ヨンワン ウラチャチャ 国民の 彼女の 美しい 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏 助けて2 ただ

左手の先に - パク・ボラム 韓ドラ:真心が届く 歌詞和訳

パク・ボラム(박보람)《♀》
03 /14 2019
ウェンソンックテ
왼손끝에 - 박보람
左手の先に
作詞作曲:이종수, 나병수
韓国ドラマ:真心が届く
出演:イ・ドンウク、ユ・インナ、イ・サンウ、ソン・ソンユンなど
有名女優のオ・ユンソ(ユ・インナ)は、富裕な家族の息子とのスキャンダルに巻き込まれてしまいます。オ・ユンソは、キャリアが急速に崩れていくなか、スクリーンに舞い戻るという最後の希望を求め、有名な脚本家が書いたドラマの秘書役を獲得します。その役になりきるため、オ・ユンソは、完璧主義すぎるという悪名を持つ弁護士のクォン・ジョンロク(イ・ドンウク)の下で、3ヶ月間秘書として働き始めることに。
ウェンソンックテ
왼손끝에 - 박보람
左手の先に


アジク ナエ ウェンソン ックテ
아직 나의 왼손 끝에
まだ私の左手の先に

ナマ インヌン クデ オンギガ
남아 있는 그대 온기가
残っているあなたの温もりが

ネ ウェンチョク カスムル
내 왼쪽 가슴을
私の左側の胸を

カムッサゴ イッチョ
감싸고 있죠
包んでいるわ

クッテチョロムヨ
그때처럼요
あの時のようにね

チャマ ウェンソン ックンチャラゲ
차마 왼손 끝자락에
とても左手の先に

ナマ インヌン クデ オルンソン
남아 있는 그대 오른손
残っているあなたの右手

ヌヮジュル ス オプタゴ
놔줄 수 없다고
離せないと

ットルリヌン ソンックン ッコク チャプコソ
떨리는 손끝 꼭 잡고서
震える指先ぎゅっと握って

アジク ットナジ マヨ
아직 떠나지 마요
まだ離れないで

ソヌル ノッチ マラヨ
손을 놓지 말아요
手を離さないで

クィッカエ ウルリヌン ク ノレ
귓가에 울리는 그 노래
耳元に響くその歌

モムチュジ マヨ
멈추지 마요
止まらないで

アジク チョナジ モタン
아직 전하지 못한
まだ伝えられなかった

マリ ナマ イッソヨ
말이 남아 있어요
言葉が残っているよ

ウェンソン ックテ タアットン
왼손 끝에 닿았던
左手の先に触れた

チャグン クデエ ソヌル
작은 그대의 손을
小さなあなたの手を

ノアチュギエヌン ナ アジク
놓아주기에는 나 아직
離してあげるには私はまだ

ソロルル アンコ
서로를 안고
お互いを抱きしめて

パラブヮ ジュドン ヌヌル
바라봐 주던 눈을
見つめた目を

イジュル スガ オプソヨ
잊을 수가 없어요
忘れられないの

チョグム チャガウン パラム ノモ
조금 차가운 바람 너머
少し冷たい風の向こうを

ッタラ コロットン クナレ
따라 걸었던 그날에
追って歩いたあの日に

チャグン クデエ ソネ
작은 그대의 손에
小さなあなたの手に

モルレ プトチドン
몰래 부딪히던
こっそり触れた

ウェンソン ックテ
왼손 끝에
左手の先に

パダ ポイヌン ク コリ
바다 보이는 그 거리
海が見えるその通り

モンジョ パルッチャンウル ッキョジュドン
먼저 팔짱을 껴주던
先に腕を組んでくれた

ネ ウェンチョク パル サイエ
내 왼쪽 팔 사이에
私の左の腕の間に

ナマ インヌン
남아 있는
残っている

ウリ シガン
우리 시간
私たちの時間

アジク ットナジ マヨ
아직 떠나지 마요
まだ離れないで

ソヌル ノッチ マラヨ
손을 놓지 말아요
手を離さないで

チグム ソロ ノッキエン アジク
지금 서로 놓기엔 아직
今お互いに離すにはまだ

イェップン クデガ
예쁜 그대가
綺麗なあなたが

ネゲ ウッコ イッソヨ
내게 웃고 있어요
私に笑っているね

クデン ソヌル チャプコソ
그대 손을 잡고서
あなたの手を握って

イェギハゴ シポヨ
얘기하고 싶어요
話したいの

アジク タッチ モタン ゴッ カトゥン
아직 닿지 못한 것 같은
まだ打届かなかったような

ネ ウェンチョク カスメ
내 왼쪽 가슴에
私の左胸に

キピ セギョジョ インヌン
깊이 새겨져 있는
深く刻まれている

クデエゲ ッスン マウムル
그대에게 쓴 마음을
あなたに使った心を

ネ ソヌル チャバ ジョヨ
내 손을 잡아 줘요
私の手を握ってよ

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
ウェンソンックテ
왼손끝에 - 박보람
左手の先に


アジク ナエ ウェンソン ックテ
아직 나의 왼손 끝에
まだ私の左手の先に

ナマ インヌン クデ オンギガ
남아 있는 그대 온기가
残っているあなたの温もりが

ネ ウェンチョク カスムル
내 왼쪽 가슴을
私の左側の胸を

カムッサゴ イッチョ
감싸고 있죠
包んでいるわ

クッテチョロムヨ
그때처럼요
あの時のようにね

チャマ ウェンソン ックンチャラゲ
차마 왼손 끝자락에
とても左手の先に

ナマ インヌン クデ オルンソン
남아 있는 그대 오른손
残っているあなたの右手

ヌヮジュル ス オプタゴ
놔줄 수 없다고
離せないと

ットルリヌン ソンックン ッコク チャプコソ
떨리는 손끝 꼭 잡고서
震える指先ぎゅっと握って

アジク ットナジ マヨ
아직 떠나지 마요
まだ離れないで

ソヌル ノッチ マラヨ
손을 놓지 말아요
手を離さないで

クィッカエ ウルリヌン ク ノレ
귓가에 울리는 그 노래
耳元に響くその歌

モムチュジ マヨ
멈추지 마요
止まらないで

アジク チョナジ モタン
아직 전하지 못한
まだ伝えられなかった

マリ ナマ イッソヨ
말이 남아 있어요
言葉が残っているよ

ウェンソン ックテ タアットン
왼손 끝에 닿았던
左手の先に触れた

チャグン クデエ ソヌル
작은 그대의 손을
小さなあなたの手を

ノアチュギエヌン ナ アジク
놓아주기에는 나 아직
離してあげるには私はまだ

ソロルル アンコ
서로를 안고
お互いを抱きしめて

パラブヮ ジュドン ヌヌル
바라봐 주던 눈을
見つめた目を

イジュル スガ オプソヨ
잊을 수가 없어요
忘れられないの

チョグム チャガウン パラム ノモ
조금 차가운 바람 너머
少し冷たい風の向こうを

ッタラ コロットン クナレ
따라 걸었던 그날에
追って歩いたあの日に

チャグン クデエ ソネ
작은 그대의 손에
小さなあなたの手に

モルレ プトチドン
몰래 부딪히던
こっそり触れた

ウェンソン ックテ
왼손 끝에
左手の先に

パダ ポイヌン ク コリ
바다 보이는 그 거리
海が見えるその通り

モンジョ パルッチャンウル ッキョジュドン
먼저 팔짱을 껴주던
先に腕を組んでくれた

ネ ウェンチョク パル サイエ
내 왼쪽 팔 사이에
私の左の腕の間に

ナマ インヌン
남아 있는
残っている

ウリ シガン
우리 시간
私たちの時間

アジク ットナジ マヨ
아직 떠나지 마요
まだ離れないで

ソヌル ノッチ マラヨ
손을 놓지 말아요
手を離さないで

チグム ソロ ノッキエン アジク
지금 서로 놓기엔 아직
今お互いに離すにはまだ

イェップン クデガ
예쁜 그대가
綺麗なあなたが

ネゲ ウッコ イッソヨ
내게 웃고 있어요
私に笑っているね

クデン ソヌル チャプコソ
그대 손을 잡고서
あなたの手を握って

イェギハゴ シポヨ
얘기하고 싶어요
話したいの

アジク タッチ モタン ゴッ カトゥン
아직 닿지 못한 것 같은
まだ打届かなかったような

ネ ウェンチョク カスメ
내 왼쪽 가슴에
私の左胸に

キピ セギョジョ インヌン
깊이 새겨져 있는
深く刻まれている

クデエゲ ッスン マウムル
그대에게 쓴 마음을
あなたに使った心を

ネ ソヌル チャバ ジョヨ
내 손을 잡아 줘요
私の手を握ってよ


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます