江南 よけろ ヨンワン ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の 美しい

バカ - ジュノ (2PM) 歌詞和訳

2PM(투피엠)《♂》
04 /06 2019
パボ
바보 - 준호 (2PM)
バカ
作詞:이준호 作曲:이준호, 이우민 `Collapsedone`
リクエスト頂いた曲です♪
動画は見つかりませんでした
パボ
바보 - 준호 (2PM)
バカ

ナン ウェ イリ
난 왜 이리
僕はどうしてこんなに

モンチョンハン ナムジャイルッカ
멍청한 남자일까
間抜けな男なんだろう

ノル ネチル ッテン
널 내칠 땐
君を突き放したとき

ットクットカン チョク タ ヘノッコ
똑똑한 척 다 해놓고
賢いふりしておいて

セサン チャニナン マルドゥルロ
세상 잔인한 말들로
世の中の残酷な言葉で

キプン サンチョ イビョノッコ
깊은 상처 입혀놓고
深い傷を負わせておいて

オチャピ イジュル コラ マルマン ハゴ
어차피 잊을 거라 말만 하고
どうせ忘れるだろうと言って

ハルヌン ペゲルル プッチャプコ
하루는 배게를 붙잡고
一日は枕をつかんで

ハンチャムル ウロッソ
한참을 울었어
しばらく泣いた

チムテルル チョンリハル ッテド
침대를 정리할 때도
ベッドを整える時も

ニ ヒャンギガ ナソ
니 향기가 나서
君の香りがして

シガニ チナミョン クェンチャンタトンデ
시간이 지나면 괜찮다던데
時が経てば大丈夫なはずなのに

ウェ ハン サル ト モクコド
왜 한 살 더 먹고도
どうして一歳年をとっても

チョムジョム ヤケジヌンデ
점점 약해지는데
ますます弱くなる

メサエ プルマン カドゥカン
매사에 불만 가득한
すべてに不満一杯の

キゲガ トェオソ
기계가 되어서
機械になって

スルプムン キルミ トェオ
슬픔은 기름이 되어
悲しみは油になって

トジル コッ カタソ
터질 것 같아서
爆発しそうで

ハンチャムル カムジョン オプシ
한참을 감정 없이
しばらく感情なく

チネンナ ブヮ
지냈나 봐
過ごしたみたい

ノガ オプソソ ナン
너가 없어서 난
君がいなくて僕は

パンチトェッソ マンガジンゴル
방치됐어 망가진걸
放置されて壊れたんだ

チナン チュオギ ナル プッチャバ
지난 추억이 날 붙잡아
過去の想い出が僕をつかまえて

ナル アンヌヮ ノル
날 안 놔 널
離さない 君を

アプゲ ハン チェイン ゴッ カタ
아프게 한 죄인 것 같아
苦しめた罪人のようだ

ハンチャミ フルロ イジェヤ ッケダラ
한참이 흐르고 이제야 깨달아
しばらく流れて今やっとわかった

イ アプムドゥル モドゥ
이 아픔들 모두
この痛みをすべて

ノガ キョッソッタン ゴル
너가 겪었단 걸
君が体験したってことを

ナン ウェ イリ
난 왜 이리
僕はどうしてこんなに

モンチョンハン ナムジャイルッカ
멍청한 남자일까
間抜けな男なんだろう

ノル ネチル ッテン
널 내칠 땐
君を突き放したとき

ットクットカン チョク タ ヘノッコ
똑똑한 척 다 해놓고
賢いふりしておいて

セサン チャニナン マルドゥルロ
세상 잔인한 말들로
世の中の残酷な言葉で

キプン サンチョ イビョノッコ
깊은 상처 입혀놓고
深い傷を負わせておいて

オチャピ イジュル コラ マルマン ハゴ
어차피 잊을 거라 말만 하고
どうせ忘れるだろうと言って

チクチャンエソ サムグァ
직장에서 사람과
職場で人と

タトゥヌン イリ ノム マナジョッソ
다투는 일이 너무 많아졌어
争うことがとても多くなった

ハンド ックンド オプシ イェミンヘジョソ
한도 끝도 없이 예민해져서
とめどなく敏感になって

ヌガ マルル コロド ピヘ
누가 말을 걸어도 피해
誰が話しかけても避けて

チョルロ クルロウン
절로 굴러온
自ら転がり落ちてきた

ポクドゥルル チョネ
복들을 쳐내
福を取り除いて

ハンスムル スュィル ッテマダ
한숨을 쉴 때마다
溜息をつくたびに

シムジャンイ ットネリョガヌン ゴッ カタ
심장이 떠내려가는 것 같아
心臓が流れていくみたい

ノガ イッスル ッテン
너가 있을 땐
君がいるときは

アルジ モテンヌンデ
알지 못했는데
気付けなかったのに

ノガ オプソソ
너가 없어서
君がいなくて

スミ モジュン ドゥッ
숨이 멎은 듯
息が止まったように

モギ ネリョワ
목이 메여와
喉が詰まってくる

チャム ウスウォ チナン クァゴエ
참 우스워 지난 과거에
ホントにおかしい 過ぎ去った過去に

ノル イルコ ナン
널 잃고 난
君を失った僕は

ホンジャ チャルナン チュル アランヌンデ
혼자 잘난 줄 알았는데
一人でうまくやれると思ってたのに

チャム ヨムチ オプチマン
참 염치 없지만
ホントに恥知らずだけど

イジェヤ ッケダラ
이제야 깨달아
今やっと分かった

ナル ピンナゲ ハン ゴン
날 빛나게 한 건
僕を輝かせたのは

チョンブ ノヨッタン ゴル
전부 너였단 걸
すべて君だったってことを

ナン ウェ イリ
난 왜 이리
僕はどうしてこんなに物おじ好奇心

モンチョンハン ナムジャイルッカ
멍청한 남자일까
間抜けな男なんだろう

ノル ネチル ッテン
널 내칠 땐
君を突き放したとき

ットクットカン チョク タ ヘノッコ
똑똑한 척 다 해놓고
賢いふりしておいて

セサン チャニナン マルドゥルロ
세상 잔인한 말들로
世の中の残酷な言葉で

キプン サンチョ イビョノッコ
깊은 상처 입혀놓고
深い傷を負わせておいて

オチャピ イジュル コラ マルマン ハゴ
어차피 잊을 거라 말만 하고
どうせ忘れるだろうと言って

ウヨニ チナガダ
우연히 지나가다
偶然に過ぎ去って

ノルル パルキョンヘッスル ッテ
너를 발견했을 때
君を見つけたとき

モルリ モンハニ
멀리 멍하니
遠く呆然と

トゥィッモスプマン パラブヮッソ
뒷모습만 바라봤어
後姿だけ見つめた

スンガン チョラハン ネ チャシヌル
순간 초라한 내 자신을
一瞬 みすぼらしい自分自身が

トゥルキヌン ゲ トゥリョウォ
들키는 게 두려워
バレルのが怖い

ヘンヨ ヌニラド
행여 눈이라도
もしかして目だけでも

マジュチルッカ トゥリョウォッソ
마주칠까 두려웠어
合うんじゃないかって怖かった

ノエゲ イビョルル トンポヘッスルッテ
너에게 이별을 통보했을 때
君に別れを告げた時

コッ チュグル コッ カトゥン
곧 죽을 것 같은
すぐに死にそうな

ッコッ カタンヌンデ
꽃 같았는데
花のようだったのに

ネガ アパハルスロク
내가 아파할수록
自分が苦しむほど

ノン ト ファルッチャク ピオナネ
넌 더 활짝 피어나네
君はさらにパッと咲くね

タルン ヌグンガエ サランウロ
다른 누군가의 사랑으로
別の誰かの愛で

イジェソ フフェハミョン ムォ ヘ
이제서 후회하면 뭐 해
今さら後悔して何になる

ナン ウェ イリ
난 왜 이리
僕はどうしてこんなに

モンチョンハン ナムジャイルッカ
멍청한 남자일까
間抜けな男なんだろう

ノル ネチル ッテン
널 내칠 땐
君を突き放したとき

ットクットカン チョク タ ヘノッコ
똑똑한 척 다 해놓고
賢いふりしておいて

セサン チャニナン マルドゥルロ
세상 잔인한 말들로
世の中の残酷な言葉で

キプン サンチョ イビョノッコ
깊은 상처 입혀놓고
深い傷を負わせておいて

オチャピ イジュル コラ マルマン ハゴ
어차피 잊을 거라 말만 하고
どうせ忘れるだろうと言って

ナン ウェ イリ
난 왜 이리
僕はどうしてこんなに

モンチョンハン ナムジャイルッカ
멍청한 남자일까
間抜けな男なんだろう

ノル ネチル ッテン
널 내칠 땐
君を突き放したとき

ットクットカン チョク タ ヘノッコ
똑똑한 척 다 해놓고
賢いふりしておいて

セサン チャニナン マルドゥルロ
세상 잔인한 말들로
世の中の残酷な言葉で

キプン サンチョ イビョノッコ
깊은 상처 입혀놓고
深い傷を負わせておいて

オチャピ イジュル コラ マルマン ハゴ
어차피 잊을 거라 말만 하고
どうせ忘れるだろうと言って



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます