江南 よけろ ヨンワン ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の 美しい

こんなに美しかったことを - イン・スニ 歌詞和訳

イン・スニ(인순이)《♀》
01 /21 2019
イロトクアルムダウォッスムル
이토록 아름다웠음을 (Feat. 육지담) - 인순이
こんなに美しかったことを
作詞:김유경 作曲:오준성
リクエスト頂いた曲です♪
イロトクアルムダウォッスムル
이토록 아름다웠음을 (Feat. 육지담) - 인순이
こんなに美しかったことを


アドゥキ モナモン キルル コロ
아득히 머나먼 길을 걸어
はるかに遠い道を歩いて

センエ ハンガウンデルル チナソ
생의 한가운데를 지나서
人生の真ん中を過ぎて

スム スュィヌン ゴッジョチャ ヒムドゥン
숨 쉬는 것조차 힘든
息をすることさえ大変な

ク オディッチュム オニ
그 어디쯤 오니
どのあたりにきたら

クロケ クデガ ソ インネヨ
그렇게 그대가 서 있네요
そうしてあなたが立っているね

セウォレ カシエ ッチッキョボリン
세월의 가시에 찢겨버린
歳月のとげにひびが入った

ネ ヨンホヌル ピチョジュヌン
내 영혼을 비춰주는
私の魂を照らす

オヌ ポムナレ ヘッサルチョロム
어느 봄날의 햇살처럼
ある春の日の日差しのように

スマヌン イニョネ
수많은 인연에
たくさんの縁に

クリ テダンチド アヌン
그리 대단치도 않은
大したこともない

クロン ナエ ソヌル チャバジュン
그런 나의 손을 잡아준
そんな私の手を握ってくれた

クデン ウンミョンイ トェゴ
그댄 운명이 되고
あなたは運命になって

ッコッピゴ ット チヌン
꽃피고 또 지는
花が咲いてまた散る

スマヌン ナナルドゥル ソゲ
수많은 나날들 속에
たくさんの毎日の中で

ネガ サラガル ク イユガ
내가 살아갈 그 이유가
私が生きていくその理由に

トェン ハン サラム
된 한 사람
なった一人

ハン チュルギ パラミ アニョナゲ
한 줄기 바람이 아련하게
一筋の風がかすかに

ポムル イジュン ナエ カスムソゲ
봄을 잊은 나의 가슴속에
春を忘れた私の胸の中に

ソルレム ハナ ノアドゥニ
설렘 하나 놓아두니
ときめき一つ置いておいたら

ックンネ サランウン ピオンネヨ
끝내 사랑은 피었네요
ついに愛は咲いたね

ウェロウン トゥルグクファ ハン ソンイ
외로운 들국화 한 송이
孤独な野菊一輪

ッタスハン クデ
따스한 그대
暖かいあなた

パラムギョレ ナブッキニ
바람결에 나부끼니
風に吹かれて

クヌルジン オヌ ソロウン
그늘진 어느 서러운
日陰のある悲しい

ク インセンエ
그 인생에
その人生に

ポムル テリョオン ナビガ
봄을 데려온 나비가
春を連れてきた蝶々が

イブル マッチュン ドゥッ
입을 맞춘 듯
キスをしたように

アルムダムネ ヒャンギロ
아름답네 향기로
美しいね 香りで

キョプキョビ ムルドゥロ
겹겹이 물들어
幾重にも染まる

ヌンムル ナドロク
눈물 나도록
涙が出る程

アルムダプケ フンドゥルリネ
아름답게 흔들리네
美しく揺れるね

スミ チャドロク アプン クッテヌン
숨이 차도록 아픈 그때는
息が切れる程痛むその時は

ハンッテロ フルロカギル
한때로 흘러가길
一時に流れるよう

キドルル ヘ
기도를 해
祈りを捧げる

スマヌン イニョネ
수많은 인연에
たくさんの縁に

クリ テダンチド アヌン
그리 대단치도 않은
大したこともない

クロン ナエ ソヌル チャバジュン
그런 나의 손을 잡아준
そんな私の手を握ってくれた

クデン ウンミョンイ トェゴ
그댄 운명이 되고
あなたは運命になって

ッコッピゴ ット チヌン
꽃피고 또 지는
花が咲いてまた散る

スマヌン ナナルドゥル ソゲ
수많은 나날들 속에
たくさんの毎日の中で

ネガ サラガル ク イユガ
내가 살아갈 그 이유가
私が生きていくその理由に

トェン ハン サラム
된 한 사람
なった一人

インセンエ キルモトゥンイルル トラ
인생의 길모퉁이를 돌아
人生の曲り角を周って

イ セサン ックングァ
이 세상 끝과
この世の終わりと

マジュヘッスル ッテ
마주했을 때
向き合った時

ヌンムルロ キオカゲッチョ
눈물로 기억하겠죠
涙として記憶するでしょう

イトロク アルムダウォッスムル
이토록 아름다웠음을
こんなに美しかったことを

クデガ イッソ ハン ソンイ
그대가 있어 한 송이
あなたがいて一輪の

ッコチ トェゴ
꽃이 되고
花になって

クリムジャ ネリン ヨンホヌン
그림자 내린 영혼은
影が降りた魂は

ネ ピチ トェゴ
내 빛이 되고
私の光になって

クデガ イッソ
그대가 있어
あなたがいて

ヨンロンハン サルミ トェゴ
영롱한 삶이 되고
玲瓏な人生になって

ポジャル コッ オムヌン
보잘 것 없는
取るに足りない

インセンウン シガ トェネ
인생은 시가 되네
人生は詩になる

オッチョミョン トッオプシ
어쩌면 덧없이
もしかしたら空しく

サラジル インンイルチラド
사라질 인생일지라도
消える人生だとしても

ナ モルレ マルオプシ
나 몰래 말없이
私はこっそり黙って

トラソル サランイラド
돌아설 사랑이라도
背を向ける愛でも

オヌルド オヌ ポムナルチョロム
오늘도 어느 봄날처럼
今日もある春の日のように

クロケ ッコチ ピオンネ ット
그렇게 꽃이 피었네 또
そうして花が咲いたよ また

※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
イロトクアルムダウォッスムル
이토록 아름다웠음을 (Feat. 육지담) - 인순이
こんなに美しかったことを


アドゥキ モナモン キルル コロ
아득히 머나먼 길을 걸어
はるかに遠い道を歩いて

センエ ハンガウンデルル チナソ
생의 한가운데를 지나서
人生の真ん中を過ぎて

スム スュィヌン ゴッジョチャ ヒムドゥン
숨 쉬는 것조차 힘든
息をすることさえ大変な

ク オディッチュム オニ
그 어디쯤 오니
どのあたりにきたら

クロケ クデガ ソ インネヨ
그렇게 그대가 서 있네요
そうしてあなたが立っているね

セウォレ カシエ ッチッキョボリン
세월의 가시에 찢겨버린
歳月のとげにひびが入った

ネ ヨンホヌル ピチョジュヌン
내 영혼을 비춰주는
私の魂を照らす

オヌ ポムナレ ヘッサルチョロム
어느 봄날의 햇살처럼
ある春の日の日差しのように

スマヌン イニョネ
수많은 인연에
たくさんの縁に

クリ テダンチド アヌン
그리 대단치도 않은
大したこともない

クロン ナエ ソヌル チャバジュン
그런 나의 손을 잡아준
そんな私の手を握ってくれた

クデン ウンミョンイ トェゴ
그댄 운명이 되고
あなたは運命になって

ッコッピゴ ット チヌン
꽃피고 또 지는
花が咲いてまた散る

スマヌン ナナルドゥル ソゲ
수많은 나날들 속에
たくさんの毎日の中で

ネガ サラガル ク イユガ
내가 살아갈 그 이유가
私が生きていくその理由に

トェン ハン サラム
된 한 사람
なった一人

ハン チュルギ パラミ アニョナゲ
한 줄기 바람이 아련하게
一筋の風がかすかに

ポムル イジュン ナエ カスムソゲ
봄을 잊은 나의 가슴속에
春を忘れた私の胸の中に

ソルレム ハナ ノアドゥニ
설렘 하나 놓아두니
ときめき一つ置いておいたら

ックンネ サランウン ピオンネヨ
끝내 사랑은 피었네요
ついに愛は咲いたね

ウェロウン トゥルグクファ ハン ソンイ
외로운 들국화 한 송이
孤独な野菊一輪

ッタスハン クデ
따스한 그대
暖かいあなた

パラムギョレ ナブッキニ
바람결에 나부끼니
風に吹かれて

クヌルジン オヌ ソロウン
그늘진 어느 서러운
日陰のある悲しい

ク インセンエ
그 인생에
その人生に

ポムル テリョオン ナビガ
봄을 데려온 나비가
春を連れてきた蝶々が

イブル マッチュン ドゥッ
입을 맞춘 듯
キスをしたように

アルムダムネ ヒャンギロ
아름답네 향기로
美しいね 香りで

キョプキョビ ムルドゥロ
겹겹이 물들어
幾重にも染まる

ヌンムル ナドロク
눈물 나도록
涙が出る程

アルムダプケ フンドゥルリネ
아름답게 흔들리네
美しく揺れるね

スミ チャドロク アプン クッテヌン
숨이 차도록 아픈 그때는
息が切れる程痛むその時は

ハンッテロ フルロカギル
한때로 흘러가길
一時に流れるよう

キドルル ヘ
기도를 해
祈りを捧げる

スマヌン イニョネ
수많은 인연에
たくさんの縁に

クリ テダンチド アヌン
그리 대단치도 않은
大したこともない

クロン ナエ ソヌル チャバジュン
그런 나의 손을 잡아준
そんな私の手を握ってくれた

クデン ウンミョンイ トェゴ
그댄 운명이 되고
あなたは運命になって

ッコッピゴ ット チヌン
꽃피고 또 지는
花が咲いてまた散る

スマヌン ナナルドゥル ソゲ
수많은 나날들 속에
たくさんの毎日の中で

ネガ サラガル ク イユガ
내가 살아갈 그 이유가
私が生きていくその理由に

トェン ハン サラム
된 한 사람
なった一人

インセンエ キルモトゥンイルル トラ
인생의 길모퉁이를 돌아
人生の曲り角を周って

イ セサン ックングァ
이 세상 끝과
この世の終わりと

マジュヘッスル ッテ
마주했을 때
向き合った時

ヌンムルロ キオカゲッチョ
눈물로 기억하겠죠
涙として記憶するでしょう

イトロク アルムダウォッスムル
이토록 아름다웠음을
こんなに美しかったことを

クデガ イッソ ハン ソンイ
그대가 있어 한 송이
あなたがいて一輪の

ッコチ トェゴ
꽃이 되고
花になって

クリムジャ ネリン ヨンホヌン
그림자 내린 영혼은
影が降りた魂は

ネ ピチ トェゴ
내 빛이 되고
私の光になって

クデガ イッソ
그대가 있어
あなたがいて

ヨンロンハン サルミ トェゴ
영롱한 삶이 되고
玲瓏な人生になって

ポジャル コッ オムヌン
보잘 것 없는
取るに足りない

インセンウン シガ トェネ
인생은 시가 되네
人生は詩になる

オッチョミョン トッオプシ
어쩌면 덧없이
もしかしたら空しく

サラジル インンイルチラド
사라질 인생일지라도
消える人生だとしても

ナ モルレ マルオプシ
나 몰래 말없이
私はこっそり黙って

トラソル サランイラド
돌아설 사랑이라도
背を向ける愛でも

オヌルド オヌ ポムナルチョロム
오늘도 어느 봄날처럼
今日もある春の日のように

クロケ ッコチ ピオンネ ット
그렇게 꽃이 피었네 또
そうして花が咲いたよ また



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます