★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
ヨンワン 緑豆の花 異夢 夏よ 絶対彼氏 助けて2 ただ 風が吹く パフューム 補佐官 義理の母 朝鮮生存記 アスダル 検法男女2 60日 太陽 ホテル

免疫力 - ハ・ソンウン 韓ドラ:風が吹く 歌詞和訳

Wanna One(워너원)《♂》
06 /19 2019
ミョンヨンリョク
면역력 - 하성운
免疫力
作詞:이주형(MonoTree) 作曲:이주형(MonoTree), 문 킴(Moon Kim)
韓国ドラマ:風が吹く
出演:カム・ウソン、キム・ハヌル、キム・ソンチョル、キム・ガウンなど
「風が吹く」は、別れた後に再び恋に落ちる二人の男女が昨日の記憶と明日の愛を守るストーリーを描く。作品の中でロマンスを作っていく役割は、カム・ウソンとキム・ハヌルが演じる♪
ミョンヨンリョク
면역력 - 하성운
免疫力


オヌルッタラ ユナニ
오늘따라 유난히
今日に限ってとりわけ

モクソリ チャムキョ
목소리 잠겨
声がつぶれる

ネ マム パムセ
내 맘 밤새
僕の気持ち一晩中

コンジョヘットン タシルッカ
건조했던 탓일까
乾燥したせいかな

メイルカチ シンギョン ッソ
매일같이 신경 써
毎日のように気を遣う

チョシムル ヘド
조심을 해도
気をつけても

ット イロケ パボチョロム
또 이렇게 바보처럼
またこうしてバカみたいに

ヌル メボン コルリョ
늘 매번 걸려
いつも毎回かかる

ノマン ポミョン ヌル アケジヌン
너만 보면 늘 약해지는
君さえ見ればいつも弱くなる

ネ モスプ
내 모습
自分の姿

タ アヌン ゴルッカ
다 아는 걸까
全部知ってるのかな

ウェ チャック
왜 자꾸
どうしていつも

ット ナルル チャジャワ
또 나를 찾아와
また僕に尋ねて来て

ネゲン
내겐
僕には

トムジ オムヌン ク ヌンリョク
도무지 없는 그 능력
全くないその能力

ノルル イギョネヌン ヒミ
너를 이겨내는 힘이
君を勝ち抜く力が

ナン オムヌン ゴッ カタ
난 없는 것 같아
僕はないみたいだ

マルド オプシ ナタナ
말도 없이 나타나
黙って現れて

ミョッ ポヌル ピハリョ ヘド
몇 번을 피하려 해도
何度も避けようとしても

タルラジン ゲ オプソ
달라진 게 없어
変わったことはない

シガニ カミョン カルスロク
시간이 가면 갈수록
時間が過ぎれば過ぎる程

オヒリョ ト ナン オヒリョ
오히려 더 난 오히려
かえってさらに僕はかえって

ト ヤケジヌンガ ブヮ
더 약해지는가 봐
さらに弱くなってるみたい

サラムドゥリ アルリョジュン パンボブ
사람들이 알려준 방법
みんなが教えてくれた方法

タ ヘブヮド ウム
다 해봐도 음
全部やってみても

ット イロケ パボチョロム
또 이렇게 바보처럼
またこうしてバカみたいに

ヌル メボン コルリョ
늘 매번 걸려
いつも毎回かかる

ノマン オプスミョン カンヘジヌン
너만 없으면 강해지는
君さえいなかれば強くなる

ネ モスビ シルン ゴルッカ
내 모습이 싫은 걸까
自分の姿が嫌なのかな

クェンチャヌルマナミョン チャジャワ
괜찮을만하면 찾아와
大丈夫なら尋ねてくる

ネゲン
내겐
僕には

トムジ オムヌン ク ヌンリョク
도무지 없는 그 능력
全くないその能力

ノルル イギョネヌン ヒミ
너를 이겨내는 힘이
君を勝ち抜く力が

ナン オムヌン ゴッ カタ
난 없는 것 같아
僕はないみたいだ

マルド オプシ ナタナ
말도 없이 나타나
黙って現れて

ミョッ ポヌル ピハリョ ヘド
몇 번을 피하려 해도
何度も避けようとしても

タルラジン ゲ オプソ
달라진 게 없어
変わったことはない

シガニ カミョン カルスロク
시간이 가면 갈수록
時間が過ぎれば過ぎる程

オヒリョ ト ナン オヒリョ ト
오히려 더 난 오히려 더
かえってさらに僕はかえってもっと

オンジェッチュミミョン ノルル ポゲ トェド
언제쯤이면 너를 보게 되도
いつになったら君を見ても

フンドゥルリジ アヌル ス インヌン ヒミ
흔들리지 않을 수 있는 힘이
揺れないように出来る力が

クロン ナリ オルッカヨ
그런 날이 올까요
そんな日が来るかな

イロン トンチュン ケソクトェミョン
이런 통증 계속되면
こんな痛みが続いたら

イクスケジヌン クナリ
익숙해지는 그날이
慣れるその日が

カジル ス オムヌン ク ヌンリョク
가질 수 없는 그 능력
持てないその能力

ノルル チウォネヌン イリ
너를 지워내는 일이
君を消しきることが

ナン ヒムドゥン ゴッ カタ
난 힘든 것 같아
僕は大変みたいだ

ウェ チャックマン ナタナ
왜 자꾸만 나타나
どうして何度も現れるんだ

ノルル マガボリョ ヘド
너를 막아보려 해도
君をふさごうとしてみても

タルラジン ゲ オプソ
달라진 게 없어
変わったことがない

シガニ カミョン カルスロク
시간이 가면 갈수록
時間が過ぎれば過ぎる程

オヒリョ ト イェジョンポダ ト
오히려 더 예전보다 더
かえってさらに以前よりもっと

ヤケジン ゴッ カタ
약해진 것 같아
弱くなったみたい

カジル ス オムナ ブヮ
가질 수 없나 봐
手にできないみたいだ



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ミョンヨンリョク
면역력 - 하성운
免疫力


オヌルッタラ ユナニ
오늘따라 유난히
今日に限ってとりわけ

モクソリ チャムキョ
목소리 잠겨
声がつぶれる

ネ マム パムセ
내 맘 밤새
僕の気持ち一晩中

コンジョヘットン タシルッカ
건조했던 탓일까
乾燥したせいかな

メイルカチ シンギョン ッソ
매일같이 신경 써
毎日のように気を遣う

チョシムル ヘド
조심을 해도
気をつけても

ット イロケ パボチョロム
또 이렇게 바보처럼
またこうしてバカみたいに

ヌル メボン コルリョ
늘 매번 걸려
いつも毎回かかる

ノマン ポミョン ヌル アケジヌン
너만 보면 늘 약해지는
君さえ見ればいつも弱くなる

ネ モスプ
내 모습
自分の姿

タ アヌン ゴルッカ
다 아는 걸까
全部知ってるのかな

ウェ チャック
왜 자꾸
どうしていつも

ット ナルル チャジャワ
또 나를 찾아와
また僕に尋ねて来て

ネゲン
내겐
僕には

トムジ オムヌン ク ヌンリョク
도무지 없는 그 능력
全くないその能力

ノルル イギョネヌン ヒミ
너를 이겨내는 힘이
君を勝ち抜く力が

ナン オムヌン ゴッ カタ
난 없는 것 같아
僕はないみたいだ

マルド オプシ ナタナ
말도 없이 나타나
黙って現れて

ミョッ ポヌル ピハリョ ヘド
몇 번을 피하려 해도
何度も避けようとしても

タルラジン ゲ オプソ
달라진 게 없어
変わったことはない

シガニ カミョン カルスロク
시간이 가면 갈수록
時間が過ぎれば過ぎる程

オヒリョ ト ナン オヒリョ
오히려 더 난 오히려
かえってさらに僕はかえって

ト ヤケジヌンガ ブヮ
더 약해지는가 봐
さらに弱くなってるみたい

サラムドゥリ アルリョジュン パンボブ
사람들이 알려준 방법
みんなが教えてくれた方法

タ ヘブヮド ウム
다 해봐도 음
全部やってみても

ット イロケ パボチョロム
또 이렇게 바보처럼
またこうしてバカみたいに

ヌル メボン コルリョ
늘 매번 걸려
いつも毎回かかる

ノマン オプスミョン カンヘジヌン
너만 없으면 강해지는
君さえいなかれば強くなる

ネ モスビ シルン ゴルッカ
내 모습이 싫은 걸까
自分の姿が嫌なのかな

クェンチャヌルマナミョン チャジャワ
괜찮을만하면 찾아와
大丈夫なら尋ねてくる

ネゲン
내겐
僕には

トムジ オムヌン ク ヌンリョク
도무지 없는 그 능력
全くないその能力

ノルル イギョネヌン ヒミ
너를 이겨내는 힘이
君を勝ち抜く力が

ナン オムヌン ゴッ カタ
난 없는 것 같아
僕はないみたいだ

マルド オプシ ナタナ
말도 없이 나타나
黙って現れて

ミョッ ポヌル ピハリョ ヘド
몇 번을 피하려 해도
何度も避けようとしても

タルラジン ゲ オプソ
달라진 게 없어
変わったことはない

シガニ カミョン カルスロク
시간이 가면 갈수록
時間が過ぎれば過ぎる程

オヒリョ ト ナン オヒリョ ト
오히려 더 난 오히려 더
かえってさらに僕はかえってもっと

オンジェッチュミミョン ノルル ポゲ トェド
언제쯤이면 너를 보게 되도
いつになったら君を見ても

フンドゥルリジ アヌル ス インヌン ヒミ
흔들리지 않을 수 있는 힘이
揺れないように出来る力が

クロン ナリ オルッカヨ
그런 날이 올까요
そんな日が来るかな

イロン トンチュン ケソクトェミョン
이런 통증 계속되면
こんな痛みが続いたら

イクスケジヌン クナリ
익숙해지는 그날이
慣れるその日が

カジル ス オムヌン ク ヌンリョク
가질 수 없는 그 능력
持てないその能力

ノルル チウォネヌン イリ
너를 지워내는 일이
君を消しきることが

ナン ヒムドゥン ゴッ カタ
난 힘든 것 같아
僕は大変みたいだ

ウェ チャックマン ナタナ
왜 자꾸만 나타나
どうして何度も現れるんだ

ノルル マガボリョ ヘド
너를 막아보려 해도
君をふさごうとしてみても

タルラジン ゲ オプソ
달라진 게 없어
変わったことがない

シガニ カミョン カルスロク
시간이 가면 갈수록
時間が過ぎれば過ぎる程

オヒリョ ト イェジョンポダ ト
오히려 더 예전보다 더
かえってさらに以前よりもっと

ヤケジン ゴッ カタ
약해진 것 같아
弱くなったみたい

カジル ス オムナ ブヮ
가질 수 없나 봐
手にできないみたいだ



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます