★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
捜査官 偶然発見 僕を溶かして 幽霊 花道 愛は VIP 補佐官2 二度 チョコレート 瑕疵ある 99億 サイコパス

君が僕の傍に留まった時間 (Feat. ユク・ソンジェ of BTOB) - Jung Key 歌詞和訳

BTOB(비투비)《♂》
10 /03 2019
ニガネギョテモムルロットンシガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간 (Feat. 육성재 of BTOB) - 정키(Jung Key)
君が僕の傍に留まった時間
作詞作曲:정키(Jung Key)
リクエスト頂いた曲です♪
ニガネギョテモムルロットンシガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간 (Feat. 육성재 of BTOB) - 정키(Jung Key)
君が僕の傍に留まった時間


ムスン マリドゥン ヘ ブヮ
무슨 말이든 해 봐
何でもいいから言ってみて

ウルゴマン イッチ マルゴ
울고만 있지 말고
泣いてばかりいないで

ット チングチュン チャンナンイラゴ
또 짓궂은 장난이라고
また意地悪なイタズラだと

チャジュ タトォッキン ヘド
자주 다퉜긴 해도
よく喧嘩したけど

ヨジュム クェンチャナッチャナ
요즘 괜찮았잖아
最近は大丈夫だったじゃない

ウェ イジェ ワ イロヌン ゴンジ
왜 이제 와 이러는 건지
どうして今更こうするのか

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
共に交わした想い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単じゃなくて

トヌン マジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
見ることも出来ないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてなんだ

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎日夜を明かしたその電話も

チギョプトン ク ットゥムドゥルゴ
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたそのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍に留まった時間

オヌルン オッテンヌンジ
오늘은 어땠는지
今日はどうだったのか

ヒムドゥルジン アナンヌンジ
힘들진 않았는지
大変ではなかったのか

ット マル モタル コミンドゥル ソゲ
또 말 못 할 고민들 속에
また言えない悩みの中で

プッチャブミョン モムチュルッカ
붙잡으면 멈출까
つかまえたら止まるかな

トラソミョン イジュルッカ
돌아서면 잊을까
背を向けたら忘れるかな

ナン チュンビド モテッソンヌンデ
난 준비도 못 했었는데
僕は準備も出来なかったのに

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
共に交わした想い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単じゃなくて

トヌン マジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
見ることも出来ないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてなんだ

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎日夜を明かしたその電話も

チギョプトン ク ットゥムドゥルゴ
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたそのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムン シガン
니가 내 곁에 머문 시간
君が僕の傍に留まった時間

シルカミ アン ナソ タシ ムロッソ
실감이 안 나서 다시 물었어
時間が湧かなくてまた尋ねた

ネゲン イクスカン ネ モクソリ
내겐 익숙한 네 목소리
僕には慣れた君の声

ク オンギロド
그 온기로도
その温もりも

ナヌン アル ス イッソッタゴ
나는 알 수 있었다고
僕は知ってると

チョンマル ハル マルドゥリ マナンヌンデ
정말 할 말들이 많았는데
本当に言うことが多いのに

アム マルド ハル ス オプソッソ
아무 말도 할 수 없었어
何も言えなかった

ヘオジンダン ゲ ネゲン
헤어진단 게 내겐
別れると言ったのが僕には

ノエ ギョテ モムルドン シガニ
너의 곁에 머물던 시간이
君の傍に留まった時間が

イジェン タ コジンマル カタソ
이젠 다 거짓말 같아서
もうすべて嘘のようで

ナエ ハルガ ノロ ムルドゥルドン
나의 하루가 너로 물들던
僕の一日が君で染まった

チュオクドゥレ ナン
추억들에 난
想い出に僕は

メイル パムセ トゥットン モクソリガ
매일 밤새 듣던 목소리가
毎日一晩中聞いた声が

アナットン ク オンギドゥリ
안았던 그 온기들이
抱きしめたその温もりが

ウェ イロケ クリウォ
왜 이렇게 그리워
どうしてこんなに恋しいんだ

マチ ックムチョロム アリョンヘソ
마치 꿈처럼 아련해서
まるで夢のようにかすかで

モッ イジョ
못 잊어
忘れられない

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍に留まった時間



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ニガネギョテモムルロットンシガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간 (Feat. 육성재 of BTOB) - 정키(Jung Key)
君が僕の傍に留まった時間


ムスン マリドゥン ヘ ブヮ
무슨 말이든 해 봐
何でもいいから言ってみて

ウルゴマン イッチ マルゴ
울고만 있지 말고
泣いてばかりいないで

ット チングチュン チャンナンイラゴ
또 짓궂은 장난이라고
また意地悪なイタズラだと

チャジュ タトォッキン ヘド
자주 다퉜긴 해도
よく喧嘩したけど

ヨジュム クェンチャナッチャナ
요즘 괜찮았잖아
最近は大丈夫だったじゃない

ウェ イジェ ワ イロヌン ゴンジ
왜 이제 와 이러는 건지
どうして今更こうするのか

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
共に交わした想い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単じゃなくて

トヌン マジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
見ることも出来ないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてなんだ

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎日夜を明かしたその電話も

チギョプトン ク ットゥムドゥルゴ
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたそのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍に留まった時間

オヌルン オッテンヌンジ
오늘은 어땠는지
今日はどうだったのか

ヒムドゥルジン アナンヌンジ
힘들진 않았는지
大変ではなかったのか

ット マル モタル コミンドゥル ソゲ
또 말 못 할 고민들 속에
また言えない悩みの中で

プッチャブミョン モムチュルッカ
붙잡으면 멈출까
つかまえたら止まるかな

トラソミョン イジュルッカ
돌아서면 잊을까
背を向けたら忘れるかな

ナン チュンビド モテッソンヌンデ
난 준비도 못 했었는데
僕は準備も出来なかったのに

ハムッケ ナヌン チュオギ マナソ
함께 나눈 추억이 많아서
共に交わした想い出が多くて

マムチョロム スュィプチ アナソ
맘처럼 쉽지 않아서
思うように簡単じゃなくて

トヌン マジル スド
더는 만질 수도
これ以上触れることも

ポル スド オムヌンデ
볼 수도 없는데
見ることも出来ないのに

オットケ クレ
어떻게 그래
どうしてなんだ

メイル パムル セドン ク チョナド
매일 밤을 새던 그 전화도
毎日夜を明かしたその電話も

チギョプトン ク ットゥムドゥルゴ
지겹던 그 다툼들도
うんざりしたそのケンカも

イ スンガンド クリウォ
이 순간도 그리워
この瞬間も恋しい

ニガ ネ ギョテ モムン シガン
니가 내 곁에 머문 시간
君が僕の傍に留まった時間

シルカミ アン ナソ タシ ムロッソ
실감이 안 나서 다시 물었어
時間が湧かなくてまた尋ねた

ネゲン イクスカン ネ モクソリ
내겐 익숙한 네 목소리
僕には慣れた君の声

ク オンギロド
그 온기로도
その温もりも

ナヌン アル ス イッソッタゴ
나는 알 수 있었다고
僕は知ってると

チョンマル ハル マルドゥリ マナンヌンデ
정말 할 말들이 많았는데
本当に言うことが多いのに

アム マルド ハル ス オプソッソ
아무 말도 할 수 없었어
何も言えなかった

ヘオジンダン ゲ ネゲン
헤어진단 게 내겐
別れると言ったのが僕には

ノエ ギョテ モムルドン シガニ
너의 곁에 머물던 시간이
君の傍に留まった時間が

イジェン タ コジンマル カタソ
이젠 다 거짓말 같아서
もうすべて嘘のようで

ナエ ハルガ ノロ ムルドゥルドン
나의 하루가 너로 물들던
僕の一日が君で染まった

チュオクドゥレ ナン
추억들에 난
想い出に僕は

メイル パムセ トゥットン モクソリガ
매일 밤새 듣던 목소리가
毎日一晩中聞いた声が

アナットン ク オンギドゥリ
안았던 그 온기들이
抱きしめたその温もりが

ウェ イロケ クリウォ
왜 이렇게 그리워
どうしてこんなに恋しいんだ

マチ ックムチョロム アリョンヘソ
마치 꿈처럼 아련해서
まるで夢のようにかすかで

モッ イジョ
못 잊어
忘れられない

ニガ ネ ギョテ モムルロットン シガン
니가 내 곁에 머물렀던 시간
君が僕の傍に留まった時間



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます