江南 よけろ  ロマンス バベル 真心 眩しくて ヨンワン リーガルハイ 熱血司祭 ヘチ アイテム 悲しい ビッグイシュー

僕の土地 - BewhY 歌詞和訳

03 /15 2019
ナエッタン
나의 땅 - 비와이(BewhY)
僕の土地
作詞:비와이(BewhY) 作曲:Oviz, 비와이(BewhY)
リクエスト頂いた曲です♪
ナエッタン
나의 땅 - 비와이(BewhY)
僕の土地

Korea ura

ウリヌン チャユ ハル ッテガ
우리는 자유 할 때가
僕たちは自由にしてる時が

チャヨンスロウン ポプ
자연스러운 법
自然な方法

チャヨンスロウン ゴシ
자연스러운 것이
自然なのが

モッスロウンゴゴ
멋스러운거고
素敵なことで

カジンゴル チャランハヌン ゲ
가진걸 자랑하는 게
持ってるものを自慢することが

オルマナ チャヨンスロウンゴンジ
얼마나 자연스러운건지
どれほど自然だったのか

Korea ura

チョドゥレ ウウォレジゴ シプン
저들의 우월해지고 싶은
彼らの優れたいという

マウムグァ ヒョモ ッテメ
마음과 혐오 땜에
気持ちと嫌悪のために

チャユ ハル クォンリルル
자유 할 권리를
自由になる権利を

チッパルムヒム タンハン ナロ ピョネ
짓밟힘 당한 나로 변해
踏みにじられる僕に変わる

ノワ ネガ トントゥンヘジル ッテン
너와 내가 동등해질 땐
君と僕が同等になるときは

カクチャガ ソ インヌン ゴセソ
각자가 서 있는 곳에서
それそれが立っている場所で

チャユ ハン ゲ チョネチョゴン
자유 한 게 전제조건
自由なのが前提条件

イジェ ネ ッタンエソマンクムン
이제 내 땅에서만큼은
もう僕の土地だけは

マウムデロ ハル ス イッケ トェン
마음대로 할 수 있게 된
思いのままに出来るようになった

ウリドゥレ ホフブン
우리들의 호흡은
僕たちの呼吸は

ネガ アニン
내가 아닌
自分じゃない

ナエ ップリイムル
나의 뿌리임을
自分の根元であることを

キオケヤ トェ
기억해야 돼
覚えておかなくちゃ

イジェン ソニ アグル
이젠 선이 악을
もう善が悪を

ウィヒョペヤ トェ
위협해야 돼
脅さなくちゃ

ピョンファヌン ネ ヨペ ワ
평화는 네 옆에 와
平野は君の傍に来て

ネ ヨンウル ピョンアニ ヘジョ
내 영을 평안히 해줘
僕の心を楽にしてよ

イッチマ
잊지마
忘れないで

ウリプモニム アボジ
우리부모님 아버지
僕たちの両親 お父さん

オモニエ トウム
어머니의 도움
お母さんの助け

ヨンウォニ フェボクトェン
영원히 회복된
永遠に回復した

ナエ チプ クレ ナエ コヒャン
나의 집 그래 나의 고향
僕の家 そう僕の故郷

トェオガネ
되어가네
成って行くね

チョウム クデロエ モヤン
처음 그대로의 모양
初めのそのままの形

3.1 ウンドンエ ホヌル
3.1 운동의 혼을
3.1運動の魂を

イオパドゥン サランハヌン ネ
이어받은 사랑하는 내
受け継いだ愛する僕の

ップリエ ピ ムドゥン トヤン
뿌리의 피 묻은 토양
根元の血 埋めた土壌

ナエ チベ チュグォヌン
나의 집의 주권은
僕の家の主権は

クドゥリ アニン
그들이 아닌
彼らじゃない

オジク ノワ ナエゲ
오직 너와 나에게
ただ僕と君に

Put ya hands up

テシン コス ハゴ ウェチジャ
대신 거수 하고 외치자
代わりに挙手して叫ぼう

ウリドゥレ マンセ
우리들의 만세
僕たちの万歳

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク パルバ
흙이 묻도록 밟아
土が付くように踏む

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク
흙이 묻도록
土が付くように

サンヘエソブト ソウル チョンロ
상해에서부터 서울 종로
上海からソウル 鍾路

チョンロ ハンボクパネソ ハンボンド」
종로 한복판에서 한반도
鍾路 真ん中から韓半 島

ウリ 100ニョネ ヨクサヌン
우리 100년의 역사는
僕たち100年の歴史は

チョドゥリ アニン
저들이 아닌
彼らじゃない

ウリ ヨルサドゥレ
우리 열사들의
僕たちの烈士の

ピッチャグギ カムドク
핏자국이 감독
血痕が監督

ハン セギエ ウェチミ
한 세기의 외침이
1世紀の叫びが

チグムル チャンチョ
지금을 창조
今を創造

アプロエ 100ニョヌル ヒャンハン
앞으로의 100년을 향한
これからの100年に向かった

ハン ボ
한 보
一譜

ノワ ネガ ウリガ
너와 내가 우리가
君と僕が僕たちに

トェオヤマン ワッコ
되어야만 완고
なってこそ頑固

ヘジゲッチ
해지겠지
日が沈むだろう

トゥチェン アネソ
투쟁 안에서
闘争の中で

ピョンファマヌル ナンドク
평화만을 낭독
平和だけを朗読

ウリ マンドゥロネヌン
우린 만들어내는
僕たちは作り出す

ヒムマン イッスル ップン
힘만 있을 뿐
力があるだけ

チョドゥルチョロム パウェハジ アナ
저들처럼 파괴하지 않아
彼らのように破壊しない

ウリガ チャユハゴ
우리가 자유하고
僕たちが自由と

ピョンファロウン ゴシ ウリエ
평화로운 것이 우리의
平和なのが僕たちの

ヨンウォナン パラミジャナ
영원한 바람이잖아
永遠の願いじゃない

イゴン チャドゥレ テハン
이건 저들에 대한
これは彼らに対する

ハニ アニャ ウリルル
한이 아냐 우리를
一つでない 僕たちを

クァゴエ サンチョエ
과거의 상처에
過去の傷で

カドゥリョ ハジマ
가두려 하지마
閉じ込めようとしないで

ウリドゥレ マンセヌン
우리들의 만세는
僕たちの万歳は

ポルスガ アニン
복수가 아닌
複数ではない

タガオル ネイレ
다가올 내일의
近づく明日の

チョンググル ヒャンハン ゴニッカ
천국을 향한 거니까
天国に向かってるのだから

オジェエ チプチャガギエン
어제에 집착하기엔
昨日に執着するのは

オヌル ナエ ッタンウン ピオケ
오늘 나의 땅은 비옥해
今日僕の土地は肥沃で

アジク ミフペド チャンランヘジル
아직 미흡해도 찬란해질
まだ不十分でもきらびやかに

ネイリ イッソ ウリ ヨペン
내일이 있어 우리 옆엔
明日がある 僕たちの隣には

チナオン 100ニョヌル チュオケ
지나온 100년을 추억해
過ぎた100年を思い出して

タガオル 100ニョヌン ウリオッケエ
다가올 100년은 우리어깨에
近づく100年は僕たちの肩に

タルリョッソ イジェ アルリョジョ
달렸어 이제 알려줘
走って もう教えてよ

イゴスン ウリエ コシムル
이곳은 우리의 것임을
これは僕たちのことを

キオクハジャ
기억하자
覚えていよう

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク パルバ
흙이 묻도록 밟아
土が付くように踏む

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク
흙이 묻도록
土が付くように



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ナエッタン
나의 땅 - 비와이(BewhY)
僕の土地


Korea ura

ウリヌン チャユ ハル ッテガ
우리는 자유 할 때가
僕たちは自由にしてる時が

チャヨンスロウン ポプ
자연스러운 법
自然な方法

チャヨンスロウン ゴシ
자연스러운 것이
自然なのが

モッスロウンゴゴ
멋스러운거고
素敵なことで

カジンゴル チャランハヌン ゲ
가진걸 자랑하는 게
持ってるものを自慢することが

オルマナ チャヨンスロウンゴンジ
얼마나 자연스러운건지
どれほど自然だったのか

Korea ura

チョドゥレ ウウォレジゴ シプン
저들의 우월해지고 싶은
彼らの優れたいという

マウムグァ ヒョモ ッテメ
마음과 혐오 땜에
気持ちと嫌悪のために

チャユ ハル クォンリルル
자유 할 권리를
自由になる権利を

チッパルムヒム タンハン ナロ ピョネ
짓밟힘 당한 나로 변해
踏みにじられる僕に変わる

ノワ ネガ トントゥンヘジル ッテン
너와 내가 동등해질 땐
君と僕が同等になるときは

カクチャガ ソ インヌン ゴセソ
각자가 서 있는 곳에서
それそれが立っている場所で

チャユ ハン ゲ チョネチョゴン
자유 한 게 전제조건
自由なのが前提条件

イジェ ネ ッタンエソマンクムン
이제 내 땅에서만큼은
もう僕の土地だけは

マウムデロ ハル ス イッケ トェン
마음대로 할 수 있게 된
思いのままに出来るようになった

ウリドゥレ ホフブン
우리들의 호흡은
僕たちの呼吸は

ネガ アニン
내가 아닌
自分じゃない

ナエ ップリイムル
나의 뿌리임을
自分の根元であることを

キオケヤ トェ
기억해야 돼
覚えておかなくちゃ

イジェン ソニ アグル
이젠 선이 악을
もう善が悪を

ウィヒョペヤ トェ
위협해야 돼
脅さなくちゃ

ピョンファヌン ネ ヨペ ワ
평화는 네 옆에 와
平野は君の傍に来て

ネ ヨンウル ピョンアニ ヘジョ
내 영을 평안히 해줘
僕の心を楽にしてよ

イッチマ
잊지마
忘れないで

ウリプモニム アボジ
우리부모님 아버지
僕たちの両親 お父さん

オモニエ トウム
어머니의 도움
お母さんの助け

ヨンウォニ フェボクトェン
영원히 회복된
永遠に回復した

ナエ チプ クレ ナエ コヒャン
나의 집 그래 나의 고향
僕の家 そう僕の故郷

トェオガネ
되어가네
成って行くね

チョウム クデロエ モヤン
처음 그대로의 모양
初めのそのままの形

3.1 ウンドンエ ホヌル
3.1 운동의 혼을
3.1運動の魂を

イオパドゥン サランハヌン ネ
이어받은 사랑하는 내
受け継いだ愛する僕の

ップリエ ピ ムドゥン トヤン
뿌리의 피 묻은 토양
根元の血 埋めた土壌

ナエ チベ チュグォヌン
나의 집의 주권은
僕の家の主権は

クドゥリ アニン
그들이 아닌
彼らじゃない

オジク ノワ ナエゲ
오직 너와 나에게
ただ僕と君に

Put ya hands up

テシン コス ハゴ ウェチジャ
대신 거수 하고 외치자
代わりに挙手して叫ぼう

ウリドゥレ マンセ
우리들의 만세
僕たちの万歳

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク パルバ
흙이 묻도록 밟아
土が付くように踏む

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク
흙이 묻도록
土が付くように

サンヘエソブト ソウル チョンロ
상해에서부터 서울 종로
上海からソウル 鍾路

チョンロ ハンボクパネソ ハンボンド」
종로 한복판에서 한반도
鍾路 真ん中から韓半 島

ウリ 100ニョネ ヨクサヌン
우리 100년의 역사는
僕たち100年の歴史は

チョドゥリ アニン
저들이 아닌
彼らじゃない

ウリ ヨルサドゥレ
우리 열사들의
僕たちの烈士の

ピッチャグギ カムドク
핏자국이 감독
血痕が監督

ハン セギエ ウェチミ
한 세기의 외침이
1世紀の叫びが

チグムル チャンチョ
지금을 창조
今を創造

アプロエ 100ニョヌル ヒャンハン
앞으로의 100년을 향한
これからの100年に向かった

ハン ボ
한 보
一譜

ノワ ネガ ウリガ
너와 내가 우리가
君と僕が僕たちに

トェオヤマン ワッコ
되어야만 완고
なってこそ頑固

ヘジゲッチ
해지겠지
日が沈むだろう

トゥチェン アネソ
투쟁 안에서
闘争の中で

ピョンファマヌル ナンドク
평화만을 낭독
平和だけを朗読

ウリ マンドゥロネヌン
우린 만들어내는
僕たちは作り出す

ヒムマン イッスル ップン
힘만 있을 뿐
力があるだけ

チョドゥルチョロム パウェハジ アナ
저들처럼 파괴하지 않아
彼らのように破壊しない

ウリガ チャユハゴ
우리가 자유하고
僕たちが自由と

ピョンファロウン ゴシ ウリエ
평화로운 것이 우리의
平和なのが僕たちの

ヨンウォナン パラミジャナ
영원한 바람이잖아
永遠の願いじゃない

イゴン チャドゥレ テハン
이건 저들에 대한
これは彼らに対する

ハニ アニャ ウリルル
한이 아냐 우리를
一つでない 僕たちを

クァゴエ サンチョエ
과거의 상처에
過去の傷で

カドゥリョ ハジマ
가두려 하지마
閉じ込めようとしないで

ウリドゥレ マンセヌン
우리들의 만세는
僕たちの万歳は

ポルスガ アニン
복수가 아닌
複数ではない

タガオル ネイレ
다가올 내일의
近づく明日の

チョンググル ヒャンハン ゴニッカ
천국을 향한 거니까
天国に向かってるのだから

オジェエ チプチャガギエン
어제에 집착하기엔
昨日に執着するのは

オヌル ナエ ッタンウン ピオケ
오늘 나의 땅은 비옥해
今日僕の土地は肥沃で

アジク ミフペド チャンランヘジル
아직 미흡해도 찬란해질
まだ不十分でもきらびやかに

ネイリ イッソ ウリ ヨペン
내일이 있어 우리 옆엔
明日がある 僕たちの隣には

チナオン 100ニョヌル チュオケ
지나온 100년을 추억해
過ぎた100年を思い出して

タガオル 100ニョヌン ウリオッケエ
다가올 100년은 우리어깨에
近づく100年は僕たちの肩に

タルリョッソ イジェ アルリョジョ
달렸어 이제 알려줘
走って もう教えてよ

イゴスン ウリエ コシムル
이곳은 우리의 것임을
これは僕たちのことを

キオクハジャ
기억하자
覚えていよう

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク パルバ
흙이 묻도록 밟아
土が付くように踏む

イジェヌン チョルテロ
이제는 절대로
もう絶対に

カジョガル ス オプソ
가져갈 수 없어
持っていけない

ノワ ナエ ッタン
너와 나의 땅
君と僕の土地

ネ パジエ ネ ッタンエ
내 바지에 내 땅의
僕のズボンに僕の土地の

フルギ ムントロク
흙이 묻도록
土が付くように



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます