江南 ヨンワン ウラチャチャ 国民の 彼女の 美しい 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏

月の下の私 - イ・シウン 韓ドラ:アイテム 歌詞和訳

03 /12 2019
タルアレナ
달 아래 나 - 이시은
月の下の私
作詞:김호경 作曲:1601
韓国ドラマ:アイテム
出演:チュ・ジフン、チョン・セヨン、キム・カンウ、キム・ユリ、パク・ウォンサンなど
「アイテム」は、黒幕検事カン・ゴン(チュ・ジフン)とプロファイラーのシン・ソヨン(チン・セヨン)が、特別な超能力を持った“アイテム”を得ようとする人間の欲望の中に隠された陰謀と秘密を暴くファンタジーブロックバスター。カカオページで人気連載中の同名のウェブ漫画が原作
タルアレナ
달 아래 나 - 이시은
月の下の私


タシ ット ホンジャ コンヌン パム
다시 또 혼자 걷는 밤
再びまた一人で歩く夜

オンジェンガヌン タウル ス イッスルッカ
언젠가는 닿을 수 있을까
いつかは届くかな

クジョ パラマン ポダ
그저 바라만 보다
ただ見つめるより

ヨギ マウメ タマ
여기 마음에 담아
この心に込めて

トゥ ソネ チュィン
두 손에 쥔
両手に握った

チャグン キデマン ポネ
작은 기대만 보네
小さな期待だけ見るわ

ネ モリ ウィルル ピチュヌン
내 머리 위를 비추는
私の頭の上を照らす

パンッチャギヌン タルピッ
반짝이는 달빛
輝く月明り

ネ マムル オントン フィチョンヌン
내 맘을 온통 휘젓는
私の気持ちをすべて掻き回す

トゥリョウムル ポンダミョン
두려움을 본다면
恐れを見たなら

ックンオムヌン オヌル
끝없는 오늘
限りない今日

ヌル カトゥン オドゥン シガン
늘 같은 어둔 시간
いつも同じ暗い時間

ックムチョロム ナル
꿈처럼 날
夢のように私を

ッケウォジュル コッ カタ
깨워줄 것 같아
起こしてくれるみたい

タレ セギネ ソロウン マウムド
달에 새기네 서러운 마음도
月に刻むね 侘しい心も

タ チチョボリン イ ハルド
다 지쳐버린 이 하루도
すべて疲れてしまったこの一日も

イ キル ックテ ナムキョジン ゴン
이 길 끝에 남겨진 건
この道の果てに残されたのは

クデワ ハムッケ ウンヌン ナイギル
그대와 함께 웃는 나이길
あなたと共に笑う私であるよう

マメ セギネ ッタスハン チョ タルピッ
맘에 새기네 따스한 저 달빛
心に刻むよ 暖かいあの月明かり

ウィロハヌン ク マウムド
위로하는 그 마음도
慰めるその心も

クデ キダリョチュギルル
그대 기다려주기를
あなた待ってくれるよう

ウリ タシ カチュル ス イッキルル
우리 다시 같을 수 있기를
私たちもう一度同じになれるよう

チョブン キルモグン モロジョ
좁은 길목은 멀어져
狭い街角は遠ざかって

ハヨムオプシ コッコ ット コッタガ
하염없이 걷고 또 걷다가
ひたすら歩いてまた歩いて

チャムシ コゲルル トゥロ
잠시 고개를 들어
しばらく顔を上げて

クマン モムチュゴ シポ
그만 멈추고 싶어
思わず止まりたい

イデロ ナ
이대로 나
このまま私は

トゥ ヌン カムコマン シポ
두 눈 감고만 싶어
両目閉じたい

ネ オン モムル タ カムッサヌン
내 온 몸을 다 감싸는
私の全身をすべて包む

ッソダジヌン タルピッ
쏟아지는 달빛
溢れる月明り

ネ マウムッカジ ヘアリョ
내 마음까지 헤아려
私の心まで推し量って

プメ アナジュンダミョン
품에 안아준다면
胸に抱きしめてくれるなら

ソネ チャビル ドゥッ
손에 잡힐 듯
手でつかまえられるように

チャック コジヌン パラム
자꾸 커지는 바람
何度も大きくなる風

ヌンブシゲ ピチョジュル コッ カタ
눈부시게 비춰줄 것 같아
眩しく照らしてくれるみたい

タレ セギネ ソロウン マウムド
달에 새기네 서러운 마음도
月に刻むね 侘しい心も

タ チチョボリン イ ハルド
다 지쳐버린 이 하루도
すべて疲れてしまったこの一日も

イ キル ックテ ナムキョジン ゴン
이 길 끝에 남겨진 건
この道の果てに残されたのは

クデワ ハムッケ ウンヌン ナイギル
그대와 함께 웃는 나이길
あなたと共に笑う私であるよう

マメ セギネ ッタスハン チョ タルピッ
맘에 새기네 따스한 저 달빛
心に刻むよ 暖かいあの月明かり

ウィロハヌン ク マウムド
위로하는 그 마음도
慰めるその心も

クデ キダリョチュギルル
그대 기다려주기를
あなた待ってくれるよう

ウリ タシ カチュル ス イッキルル
우리 다시 같을 수 있기를
私たちもう一度同じになれるよう

タル アレ モムチュン
달 아래 멈춘
月の下に止まった

コダナン コルムド
고단한 걸음도
だるい歩みも

オンジェンガヌン ガ タルゲッチ
언젠가는 가 닿겠지
いつかは行って着くだろう

タシ セビョギ オンダミョン
다시 새벽이 온다면
また夜が明けるなら

ヨギ ネゲ クデマン イッキルル
여기 내게 그대만 있기를
ここにあなたにあなただけいてくれるよう

ウリ タシ カチュル ス イッキルル
우리 다시 같을 수 있기를
私たち再び同じであるよう

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
タルアレナ
달 아래 나 - 이시은
月の下の私


タシ ット ホンジャ コンヌン パム
다시 또 혼자 걷는 밤
再びまた一人で歩く夜

オンジェンガヌン タウル ス イッスルッカ
언젠가는 닿을 수 있을까
いつかは届くかな

クジョ パラマン ポダ
그저 바라만 보다
ただ見つめるより

ヨギ マウメ タマ
여기 마음에 담아
この心に込めて

トゥ ソネ チュィン
두 손에 쥔
両手に握った

チャグン キデマン ポネ
작은 기대만 보네
小さな期待だけ見るわ

ネ モリ ウィルル ピチュヌン
내 머리 위를 비추는
私の頭の上を照らす

パンッチャギヌン タルピッ
반짝이는 달빛
輝く月明り

ネ マムル オントン フィチョンヌン
내 맘을 온통 휘젓는
私の気持ちをすべて掻き回す

トゥリョウムル ポンダミョン
두려움을 본다면
恐れを見たなら

ックンオムヌン オヌル
끝없는 오늘
限りない今日

ヌル カトゥン オドゥン シガン
늘 같은 어둔 시간
いつも同じ暗い時間

ックムチョロム ナル
꿈처럼 날
夢のように私を

ッケウォジュル コッ カタ
깨워줄 것 같아
起こしてくれるみたい

タレ セギネ ソロウン マウムド
달에 새기네 서러운 마음도
月に刻むね 侘しい心も

タ チチョボリン イ ハルド
다 지쳐버린 이 하루도
すべて疲れてしまったこの一日も

イ キル ックテ ナムキョジン ゴン
이 길 끝에 남겨진 건
この道の果てに残されたのは

クデワ ハムッケ ウンヌン ナイギル
그대와 함께 웃는 나이길
あなたと共に笑う私であるよう

マメ セギネ ッタスハン チョ タルピッ
맘에 새기네 따스한 저 달빛
心に刻むよ 暖かいあの月明かり

ウィロハヌン ク マウムド
위로하는 그 마음도
慰めるその心も

クデ キダリョチュギルル
그대 기다려주기를
あなた待ってくれるよう

ウリ タシ カチュル ス イッキルル
우리 다시 같을 수 있기를
私たちもう一度同じになれるよう

チョブン キルモグン モロジョ
좁은 길목은 멀어져
狭い街角は遠ざかって

ハヨムオプシ コッコ ット コッタガ
하염없이 걷고 또 걷다가
ひたすら歩いてまた歩いて

チャムシ コゲルル トゥロ
잠시 고개를 들어
しばらく顔を上げて

クマン モムチュゴ シポ
그만 멈추고 싶어
思わず止まりたい

イデロ ナ
이대로 나
このまま私は

トゥ ヌン カムコマン シポ
두 눈 감고만 싶어
両目閉じたい

ネ オン モムル タ カムッサヌン
내 온 몸을 다 감싸는
私の全身をすべて包む

ッソダジヌン タルピッ
쏟아지는 달빛
溢れる月明り

ネ マウムッカジ ヘアリョ
내 마음까지 헤아려
私の心まで推し量って

プメ アナジュンダミョン
품에 안아준다면
胸に抱きしめてくれるなら

ソネ チャビル ドゥッ
손에 잡힐 듯
手でつかまえられるように

チャック コジヌン パラム
자꾸 커지는 바람
何度も大きくなる風

ヌンブシゲ ピチョジュル コッ カタ
눈부시게 비춰줄 것 같아
眩しく照らしてくれるみたい

タレ セギネ ソロウン マウムド
달에 새기네 서러운 마음도
月に刻むね 侘しい心も

タ チチョボリン イ ハルド
다 지쳐버린 이 하루도
すべて疲れてしまったこの一日も

イ キル ックテ ナムキョジン ゴン
이 길 끝에 남겨진 건
この道の果てに残されたのは

クデワ ハムッケ ウンヌン ナイギル
그대와 함께 웃는 나이길
あなたと共に笑う私であるよう

マメ セギネ ッタスハン チョ タルピッ
맘에 새기네 따스한 저 달빛
心に刻むよ 暖かいあの月明かり

ウィロハヌン ク マウムド
위로하는 그 마음도
慰めるその心も

クデ キダリョチュギルル
그대 기다려주기를
あなた待ってくれるよう

ウリ タシ カチュル ス イッキルル
우리 다시 같을 수 있기를
私たちもう一度同じになれるよう

タル アレ モムチュン
달 아래 멈춘
月の下に止まった

コダナン コルムド
고단한 걸음도
だるい歩みも

オンジェンガヌン ガ タルゲッチ
언젠가는 가 닿겠지
いつかは行って着くだろう

タシ セビョギ オンダミョン
다시 새벽이 온다면
また夜が明けるなら

ヨギ ネゲ クデマン イッキルル
여기 내게 그대만 있기를
ここにあなたにあなただけいてくれるよう

ウリ タシ カチュル ス イッキルル
우리 다시 같을 수 있기를
私たち再び同じであるよう



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます