ヨンワン ウラチャチャ 国民の 彼女の 美しい 緑豆の花 会社 異夢 夏よ 初対面 ボイス3 アビス 絶対彼氏 助けて2 ただ

I`m Here - ヤン・ダイル 韓ドラ:アルハンブラ宮殿の思い出 歌詞和訳

ヤン・ダイル(양다일)《♂》
01 /13 2019
I`m Here - 양다일
作詞:김민 作曲:김민, Taylor
韓国ドラマ:アルハンブラ宮殿の思い出
出演:ヒョンビン、 パク・シネ、 パク・フンなど
猪突猛進でシニカルで魅力的な男性主人公のヒョンビンと感性主義者の元ギタリストの女性主人公パク・シネのロマンス!!
ビジネスで韓国からスペインを訪れた投資会社代表。革新的なARゲームの暗号開発者を探す中、現地で古びたホステルを運営する韓国人女性と出会う。
I`m Here - 양다일

ヨギエ ソ イッスルケ
여기에 서 있을게
ここに立っているよ

オンジェナ ヌル イゴセ
언제나 늘 이곳에
いつもいつだってここに

チュウォド アパド
추워도 아파도
寒くても苦しくても

ノルル チキル ス イッケ
너를 지킬 수 있게
君を守れるように

イ ノレガ トゥルリル ッテ
이 노래가 들릴 때
この歌が聞こえる時

ニガ アル ス イッキルル
니가 알 수 있기를
君が分かるように

イエゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

キルル イルン ドゥッ
길을 잃은 듯
道に迷ったように

ヘメヤ ヘッソ
헤매야 했어
さ迷わなければならなかった

オッチョミョン ックムイルチド
어쩌면 꿈일지도
もしかしたら夢かもと

ナド アル スヌン オプチマン
나도 알 수는 없지만
僕も分からないけど

ネ チュオジン ウンミョンウン
내 주어진 운명은
僕の与えられた運命は

ノルル ヒャンヘ
너를 향해
君に向かって

ヨギエ ソ イッスルケ
여기에 서 있을게
ここに立っているよ

オンジェナ ヌル イゴセ
언제나 늘 이곳에
いつもいつだってここに

チュウォド アパド
추워도 아파도
寒くても苦しくても

ノルル チキル ス イッケ
너를 지킬 수 있게
君を守れるように

イ ノレガ トゥルリル ッテ
이 노래가 들릴 때
この歌が聞こえる時

ニガ アル ス イッキルル
니가 알 수 있기를
君が分かるように

イエゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

I’m here

ヘッサリ ピチヌン
햇살이 비치는
日差しが照らす

ッタスハン アチミネ
따스한 아침이네
暖かい朝だね

ノル ポドン キオグン
널 보던 기억은
君に会った記憶は

ヌレ クレッソ
늘 그랬어
いつもそうだった

オドゥプトン ナッ
어둡던 낮,
暗かった昼間

ハヤットン パムロ
하얗던 밤으로
白かった夜で

カドゥケットン ネゲ
가득했던 내게
いっぱいだった僕に

ッコク キジョクチョロム タガワ
꼭 기적처럼 다가와
奇跡のように近づいて来て

ピチ トェオジュン ノ
빛이 되어준 너
光になってくれた君

ヨギエ ソ イッスルケ
여기에 서 있을게
ここに立っているよ

オンジェナ ヌル イゴセ
언제나 늘 이곳에
いつもいつだってここに

チュウォド アパド
추워도 아파도
寒くても苦しくても

ノルル チキル ス イッケ
너를 지킬 수 있게
君を守れるように

イ ノレガ トゥルリル ッテ
이 노래가 들릴 때
この歌が聞こえる時

ニガ アル ス イッキルル
니가 알 수 있기를
君が分かるように

イエゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

イ イヤギエ ックテ
이 이야기의 끝에
この話の終わりに

マボプチョロム ニガ イッキルル
마법처럼 니가 있기를
魔法のように君がいるよう

ナエ ギョテ
나의 곁에
僕の傍に

ノヨヤマン ハニッカ
너여야만 하니까
君でなくちゃいけないから

ナン クレヤマン ハニッカ
난 그래야만 하니까
僕はそうしなきゃいけないから

ク オットン ムオット
그 어떤 무엇도
その何も

ネガ トゥリョプチ アンケ
내가 두렵지 않게
僕が怖くないように

パラゴ ット パラルケ
바라고 또 바랄게
願ってまた望むから

ノエゲロ タンギルル
너에게로 닿기를
君に届くよう

イゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

I’m here


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
I`m Here - 양다일

ヨギエ ソ イッスルケ
여기에 서 있을게
ここに立っているよ

オンジェナ ヌル イゴセ
언제나 늘 이곳에
いつもいつだってここに

チュウォド アパド
추워도 아파도
寒くても苦しくても

ノルル チキル ス イッケ
너를 지킬 수 있게
君を守れるように

イ ノレガ トゥルリル ッテ
이 노래가 들릴 때
この歌が聞こえる時

ニガ アル ス イッキルル
니가 알 수 있기를
君が分かるように

イエゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

キルル イルン ドゥッ
길을 잃은 듯
道に迷ったように

ヘメヤ ヘッソ
헤매야 했어
さ迷わなければならなかった

オッチョミョン ックムイルチド
어쩌면 꿈일지도
もしかしたら夢かもと

ナド アル スヌン オプチマン
나도 알 수는 없지만
僕も分からないけど

ネ チュオジン ウンミョンウン
내 주어진 운명은
僕の与えられた運命は

ノルル ヒャンヘ
너를 향해
君に向かって

ヨギエ ソ イッスルケ
여기에 서 있을게
ここに立っているよ

オンジェナ ヌル イゴセ
언제나 늘 이곳에
いつもいつだってここに

チュウォド アパド
추워도 아파도
寒くても苦しくても

ノルル チキル ス イッケ
너를 지킬 수 있게
君を守れるように

イ ノレガ トゥルリル ッテ
이 노래가 들릴 때
この歌が聞こえる時

ニガ アル ス イッキルル
니가 알 수 있기를
君が分かるように

イエゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

I’m here

ヘッサリ ピチヌン
햇살이 비치는
日差しが照らす

ッタスハン アチミネ
따스한 아침이네
暖かい朝だね

ノル ポドン キオグン
널 보던 기억은
君に会った記憶は

ヌレ クレッソ
늘 그랬어
いつもそうだった

オドゥプトン ナッ
어둡던 낮,
暗かった昼間

ハヤットン パムロ
하얗던 밤으로
白かった夜で

カドゥケットン ネゲ
가득했던 내게
いっぱいだった僕に

ッコク キジョクチョロム タガワ
꼭 기적처럼 다가와
奇跡のように近づいて来て

ピチ トェオジュン ノ
빛이 되어준 너
光になってくれた君

ヨギエ ソ イッスルケ
여기에 서 있을게
ここに立っているよ

オンジェナ ヌル イゴセ
언제나 늘 이곳에
いつもいつだってここに

チュウォド アパド
추워도 아파도
寒くても苦しくても

ノルル チキル ス イッケ
너를 지킬 수 있게
君を守れるように

イ ノレガ トゥルリル ッテ
이 노래가 들릴 때
この歌が聞こえる時

ニガ アル ス イッキルル
니가 알 수 있기를
君が分かるように

イエゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

イ イヤギエ ックテ
이 이야기의 끝에
この話の終わりに

マボプチョロム ニガ イッキルル
마법처럼 니가 있기를
魔法のように君がいるよう

ナエ ギョテ
나의 곁에
僕の傍に

ノヨヤマン ハニッカ
너여야만 하니까
君でなくちゃいけないから

ナン クレヤマン ハニッカ
난 그래야만 하니까
僕はそうしなきゃいけないから

ク オットン ムオット
그 어떤 무엇도
その何も

ネガ トゥリョプチ アンケ
내가 두렵지 않게
僕が怖くないように

パラゴ ット パラルケ
바라고 또 바랄게
願ってまた望むから

ノエゲロ タンギルル
너에게로 닿기를
君に届くよう

イゲ ネ マジマク
이게 내 마지막
これが僕の最後の

パレミオド トェ
바램이어도 돼
願いになってもいい

I’m here


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます