江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

Say My Name - イェビン (DIA) 韓ドラ:春が来るのかな春 歌詞和訳

03 /15 2019
Say My Name - 예빈 (다이아)
作詞:타이비언 作曲:타이비언, 전윤기
韓国ドラマ:春が来るのかな春
出演:イ・ユリ、オム・ジウォン、イ・ジョンヒョク、チェ・ピョンモなど
自分のことしか考えないアナウンサーと、家族に献身する女優出身の国家議員妻の体が入れ替わり、2人の女性が本当の自分を取り戻していくファンタジーコメディ!!
Say My Name - 예빈 (다이아)

ッコッ パラメ シルリョ オン
꽃 바람에 실려 온
花風に乗せられてきた

ノル ムォラゴ プルルッカ
널 뭐라고 부를까
あなたを何と呼ぼうかな

ヘッサルル タルムン ク ミソ
햇살을 닮은 그 미소
日差しに似たその笑み

ナッカジ キブン チョウン ゴル
나까지 기분 좋은 걸
私まで気持ちいいわ

ナル ヒャンギロプケ マンドゥン
날 향기롭게 만든
私を香ばしくさせた

ヌル キブン チョッケ ハヌン
늘 기분 좋게 하는
いつも気分よくさせる

ノラン ケジョルル サヌン ゴン
너란 계절을 사는 건
あなたという季節を生きるのは

オッチョミョン ウンミョンイル コヤ
어쩌면 운명일 거야
もしかしたら運命だわ

セロクセロク チャック
새록새록 자꾸
次から次へと何度も

ニガ ットオルラ
네가 떠올라
あなたが浮かぶ

トゥグントゥグン マミ ソランスロウォ
두근두근 맘이 소란스러워
ドキドキ心が騒々しくて

サランイラン カムジョンウル
사랑이란 감정을
愛という感情を

ノエゲ トゥルキル コッ カタ
너에게 들킬 것 같아
あなたにバレそう

Say my name Say my name

チョウム マンナン ゴッチョロム
처음 만난 것처럼
初めて出会ったように

Say my name Say my name

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後のように

トゥルリル ドゥッ マル ドゥシ
들릴 듯 말 듯 이
聞こえそうで聞えなさそうな

ナル ポミラゴ プルロジョ
날 봄이라고 불러줘
私を春だと呼んでよ

ナビガ ノルラ チュムチュル ゴッチョロム
나비가 놀라 춤출 것처럼
蝶々が驚いて踊るように

オレドェン チェグル ッコネ
오래된 책을 꺼내
古い本を取り出して

セロプケ イルゴ カダ
새롭게 읽어 가다
新しく読んで行く

ヌンキリ モムチュン ハン チュレン
눈길이 멈춘 한 줄엔
視線が止まった一行には

サランイ ッスヨジョ イッソ
사랑이 쓰여져 있어
愛が綴られている

ナン ケスルゲ ノクヌン
난 게으르게 녹는
私は怠けるように溶ける

ヌッポメ オルム カタ
늦봄의 얼음 같아
晩春の氷みたい

トゥミョンハン ヌンムルマジョド
투명한 눈물마저도
透明な涙さえも

チョグムッシク アッキョ ッスヌン ゴル
조금씩 아껴 쓰는 걸
少しずつ大事に使うの

セロクセロク チャック
새록새록 자꾸
次から次へと何度も

ニガ ットオルラ
네가 떠올라
あなたが浮かぶ

トゥグントゥグン マミ ソランスロウォ
두근두근 맘이 소란스러워
ドキドキ心が騒々しくて

サランイラン カムジョンウル
사랑이란 감정을
愛という感情を

ノエゲ マルハル コッ カタ
너에게 말할 것 같아
あなたに話してるみたい

Say my name Say my name

チョウム マンナン ゴッチョロム
처음 만난 것처럼
初めて出会ったように

Say my name Say my name

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後のように

トゥルリル ドゥッ マル ドゥシ
들릴 듯 말 듯 이
聞こえそうで聞えなさそうな

ナル ポミラゴ プルロジョ
날 봄이라고 불러줘
私を春だと呼んでよ

ナビガ ノルラ チュムチュル ゴッチョロム
나비가 놀라 춤출 것처럼
蝶々が驚いて踊るように

クリウム ノ ハナ
그리움 너 하나
恋しさ あなた一つ

ポゴプム ナ ハナ
보고픔 나 하나
会いたさ 私一つ

オン セサンイ
온 세상이
世界中が

ノロマン カドゥク チャ
너로만 가득 차
あなたでだけいっぱい埋まって

ッコッ パラメ シルリョ オン
꽃 바람에 실려 온
花風に乗せられてきた

ノル ムォラゴ プルルッカ
널 뭐라고 부를까
あなたを何と呼ぼうかな

ヘッサルル タルムン ク ミソ
햇살을 닮은 그 미소
日差しに似たその笑み

ナッカジ キブン チョウン ゴル
나까지 기분 좋은 걸
私まで気持ちいいわ

ナル ヒャンギロプケ マンドゥン
날 향기롭게 만든
私を香ばしくさせた

ヌル キブン チョッケ ハヌン
늘 기분 좋게 하는
いつも気分よくさせる

ノラン ケジョルル サヌン ゴン
너란 계절을 사는 건
あなたという季節を生きるのは

オッチョミョン ウンミョンイル コヤ
어쩌면 운명일 거야
もしかしたら運命だわ

My love



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
Say My Name - 예빈 (다이아)

ッコッ パラメ シルリョ オン
꽃 바람에 실려 온
花風に乗せられてきた

ノル ムォラゴ プルルッカ
널 뭐라고 부를까
あなたを何と呼ぼうかな

ヘッサルル タルムン ク ミソ
햇살을 닮은 그 미소
日差しに似たその笑み

ナッカジ キブン チョウン ゴル
나까지 기분 좋은 걸
私まで気持ちいいわ

ナル ヒャンギロプケ マンドゥン
날 향기롭게 만든
私を香ばしくさせた

ヌル キブン チョッケ ハヌン
늘 기분 좋게 하는
いつも気分よくさせる

ノラン ケジョルル サヌン ゴン
너란 계절을 사는 건
あなたという季節を生きるのは

オッチョミョン ウンミョンイル コヤ
어쩌면 운명일 거야
もしかしたら運命だわ

セロクセロク チャック
새록새록 자꾸
次から次へと何度も

ニガ ットオルラ
네가 떠올라
あなたが浮かぶ

トゥグントゥグン マミ ソランスロウォ
두근두근 맘이 소란스러워
ドキドキ心が騒々しくて

サランイラン カムジョンウル
사랑이란 감정을
愛という感情を

ノエゲ トゥルキル コッ カタ
너에게 들킬 것 같아
あなたにバレそう

Say my name Say my name

チョウム マンナン ゴッチョロム
처음 만난 것처럼
初めて出会ったように

Say my name Say my name

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後のように

トゥルリル ドゥッ マル ドゥシ
들릴 듯 말 듯 이
聞こえそうで聞えなさそうな

ナル ポミラゴ プルロジョ
날 봄이라고 불러줘
私を春だと呼んでよ

ナビガ ノルラ チュムチュル ゴッチョロム
나비가 놀라 춤출 것처럼
蝶々が驚いて踊るように

オレドェン チェグル ッコネ
오래된 책을 꺼내
古い本を取り出して

セロプケ イルゴ カダ
새롭게 읽어 가다
新しく読んで行く

ヌンキリ モムチュン ハン チュレン
눈길이 멈춘 한 줄엔
視線が止まった一行には

サランイ ッスヨジョ イッソ
사랑이 쓰여져 있어
愛が綴られている

ナン ケスルゲ ノクヌン
난 게으르게 녹는
私は怠けるように溶ける

ヌッポメ オルム カタ
늦봄의 얼음 같아
晩春の氷みたい

トゥミョンハン ヌンムルマジョド
투명한 눈물마저도
透明な涙さえも

チョグムッシク アッキョ ッスヌン ゴル
조금씩 아껴 쓰는 걸
少しずつ大事に使うの

セロクセロク チャック
새록새록 자꾸
次から次へと何度も

ニガ ットオルラ
네가 떠올라
あなたが浮かぶ

トゥグントゥグン マミ ソランスロウォ
두근두근 맘이 소란스러워
ドキドキ心が騒々しくて

サランイラン カムジョンウル
사랑이란 감정을
愛という感情を

ノエゲ マルハル コッ カタ
너에게 말할 것 같아
あなたに話してるみたい

Say my name Say my name

チョウム マンナン ゴッチョロム
처음 만난 것처럼
初めて出会ったように

Say my name Say my name

マジマギン ゴッチョロム
마지막인 것처럼
最後のように

トゥルリル ドゥッ マル ドゥシ
들릴 듯 말 듯 이
聞こえそうで聞えなさそうな

ナル ポミラゴ プルロジョ
날 봄이라고 불러줘
私を春だと呼んでよ

ナビガ ノルラ チュムチュル ゴッチョロム
나비가 놀라 춤출 것처럼
蝶々が驚いて踊るように

クリウム ノ ハナ
그리움 너 하나
恋しさ あなた一つ

ポゴプム ナ ハナ
보고픔 나 하나
会いたさ 私一つ

オン セサンイ
온 세상이
世界中が

ノロマン カドゥク チャ
너로만 가득 차
あなたでだけいっぱい埋まって

ッコッ パラメ シルリョ オン
꽃 바람에 실려 온
花風に乗せられてきた

ノル ムォラゴ プルルッカ
널 뭐라고 부를까
あなたを何と呼ぼうかな

ヘッサルル タルムン ク ミソ
햇살을 닮은 그 미소
日差しに似たその笑み

ナッカジ キブン チョウン ゴル
나까지 기분 좋은 걸
私まで気持ちいいわ

ナル ヒャンギロプケ マンドゥン
날 향기롭게 만든
私を香ばしくさせた

ヌル キブン チョッケ ハヌン
늘 기분 좋게 하는
いつも気分よくさせる

ノラン ケジョルル サヌン ゴン
너란 계절을 사는 건
あなたという季節を生きるのは

オッチョミョン ウンミョンイル コヤ
어쩌면 운명일 거야
もしかしたら運命だわ

My love



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます