★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
夏よ 義理の母 アスダル 太陽 新米 医師ヨハン 十八 悪魔 Welcome 君の歌 優雅な家 黄金庭園 他人 偉大な

夢 - セフン&チャンヨル 歌詞和訳

EXO(エクソ)《♂》
09 /03 2019
夢 (몽) - 세훈&찬열
作詞作曲:Studio 519, 세훈 (SEHUN)
リクエスト頂いた曲です♪
夢 (몽) - 세훈&찬열

チョンチョニ ヌヌルカマ
천천히 눈을 감아
ゆっくり目を閉じて

チョグム ナッソン コンガン
조금 낯선 공간
少し見慣れない空間

タルン プンギョン
다른 풍경
違う風景

スオプシ チナガヌン
수없이 지나가는
数えきれないほど過ぎ行く

マヌン サラムドゥル ソク
많은 사람들 속
たくさんの人々の中

スンガン マジュチヌン ノ
순간 마주치는 너
一瞬出会う君

ッケゴ シプチ アヌン ックム
깨고 싶지 않은 꿈
覚めたくない夢

ナラニ マジュポヌン ヌン
나란히 마주보는 눈
並んで向かい合う目

ピョンソワヌン チョグム
평소와는 조금
普段とは少し

タルラ ポイヌン クルムドゥル
달라 보이는 구름들
違って見える雲

ク ソグル ユヨンハヌン トゥル
그 속을 유영하는 둘
その中を遊泳する二人

ノッチゴ シプチ アヌン ソヌル
놓치고 싶지 않은 손을
離したくない手を

ケソク チャプコ コロガ
계속 잡고 걸어가
ずっと握って歩いて行く

オディロ カヌンジ
어디로 가는지
どこへ行くのか

チョンヘノッチン アナッコ
정해놓진 않았고
決めてはいなくて

タマン ケソケソ ノエ コルムコリ
다만 계속해서 너의 걸음걸이
ただずっと君のペース

ハナハナエ ネ パルコルムル
하나하나에 내 발걸음을
一つ一つに僕の足取りを

マッチュン タウム
맞춘 다음
合わせたら

ハン パルッシク ノルル トィッタラガ
한 발씩 너를 뒤따라가
一歩ずつ君の後についていて

コッダボミョン ナオドン イクスカン
걷다보면 나오던 익숙한
歩いてみたら出て来た馴れ

カペエ マジュポゴ アンジャ
카페에 마주보고 앉아
カフェで向かい合って座って

アム マル オプシ チョダブヮ
아무 말 없이 쳐다봐
何も言わずに見つめて

チョダマンブヮド ッパルゲ フルヌン シガン
쳐다만봐도 빠르게 흐르는 시간
見つめるだけでも早く流れる時間

クンデ ネ ミソヌン
근데 네 미소는
だけど君の笑顔は

プランヘ ポヨ ムォンガ
불안해 보여 뭔가
何だか不安に見える

チュチュムコリョ ハル マリ インヌン ゴッチョロム
주춤거려 할 말이 있는 것처럼
躊躇して言いたいことがあるように

イブル ッテヌン スンガン
입을 떼는 순간
口を開く瞬間

ヌンアピ フリョジョボリョ
눈앞이 흐려져버려
目の前がぼやけてしまう

ックメソ ッケ ノエ
꿈에서 깨 너의
夢から覚めて君の

オルグルル ットオルリョブヮド
얼굴을 떠올려봐도
顔を思いだしてみても

チャバットン ソネ オンギジョチャ
잡았던 손의 온기조차
掴んだ手の温もりさえ

キオギ アン ナ
기억이 안 나
思い出せない

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

ヨリン ノエ ミソガ
여린 너의 미소가
弱い君の笑みが

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後かのように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

フリン ノエ ミソガ
흐린 너의 미소가
曇る君の笑みが

アンニョンイラ マルハドゥッ
안녕이라 말하듯
さよならと言うように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

タシ ハンボン
다시 한번
もう一度

ックムル ックォッスル ッテ ノン
꿈을 꿨을 때 넌
夢を見たとき君は

ヨペ ヌウォソ
옆에 누워서
傍に横になって

チャムル チャゴ イッソッコ ナン
잠을 자고 있었고 난
寝ていた僕は

ク モスブル ハンチャウ ドンアン
그 모습을 한참 동안
その姿をしばらくの間

パラポダ ヌヌル カマ
바라보다 눈을 감아
見つめて目を閉じて

ヌヌル カムミョン タルン セサン ソク
눈을 감으면 다른 세상 속
目を閉じたら別の世界の中

ニガ ナル ヒャンヘ ウッコ イッソ
네가 날 향해 웃고 있어
君が僕に向かって笑っている

イボネン カジ マルラ ソリチョブヮド
이번엔 가지 말라 소리쳐봐도
今回は行かないと叫んでみても

ノン アジク ミョハゲ
넌 아직 묘하게
君はまだ妙に

プラナン オルグルロ
불안한 얼굴로
不安な顔で

ネゲソ モロジョ カゴ イッソ
내게서 멀어져 가고 있어
僕から遠ざかっている

チョムジョム ト フリョジョカゴ イッソ
점점 더 흐려져 가고 있어
ますます薄れていっている

オクチロ ヌヌル ッコク カマ
억지로 눈을 꼭 감아
無理やりに目を閉じて

カムコ イッスミョン ニガ
감고 있으면 네가
閉じていたら君が

タシ ナタナルッカブヮ
다시 나타날까봐
また現れそうで

ッカマンセク オドゥム ク サイエ
까만색 어둠 그 사이에
黒い闇 その間に

ピチ ナッタガ サラジョ
빛이 났다가 사라져
輝いて現れて

ノエ モスビオッスルッカ
너의 모습이었을까
君の姿だったのかな

ヌンムリ ナ
눈물이 나
涙が出る

ヌンムリ マルヌン サイ
눈물이 마르는 사이
涙が乾く間

クムセ ット フトジョボリン
금세 또 흩어져버린
すぐにまた散ってしまった

ックムソゲエ ネ モスプドゥル
꿈속에서의 네 모습들
夢の中の君の姿を

ノエ ピョジョンエ
너의 표정에
君の表情に

ナン ヌッキル ス イッソ
난 느낄 수 있어
僕は感じられる

イゲ ノル カジル ス インヌン
이게 널 가질 수 있는
これが君を持つことが出来る

マジマギオッタヌン ゴル
마지막이었다는 걸
最後だってことを

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

ヨリン ノエ ミソガ
여린 너의 미소가
弱い君の笑みが

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後かのように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

フリン ノエ ミソガ
흐린 너의 미소가
曇る君の笑みが

アンニョンイラ マルハドゥッ
안녕이라 말하듯
さよならと言うように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

ヨリン ノエ ミソガ
여린 너의 미소가
弱い君の笑みが

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後かのように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

フリン ノエ ミソガ
흐린 너의 미소가
曇る君の笑みが

アンニョンイラ マルハドゥッ
안녕이라 말하듯
さよならと言うように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チョンチョニ ヌヌルカマ
천천히 눈을 감아
ゆっくり目を閉じて

チョグム ナッソン コンガン
조금 낯선 공간
少し見慣れない空間

タルン プンギョン
다른 풍경
違う風景



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
夢 (몽) - 세훈&찬열

チョンチョニ ヌヌルカマ
천천히 눈을 감아
ゆっくり目を閉じて

チョグム ナッソン コンガン
조금 낯선 공간
少し見慣れない空間

タルン プンギョン
다른 풍경
違う風景

スオプシ チナガヌン
수없이 지나가는
数えきれないほど過ぎ行く

マヌン サラムドゥル ソク
많은 사람들 속
たくさんの人々の中

スンガン マジュチヌン ノ
순간 마주치는 너
一瞬出会う君

ッケゴ シプチ アヌン ックム
깨고 싶지 않은 꿈
覚めたくない夢

ナラニ マジュポヌン ヌン
나란히 마주보는 눈
並んで向かい合う目

ピョンソワヌン チョグム
평소와는 조금
普段とは少し

タルラ ポイヌン クルムドゥル
달라 보이는 구름들
違って見える雲

ク ソグル ユヨンハヌン トゥル
그 속을 유영하는 둘
その中を遊泳する二人

ノッチゴ シプチ アヌン ソヌル
놓치고 싶지 않은 손을
離したくない手を

ケソク チャプコ コロガ
계속 잡고 걸어가
ずっと握って歩いて行く

オディロ カヌンジ
어디로 가는지
どこへ行くのか

チョンヘノッチン アナッコ
정해놓진 않았고
決めてはいなくて

タマン ケソケソ ノエ コルムコリ
다만 계속해서 너의 걸음걸이
ただずっと君のペース

ハナハナエ ネ パルコルムル
하나하나에 내 발걸음을
一つ一つに僕の足取りを

マッチュン タウム
맞춘 다음
合わせたら

ハン パルッシク ノルル トィッタラガ
한 발씩 너를 뒤따라가
一歩ずつ君の後についていて

コッダボミョン ナオドン イクスカン
걷다보면 나오던 익숙한
歩いてみたら出て来た馴れ

カペエ マジュポゴ アンジャ
카페에 마주보고 앉아
カフェで向かい合って座って

アム マル オプシ チョダブヮ
아무 말 없이 쳐다봐
何も言わずに見つめて

チョダマンブヮド ッパルゲ フルヌン シガン
쳐다만봐도 빠르게 흐르는 시간
見つめるだけでも早く流れる時間

クンデ ネ ミソヌン
근데 네 미소는
だけど君の笑顔は

プランヘ ポヨ ムォンガ
불안해 보여 뭔가
何だか不安に見える

チュチュムコリョ ハル マリ インヌン ゴッチョロム
주춤거려 할 말이 있는 것처럼
躊躇して言いたいことがあるように

イブル ッテヌン スンガン
입을 떼는 순간
口を開く瞬間

ヌンアピ フリョジョボリョ
눈앞이 흐려져버려
目の前がぼやけてしまう

ックメソ ッケ ノエ
꿈에서 깨 너의
夢から覚めて君の

オルグルル ットオルリョブヮド
얼굴을 떠올려봐도
顔を思いだしてみても

チャバットン ソネ オンギジョチャ
잡았던 손의 온기조차
掴んだ手の温もりさえ

キオギ アン ナ
기억이 안 나
思い出せない

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

ヨリン ノエ ミソガ
여린 너의 미소가
弱い君の笑みが

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後かのように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

フリン ノエ ミソガ
흐린 너의 미소가
曇る君の笑みが

アンニョンイラ マルハドゥッ
안녕이라 말하듯
さよならと言うように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

タシ ハンボン
다시 한번
もう一度

ックムル ックォッスル ッテ ノン
꿈을 꿨을 때 넌
夢を見たとき君は

ヨペ ヌウォソ
옆에 누워서
傍に横になって

チャムル チャゴ イッソッコ ナン
잠을 자고 있었고 난
寝ていた僕は

ク モスブル ハンチャウ ドンアン
그 모습을 한참 동안
その姿をしばらくの間

パラポダ ヌヌル カマ
바라보다 눈을 감아
見つめて目を閉じて

ヌヌル カムミョン タルン セサン ソク
눈을 감으면 다른 세상 속
目を閉じたら別の世界の中

ニガ ナル ヒャンヘ ウッコ イッソ
네가 날 향해 웃고 있어
君が僕に向かって笑っている

イボネン カジ マルラ ソリチョブヮド
이번엔 가지 말라 소리쳐봐도
今回は行かないと叫んでみても

ノン アジク ミョハゲ
넌 아직 묘하게
君はまだ妙に

プラナン オルグルロ
불안한 얼굴로
不安な顔で

ネゲソ モロジョ カゴ イッソ
내게서 멀어져 가고 있어
僕から遠ざかっている

チョムジョム ト フリョジョカゴ イッソ
점점 더 흐려져 가고 있어
ますます薄れていっている

オクチロ ヌヌル ッコク カマ
억지로 눈을 꼭 감아
無理やりに目を閉じて

カムコ イッスミョン ニガ
감고 있으면 네가
閉じていたら君が

タシ ナタナルッカブヮ
다시 나타날까봐
また現れそうで

ッカマンセク オドゥム ク サイエ
까만색 어둠 그 사이에
黒い闇 その間に

ピチ ナッタガ サラジョ
빛이 났다가 사라져
輝いて現れて

ノエ モスビオッスルッカ
너의 모습이었을까
君の姿だったのかな

ヌンムリ ナ
눈물이 나
涙が出る

ヌンムリ マルヌン サイ
눈물이 마르는 사이
涙が乾く間

クムセ ット フトジョボリン
금세 또 흩어져버린
すぐにまた散ってしまった

ックムソゲエ ネ モスプドゥル
꿈속에서의 네 모습들
夢の中の君の姿を

ノエ ピョジョンエ
너의 표정에
君の表情に

ナン ヌッキル ス イッソ
난 느낄 수 있어
僕は感じられる

イゲ ノル カジル ス インヌン
이게 널 가질 수 있는
これが君を持つことが出来る

マジマギオッタヌン ゴル
마지막이었다는 걸
最後だってことを

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

ヨリン ノエ ミソガ
여린 너의 미소가
弱い君の笑みが

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後かのように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

フリン ノエ ミソガ
흐린 너의 미소가
曇る君の笑みが

アンニョンイラ マルハドゥッ
안녕이라 말하듯
さよならと言うように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

ヨリン ノエ ミソガ
여린 너의 미소가
弱い君の笑みが

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後かのように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チャグン ノエ ソンパリ
작은 너의 손발이
小さな君の手足が

フリン ノエ ミソガ
흐린 너의 미소가
曇る君の笑みが

アンニョンイラ マルハドゥッ
안녕이라 말하듯
さよならと言うように

モロジョ カヌン ノ
멀어져 가는 너
遠ざかる君

チョンチョニ ヌヌルカマ
천천히 눈을 감아
ゆっくり目を閉じて

チョグム ナッソン コンガン
조금 낯선 공간
少し見慣れない空間

タルン プンギョン
다른 풍경
違う風景



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こちらこそ、いつも本当にありがとうございます^^
↑クリックすると一覧が表示されます