★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
捜査官 偶然発見 僕を溶かして 幽霊 花道 愛は VIP 補佐官2 二度 チョコレート 瑕疵ある 99億 サイコパス

君は天使とコーヒーを飲んでみたことがありますか - イ・セジュン(ユリサンジャ) 韓ドラ:夏よ、お願い 歌詞和訳

ユリサンジャ(유리상자)《♂》
06 /11 2019
タンシヌンチョンサワコピルルマショボンチョギイッスムニッカ
당신은 천사와 커피를 마셔본 적이 있습니까 - 이세준(유리상자)
君は天使とコーヒーを飲んでみたことがありますか
作詞作曲:김성호
韓国ドラマ:夏よ、お願い
出演:イ・ヨンウン、キム・サグォン、イ・チェヨン、ナ・ヘミなど
「夏よ、お願い」は憎いけれど憎めない家族に対する話を、愉快で暖かく描く家族ドラマ
タンシヌンチョンサワコピルルマショボンチョギイッスムニッカ
당신은 천사와 커피를 마셔본 적이 있습니까 - 이세준(유리상자)
君は天使とコーヒーを飲んでみたことがありますか


クニョヌン ノムナ ヌンブシン
그녀는 너무나 눈부신
彼女はあまりにも眩しい

モスブル ハゴ イッソッチョ
모습을 하고 있었죠
姿をしていたよ

ハジマン ナヌン クニョエゲ
하지만 나는 그녀에게
だけど僕は彼女に

カッカイ カルス オプソッチョ
가까이 갈수 없었죠
近寄れなかったんだ

ナエ トロウン ゴシ ムドゥルッカ
나의 더러운 것이 묻을까
僕の汚いところを埋めようか

トゥリョキド ヘッチマン
두렵기도 했지만
怖くなったりもしたけど

クニョエゲ タガガルスロク
그녀에게 다가갈수록
彼女に近づくほど

ネ マウムン ピョンイ トゥロッチョ
내 마음은 병이 들었죠
僕の心は病気になったよ

クニョヌン チョンサエ オルグルル
그녀는 천사의 얼굴을
彼女の天使の顔を

チョンサエ マムル カジョッチョ
천사의 맘을 가졌죠
天使の気持ちを持ってたよ

ハジマン サラムドゥルン
하지만 사람들은
だけどみんなは

クニョルル アラポジ モタジョ
그녀를 알아보지 못하죠
彼女を分かってあげられなかった

ホルマン チョンパジエ
허름한 청바지에
みすぼらしいジーンズに

プルラスティク クィコリルル
플라스틱 귀걸이를
プラスティックのイヤリングを

タルゴ イットン
달고 있던
つけていた

クニョルル ナマニ ヌッキル ス インヌンゴル
그녀를 나만이 느낄 수 있는건
彼女を僕だけが感じられるのは

ノムナ チャランスロウォ
너무나 자랑스러워
あまりにも誇らしい

ネガ カッコ インヌン
내가 갖고 있는
僕が持っている

ット ハゴ インヌン
또 하고 있는
またしている

ネガ クロケド ウォネットン
내가 그렇게도 원했던
僕がそれほど望んだ

モドゥンゴッ オヌナル カプチャギ
모든것 어느날 갑자기
あらゆること ある日突然

フィミ オプケ
의미 없게
意味なく

ヌッキョジル ッテ オゲッチマン
느껴질 때 오겠지만
感じられるときが来るだろうけど

クニョワ コピルル ハムッケヘットン
그녀와 커피를 함께했던
彼女とコーヒーを共にした

カスム トゥィドン キオグン オレンドン
가슴 뛰던 기억은 오랫동안
胸躍った記憶は長い間

ネ マム ソゲソ
내 맘 속에서
僕の心の中で

チウォジジ アヌルッコエヨ
지워지지 않을꺼예요
消せないだろう

サランイラン マリ チョムジョム
사랑이란 말이 점점
愛という言葉がますます

ク ウィミルル イロカゴ インヌン
그 의미를 잃어가고 있는
その意味を失っている

ヨジュミギエ
요즘이기에
この頃だから

ナヌン クニョルル カミ サランハンダゴ
나는 그녀를 감히 사랑한다고
僕は彼女をあえて愛してると

マルハギヌン シロッソ
말하기는 싫었어
言うのは嫌だった

ハジマン パムセウォ コロド
하지만 밤새워 걸어도
だけど夜を明かして歩いても

アムリ センガケブヮド クポダ ト
아무리 생각해봐도 그보다 더
いくら考えてもそれよりもっと

チョクタンハン マルン
적당한 말은
妥当な言葉は

チャジャネジ モテッスムニダ
찾아내지 못했습니다
見つけられなかったよ

ウェロウン ナリミョン クニョ プメソ
외로운 날이면 그녀 품에서
孤独な日なら彼女の胸で

シルコッ ウルゴ シプルッテド イッソッチョ
실컷 울고 싶을때도 있었죠
思いきり泣きたい時もあるよ

カヌダラン ソニ ナル オルンマンジミョ
가느다란 손이 날 어루만지며
細い手が僕に触れながら

ッコク アナジュンダミョン
꼭 안아준다면
ぎゅっと抱きしめたら

クニョヌン ナエゲ マレッチョ
그녀는 나에게 말했죠
彼女は僕に言ったよ

チョンジョラン サラミラゴ
친절한 사람이라고
親切な人だと

ハジマン クニョルル
하지만 그녀를
だけど彼女を

サランハギエ クロケ テハンゴシジョ
사랑하기에 그렇게 대한것이죠
愛してるからそうなったんだろ

クロナ クニョヌン ク サシルル
그러나 그녀는 그 사실을
だから彼女はその事実を

アジクト モルゴ イッチョ
아직도 모르고 있죠
まだ知らずにいるよ

ウウウウ
우우우우



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
タンシヌンチョンサワコピルルマショボンチョギイッスムニッカ
당신은 천사와 커피를 마셔본 적이 있습니까 - 이세준(유리상자)
君は天使とコーヒーを飲んでみたことがありますか

クニョヌン ノムナ ヌンブシン
그녀는 너무나 눈부신
彼女はあまりにも眩しい

モスブル ハゴ イッソッチョ
모습을 하고 있었죠
姿をしていたよ

ハジマン ナヌン クニョエゲ
하지만 나는 그녀에게
だけど僕は彼女に

カッカイ カルス オプソッチョ
가까이 갈수 없었죠
近寄れなかったんだ

ナエ トロウン ゴシ ムドゥルッカ
나의 더러운 것이 묻을까
僕の汚いところを埋めようか

トゥリョキド ヘッチマン
두렵기도 했지만
怖くなったりもしたけど

クニョエゲ タガガルスロク
그녀에게 다가갈수록
彼女に近づくほど

ネ マウムン ピョンイ トゥロッチョ
내 마음은 병이 들었죠
僕の心は病気になったよ

クニョヌン チョンサエ オルグルル
그녀는 천사의 얼굴을
彼女の天使の顔を

チョンサエ マムル カジョッチョ
천사의 맘을 가졌죠
天使の気持ちを持ってたよ

ハジマン サラムドゥルン
하지만 사람들은
だけどみんなは

クニョルル アラポジ モタジョ
그녀를 알아보지 못하죠
彼女を分かってあげられなかった

ホルマン チョンパジエ
허름한 청바지에
みすぼらしいジーンズに

プルラスティク クィコリルル
플라스틱 귀걸이를
プラスティックのイヤリングを

タルゴ イットン
달고 있던
つけていた

クニョルル ナマニ ヌッキル ス インヌンゴル
그녀를 나만이 느낄 수 있는건
彼女を僕だけが感じられるのは

ノムナ チャランスロウォ
너무나 자랑스러워
あまりにも誇らしい

ネガ カッコ インヌン
내가 갖고 있는
僕が持っている

ット ハゴ インヌン
또 하고 있는
またしている

ネガ クロケド ウォネットン
내가 그렇게도 원했던
僕がそれほど望んだ

モドゥンゴッ オヌナル カプチャギ
모든것 어느날 갑자기
あらゆること ある日突然

フィミ オプケ
의미 없게
意味なく

ヌッキョジル ッテ オゲッチマン
느껴질 때 오겠지만
感じられるときが来るだろうけど

クニョワ コピルル ハムッケヘットン
그녀와 커피를 함께했던
彼女とコーヒーを共にした

カスム トゥィドン キオグン オレンドン
가슴 뛰던 기억은 오랫동안
胸躍った記憶は長い間

ネ マム ソゲソ
내 맘 속에서
僕の心の中で

チウォジジ アヌルッコエヨ
지워지지 않을꺼예요
消せないだろう

サランイラン マリ チョムジョム
사랑이란 말이 점점
愛という言葉がますます

ク ウィミルル イロカゴ インヌン
그 의미를 잃어가고 있는
その意味を失っている

ヨジュミギエ
요즘이기에
この頃だから

ナヌン クニョルル カミ サランハンダゴ
나는 그녀를 감히 사랑한다고
僕は彼女をあえて愛してると

マルハギヌン シロッソ
말하기는 싫었어
言うのは嫌だった

ハジマン パムセウォ コロド
하지만 밤새워 걸어도
だけど夜を明かして歩いても

アムリ センガケブヮド クポダ ト
아무리 생각해봐도 그보다 더
いくら考えてもそれよりもっと

チョクタンハン マルン
적당한 말은
妥当な言葉は

チャジャネジ モテッスムニダ
찾아내지 못했습니다
見つけられなかったよ

ウェロウン ナリミョン クニョ プメソ
외로운 날이면 그녀 품에서
孤独な日なら彼女の胸で

シルコッ ウルゴ シプルッテド イッソッチョ
실컷 울고 싶을때도 있었죠
思いきり泣きたい時もあるよ

カヌダラン ソニ ナル オルンマンジミョ
가느다란 손이 날 어루만지며
細い手が僕に触れながら

ッコク アナジュンダミョン
꼭 안아준다면
ぎゅっと抱きしめたら

クニョヌン ナエゲ マレッチョ
그녀는 나에게 말했죠
彼女は僕に言ったよ

チョンジョラン サラミラゴ
친절한 사람이라고
親切な人だと

ハジマン クニョルル
하지만 그녀를
だけど彼女を

サランハギエ クロケ テハンゴシジョ
사랑하기에 그렇게 대한것이죠
愛してるからそうなったんだろ

クロナ クニョヌン ク サシルル
그러나 그녀는 그 사실을
だから彼女はその事実を

アジクト モルゴ イッチョ
아직도 모르고 있죠
まだ知らずにいるよ

ウウウウ
우우우우



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます