★☆Annyo~♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳
夏よ 義理の母 太陽 優雅な家 黄金庭園 コッパダン バガボンド シークレット 捜査官 偶然発見 ノクドゥ伝 僕を溶かして 椿 チョンイル

影 - ソン・スンヨン, BLACK NINE 韓ドラ:悪い刑事 歌詞和訳

ソン・スンヨン(손승연)《♀》
01 /11 2019
クリムジャ
그림자 - 손승연, 블랙나인(BLACK NINE)

作詞:강명신, 블랙나인(BLACK NINE) 作曲:ZigZagNote
韓国ドラマ:悪い刑事
出演:シン・ハギュン、イソル、パク・ホサン、キム・ゴンウなど
イギリスのBBCで放送されたシーズン制ドラマ「Luther」のリメイク作!!
連続殺人犯よりも悪質な刑事と連続殺人犯よりも危険なサイコパスの緊張感あふれる共助捜査を描いた犯罪ドラマ
クリムジャ
그림자 - 손승연, 블랙나인(BLACK NINE)


タルピチュル チボサムキン コムン ハヌル
달빛을 집어삼킨 검은 하늘
月明りを飲み込んだ黒い空

パラムド スミ モジュン ドゥッ
바람도 숨이 멎은 듯
風も息が止まったように

コヨハン イ パム
고요한 이 밤
静かなこの夜

タシ イ パム
다시 이 밤
再びこの夜

ムォンガエ チュィハン ドゥテ
뭔가에 취한 듯해
何かに酔ったように

ナン コウル ソゲ ムンネ
난 거울 속에 묻네
僕は鏡の中に尋ねるよ

トィソッキヌン フクペクグァ ソングァ
뒤섞이는 흑백과 선과
入り乱れる白黒と善と

アケ プジェ
악의 부재
悪の不在

ナン ソリ オプシ
난 소리 없이
僕はひそかに

ヌル テダプ オムヌン
늘 대답 없는
いつも答えのない

チルムネ ックテ ソソ
질문의 끝에 서서
質問の先に立って

メアリワ アンジャ
메아리와 앉아
こだまと座って

ット チュムル チュネ
또 춤을 추네
また踊るね

オドゥム ソゲソ
어둠 속에서
暗闇の中で

ネゲ タンヌン チャガウン スムギョル
내게 닿는 차가운 숨결
私に届く冷たい息遣い

チョ ピチェ パンテピョネ
저 빛의 반대편에
あの光の反対側に

ヌウン コムン クリムジャ
누운 검은 그림자
横になった黒い影

アル ス オムヌン
알 수 없는
分からない

ピミルル スムギン チェ
비밀을 숨긴 채
秘密を隠したまま

チュムル チュヌン クデ
춤을 추는 그대
踊るあなた

ナン ノモジョ ボリル コッ カタ
난 넘어져 버릴 것 같아
私は倒れてしまいそう

トゥリョウォ ムソウォ
두려워 무서워
怖い 恐ろしい

ピチ ハナ オムヌン
빛이 하나 없는
光が一つもない

コリ ックテ イッソ
거리 끝에 있어
街の果てに立って

メイル パム オドゥム ソゲソ
매일 밤 어둠 속에서
毎晩闇の中で

カジャン オドゥウン プブン
가장 어두운 부분
最も暗い部分

ク ソゲソ メイル
그 속에서 매일
その中で毎日

ヒョンチェ オムヌン
형체 없는
固いのない

オットハン チョンチェガ ックムトゥルテ
어떠한 존재가 꿈틀대
何かの存在がうごめいていて

ネゲ ネミン ソン
내게 내민 손
僕に差し出した手

ナン アン ップリチョッソ
난 안 뿌리쳤어
僕は振り放さなかった

ナン コッ チュゴド
난 곧 죽어도
僕はすぐに死んでも

タシン アン ックロ
다신 안 꿇어
二度とひざまずかない

ネ ソネ チャギョルガム
내 손에 작열감
僕の手に炸裂感

タン ハンボンド
단 한번도
たった一度も

トゥリョウォハン チョギ オプソ
두려워한 적이 없어
恐れたことがない

フィハゲ ポンジョガヌン プルピチェ
희미하게 번져가는 불빛에
かすかに広がっていく明かりに

オ カヌダラッケ ノイン
오 가느다랗게 놓인
細く置かれた

フィマンウル ッタラ タルリョガ
희망을 따라 달려가
希望を追って走って行く

オドゥム ソゲソ
어둠 속에서
暗闇の中で

ネゲ タンヌン チャガウン スムギョル
내게 닿는 차가운 숨결
私に届く冷たい息遣い

チョ ピチェ パンテピョネ
저 빛의 반대편에
あの光の反対側に

ヌウン コムン クリムジャ
누운 검은 그림자
横になった黒い影

アル ス オムヌン
알 수 없는
分からない

ピミルル スムギン チェ
비밀을 숨긴 채
秘密を隠したまま

チュムル チュヌン クデ
춤을 추는 그대
踊るあなた

ナン ノモジョ ボリル コッ カタ
난 넘어져 버릴 것 같아
私は倒れてしまいそう

トゥリョウォ
두려워
怖い

チョルチャン パックル ポミョン
철창 밖을 보면
鉄窓の外を見ると

ト オプソジョ
더 없어져
さらになくなる

ナエ トゥ ヌネ セクチェ
나의 두 눈의 색채
僕の目の色彩

ヨジョニ ムチェセク シソニ
여전히 무채색 시선이
相変わらず無彩色 視線が

カドゥカン コンギヌン メゲヘ
가득한 공기는 매캐해
いっぱいの空気は煙たい

テチェ ウェ ネゲ シルホムハヌン ドゥシ
대체 왜 내게 실험하는 듯이
一体どうして僕に実検するように

ソヌル クオノッコ セヌェ
선을 그어놓고 세뇌
線を引いておいて洗脳

シキョダ ップリチゴ
시켜다 뿌리치고 payback
させて拒んで

メニュオルル ッタラガブヮッチャ
매뉴얼을 따라가봤자
マニュアルを追ってみたって

アムゴット チキル ス オプソ
아무것도 지킬 수 없어
何も守れない

ネガ ナルル チュンミョンヘ
내가 나를 증명해
自分で自分を証明する

ナン スュィル ス オプソ
난 쉴 수 없어
僕は休めない

チョンダプ ガトゥン ゴン
정답 같은 건
正解のようなもの

ウォンレ ヨギ オプソ
원래 여기 없어
もともとここにはない

チェゲワ ギュチク ッタウィル ットゥィオノモ
체계와 규칙 따윌 뛰어넘어
システムと規則なんか飛び越えて

チェッピッ プルン セクッカレ イ トシ
잿빛 푸른 색깔의 이 도시
灰色 青色のこの都市

モドゥン ゲ ナルル ウェミョンヘ
모든 게 나를 외면해
すべてが私を冷遇する

ナル ウィシムハドン ゴットゥルロブト
날 의심하던 것들로부터
僕を疑ったものなどから

ナン チャユロウォ ジョッソ
난 자유로워 졌어
僕は自由になった

ナル ウェミョンハドン シソン ク ゴセ
날 외면하던 시선 그 곳에
僕を無視した視線 そこに

アジク チョンダビラン オプソ
아직 정답이란 없어
まだ正解というのものはない

ク ヌグド イ コセン オプソ
그 누구도 이 곳엔 없어
誰もここにはいない

カトゥン イルメ カドォノウン
같은 이름에 가둬놓은
同じ名前で閉じ込めた

チョニョ タルン サラム ハナエ クリムジャ
전혀 다른 사람 하나의 그림자
全く違う人一人の影

ク ソゲソ ポソナロ ヘ
그 속에서 벗어나려 해
その名から抜け出そうとする

サラジョ サラジョ
사라져 사라져
消えて 消えて



※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
クリムジャ
그림자 - 손승연, 블랙나인(BLACK NINE)


タルピチュル チボサムキン コムン ハヌル
달빛을 집어삼킨 검은 하늘
月明りを飲み込んだ黒い空

パラムド スミ モジュン ドゥッ
바람도 숨이 멎은 듯
風も息が止まったように

コヨハン イ パム
고요한 이 밤
静かなこの夜

タシ イ パム
다시 이 밤
再びこの夜

ムォンガエ チュィハン ドゥテ
뭔가에 취한 듯해
何かに酔ったように

ナン コウル ソゲ ムンネ
난 거울 속에 묻네
僕は鏡の中に尋ねるよ

トィソッキヌン フクペクグァ ソングァ
뒤섞이는 흑백과 선과
入り乱れる白黒と善と

アケ プジェ
악의 부재
悪の不在

ナン ソリ オプシ
난 소리 없이
僕はひそかに

ヌル テダプ オムヌン
늘 대답 없는
いつも答えのない

チルムネ ックテ ソソ
질문의 끝에 서서
質問の先に立って

メアリワ アンジャ
메아리와 앉아
こだまと座って

ット チュムル チュネ
또 춤을 추네
また踊るね

オドゥム ソゲソ
어둠 속에서
暗闇の中で

ネゲ タンヌン チャガウン スムギョル
내게 닿는 차가운 숨결
私に届く冷たい息遣い

チョ ピチェ パンテピョネ
저 빛의 반대편에
あの光の反対側に

ヌウン コムン クリムジャ
누운 검은 그림자
横になった黒い影

アル ス オムヌン
알 수 없는
分からない

ピミルル スムギン チェ
비밀을 숨긴 채
秘密を隠したまま

チュムル チュヌン クデ
춤을 추는 그대
踊るあなた

ナン ノモジョ ボリル コッ カタ
난 넘어져 버릴 것 같아
私は倒れてしまいそう

トゥリョウォ ムソウォ
두려워 무서워
怖い 恐ろしい

ピチ ハナ オムヌン
빛이 하나 없는
光が一つもない

コリ ックテ イッソ
거리 끝에 있어
街の果てに立って

メイル パム オドゥム ソゲソ
매일 밤 어둠 속에서
毎晩闇の中で

カジャン オドゥウン プブン
가장 어두운 부분
最も暗い部分

ク ソゲソ メイル
그 속에서 매일
その中で毎日

ヒョンチェ オムヌン
형체 없는
固いのない

オットハン チョンチェガ ックムトゥルテ
어떠한 존재가 꿈틀대
何かの存在がうごめいていて

ネゲ ネミン ソン
내게 내민 손
僕に差し出した手

ナン アン ップリチョッソ
난 안 뿌리쳤어
僕は振り放さなかった

ナン コッ チュゴド
난 곧 죽어도
僕はすぐに死んでも

タシン アン ックロ
다신 안 꿇어
二度とひざまずかない

ネ ソネ チャギョルガム
내 손에 작열감
僕の手に炸裂感

タン ハンボンド
단 한번도
たった一度も

トゥリョウォハン チョギ オプソ
두려워한 적이 없어
恐れたことがない

フィハゲ ポンジョガヌン プルピチェ
희미하게 번져가는 불빛에
かすかに広がっていく明かりに

オ カヌダラッケ ノイン
오 가느다랗게 놓인
細く置かれた

フィマンウル ッタラ タルリョガ
희망을 따라 달려가
希望を追って走って行く

オドゥム ソゲソ
어둠 속에서
暗闇の中で

ネゲ タンヌン チャガウン スムギョル
내게 닿는 차가운 숨결
私に届く冷たい息遣い

チョ ピチェ パンテピョネ
저 빛의 반대편에
あの光の反対側に

ヌウン コムン クリムジャ
누운 검은 그림자
横になった黒い影

アル ス オムヌン
알 수 없는
分からない

ピミルル スムギン チェ
비밀을 숨긴 채
秘密を隠したまま

チュムル チュヌン クデ
춤을 추는 그대
踊るあなた

ナン ノモジョ ボリル コッ カタ
난 넘어져 버릴 것 같아
私は倒れてしまいそう

トゥリョウォ
두려워
怖い

チョルチャン パックル ポミョン
철창 밖을 보면
鉄窓の外を見ると

ト オプソジョ
더 없어져
さらになくなる

ナエ トゥ ヌネ セクチェ
나의 두 눈의 색채
僕の目の色彩

ヨジョニ ムチェセク シソニ
여전히 무채색 시선이
相変わらず無彩色 視線が

カドゥカン コンギヌン メゲヘ
가득한 공기는 매캐해
いっぱいの空気は煙たい

テチェ ウェ ネゲ シルホムハヌン ドゥシ
대체 왜 내게 실험하는 듯이
一体どうして僕に実検するように

ソヌル クオノッコ セヌェ
선을 그어놓고 세뇌
線を引いておいて洗脳

シキョダ ップリチゴ
시켜다 뿌리치고 payback
させて拒んで

メニュオルル ッタラガブヮッチャ
매뉴얼을 따라가봤자
マニュアルを追ってみたって

アムゴット チキル ス オプソ
아무것도 지킬 수 없어
何も守れない

ネガ ナルル チュンミョンヘ
내가 나를 증명해
自分で自分を証明する

ナン スュィル ス オプソ
난 쉴 수 없어
僕は休めない

チョンダプ ガトゥン ゴン
정답 같은 건
正解のようなもの

ウォンレ ヨギ オプソ
원래 여기 없어
もともとここにはない

チェゲワ ギュチク ッタウィル ットゥィオノモ
체계와 규칙 따윌 뛰어넘어
システムと規則なんか飛び越えて

チェッピッ プルン セクッカレ イ トシ
잿빛 푸른 색깔의 이 도시
灰色 青色のこの都市

モドゥン ゲ ナルル ウェミョンヘ
모든 게 나를 외면해
すべてが私を冷遇する

ナル ウィシムハドン ゴットゥルロブト
날 의심하던 것들로부터
僕を疑ったものなどから

ナン チャユロウォ ジョッソ
난 자유로워 졌어
僕は自由になった

ナル ウェミョンハドン シソン ク ゴセ
날 외면하던 시선 그 곳에
僕を無視した視線 そこに

アジク チョンダビラン オプソ
아직 정답이란 없어
まだ正解というのものはない

ク ヌグド イ コセン オプソ
그 누구도 이 곳엔 없어
誰もここにはいない

カトゥン イルメ カドォノウン
같은 이름에 가둬놓은
同じ名前で閉じ込めた

チョニョ タルン サラム ハナエ クリムジャ
전혀 다른 사람 하나의 그림자
全く違う人一人の影

ク ソゲソ ポソナロ ヘ
그 속에서 벗어나려 해
その名から抜け出そうとする

サラジョ サラジョ
사라져 사라져
消えて 消えて



関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます