江南 よけろ ヨンワン ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の 美しい

別れを歩く (A Walk To Goodbye) - ファン・チヨル 歌詞和訳

ファン・チヨル(황치열)《♂》
03 /23 2019
イビョルルコッタ
이별을 걷다 (A Walk To Goodbye) - 황치열
別れを歩く
作詞:황치열, 꿀단지 (Honey Pot) 作曲:꿀단지 (Honey Pot)
リクエスト頂いた曲です♪
イビョルルコッタ
이별을 걷다 (A Walk To Goodbye) - 황치열
別れを歩く


プル ッコジン チャンギルル ポゴヤ
불 꺼진 창가를 보고야
明かりが消えた窓側を見ては

ムゴウォジン パルコルム トェドルリョ
무거워진 발걸음 되돌려
重くなった足取りを戻して

チャム ヒムギョウォットン イビョルル
참 힘겨웠던 이별을
ホントに苦しかった別れを

マジマク ペウン キルル
마지막 배웅 길을
最後の見送る道を

ックェ タムタムヒ
꽤 담담히
かなり淡々と

コルル ス イッソッソ
걸을 수 있었어
歩くことが出来た

ッタスヘットン ヌジュン オフ ヘッサル
따스했던 늦은 오후 햇살
暖かかった遅い午後の日差し

オドゥコニ ホルロ ソン カロドゥン
우두커니 홀로 선 가로등
ぼんやりと 一人で立った街灯

ヌン ネリン セビョク コルモクド
눈 내린 새벽 골목도
雪が降った明け方の路地も

ク ウィエ パルジャウクド
그 위에 발자욱도
その上の足跡も

アンニョン アンニョン
안녕 안녕
さよなら

モドゥ アンニョンイヤ
모두 안녕이야
すべてさよならだよ

イ キルル コッタ
이 길을 걷다
この道を歩く

ネ センガギ ナンダミョン
내 생각이 난다면
僕のこと思い出したら

クッテ ッコク ハンボン
그때 꼭 한번
その時は必ず一度

トィドラポギロ ヘ
뒤돌아보기로 해
振り返って

ノエゲ オリョプケ コンネットン コベクド
너에게 어렵게 건넸던 고백도
君に何とか言えた告白も

パムセウォ ソクサギン サランド
밤새워 속삭인 사랑도
一晩中囁いた愛も

ナ モドゥ ヨギエ トゥゴ カルケ
나 모두 여기에 두고 갈게
僕のすべてここに置いて行くから

ヌジュン パム イ キルル コルミョ
늦은 밤 이 길을 걸으며
深夜 この道を歩きながら

ノワ ネガ ナヌドン イェギドゥル
너와 내가 나누던 얘기들
君と僕が交わした話

チャム ソルレオットン イプマッチュム
참 설레었던 입맞춤
ホントにときめいたキス

ク マントン ヤクソクドゥルド
그 많던 약속들도
その多かった約束も

アンニョン アンニョン
안녕 안녕
さよなら

モドゥ アンニョンイヤ
모두 안녕이야
すべてさよならだよ

イ キルル コッタ
이 길을 걷다
この道を歩いて

ホク ヌンムリ ナンダミョン
혹 눈물이 난다면
ひょっとして涙が出たら

クッテ ッコク ハンボン
그때 꼭 한번
その時は必ず一度

トィドラポギロ ヘ
뒤돌아보기로 해
振り返って

スファギ ノモロ
수화기 너머로
受話器の向こう側から

プルロジュン ノレド
불러준 노래도
歌ってあげた歌も

チョグムン シシハン ノンダムド
조금은 시시한 농담도
少しはつまらない冗談も

ナ モドゥ ヨギエ トゥゴ カルケ
나 모두 여기에 두고 갈게
僕はすべてここに置いて行くから

スベク ポン スチョン ボンド
수백 번 수천 번도
数百回数千回も

ト オゴ カン イ キリ
더 오고 간 이 길이
行き来したこの道が

イサンハゲ ナッソルゴ
이상하게 낯설고
変に慣れなくて

マク アプゴ ポゴウォ
막 아프고 버거워
苦しくてたまらない

トラガル ス オプソ
돌아갈 수 없어
戻れない

ット スマヌン パムル
또 수많은 밤을
また幾多の夜を

ナン ヘメゲ トェルチ モルラ
난 헤매게 될지 몰라
僕はさ迷うことになるかもしれない

イビョルル コッタ
이별을 걷다
別れを歩く

ナン イビョルル コンヌンダ
난 이별을 걷는다
僕は別れを歩く

コルムコルミ モドゥ タ イビョリラ
걸음걸음이 모두 다 이별이라
歩みごとにすべて全部別れだと

オクチロ パルックンマン ポゴ ソ イッチマン
억지로 발끝만 보고 서 있지만
無理につま先だけ見て立っているけど

オヌリ ヒムギョウル ノル ウィヘ
오늘이 힘겨울 널 위해
今日が大変で君のために

ナ クマン ヨギソ トラソルケ
나 그만 여기서 돌아설게
僕はもうここからも戻るよ

アンニョン
안녕
さよなら

プディ チョウン ックム ックギルル
부디 좋은 꿈 꾸기를
どうかいい夢を見るよう



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
イビョルルコッタ
이별을 걷다 (A Walk To Goodbye) - 황치열
別れを歩く


プル ッコジン チャンギルル ポゴヤ
불 꺼진 창가를 보고야
明かりが消えた窓側を見ては

ムゴウォジン パルコルム トェドルリョ
무거워진 발걸음 되돌려
重くなった足取りを戻して

チャム ヒムギョウォットン イビョルル
참 힘겨웠던 이별을
ホントに苦しかった別れを

マジマク ペウン キルル
마지막 배웅 길을
最後の見送る道を

ックェ タムタムヒ
꽤 담담히
かなり淡々と

コルル ス イッソッソ
걸을 수 있었어
歩くことが出来た

ッタスヘットン ヌジュン オフ ヘッサル
따스했던 늦은 오후 햇살
暖かかった遅い午後の日差し

オドゥコニ ホルロ ソン カロドゥン
우두커니 홀로 선 가로등
ぼんやりと 一人で立った街灯

ヌン ネリン セビョク コルモクド
눈 내린 새벽 골목도
雪が降った明け方の路地も

ク ウィエ パルジャウクド
그 위에 발자욱도
その上の足跡も

アンニョン アンニョン
안녕 안녕
さよなら

モドゥ アンニョンイヤ
모두 안녕이야
すべてさよならだよ

イ キルル コッタ
이 길을 걷다
この道を歩く

ネ センガギ ナンダミョン
내 생각이 난다면
僕のこと思い出したら

クッテ ッコク ハンボン
그때 꼭 한번
その時は必ず一度

トィドラポギロ ヘ
뒤돌아보기로 해
振り返って

ノエゲ オリョプケ コンネットン コベクド
너에게 어렵게 건넸던 고백도
君に何とか言えた告白も

パムセウォ ソクサギン サランド
밤새워 속삭인 사랑도
一晩中囁いた愛も

ナ モドゥ ヨギエ トゥゴ カルケ
나 모두 여기에 두고 갈게
僕のすべてここに置いて行くから

ヌジュン パム イ キルル コルミョ
늦은 밤 이 길을 걸으며
深夜 この道を歩きながら

ノワ ネガ ナヌドン イェギドゥル
너와 내가 나누던 얘기들
君と僕が交わした話

チャム ソルレオットン イプマッチュム
참 설레었던 입맞춤
ホントにときめいたキス

ク マントン ヤクソクドゥルド
그 많던 약속들도
その多かった約束も

アンニョン アンニョン
안녕 안녕
さよなら

モドゥ アンニョンイヤ
모두 안녕이야
すべてさよならだよ

イ キルル コッタ
이 길을 걷다
この道を歩いて

ホク ヌンムリ ナンダミョン
혹 눈물이 난다면
ひょっとして涙が出たら

クッテ ッコク ハンボン
그때 꼭 한번
その時は必ず一度

トィドラポギロ ヘ
뒤돌아보기로 해
振り返って

スファギ ノモロ
수화기 너머로
受話器の向こう側から

プルロジュン ノレド
불러준 노래도
歌ってあげた歌も

チョグムン シシハン ノンダムド
조금은 시시한 농담도
少しはつまらない冗談も

ナ モドゥ ヨギエ トゥゴ カルケ
나 모두 여기에 두고 갈게
僕はすべてここに置いて行くから

スベク ポン スチョン ボンド
수백 번 수천 번도
数百回数千回も

ト オゴ カン イ キリ
더 오고 간 이 길이
行き来したこの道が

イサンハゲ ナッソルゴ
이상하게 낯설고
変に慣れなくて

マク アプゴ ポゴウォ
막 아프고 버거워
苦しくてたまらない

トラガル ス オプソ
돌아갈 수 없어
戻れない

ット スマヌン パムル
또 수많은 밤을
また幾多の夜を

ナン ヘメゲ トェルチ モルラ
난 헤매게 될지 몰라
僕はさ迷うことになるかもしれない

イビョルル コッタ
이별을 걷다
別れを歩く

ナン イビョルル コンヌンダ
난 이별을 걷는다
僕は別れを歩く

コルムコルミ モドゥ タ イビョリラ
걸음걸음이 모두 다 이별이라
歩みごとにすべて全部別れだと

オクチロ パルックンマン ポゴ ソ イッチマン
억지로 발끝만 보고 서 있지만
無理につま先だけ見て立っているけど

オヌリ ヒムギョウル ノル ウィヘ
오늘이 힘겨울 널 위해
今日が大変で君のために

ナ クマン ヨギソ トラソルケ
나 그만 여기서 돌아설게
僕はもうここからも戻るよ

アンニョン
안녕
さよなら

プディ チョウン ックム ックギルル
부디 좋은 꿈 꾸기를
どうかいい夢を見るよう



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます