江南 ヨンワン ウラチャチャ 国民の 彼女の 美しい 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏

この道の上に立って (Feat. チョ・スンウ) - イ・ヨンミ 歌詞和訳

02 /20 2019
イキルウィエソソ
이 길 위에 서서 (Feat. 조승우) - 이영미
この道の上に立って
リクエスト頂いた曲です♪
イキルウィエソソ
이 길 위에 서서 (Feat. 조승우) - 이영미
この道の上に立って

チナジ アヌル コンマン カットン オドゥミ
지나지 않을 것만 같던 어둠이
過ぎ去らなさそうだった闇が

トルゴ トラ
돌고 돌아
巡り巡って

セビョグロ ムルドゥル チュメン
새벽으로 물들 즘엔
明け方に染まるころには

チナガン ナルド
지나간 날도
過ぎ去った日も

アムロッチ アヌン ドゥッ
아무렇지 않은 듯
何ともないように

クッテ ナン ウスム
그때 난 웃음
その時私は笑みを

チウル スド イッスルッカ
지을 수도 있을까
浮かべられるかな

ニガ ソ イットン
니가 서 있던
君が立っていた

イクスカン ク キル ウィエ
익숙한 그 길 위에
馴染むその道の上に

ソヌル ッポド
손을 뻗어
手を伸ばして

ノル チャブリョ エッソブヮド
널 잡으려 애써봐도
あなたをつかまえようと頑張ってみても

チヌン ヘルル
지는 해를
沈む太陽を

タシ トルリル ス オプソソ
다시 돌릴 수 없어서
もう戻せなくて

ッカマン コリエ ホルロ ソ イッタ
까만 거리에 홀로 서 있다
真っ暗な街に一人で立っている

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ノル イジュル スド イッスルッカ
널 잊을 수도 있을까
君を忘れることも出来るかな

ハルヘガ ット チョムルミョン
하루해가 또 저물면
一日太陽がまた暮れれば

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

ク チャリエ ナン ソイッタ
그 자리에 난 서있다
その場所に僕は立っている

オルマナ ト チナン フエヤ
얼마나 더 지난 후에야
どれほどさらに過ぎれば

ナン コルル ス イッスルッカ
난 걸을 수 있을까
僕は歩けるだろうか

イ キル ウィエ ソソ
이 길 위에 서서
この道の上に立って

アプル ポル ス オプソットン
앞을 볼 수 없었던
前も見れなかった

ネ トゥ ヌニ
내 두 눈이
僕の両目が

セビョクピチェ シッキョ
새벽빛에 씻겨
明け方の光に洗われて

ポル ス イッケ トェミョン
볼 수 있게 되면
見ることができようになったら

コジンマルチョロム ネ アペン
거짓말처럼 내 앞엔
嘘のように僕の前には

ニガ イッコ
니가 있고
君がいて

ノワ ナ ウリガ
너와 나 우리가
君と僕 僕たちに

トェル スド イッスルッカ
될 수도 있을까
なることもあるかな

ットナガン ノエ
떠나간 너의
離れた君の

クリムジャルル ッタラソ
그림자를 따라서
影を追って

ヌヌル カマド
눈을 감아도
目を閉じても

タシ ヌヌル ットブヮド
다시 눈을 떠봐도
また目を開けても

ッケオジン マム
깨어진 맘
壊れた心

タシ トルリル ス オプソソ
다시 돌릴 수 없어서
二度と戻せなくて

コリエン クジョ パラム ソリマン
거리엔 그저 바람 소리만
街にはただ風の音だけ

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ノル イジュル スド イッスルッカ
널 잊을 수도 있을까
君を忘れることも出来るかな

ハルヘガ ット チョムルミョン
하루해가 또 저물면
一日太陽がまた暮れれば

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

ク チャリエ ナン ソイッタ
그 자리에 난 서있다
その場所に僕は立っている

オルマナ ト チナン フエヤ
얼마나 더 지난 후에야
どれほどさらに過ぎれば

ナン コルル ス イッスルッカ
난 걸을 수 있을까
僕は歩けるだろうか

シガニ フルミョン パムル チナ
시간이 흐르면 밤을 지나
時間が流れれば夜が過ぎ

アチミ オンダミョン
아침이 온다면
朝が来れば

ヌンムリ マルヌン ク オヌナル
눈물이 마르는 그 어느날
涙が乾くある日

タシ サラギ オリョナ
다시 사랑이 오려나
また愛が来るのか

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ノル イジュル スド イッスルッカ
널 잊을 수도 있을까
あなたを忘れることも出来るかな

ハルヘガ ット チョムルミョン
하루해가 또 저물면
一日太陽がまた暮れれば

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

ヨギ ソイッタ
여기 서있다
ここに立っている

オルマナ ト チナガン フエヤ
얼마나 더 지나간 후에야
どれほどさらに過ぎ去って行けば

イロソル ス イッスルッカ
일어설 수 있을까
立ち上がれるだろうか

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ネガ ノル イジュル スガ イッスルッカ
내가 널 잊을 수가 있을까
私があなたを忘れられるかな

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

オルマナ ト チナン フエヤ
얼마나 더 지난 후에야
どれほどさらに過ぎれば

ナン コルル ス イッスルッカ
난 걸을 수 있을까
僕は歩けるだろうか

ノ ットナン ク キレ
너 떠난 그 길에
あなたが去ったその道に

イ キル ウィエ ソソ
이 길 위에 서서
この道の上に立って



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
イキルウィエソソ
이 길 위에 서서 (Feat. 조승우) - 이영미
この道の上に立って


チナジ アヌル コンマン カットン オドゥミ
지나지 않을 것만 같던 어둠이
過ぎ去らなさそうだった闇が

トルゴ トラ
돌고 돌아
巡り巡って

セビョグロ ムルドゥル チュメン
새벽으로 물들 즘엔
明け方に染まるころには

チナガン ナルド
지나간 날도
過ぎ去った日も

アムロッチ アヌン ドゥッ
아무렇지 않은 듯
何ともないように

クッテ ナン ウスム
그때 난 웃음
その時私は笑みを

チウル スド イッスルッカ
지을 수도 있을까
浮かべられるかな

ニガ ソ イットン
니가 서 있던
君が立っていた

イクスカン ク キル ウィエ
익숙한 그 길 위에
馴染むその道の上に

ソヌル ッポド
손을 뻗어
手を伸ばして

ノル チャブリョ エッソブヮド
널 잡으려 애써봐도
あなたをつかまえようと頑張ってみても

チヌン ヘルル
지는 해를
沈む太陽を

タシ トルリル ス オプソソ
다시 돌릴 수 없어서
もう戻せなくて

ッカマン コリエ ホルロ ソ イッタ
까만 거리에 홀로 서 있다
真っ暗な街に一人で立っている

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ノル イジュル スド イッスルッカ
널 잊을 수도 있을까
君を忘れることも出来るかな

ハルヘガ ット チョムルミョン
하루해가 또 저물면
一日太陽がまた暮れれば

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

ク チャリエ ナン ソイッタ
그 자리에 난 서있다
その場所に僕は立っている

オルマナ ト チナン フエヤ
얼마나 더 지난 후에야
どれほどさらに過ぎれば

ナン コルル ス イッスルッカ
난 걸을 수 있을까
僕は歩けるだろうか

イ キル ウィエ ソソ
이 길 위에 서서
この道の上に立って

アプル ポル ス オプソットン
앞을 볼 수 없었던
前も見れなかった

ネ トゥ ヌニ
내 두 눈이
僕の両目が

セビョクピチェ シッキョ
새벽빛에 씻겨
明け方の光に洗われて

ポル ス イッケ トェミョン
볼 수 있게 되면
見ることができようになったら

コジンマルチョロム ネ アペン
거짓말처럼 내 앞엔
嘘のように僕の前には

ニガ イッコ
니가 있고
君がいて

ノワ ナ ウリガ
너와 나 우리가
君と僕 僕たちに

トェル スド イッスルッカ
될 수도 있을까
なることもあるかな

ットナガン ノエ
떠나간 너의
離れた君の

クリムジャルル ッタラソ
그림자를 따라서
影を追って

ヌヌル カマド
눈을 감아도
目を閉じても

タシ ヌヌル ットブヮド
다시 눈을 떠봐도
また目を開けても

ッケオジン マム
깨어진 맘
壊れた心

タシ トルリル ス オプソソ
다시 돌릴 수 없어서
二度と戻せなくて

コリエン クジョ パラム ソリマン
거리엔 그저 바람 소리만
街にはただ風の音だけ

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ノル イジュル スド イッスルッカ
널 잊을 수도 있을까
君を忘れることも出来るかな

ハルヘガ ット チョムルミョン
하루해가 또 저물면
一日太陽がまた暮れれば

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

ク チャリエ ナン ソイッタ
그 자리에 난 서있다
その場所に僕は立っている

オルマナ ト チナン フエヤ
얼마나 더 지난 후에야
どれほどさらに過ぎれば

ナン コルル ス イッスルッカ
난 걸을 수 있을까
僕は歩けるだろうか

シガニ フルミョン パムル チナ
시간이 흐르면 밤을 지나
時間が流れれば夜が過ぎ

アチミ オンダミョン
아침이 온다면
朝が来れば

ヌンムリ マルヌン ク オヌナル
눈물이 마르는 그 어느날
涙が乾くある日

タシ サラギ オリョナ
다시 사랑이 오려나
また愛が来るのか

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ノル イジュル スド イッスルッカ
널 잊을 수도 있을까
あなたを忘れることも出来るかな

ハルヘガ ット チョムルミョン
하루해가 또 저물면
一日太陽がまた暮れれば

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

ヨギ ソイッタ
여기 서있다
ここに立っている

オルマナ ト チナガン フエヤ
얼마나 더 지나간 후에야
どれほどさらに過ぎ去って行けば

イロソル ス イッスルッカ
일어설 수 있을까
立ち上がれるだろうか

アチミ ットオルル ッテミョン
아침이 떠오를 때면
朝が浮かび上がったら

ヌンムルド マルラボリルッカ
눈물도 말라버릴까
涙も乾いてしまうかな

ネガ ノル イジュル スガ イッスルッカ
내가 널 잊을 수가 있을까
私があなたを忘れられるかな

ヌンムリ フルロネリドン
눈물이 흘러내리던
涙が流れた

オルマナ ト チナン フエヤ
얼마나 더 지난 후에야
どれほどさらに過ぎれば

ナン コルル ス イッスルッカ
난 걸을 수 있을까
僕は歩けるだろうか

ノ ットナン ク キレ
너 떠난 그 길에
あなたが去ったその道に

イ キル ウィエ ソソ
이 길 위에 서서
この道の上に立って



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます