★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
ヨンワン 緑豆の花 異夢 夏よ 絶対彼氏 助けて2 ただ 風が吹く パフューム 補佐官 義理の母 朝鮮生存記 アスダル 検法男女2 60日 太陽 ホテル

再会 - パク・ユチョン 歌詞和訳

パク・ユチョン(박유천)《♂》
04 /28 2019
チェヒ
재회 - 박유천
再会
作詞:박유천 作曲:박유천, 권빈기
リクエスト頂いた曲です♪
チェヒ
재회 - 박유천
再会


パラミ スチン ク ソリエ
바람이 스친 그 소리에
風がかすめたその音に

ッテロン イユ オムヌン
때론 이유 없는
時には理由もなく

サランウル ヘッソッコ
사랑을 했었고
愛したし

コマプタヌン マウム
고맙다는 마음
有難うという気持ち

ウェ イジェソヤ アラッスルッカ
왜 이제서야 알았을까
どうして今になって気づいたのだろう

トゥ ソネ ポジン
두 손에 퍼진
両手に広がった

ヌンムルドゥル ポミョ
눈물들 보며
涙を見ながら

ッスリン マウム アラチェッスル ッテ
쓰린 마음 알아챘을 때
痛む心に気付いた時

ムノジヌン ゴン ウリヨッタヌン ゴル
무너지는 건 우리였다는 걸
崩れるのは僕たちだったということを

クゲ カジャン クン アプミオッソ
그게 가장 큰 아픔이었어
それが一番大きな痛みだった

チグム ナ プソジヌン
지금 나 부서지는
今僕は崩れる

カウルル チナ
가을을 지나
秋を過ぎて

トゥ ソニ オルドン
두 손이 얼던
両手が凍った

チャガウン キル ウィエソ
차가운 길 위에서
冷たい道の上で

チャックマン モロジヌン ク ハンゴルム
자꾸만 멀어지는 그 한걸음
何度も遠ざかるその一歩

トルリョ ノエゲロ カゴ イッソ
돌려 너에게로 가고 있어
回して君へと向かっている

ミョッ クルジャ
몇 글자
いくつかの字

チョグン イ チョンイエ
적은 이 종이에
ちいさなこの紙に

ナエ マウム ッタウィ
나의 마음 따위
僕の気持ちなんか

チュンヨジ アナッソ
중요치 않았어
重要じゃなかった

ポンオリロ ピョナン ナン
벙어리로 변한 난
口のきけない変わった僕は

チョナル スジョチャ オプソッソ
전할 수조차 없었어
伝えることさえ出来なかった

トゥ ソネ ポジン
두 손에 퍼진
両手に広がった

ヌンムルドゥル ポミョ
눈물들 보며
涙を見ながら

ッスリン マウム アラチェッスル ッテ
쓰린 마음 알아챘을 때
痛む心に気付いた時

ムノジヌン ゴン ウリヨッタヌン ゴル
무너지는 건 우리였다는 걸
崩れるのは僕たちだったということを

クゲ カジャン クン アプミオッソ
그게 가장 큰 아픔이었어
それが一番大きな痛みだった

チグム ナ プソジヌン
지금 나 부서지는
今僕は崩れる

カウルル チナ
가을을 지나
秋を過ぎて

トゥ ソニ オルドン
두 손이 얼던
両手が凍った

チャガウン キル ウィエソ
차가운 길 위에서
冷たい道の上で

チャックマン モロジヌン ク ハンゴルム
자꾸만 멀어지는 그 한걸음
何度も遠ざかるその一歩

トルリョ ノエゲロ カゴ イッソ
돌려 너에게로 가고 있어
回して君へと向かっている

イジェ ナ ミアンハムグァ
이제 나 미안함과
もう僕は申し訳なさと

アプムル キョンドョ
아픔을 견뎌
痛みを耐えて

チャクコ チャグン
작고 작은
小さくて小さい

ニ ソヌル オルマンジョ
네 손을 어루만져
君の手に触れて

ハンドンアン モロジョットン
한동안 멀어졌던
しばらく遠ざかった

ク ハンゴルム トルリョ
그 한걸음 돌려
その一歩を回して

ノエ アペ ナ ソイッソ
너의 앞에 나 서있어
君の前に僕は立っている



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
チェヒ
재회 - 박유천
再会

パラミ スチン ク ソリエ
바람이 스친 그 소리에
風がかすめたその音に

ッテロン イユ オムヌン
때론 이유 없는
時には理由もなく

サランウル ヘッソッコ
사랑을 했었고
愛したし

コマプタヌン マウム
고맙다는 마음
有難うという気持ち

ウェ イジェソヤ アラッスルッカ
왜 이제서야 알았을까
どうして今になって気づいたのだろう

トゥ ソネ ポジン
두 손에 퍼진
両手に広がった

ヌンムルドゥル ポミョ
눈물들 보며
涙を見ながら

ッスリン マウム アラチェッスル ッテ
쓰린 마음 알아챘을 때
痛む心に気付いた時

ムノジヌン ゴン ウリヨッタヌン ゴル
무너지는 건 우리였다는 걸
崩れるのは僕たちだったということを

クゲ カジャン クン アプミオッソ
그게 가장 큰 아픔이었어
それが一番大きな痛みだった

チグム ナ プソジヌン
지금 나 부서지는
今僕は崩れる

カウルル チナ
가을을 지나
秋を過ぎて

トゥ ソニ オルドン
두 손이 얼던
両手が凍った

チャガウン キル ウィエソ
차가운 길 위에서
冷たい道の上で

チャックマン モロジヌン ク ハンゴルム
자꾸만 멀어지는 그 한걸음
何度も遠ざかるその一歩

トルリョ ノエゲロ カゴ イッソ
돌려 너에게로 가고 있어
回して君へと向かっている

ミョッ クルジャ
몇 글자
いくつかの字

チョグン イ チョンイエ
적은 이 종이에
ちいさなこの紙に

ナエ マウム ッタウィ
나의 마음 따위
僕の気持ちなんか

チュンヨジ アナッソ
중요치 않았어
重要じゃなかった

ポンオリロ ピョナン ナン
벙어리로 변한 난
口のきけない変わった僕は

チョナル スジョチャ オプソッソ
전할 수조차 없었어
伝えることさえ出来なかった

トゥ ソネ ポジン
두 손에 퍼진
両手に広がった

ヌンムルドゥル ポミョ
눈물들 보며
涙を見ながら

ッスリン マウム アラチェッスル ッテ
쓰린 마음 알아챘을 때
痛む心に気付いた時

ムノジヌン ゴン ウリヨッタヌン ゴル
무너지는 건 우리였다는 걸
崩れるのは僕たちだったということを

クゲ カジャン クン アプミオッソ
그게 가장 큰 아픔이었어
それが一番大きな痛みだった

チグム ナ プソジヌン
지금 나 부서지는
今僕は崩れる

カウルル チナ
가을을 지나
秋を過ぎて

トゥ ソニ オルドン
두 손이 얼던
両手が凍った

チャガウン キル ウィエソ
차가운 길 위에서
冷たい道の上で

チャックマン モロジヌン ク ハンゴルム
자꾸만 멀어지는 그 한걸음
何度も遠ざかるその一歩

トルリョ ノエゲロ カゴ イッソ
돌려 너에게로 가고 있어
回して君へと向かっている

イジェ ナ ミアンハムグァ
이제 나 미안함과
もう僕は申し訳なさと

アプムル キョンドョ
아픔을 견뎌
痛みを耐えて

チャクコ チャグン
작고 작은
小さくて小さい

ニ ソヌル オルマンジョ
네 손을 어루만져
君の手に触れて

ハンドンアン モロジョットン
한동안 멀어졌던
しばらく遠ざかった

ク ハンゴルム トルリョ
그 한걸음 돌려
その一歩を回して

ノエ アペ ナ ソイッソ
너의 앞에 나 서있어
君の前に僕は立っている



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます