江南 よけろ ヨンワン ヘチ 悲しい ビッグイシュー サイコメトリー ウラチャチャ ドクター ザ・バンカー 自白 国民の 彼女の 美しい

With Coffee - HOONS 韓ドラ:鶏龍仙女伝 歌詞和訳

11 /14 2018
With Coffee - 훈스(HOONS)
作詞:박근철, 다니(DANI) 作曲:이상훈, 이종훈
韓国ドラマ:鶏龍仙女伝
出演:ユン・ヒョンミン、ムン・チェウォン、ソ・ジフン、チョン・スジンなど
童話の後日談をドラマ化!669歳のバリスタが現代を生きる夫候補2人に出会って…?
韓国に伝わる童話「仙女と木こり」の後日談をドラマで再現?!669年間の間、鶏竜山で木こりの帰りを待ちながら、バリスタになった仙女ソン・オクナムがチョン・イヒョンとキム・グム、2人の男性に出会って巻き起こるストーリーを描いたドラマ
With Coffee - 훈스(HOONS)

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピ ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り

ノムキジャ ッチャルブン アチムインサ
넘기자 짧은 아침인사,
交わす短い朝の挨拶

ッチャジュングァ サルッチャク ソッキン
짜증과 살짝 섞인
癇癪と少し混じった

モクソリ パダクッカジ
목소리 바닥까지
声の底まで

チャムキョ トゥルリョチュギン シルンデ
잠겨 들려주긴 싫은데
浸って聞かせるのは嫌だけど

クロメド ポゴ シプンガブヮ
그럼에도 보고 싶은가봐
それでも会いたいみたいだ

チャム アル ス オプソ ナヌン
참 알 수 없어 나는
本当に分からない僕は

モッ チャマ
못 참아
我慢できない

タシ メシジル ポネ
다시 메시질 보내
またメッセージを送る

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピ ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り

チャム オヌルッタラ ヒャンイ
참 오늘따라 향이
ホントに今日に限って香りが

ト チナゲ ヌッキョジネ
더 진하게 느껴지네
さらに濃く感じられるね

キブン タシンガ ニガ
기분 탓인가 네가
気分のせいなのか 君が

ト イェッポ ポイネ
더 예뻐 보이네
もっと綺麗に見えるよ

ット チナンパメ ックメ マク
또 지난밤에 꿈에 막
また昨晩の夢にちょうど

ニガ ナワットン ゴッ カテ
네가 나왔던 것 같애
君が出て来たみたい

ッタットゥテッソ ッケギ シロッソ
따뜻했어 깨기 싫었어
暖かくて目覚めたくなかった

ッソダネン ナエ イヤギマン
쏟아낸 나의 이야기만
吐き出した僕の話だけ

カドゥカン テイブレ
가득한 테이블에
いっぱいのテーブルに

ウスミョ クィ キウリョ
웃으며 귀 기울여
笑って耳を傾けて

トゥロジュドン チャグン チョンサワ
들어주던 작은 천사와
聞いてくれた小さな天使と

マジュヘド ヨクシムナヌン ガブヮ
마주해도 욕심나는 가봐
向き合っても欲が出るみたい

チャム イギジョギン ナヌン
참 이기적인 나는
ホントに身勝手な僕は

Everyday

ハムッケ ハギルル ウォネ
함께 하기를 원해
一緒にいるよう願う

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピン ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り

We Love
We Love

オンジェンガ パンドゥシ ッコク
언젠가 반드시 꼭
いつか必ずきっと

イロン
이런
こんな

マルハゲ トェル ナル キダリミョンソ
말하게 될 날 기다리면서
言えるようになる僕を待ちながら

クウカン コピヒャン ッタラソ
그윽한 커피향 따라서
奥ゆかしいコーヒーの香りを追って

ナン タシ ハンボン
난 다시 한번
僕はもう一度

クデル ットオルリダガ
그댈 떠올리다가
君を思い出して

モッ チャムコ ット
못 참고 또 Call you
我慢できずにまた

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピン ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り


※動画がリンク切れで再生されない場合はコメントにてお知らせください
With Coffee - 훈스(HOONS)

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピ ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り

ノムキジャ ッチャルブン アチムインサ
넘기자 짧은 아침인사,
交わす短い朝の挨拶

ッチャジュングァ サルッチャク ソッキン
짜증과 살짝 섞인
癇癪と少し混じった

モクソリ パダクッカジ
목소리 바닥까지
声の底まで

チャムキョ トゥルリョチュギン シルンデ
잠겨 들려주긴 싫은데
浸って聞かせるのは嫌だけど

クロメド ポゴ シプンガブヮ
그럼에도 보고 싶은가봐
それでも会いたいみたいだ

チャム アル ス オプソ ナヌン
참 알 수 없어 나는
本当に分からない僕は

モッ チャマ
못 참아
我慢できない

タシ メシジル ポネ
다시 메시질 보내
またメッセージを送る

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピ ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り

チャム オヌルッタラ ヒャンイ
참 오늘따라 향이
ホントに今日に限って香りが

ト チナゲ ヌッキョジネ
더 진하게 느껴지네
さらに濃く感じられるね

キブン タシンガ ニガ
기분 탓인가 네가
気分のせいなのか 君が

ト イェッポ ポイネ
더 예뻐 보이네
もっと綺麗に見えるよ

ット チナンパメ ックメ マク
또 지난밤에 꿈에 막
また昨晩の夢にちょうど

ニガ ナワットン ゴッ カテ
네가 나왔던 것 같애
君が出て来たみたい

ッタットゥテッソ ッケギ シロッソ
따뜻했어 깨기 싫었어
暖かくて目覚めたくなかった

ッソダネン ナエ イヤギマン
쏟아낸 나의 이야기만
吐き出した僕の話だけ

カドゥカン テイブレ
가득한 테이블에
いっぱいのテーブルに

ウスミョ クィ キウリョ
웃으며 귀 기울여
笑って耳を傾けて

トゥロジュドン チャグン チョンサワ
들어주던 작은 천사와
聞いてくれた小さな天使と

マジュヘド ヨクシムナヌン ガブヮ
마주해도 욕심나는 가봐
向き合っても欲が出るみたい

チャム イギジョギン ナヌン
참 이기적인 나는
ホントに身勝手な僕は

Everyday

ハムッケ ハギルル ウォネ
함께 하기를 원해
一緒にいるよう願う

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピン ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り

We Love
We Love

オンジェンガ パンドゥシ ッコク
언젠가 반드시 꼭
いつか必ずきっと

イロン
이런
こんな

マルハゲ トェル ナル キダリミョンソ
말하게 될 날 기다리면서
言えるようになる僕を待ちながら

クウカン コピヒャン ッタラソ
그윽한 커피향 따라서
奥ゆかしいコーヒーの香りを追って

ナン タシ ハンボン
난 다시 한번
僕はもう一度

クデル ットオルリダガ
그댈 떠올리다가
君を思い出して

モッ チャムコ ット
못 참고 또 Call you
我慢できずにまた

ムォヘ
뭐해
何してるの?

コピン ハン ジャン オッテ
커피 한 잔 어때
コーヒー一杯どうかな?

ッタットゥタン チャネ
따뜻한 잔에
暖かいグラスに

タルジ アンケ オッテ
달지 않게 어때
甘くならないようにどう?

クレ メボン ッチャルプチマン
그래 매번 짧지만
そう 毎回短いけど

チャム タルコマン
참 달콤한
ホントに甘い

ヌル フュシク カトゥン クデ ミソ
늘 휴식 같은 그대 미소
いつも休息のような君の笑み

ク ポグンヘットン コピヒャン
그 포근했던 커피향 Again
その暖かかったコーヒーの香り


関連記事
このブログを気に入って頂いた方、クリック応援お願いします^^

コメント

非公開コメント

↑クリックすると一覧が表示されます