 오늘 하루가
繰り返される今日一日が

オジェワド ピョルタルンゲ オムヌンデ
어제와도 별다른게 없는데
昨日とも特には違わないのに

チャック コジンマルチョロム
자꾸 거짓말처럼
何度も嘘のように

ナマン キオクトェン サラム
나만 기억된 사람
僕だけ記憶された人

ノ アニン ク サラム
너 아닌 그 사람
君じゃないその人

ネ ヨペ インヌン ク サラム
내 옆에 있는 그 사람
僕の隣にいるその人

イロン ナル アルゴ インヌンデ
이런 날 알고 있는데
こんな僕を知っているのに

チェバル ナル ットナガラド イジェン
제발 날 떠나가라고 이젠
どうか僕から離れろともう

セギョジン タン ハン サラム
새겨진 단 한 사람
刻まれたただ一人

コロガヌン ナエ マウミ
걸어가는 나의 마음이
歩いて行く僕の心が

ネ パルコルム
내 발걸음
僕の足取り

ウムジギル ス イッスルッカ
움직일 수 있을까
動けるだろうか

ノム ソシマン ナラン
너무 소심한 나란
とても小さな僕という

サラミ カミ ノルル
사람이 감히 너를
人間があえて君を

ヌニ キオカヌン ク サラム
눈이 기억하는 그 사람
目が記憶するその人

ネ アネ セギョジヌン
내 안에 새겨지는
僕の中に刻まれる

クデ アニン サラム
그대 아닌 사람
君じゃない人

ナマン アヌン サラム
나만 아는 사람
僕だけ知っている人



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ヌニキオカヌンサラム
눈이 기억하는 사람 - 한기주
目が記憶する人


ムンドゥク ットオルヌン センガケ
문득 떠오르는 생각에
ふと浮かび上がる考えに

エッソ チウォネギル パンボケ
애써 지워내길 반복해
必死に消しきれるよう繰り返す

ナ ヨジュムン ピョニ ミソロ
나 요즘은 편히 미소로
僕は最近楽に笑みで

ノムキョネゴ ット タシ ウッコ
넘겨내고 또 다시 웃고
交してまた笑って

ヌニ キオカヌン ク サラム
눈이 기억하는 그 사람
目が記憶するその人

キプスキ セギョジヌン ムンシンチョロム
깊숙히 새겨지는 문신처럼
深く刻まれる入れ墨のように

タシ ナマ ノル キオカヌンデ
다시 남아 널 기억하는데
また残る 君を憶えてるのに

トゥ ヌネ ポイドン マンクム ミドットン
두 눈에 보이던 만큼 믿었던
両目に見えた分だけ信じてた

クッテエ マヌン イルドゥリ ナルル
그때의 많은 일들이 나를
あの時の多くのことが僕を

クロン ネ モスプドゥリ
그런 내 모습들이
そんな僕の姿が

フフェガ トェ タシ
후회가 돼 다시
後悔となる また

トゥ ヌネ カドゥクチャン
두 눈에 가득찬
両目にぎっしり埋まった

クナルチョロム クッテ
그날처럼 그때
あの日のようにあの時

パンボクトェヌン オヌル ハルガ
반복되는 오늘 하루가
繰り返される今日一日が

オジェワド ピョルタルンゲ オムヌンデ
어제와도 별다른게 없는데
昨日とも特には違わないのに

チャック コジンマルチョロム
자꾸 거짓말처럼
何度も嘘のように

ナマン キオクトェン サラム
나만 기억된 사람
僕だけ記憶された人

ノ アニン ク サラム
너 아닌 그 사람
君じゃないその人

コジンマリ トワジュン イビョル
거짓말이 도와준 이별
嘘が助けてくれた別れ

クレソ トウク スュィプケ
그래서 더욱 쉽게
たからもっと楽に

ヘオジョットン クッテ
헤어졌던 그때
別れたあの時

タシ シジャクトェル ス オプコ
다시 시작될 수 없고
二度と始めることが出来なくて

ネ ヌネ ポイドン マンクム
내 눈에 보이던 만큼
僕の目に見えた分だけ

ミドットン クッテエ パンッチョクサランア
믿었던 그때의 반쪽사랑아
信じてたあの頃の半分の愛よ

キオク プルッスク ナルル カムッサゴ
기억 불쑥 나를 감싸고
記憶がいきなり僕を包んで

シジャギ トェ タシ
시작이 돼 다시
始まる また

トゥ ヌネ カドゥクチャン
두 눈에 가득찬
両目にぎっしり埋まった

クナルチョロム クッテ
그날처럼 그때
あの日のようにあの時

パンボクトェヌン オヌル ハルガ
반복되는 오늘 하루가
繰り返される今日一日が

オジェワド ピョルタルンゲ オムヌンデ
어제와도 별다른게 없는데
昨日とも特には違わないのに

チャック コジンマルチョロム
자꾸 거짓말처럼
何度も嘘のように

ナマン キオクトェン サラム
나만 기억된 사람
僕だけ記憶された人

ノ アニン ク サラム
너 아닌 그 사람
君じゃないその人

ネ ヨペ インヌン ク サラム
내 옆에 있는 그 사람
僕の隣にいるその人

イロン ナル アルゴ インヌンデ
이런 날 알고 있는데
こんな僕を知っているのに

チェバル ナル ットナガラド イジェン
제발 날 떠나가라고 이젠
どうか僕から離れろともう

セギョジン タン ハン サラム
새겨진 단 한 사람
刻まれたただ一人

コロガヌン ナエ マウミ
걸어가는 나의 마음이
歩いて行く僕の心が

ネ パルコルム
내 발걸음
僕の足取り

ウムジギル ス イッスルッカ
움직일 수 있을까
動けるだろうか

ノム ソシマン ナラン
너무 소심한 나란
とても小さな僕という

サラミ カミ ノルル
사람이 감히 너를
人間があえて君を

ヌニ キオカヌン ク サラム
눈이 기억하는 그 사람
目が記憶するその人

ネ アネ セギョジヌン
내 안에 새겨지는
僕の中に刻まれる

クデ アニン サラム
그대 아닌 사람
君じゃない人

ナマン アヌン サラム
나만 아는 사람
僕だけ知っている人



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます