★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
夏よ 義理の母 太陽 優雅な家 黄金庭園 コッパダン バガボンド シークレット 捜査官 偶然発見 ノクドゥ伝 僕を溶かして 椿 チョンイル

劣等感 - H.O.T 歌詞和訳

H.O.T.《♀》
09 /26 2019
ヨルドゥンカム
열등감 - H.O.T
劣等感
作詞作曲:유영진
リクエスト頂いた曲です♪
ヨルドゥンカム
열등감 - H.O.T
劣等感


ノヌン チョンマル ナポダド
너는 정말 나보다도
君は本当に僕よりも

チャルナンゴット マナ
잘난것도 많아
優秀なのが多い

クロンデ ウェ ハピル
그런데 왜 하필
だけどどうしてわざわざ

ネ ヨジャチングエゲ
내 여자친구에게
僕の彼女に

チャルセンギゴ トンド マヌン
잘생기고 돈도 많은
ハンサムでお金持ちで

ノルル ナワ ピキョハゲ
너를 나와 비교하게
君を僕と比較させるように

マンドゥヌンゴヤ
만드는거야
するんだ

チェバル ネ ギョテソ
제발 내 곁에서
どうか僕の傍から

ットナチュギル パレ
떠나주길 바래
離れてほしい

ト イサンウン イジェ
더 이상은 이제
これ以上もう

キョンディルスガ オプソ
견딜수가 없어
耐えられない

コクプチャド オプコ
고급차도 없고
高級車もなくて

クジョ クロン ネガ ノ ッテムネ
그저 그런 내가 너 때문에
ただそんな自分が君のせいで

ト プルッサンヘジョ
더 불쌍해져
さらに哀れになる

ク エガ チョウムロ
그 애가 처음으로
あいつが初めて

ネゲ タガワッスル ク ッテッチュム
내게 다가왔을 그 때쯤
僕に近づいて来たその時くらい

ハン イルニョヌル
한 일년을
ある一年を

コジョルタンヘッスル ッテヨッソ イェ
거절당했을 때였어 예~
断られたときだった

ヒムドゥロヘットン ナルル ウィロハミョ
힘들어했던 나를 위로하며
苦しがってた僕を励まし

タルレジュドン クロン ノエゲ
달래주던 그런 너에게
慰めながらそんな君に

チンシラン チング イサンエ
진실한 친구 이상의
真実の友達以上の

カムジョンド センギョッチ
감정도 생겼지
感情も生まれた

ナン タ マレッソ
난 다 말했어
僕はすべて話した

クドンアン クニョルル ネガ チョチャダニン
그동안 그녀를 내가 쫓아다닌
これまで彼女を僕が追いかけた

モドゥン シガンドゥレ タヘソ
모든 시간들에 대해서
すべての時間に対して

ナン ヌッキョッチ
난 느꼈지
僕は感じたよ

ク ヌグド ノマンクム
그 누구도 너만큼
誰も君ほど

アラジュル スン オプタヌン ゴル
알아줄 순 없다는 걸
分かってくれる人はいないと

ナン ミッケッソ
난 믿겠어
僕は信じた

ナルル アヌン チングイギエ
나를 아는 친구이기에
僕を分かってる友達だから

クンデ イロン ナルビョラギ チンゴヤ
근데 이런 날벼락이 친거야
なのにこんなの晴天の霹靂だよ

クニョワエ チョウム テイトゥエ
그녀와의 처음 데이트에
彼女との初めてのデートに

アムロン センガクオプシ
아무런 생각없이
何も考えずに

ナヌン クエル テリゴ
나는 그앨 데리고
僕はその子を連れだして

ナガ ソゲシキョジョッコ
나가 소개시켜줬고
出て行って紹介したし

モドゥンゲ チャル トェンゴン
모든게 잘 된건
すべてがうまくいったのは

イ チグトギ クタゴ
이 친구덕이 크다고
この人徳が大きいと

イプスリ マルドロク
입술이 마르도록
唇が渇くように

ナヌン チンチャヌル ヌロヌヮッソ
나는 칭찬을 늘어놨어
僕は称賛を並べた

クンデ イサンヘ
근데 이상해
だけどおかいし

ク エルル パラボヌン
그 애를 바라보는
あいつを見つめる

クニョエ ヌンピッドゥルン
그녀의 눈빛들은
彼女の眼差しは

イミ ットルリゴ イッソッソ
이미 떨리고 있었어
すでに震えていた

ナルル クエワ ピキョハヌン
나를 그애와 비교하는
僕をあいつと比べる

マルトゥゴ ヌッキョッソ
말투도 느꼈어
話し方も感じた

ネゲ ウッチェ イロンイリ
내게 우째 이런일이
僕にどうしてこんなことが

オットケ ネゲ
어떻게 내게
どうして僕に

イロン ウッキン イリ センギョ
이런 웃긴 일이 생겨
こんなおかしなことが起きるんだ

チョンマル パボガ トェンゴン カタ
정말 바보가 된것 같아
本当にバカになったみたいだ

ノヌン チョンマル ナポダド
너는 정말 나보다도
君は本当に僕よりも

カジンゴット マナ
가진것도 많아
持ってるものも多い

ネ チュウィエヌン オントン
네 주위에는 온통
君の周りにはみんあ

クェンチャヌン ヨジャドゥリ
괜찮은 여자들이
イケてる女の子たちが

ッコット チュゴ チョコルリット チュゴ
꽃도 주고 초콜릿도 주고
花もくれてチョコレートもくれて

ファンシムル サリョ ハゴインヌンデ
환심을 사려 하고있는데
関心を買おうとしてるのに

ハピル ネゲ ワソ
하필 내게 와서
よりによって僕のところに来て

ネ ヨジャチングッカジ
내 여자친구까지
僕の彼女まで

チャルナン ノルル
잘난 너를
優秀な君を

チョアハゲ マンドゥヌン ゴヤ
좋아하게 만드는 거야
好きにさせるんだ

チョンマル シロ
정말 싫어
本当に嫌だ

イジェン ニガ シロ
이젠 네가 싫어
もう君が嫌いだ

ナル ットナジョ
날 떠나줘
僕から離れてよ

ネ ギョテ アンポイゲ
내 곁에 안보이게
僕の傍に見えないように

ハジマン ナン マウムル ヨロトゥゴ
하지만 난 마음을 열어두고
だけど僕は心を開いておいて

ノエ ウジョンウル センガケ
너의 우정을 생각해
君の友情を考える

ナル ウィロヘジュン ノエ ッタスハミ
날 위로해준 너의 따스함이
僕を慰めてくれた僕の温もりが

モドゥ コジスン アニオンヌンデ
모두 거짓은 아니었는데
すべて偽りではなかったのに

モドゥン ゴスル ポギハゴ
모든 것을 포기하고
すべてのものを諦めて

トラソドン ネゲ
돌아서던 내게
背を向けた僕に

ファンダンハン ピョジョンエ
황당한 표정의
あきれる表情の

クニョヌン イロンマルル ヘッソ
그녀는 이런말을 했어
彼女はこんな話をした

クゲ アニャ ムォガ チャルモテッソ
그게 아냐 뭔가 잘못됐어
そうじゃない 何かが間違ってた

ネ ピョヒョニ ノム チナチンゴヤ
내 표현이 너무 지나친거야
僕の表情がとても行き過ぎたよ

チャシンガミ オムヌン
자신감이 없는
自信がない

ノエ モスプ ポル ッテマダ
너의 모습 볼 때 마다
君の姿をみるたびに

ク ドンアン ナド モルゲ
그 동안 나도 모르게
これまで僕も知らずに

タプタプヘットン ゴヤ
답답했던 거야
苦しかったんだ

パボチョロム キダリジ マラ
바보처럼 기다리지 말아
バカみたいに待ちはしない

ナル チャバジョ
날 잡아줘
僕をつかまえてよ

ナン ノル サランハニッカ
난 널 사랑하니까
僕は君を愛してるから



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ヨルドゥンカム
열등감 - H.O.T
劣等感


ノヌン チョンマル ナポダド
너는 정말 나보다도
君は本当に僕よりも

チャルナンゴット マナ
잘난것도 많아
優秀なのが多い

クロンデ ウェ ハピル
그런데 왜 하필
だけどどうしてわざわざ

ネ ヨジャチングエゲ
내 여자친구에게
僕の彼女に

チャルセンギゴ トンド マヌン
잘생기고 돈도 많은
ハンサムでお金持ちで

ノルル ナワ ピキョハゲ
너를 나와 비교하게
君を僕と比較させるように

マンドゥヌンゴヤ
만드는거야
するんだ

チェバル ネ ギョテソ
제발 내 곁에서
どうか僕の傍から

ットナチュギル パレ
떠나주길 바래
離れてほしい

ト イサンウン イジェ
더 이상은 이제
これ以上もう

キョンディルスガ オプソ
견딜수가 없어
耐えられない

コクプチャド オプコ
고급차도 없고
高級車もなくて

クジョ クロン ネガ ノ ッテムネ
그저 그런 내가 너 때문에
ただそんな自分が君のせいで

ト プルッサンヘジョ
더 불쌍해져
さらに哀れになる

ク エガ チョウムロ
그 애가 처음으로
あいつが初めて

ネゲ タガワッスル ク ッテッチュム
내게 다가왔을 그 때쯤
僕に近づいて来たその時くらい

ハン イルニョヌル
한 일년을
ある一年を

コジョルタンヘッスル ッテヨッソ イェ
거절당했을 때였어 예~
断られたときだった

ヒムドゥロヘットン ナルル ウィロハミョ
힘들어했던 나를 위로하며
苦しがってた僕を励まし

タルレジュドン クロン ノエゲ
달래주던 그런 너에게
慰めながらそんな君に

チンシラン チング イサンエ
진실한 친구 이상의
真実の友達以上の

カムジョンド センギョッチ
감정도 생겼지
感情も生まれた

ナン タ マレッソ
난 다 말했어
僕はすべて話した

クドンアン クニョルル ネガ チョチャダニン
그동안 그녀를 내가 쫓아다닌
これまで彼女を僕が追いかけた

モドゥン シガンドゥレ タヘソ
모든 시간들에 대해서
すべての時間に対して

ナン ヌッキョッチ
난 느꼈지
僕は感じたよ

ク ヌグド ノマンクム
그 누구도 너만큼
誰も君ほど

アラジュル スン オプタヌン ゴル
알아줄 순 없다는 걸
分かってくれる人はいないと

ナン ミッケッソ
난 믿겠어
僕は信じた

ナルル アヌン チングイギエ
나를 아는 친구이기에
僕を分かってる友達だから

クンデ イロン ナルビョラギ チンゴヤ
근데 이런 날벼락이 친거야
なのにこんなの晴天の霹靂だよ

クニョワエ チョウム テイトゥエ
그녀와의 처음 데이트에
彼女との初めてのデートに

アムロン センガクオプシ
아무런 생각없이
何も考えずに

ナヌン クエル テリゴ
나는 그앨 데리고
僕はその子を連れだして

ナガ ソゲシキョジョッコ
나가 소개시켜줬고
出て行って紹介したし

モドゥンゲ チャル トェンゴン
모든게 잘 된건
すべてがうまくいったのは

イ チグトギ クタゴ
이 친구덕이 크다고
この人徳が大きいと

イプスリ マルドロク
입술이 마르도록
唇が渇くように

ナヌン チンチャヌル ヌロヌヮッソ
나는 칭찬을 늘어놨어
僕は称賛を並べた

クンデ イサンヘ
근데 이상해
だけどおかいし

ク エルル パラボヌン
그 애를 바라보는
あいつを見つめる

クニョエ ヌンピッドゥルン
그녀의 눈빛들은
彼女の眼差しは

イミ ットルリゴ イッソッソ
이미 떨리고 있었어
すでに震えていた

ナルル クエワ ピキョハヌン
나를 그애와 비교하는
僕をあいつと比べる

マルトゥゴ ヌッキョッソ
말투도 느꼈어
話し方も感じた

ネゲ ウッチェ イロンイリ
내게 우째 이런일이
僕にどうしてこんなことが

オットケ ネゲ
어떻게 내게
どうして僕に

イロン ウッキン イリ センギョ
이런 웃긴 일이 생겨
こんなおかしなことが起きるんだ

チョンマル パボガ トェンゴン カタ
정말 바보가 된것 같아
本当にバカになったみたいだ

ノヌン チョンマル ナポダド
너는 정말 나보다도
君は本当に僕よりも

カジンゴット マナ
가진것도 많아
持ってるものも多い

ネ チュウィエヌン オントン
네 주위에는 온통
君の周りにはみんあ

クェンチャヌン ヨジャドゥリ
괜찮은 여자들이
イケてる女の子たちが

ッコット チュゴ チョコルリット チュゴ
꽃도 주고 초콜릿도 주고
花もくれてチョコレートもくれて

ファンシムル サリョ ハゴインヌンデ
환심을 사려 하고있는데
関心を買おうとしてるのに

ハピル ネゲ ワソ
하필 내게 와서
よりによって僕のところに来て

ネ ヨジャチングッカジ
내 여자친구까지
僕の彼女まで

チャルナン ノルル
잘난 너를
優秀な君を

チョアハゲ マンドゥヌン ゴヤ
좋아하게 만드는 거야
好きにさせるんだ

チョンマル シロ
정말 싫어
本当に嫌だ

イジェン ニガ シロ
이젠 네가 싫어
もう君が嫌いだ

ナル ットナジョ
날 떠나줘
僕から離れてよ

ネ ギョテ アンポイゲ
내 곁에 안보이게
僕の傍に見えないように

ハジマン ナン マウムル ヨロトゥゴ
하지만 난 마음을 열어두고
だけど僕は心を開いておいて

ノエ ウジョンウル センガケ
너의 우정을 생각해
君の友情を考える

ナル ウィロヘジュン ノエ ッタスハミ
날 위로해준 너의 따스함이
僕を慰めてくれた僕の温もりが

モドゥ コジスン アニオンヌンデ
모두 거짓은 아니었는데
すべて偽りではなかったのに

モドゥン ゴスル ポギハゴ
모든 것을 포기하고
すべてのものを諦めて

トラソドン ネゲ
돌아서던 내게
背を向けた僕に

ファンダンハン ピョジョンエ
황당한 표정의
あきれる表情の

クニョヌン イロンマルル ヘッソ
그녀는 이런말을 했어
彼女はこんな話をした

クゲ アニャ ムォガ チャルモテッソ
그게 아냐 뭔가 잘못됐어
そうじゃない 何かが間違ってた

ネ ピョヒョニ ノム チナチンゴヤ
내 표현이 너무 지나친거야
僕の表情がとても行き過ぎたよ

チャシンガミ オムヌン
자신감이 없는
自信がない

ノエ モスプ ポル ッテマダ
너의 모습 볼 때 마다
君の姿をみるたびに

ク ドンアン ナド モルゲ
그 동안 나도 모르게
これまで僕も知らずに

タプタプヘットン ゴヤ
답답했던 거야
苦しかったんだ

パボチョロム キダリジ マラ
바보처럼 기다리지 말아
バカみたいに待ちはしない

ナル チャバジョ
날 잡아줘
僕をつかまえてよ

ナン ノル サランハニッカ
난 널 사랑하니까
僕は君を愛してるから



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

ありがとうございました!
またよろしくお願いします(^^)

Re: タイトルなし

こちらこそよろしくお願いします^^
↑クリックすると一覧が表示されます