江南 ヨンワン ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 国民の 彼女の 美しい 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス

夜間飛行 (魔女の花) - ペク・イェリン 歌詞和訳

15&(박지민, 백예린)《♀》
05 /06 2019
ヤガンピヘン
야간비행 (魔女の花) - 백예린
夜間飛行
作詞:백예린 作曲:백예린, 구름
リクエスト頂いた曲です♪
ヤガンピヘン
야간비행 (魔女の花) - 백예린
夜間飛行


プルン ピチュル プムン
푸른 빛을 품은
青い光を抱いた

クデルル チャジャソ
그대를 찾아서
あなたを探しに

ナン チグム オディンガロ ヤガンピヘン
난 지금 어딘가로 야간비행
私は今どこかへ夜間飛行

チャガウン パラムル ットゥルゴ ナラガ
차가운 바람을 뚫고 날아가
冷たい風を突き抜けて飛んで行く

チョネ プヮットン ピッ
전에 봤던 빛
前に見た光

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その花を探しに

ナン チグム オディンガロ ヤガンピヘン
난 지금 어딘가로 야간비행
私は今どこかへ夜間飛行

ファクシラン ゲ オプソド
확실한 게 없어도
確実なものがなくても

ナン タルリョガ
난 달려가
私は走って行く

ット ヘガ ットゥル ッテッチュム
또 해가 뜰 때쯤
また日が昇る時

ネ ヒミ サラジンテド
내 힘이 사라진대도
私の力が消えるとしても

クデエ チャッチャネ
그대의 찻잔에
あなたの湯のみ茶碗に

ットゥィウォ ノッコ シプン
띄워 놓고 싶은
浮かしておきたい

アムド モルヌン
아무도 모르는
誰も知らない

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その光を探しに

クデ モルレ ットナヌン
그대 몰래 떠나는
あなたにこっそり旅立つ

ナマネ ヤガンピヘン
나만의 야간비행
私だけの夜間飛行

ックメソ プヮットン ピッ
꿈에서 봤던 빛
夢で見た光

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その花を探しに

ナン チグム オディンガロ ヤガンピヘン
난 지금 어딘가로 야간비행
私は今どこかへ夜間飛行

ネイリ オプタゴ ヘド タルリョガ
내일이 없다고 해도 달려가
明日がないとしても走って行く

ット ヘガ ットゥル ッテッチュム
또 해가 뜰 때쯤
また日が昇る時

ネ ヒミ サラジンテド
내 힘이 사라진대도
私の力が消えるとしても

クデエ チャッチャネ
그대의 찻잔에
あなたの湯のみ茶碗に

ットゥィウォ ノッコ シプン
띄워 놓고 싶은
浮かしておきたい

アムド モルヌン
아무도 모르는
誰も知らない

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その光を探しに

クデ モルレ ットナヌン ナマネ
그대 몰래 떠나는 나만의
あなたにこっそり旅立つ私だけの



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ヤガンピヘン
야간비행 (魔女の花) - 백예린
夜間飛行


プルン ピチュル プムン
푸른 빛을 품은
青い光を抱いた

クデルル チャジャソ
그대를 찾아서
あなたを探しに

ナン チグム オディンガロ ヤガンピヘン
난 지금 어딘가로 야간비행
私は今どこかへ夜間飛行

チャガウン パラムル ットゥルゴ ナラガ
차가운 바람을 뚫고 날아가
冷たい風を突き抜けて飛んで行く

チョネ プヮットン ピッ
전에 봤던 빛
前に見た光

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その花を探しに

ナン チグム オディンガロ ヤガンピヘン
난 지금 어딘가로 야간비행
私は今どこかへ夜間飛行

ファクシラン ゲ オプソド
확실한 게 없어도
確実なものがなくても

ナン タルリョガ
난 달려가
私は走って行く

ット ヘガ ットゥル ッテッチュム
또 해가 뜰 때쯤
また日が昇る時

ネ ヒミ サラジンテド
내 힘이 사라진대도
私の力が消えるとしても

クデエ チャッチャネ
그대의 찻잔에
あなたの湯のみ茶碗に

ットゥィウォ ノッコ シプン
띄워 놓고 싶은
浮かしておきたい

アムド モルヌン
아무도 모르는
誰も知らない

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その光を探しに

クデ モルレ ットナヌン
그대 몰래 떠나는
あなたにこっそり旅立つ

ナマネ ヤガンピヘン
나만의 야간비행
私だけの夜間飛行

ックメソ プヮットン ピッ
꿈에서 봤던 빛
夢で見た光

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その花を探しに

ナン チグム オディンガロ ヤガンピヘン
난 지금 어딘가로 야간비행
私は今どこかへ夜間飛行

ネイリ オプタゴ ヘド タルリョガ
내일이 없다고 해도 달려가
明日がないとしても走って行く

ット ヘガ ットゥル ッテッチュム
또 해가 뜰 때쯤
また日が昇る時

ネ ヒミ サラジンテド
내 힘이 사라진대도
私の力が消えるとしても

クデエ チャッチャネ
그대의 찻잔에
あなたの湯のみ茶碗に

ットゥィウォ ノッコ シプン
띄워 놓고 싶은
浮かしておきたい

アムド モルヌン
아무도 모르는
誰も知らない

ク ッコチュル チャジャソ
그 꽃을 찾아서
その光を探しに

クデ モルレ ットナヌン ナマネ
그대 몰래 떠나는 나만의
あなたにこっそり旅立つ私だけの



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます