★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
夏よ ただ 風が吹く パフューム 補佐官 義理の母 朝鮮生存記 アスダル 検法男女2 60日 太陽 ホテル 新米 WATCHER

卒業 - パク・ユチョン 歌詞和訳

パク・ユチョン(박유천)《♂》
06 /27 2019
チョルオプ
졸업 - 박유천
卒業
作詞:Yutaka Ozaki, 성현 백무현, 백무현 作曲:Yutaka Ozaki
リクエスト頂いた曲です♪
チョルオプ
졸업 - 박유천
卒業


キョジョンエ クリムジャワ
교정의 그림자와
校庭の影と

チャンディパル ウィエ
잔디밭 위에
芝生の上に

ッパルリョ トゥロガヌン ハヌル
빨려 들어가는 하늘
吸い込まれていく空

ファンサングァ ヒョンシレ
환상과 현실의
幻想と現実の

キブヌル マムッコッ
기분을 맘껏
気分を思いきり

ヌッキゴ イッソンネ
느끼고 있었네
感じていたね

チョンイ ウルリゴ ピョンソチョロム
종이 울리고 평소처럼
鐘が鳴って普段のように

キョシル ハンピョン
교실 한편
教室の片隅

ナエ チャリエ アンジャソ
나의 자리에 앉아서
僕の席に座って

ムオスル チョッコ
무엇을 쫓고
何を追いかけて

ッタラヤマン ハヌンジ
따라야만 하는지
従わなければならないのか

センガグル ヘッソッソ
생각을 했었어
考えた

ソランスロウン マウム
소란스러운 마음
騒々しい気持ち

チグム ナエゲ インヌン ゴスン
지금 나에게 있는 것은
今僕にあるのは

ウィミ オプタ センガカミョ
의미 없다 생각하며
意味がないと思って

パンファンハゴ イッソッチ
방황하고 있었지
さ迷っていたんだよね

パングァ フ コリルル
방과 후 거리를
放課後 街を

オスルロンコリミョ
어슬렁거리며
うろうろしながら

ウリドゥルン パラム ソゲ
우리들은 바람 속에
僕たちは風の中に

コドグル ヌヌロ ポイミョ
고독을 눈으로 보이며
孤独を目を見ながら

ッスルッスリ コロッソッチ
쓸쓸히 걸었었지
寂しく歩いたんだよね

ウスムソリワ ハンスミ ソッキョ
웃음소리와 한숨이 섞여
笑い声とため息が混ざって

カドゥク ノムチヌン カゲエソ
가득 넘치는 가게에서
いっぱい溢れる店で

ピョンポレ ノプン チョムスルル
핀볼의 높은 점수를
ピンボールの高い点数を

パドゥリョゴ ヘッソッチ
받으려고 했었지
とろうとしたんだよね

チルハン マウムジョチャ
지루한 마음조차
退屈な気持ちさえ

チャグクトェヌン ゴシ イッスミョン
자극되는 것이 있으면
刺激されることがあれば

ムオシドゥン クァンジャントェゲ
무엇이든 과장되게
何でも誇張されるように

ットドゥロテゴン ヘッチ
떠들어대곤 했지
喚き出したりしたんだよね

イェウイラン ゴ ソンシラム ッタウィヌン
예의란 거 성실함 따위는
礼儀というもの誠実さなどは

センガクチド アナッソ
생각지도 않았어
考えもしなかった

パメ モルレ ハクキョエ
밤에 몰래 학교에
夜にこっそりと学校に

トゥロガ チャンムヌル ッケトゥリョッソ
들어가 창문을 깨트렸어
入って窓を割ってしまった

ケソク パンハンウル ハゴ
계속 반항을 하고
ずっと反抗をして

ケソク モムプリムチゴ
계속 몸부림치고
ずっともがいて

ッパルリ チャユロプケ トェゴ シポッソ
빨리 자유롭게 되고 싶었어
早く自由になりたかった

ミドゥル ス オムヌン
믿을 수 없는
信じられない

オルンドゥグァエ チヨレットン
어른들과의 치열했던
大人たちとの激しかった

タトゥム ソゲソ
다툼 속에서
争いの中で

ソロルル ヨンソ ハンダヌン ゲ
서로를 용서 한다는 게
お互いを許すというのが

ムオシンジ ナン モルゲッソ
무엇인지 난 모르겠어
何なのか僕は分からなかったよ

シルチュンイ ナミョンソド
싫증이 나면서도
嫌気がさしながらも

クロンテロ チネッソッチ
그런대로 지냈었지
それなりに過ごしたんだよね

ハン カジ ネガ
한 가지 내가
一つ 僕が

アルス イッソットン ゴスン
알 수 있었던 것은
分かったことは

チグム チベロブトエ チョロプ
지금 지배로부터의 졸업
今 支配からの卒業

ヌグンガエ ッサウム イヤギエ
누군가의 싸움 이야기에
誰かの戦いの話に

モドゥ タ クィ キウリミョ
모두 다 귀 기울이며
全部耳を傾けて

チャシンドゥリ オルママンクム
자신들이 얼마만큼
自分たちがどれだけ

カンハンジ アルゴ シポッソッチ
강한지 알고 싶었었지
強いのか知りたかったんだよね

ウリ チャシネゲン ヒムマニ
우리 자신에겐 힘만이
僕たち自身には力だけが

ピロハダゴ ワンゴハゲ ミッコ
필요하다고 완고하게 믿고
必要だと頑なに信じて

スンジョンハヌン ゴスン
순종하는 것은
従順なものは

チヌン ゴシラゴ マルル ヘッソッチ
지는 것이라고 말을 했었지
負けるんだと言ってたよ

チングエゲ チョチャド
친구에게 조차도
友達にさえも

カンハゲ ポイリョ ヘッソ
강하게 보이려 했어
強く見せようとした

ッテロン ヌグンガエゲ
때론 누군가에게
時には誰かに

サンチョ イビミョンソド
상처 입히면서도
傷を負わせながらも

クリゴ モドゥドゥル サランエ ッパジョソ
그리고 모두들 사랑에 빠져서
そしてみんな恋に落ちて

スンスハン サランエ マル
순수한 사랑의 말
純粋な恋の言葉

イサンチョギン サラン クゴセマン
이상적인 사랑 그것에만
理想的な愛 それだけに

マウムル ペアッキョ ボリョンネ
마음을 빼앗겨 버렸네
心を奪われてしまったね

サラガギ ウィヘ
살아가기 위해
生きていくために

ケサヌル チャレヤ ヘ
계산을 잘해야 해
計算がうまくなくちゃ

クリ マルハジマン
그리 말하지만
そう言うけど

サランハヌン サラムエゲン
사랑하는 사람에겐
愛する人には

ソルジケヤ ハンダゴ ミドッチ
솔직해야 한다고 믿었지
正直でいなくちゃと信じてたよ

ソジュンハン ゴン ムオシンジ
소중한 건 무엇인지
大切なのは何なのか

サランハヌン ゴットゥルグァ
사랑하는 것들과
愛することと

サルギ ウィヘソ ハヌン ゴッ
살기 위해서 하는 것
生きるためにすること

クビョルハジ モタゴ ヘメオンネ
구별하지 못하고 헤매었네
区別出来なくて彷徨ったね

イェエ イッケ ソンシルハム ッタウィン
예의 있게 성실함 따윈
礼儀あるように誠実さなどは

ピリョ オプタ センガケッチ
필요 없다 생각했지
必要ないと思ってた

パメ モルレ ハクキョエ
밤에 몰래 학교에
夜にこっそりと学校に

トゥロガ チャンムヌル ッケトゥリョッソ
들어가 창문을 깨트렸어
入って窓を割ってしまった

ケソク パンハンウル ハゴ
계속 반항을 하고
ずっと反抗をして

ケソク モムプリムチゴ
계속 몸부림치고
ずっともがいて

ッパルリ チャユロプケ トェゴ シポッソ
빨리 자유롭게 되고 싶었어
早く自由になりたかった

ミドゥル ス オムヌン
믿을 수 없는
信じられない

オルンドゥグァエ チヨレットン
어른들과의 치열했던
大人たちとの激しかった

タトゥム ソゲソ
다툼 속에서
争いの中で

ソロルル ヨンソ ハンダヌン ゲ
서로를 용서 한다는 게
お互いを許すというのが

ムオシンジ ナン モルゲッソ
무엇인지 난 모르겠어
何なのか僕は分からなかったよ

シルチュンイ ナミョンソド
싫증이 나면서도
嫌気がさしながらも

クロンテロ チネッソッチ
그런대로 지냈었지
それなりに過ごしたんだよね

ハン カジ ネガ
한 가지 내가
一つ 僕が

アルス イッソットン ゴスン
알 수 있었던 것은
分かったことは

チグム チベロブトエ チョロプ
지금 지배로부터의 졸업
今 支配からの卒業

チョロプル ハミョン テチェ
졸업을 하면 대체
卒業すればいったい

ムオスル アルゲ トェンダゴ ハヌンジ
무엇을 알게 된다고 하는지
何を知るようになるのか

チュオク マルゴ タルリ ムオシ
추억 말고 달리 무엇이
想い出以外に別に何が

ネゲ ナムヌンダゴ マルハヌンジ
내게 남는다고 말하는지
僕に残ると言うのか

サラムン ヌグナ オルクメイン ヤカン
사람은 누구나 얽매인 약한
人は誰でも縛られた弱い

アジクッカジ オリン ヤンイラミョン
아직까지 어린 양이라면
まだ幼い羊なら

ソンセンニム タンシヌン
선생님 당신은
先生 あなたは

ウェ ホヤカン オルンドゥレ
왜 허약한 어른들의
どうして虚弱な大人たちの

ットダシ テビョンチャイン ゴンジ
또다시 대변자인 건지
または代弁者なのか

ウリドゥレ プンノヌン
우리들의 분노는
僕たちの怒りは

オディルル ヒャンヘヤマン ハヌン
어디를 향해야만 하는
どこへ向かうべきなの

ゴシルッカ
것일까
だろうか

イジェブトヌン ムオシ
이제부터는 무엇이
これからは何が

ナルル ット プットゥロ メリョゴ ハルッカ
나를 또 붙들어 매려고 할까
僕をまた縛りつけようとするのか

アプロ ミョッ ポン
앞으로 몇 번
これから何度

ネ チャシヌル チョロプヘヤマン
내 자신을 졸업해야만
自分自身を卒業してこそ

チンスル トェン チャシネ
진실 된 자신에
真実の自身に

タシ タウル ス イッスルッカ
다시 닿을 수 있을까
また届くのだろうか

ックミョジン チャユルル
꾸며진 자유를
飾られた自由を

ヌグド アラチャリジ モタゴ
누구도 알아차리지 못하고
誰にも気づかれずに

モムプリムチドン ナルドゥルド ックンナガ
몸부림치던 날들도 끝나가
もがいた日々も終わり

チグム チベロブトエ チョロプ
지금 지배로부터의 졸업
今 支配からの卒業

トゥチェンウロブトエ チョロプ
투쟁으로부터의 졸업
闘争からの卒業



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
チョルオプ
졸업 - 박유천
卒業


キョジョンエ クリムジャワ
교정의 그림자와
校庭の影と

チャンディパル ウィエ
잔디밭 위에
芝生の上に

ッパルリョ トゥロガヌン ハヌル
빨려 들어가는 하늘
吸い込まれていく空

ファンサングァ ヒョンシレ
환상과 현실의
幻想と現実の

キブヌル マムッコッ
기분을 맘껏
気分を思いきり

ヌッキゴ イッソンネ
느끼고 있었네
感じていたね

チョンイ ウルリゴ ピョンソチョロム
종이 울리고 평소처럼
鐘が鳴って普段のように

キョシル ハンピョン
교실 한편
教室の片隅

ナエ チャリエ アンジャソ
나의 자리에 앉아서
僕の席に座って

ムオスル チョッコ
무엇을 쫓고
何を追いかけて

ッタラヤマン ハヌンジ
따라야만 하는지
従わなければならないのか

センガグル ヘッソッソ
생각을 했었어
考えた

ソランスロウン マウム
소란스러운 마음
騒々しい気持ち

チグム ナエゲ インヌン ゴスン
지금 나에게 있는 것은
今僕にあるのは

ウィミ オプタ センガカミョ
의미 없다 생각하며
意味がないと思って

パンファンハゴ イッソッチ
방황하고 있었지
さ迷っていたんだよね

パングァ フ コリルル
방과 후 거리를
放課後 街を

オスルロンコリミョ
어슬렁거리며
うろうろしながら

ウリドゥルン パラム ソゲ
우리들은 바람 속에
僕たちは風の中に

コドグル ヌヌロ ポイミョ
고독을 눈으로 보이며
孤独を目を見ながら

ッスルッスリ コロッソッチ
쓸쓸히 걸었었지
寂しく歩いたんだよね

ウスムソリワ ハンスミ ソッキョ
웃음소리와 한숨이 섞여
笑い声とため息が混ざって

カドゥク ノムチヌン カゲエソ
가득 넘치는 가게에서
いっぱい溢れる店で

ピョンポレ ノプン チョムスルル
핀볼의 높은 점수를
ピンボールの高い点数を

パドゥリョゴ ヘッソッチ
받으려고 했었지
とろうとしたんだよね

チルハン マウムジョチャ
지루한 마음조차
退屈な気持ちさえ

チャグクトェヌン ゴシ イッスミョン
자극되는 것이 있으면
刺激されることがあれば

ムオシドゥン クァンジャントェゲ
무엇이든 과장되게
何でも誇張されるように

ットドゥロテゴン ヘッチ
떠들어대곤 했지
喚き出したりしたんだよね

イェウイラン ゴ ソンシラム ッタウィヌン
예의란 거 성실함 따위는
礼儀というもの誠実さなどは

センガクチド アナッソ
생각지도 않았어
考えもしなかった

パメ モルレ ハクキョエ
밤에 몰래 학교에
夜にこっそりと学校に

トゥロガ チャンムヌル ッケトゥリョッソ
들어가 창문을 깨트렸어
入って窓を割ってしまった

ケソク パンハンウル ハゴ
계속 반항을 하고
ずっと反抗をして

ケソク モムプリムチゴ
계속 몸부림치고
ずっともがいて

ッパルリ チャユロプケ トェゴ シポッソ
빨리 자유롭게 되고 싶었어
早く自由になりたかった

ミドゥル ス オムヌン
믿을 수 없는
信じられない

オルンドゥグァエ チヨレットン
어른들과의 치열했던
大人たちとの激しかった

タトゥム ソゲソ
다툼 속에서
争いの中で

ソロルル ヨンソ ハンダヌン ゲ
서로를 용서 한다는 게
お互いを許すというのが

ムオシンジ ナン モルゲッソ
무엇인지 난 모르겠어
何なのか僕は分からなかったよ

シルチュンイ ナミョンソド
싫증이 나면서도
嫌気がさしながらも

クロンテロ チネッソッチ
그런대로 지냈었지
それなりに過ごしたんだよね

ハン カジ ネガ
한 가지 내가
一つ 僕が

アルス イッソットン ゴスン
알 수 있었던 것은
分かったことは

チグム チベロブトエ チョロプ
지금 지배로부터의 졸업
今 支配からの卒業

ヌグンガエ ッサウム イヤギエ
누군가의 싸움 이야기에
誰かの戦いの話に

モドゥ タ クィ キウリミョ
모두 다 귀 기울이며
全部耳を傾けて

チャシンドゥリ オルママンクム
자신들이 얼마만큼
自分たちがどれだけ

カンハンジ アルゴ シポッソッチ
강한지 알고 싶었었지
強いのか知りたかったんだよね

ウリ チャシネゲン ヒムマニ
우리 자신에겐 힘만이
僕たち自身には力だけが

ピロハダゴ ワンゴハゲ ミッコ
필요하다고 완고하게 믿고
必要だと頑なに信じて

スンジョンハヌン ゴスン
순종하는 것은
従順なものは

チヌン ゴシラゴ マルル ヘッソッチ
지는 것이라고 말을 했었지
負けるんだと言ってたよ

チングエゲ チョチャド
친구에게 조차도
友達にさえも

カンハゲ ポイリョ ヘッソ
강하게 보이려 했어
強く見せようとした

ッテロン ヌグンガエゲ
때론 누군가에게
時には誰かに

サンチョ イビミョンソド
상처 입히면서도
傷を負わせながらも

クリゴ モドゥドゥル サランエ ッパジョソ
그리고 모두들 사랑에 빠져서
そしてみんな恋に落ちて

スンスハン サランエ マル
순수한 사랑의 말
純粋な恋の言葉

イサンチョギン サラン クゴセマン
이상적인 사랑 그것에만
理想的な愛 それだけに

マウムル ペアッキョ ボリョンネ
마음을 빼앗겨 버렸네
心を奪われてしまったね

サラガギ ウィヘ
살아가기 위해
生きていくために

ケサヌル チャレヤ ヘ
계산을 잘해야 해
計算がうまくなくちゃ

クリ マルハジマン
그리 말하지만
そう言うけど

サランハヌン サラムエゲン
사랑하는 사람에겐
愛する人には

ソルジケヤ ハンダゴ ミドッチ
솔직해야 한다고 믿었지
正直でいなくちゃと信じてたよ

ソジュンハン ゴン ムオシンジ
소중한 건 무엇인지
大切なのは何なのか

サランハヌン ゴットゥルグァ
사랑하는 것들과
愛することと

サルギ ウィヘソ ハヌン ゴッ
살기 위해서 하는 것
生きるためにすること

クビョルハジ モタゴ ヘメオンネ
구별하지 못하고 헤매었네
区別出来なくて彷徨ったね

イェエ イッケ ソンシルハム ッタウィン
예의 있게 성실함 따윈
礼儀あるように誠実さなどは

ピリョ オプタ センガケッチ
필요 없다 생각했지
必要ないと思ってた

パメ モルレ ハクキョエ
밤에 몰래 학교에
夜にこっそりと学校に

トゥロガ チャンムヌル ッケトゥリョッソ
들어가 창문을 깨트렸어
入って窓を割ってしまった

ケソク パンハンウル ハゴ
계속 반항을 하고
ずっと反抗をして

ケソク モムプリムチゴ
계속 몸부림치고
ずっともがいて

ッパルリ チャユロプケ トェゴ シポッソ
빨리 자유롭게 되고 싶었어
早く自由になりたかった

ミドゥル ス オムヌン
믿을 수 없는
信じられない

オルンドゥグァエ チヨレットン
어른들과의 치열했던
大人たちとの激しかった

タトゥム ソゲソ
다툼 속에서
争いの中で

ソロルル ヨンソ ハンダヌン ゲ
서로를 용서 한다는 게
お互いを許すというのが

ムオシンジ ナン モルゲッソ
무엇인지 난 모르겠어
何なのか僕は分からなかったよ

シルチュンイ ナミョンソド
싫증이 나면서도
嫌気がさしながらも

クロンテロ チネッソッチ
그런대로 지냈었지
それなりに過ごしたんだよね

ハン カジ ネガ
한 가지 내가
一つ 僕が

アルス イッソットン ゴスン
알 수 있었던 것은
分かったことは

チグム チベロブトエ チョロプ
지금 지배로부터의 졸업
今 支配からの卒業

チョロプル ハミョン テチェ
졸업을 하면 대체
卒業すればいったい

ムオスル アルゲ トェンダゴ ハヌンジ
무엇을 알게 된다고 하는지
何を知るようになるのか

チュオク マルゴ タルリ ムオシ
추억 말고 달리 무엇이
想い出以外に別に何が

ネゲ ナムヌンダゴ マルハヌンジ
내게 남는다고 말하는지
僕に残ると言うのか

サラムン ヌグナ オルクメイン ヤカン
사람은 누구나 얽매인 약한
人は誰でも縛られた弱い

アジクッカジ オリン ヤンイラミョン
아직까지 어린 양이라면
まだ幼い羊なら

ソンセンニム タンシヌン
선생님 당신은
先生 あなたは

ウェ ホヤカン オルンドゥレ
왜 허약한 어른들의
どうして虚弱な大人たちの

ットダシ テビョンチャイン ゴンジ
또다시 대변자인 건지
または代弁者なのか

ウリドゥレ プンノヌン
우리들의 분노는
僕たちの怒りは

オディルル ヒャンヘヤマン ハヌン
어디를 향해야만 하는
どこへ向かうべきなの

ゴシルッカ
것일까
だろうか

イジェブトヌン ムオシ
이제부터는 무엇이
これからは何が

ナルル ット プットゥロ メリョゴ ハルッカ
나를 또 붙들어 매려고 할까
僕をまた縛りつけようとするのか

アプロ ミョッ ポン
앞으로 몇 번
これから何度

ネ チャシヌル チョロプヘヤマン
내 자신을 졸업해야만
自分自身を卒業してこそ

チンスル トェン チャシネ
진실 된 자신에
真実の自身に

タシ タウル ス イッスルッカ
다시 닿을 수 있을까
また届くのだろうか

ックミョジン チャユルル
꾸며진 자유를
飾られた自由を

ヌグド アラチャリジ モタゴ
누구도 알아차리지 못하고
誰にも気づかれずに

モムプリムチドン ナルドゥルド ックンナガ
몸부림치던 날들도 끝나가
もがいた日々も終わり

チグム チベロブトエ チョロプ
지금 지배로부터의 졸업
今 支配からの卒業

トゥチェンウロブトエ チョロプ
투쟁으로부터의 졸업
闘争からの卒業



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます